賃貸不動産経営管理士通信講座おすすめランキング【2024年度比較】安い費用や合格率・初学者向けの教材を詳しく紹介

賃貸不動産経営管理士通信講座おすすめランキング

×
スマホだけでスキマ時間に対策!

賃貸不動産経営管理士は、賃貸借契約をした後のトラブル対応や設備の点検をする専門家の証明ができる国家資格です。

合格率は30%程度ですが、2021年に国家資格化されてから注目度が高まり、200時間以上の勉強は必要とされています。

とはいえ、賃貸不動産経営管理士のおすすめ通信講座はどれがいいか分からないと悩んでいませんか。

この記事で分かること

そこで本記事では、賃貸不動産経営管理士の試験対策ができるおすすめ予備校や通信講座・比較ポイントをマイ資格ナビ編集部が分かりやすく紹介しています。

賃貸不動産経営管理士試験で合格を目指したいけど、通信講座の選び方が分からないと悩んでいたら参考にしてみてください。

今すぐ結論賃貸不動産経営管理士通信講座はどこがいい?おすすめ比較ランキング一覧表

本記事内のランキング・参照

本記事内で紹介している賃貸不動産経営管理士通信講座は、法務省消費者庁国民生活センターが発信する情報を元に、マイ資格ナビ編集部(株式会社マイナビ出版マイナビブックス)がコンテンツ制作ポリシーに則り独自で作成しています。

皆様に無料コンテンツを提供する目的で、プロモーション等に関する手数料の支払いを受けているものもあるため、気になる方はご注意ください。

おすすめ賃貸不動産経営管理士講座
  • マイ資格ナビ編集部のおすすめはスタディング賃貸不動産経営管理士講座
  • スマホ1台だけでスキマ時間を有効活用した試験対策ができる賃貸不動産経営管理士通信講座
  • 初学者でも短期間で合格を目指せる勉強スケジュールが魅力

おすすめ賃貸不動産経営管理士講座

※公式サイト:https://studying.jp/chintaikanrishi/

※本記事内で紹介する口コミは個人の感想であり、誰もが同様の試験で合格・成果が出るわけではありません。
※本記事は2024年2月時点の情報を紹介しています。

目次

資格のキャリカレ
【スプリングキャンペーン】
ハガキ申込より最大50%OFF
※2/29(木)まで

2/29(木)まで
キャリカレおすすめキャンペーン

賃貸不動産経営管理士通信講座はどこがいい?おすすめ比較ランキング一覧表

マイ資格ナビ編集部では、6種類のおすすめ賃貸不動産経営管理士通信講座を調査・比較しました。

賃貸不動産経営管理士試験は、初学者が独学で対策する場合は100時間以上の勉強が必要とされていますが、通信講座を活用すれば通常よりも短時間で合格を目指せます。

1回で合格するためには全6科目をバランスよく理解する必要があり、全体で80%以上の正答率が合格ラインの目安で、相性の良い教材を選ぶことが重要になります。

初学者でも賃貸不動産経営管理士試験をスムーズに対策できるマイ資格ナビ編集部がおすすめする予備校・通信講座は以下の通りです。

※以下の表はスクロールできます。

スクロールできます
通信講座詳細プラン受講料合格者数合格率サポート

スタディング
詳細賃貸不動産経営管理士合格コース14,960円不明不明学習Q&Aサービス(有料)
合格お祝い制度

アガルート
詳細①賃貸不動産経営管理士試験総合カリキュラム/フル
②賃貸不動産経営管理士試験総合カリキュラム/ライト
③賃貸不動産経営管理士試験総合講義
①87,780円
②65,780円
③43,780円
327人
※令和3・4年度実績
79.2%
※令和4年度実績
質問サポート(フルカリキュラム:30回・ライトカリキュラム:10回まで)
ホームルーム(月1回)
合格特典

キャリカレ
詳細賃貸不動産経営管理士合格指導講座48,500円
38,500円
※インターネット受講の場合
不明不明無制限の質問
課題添削
不合格なら全額返金
合格すれば2講座目無料

LEC東京リーガルマインド
詳細合格フルパック(全27回)82,500円〜不明不明基本なし

TAC
詳細賃貸管理士速修本科生Web通信講座55,000円
+入会金10,000円
不明不明質問サポートほか

日建学院
詳細短期集中Webコース
※2024年6月開講予定
88,000円
※2024年6月開講予定
不明不明要確認
賃貸不動産経営管理士おすすめ通信講座

賃貸不動産経営管理士の通信講座選びでどれがいいか迷ったら、マイ資格ナビ編集部では、3つのポイントで比較をおすすめしています。

  1. 初学者でも短期間でスムーズに合格を目指せる
  2. 予算内で無理なく支払いができる安い受講料
  3. 独学にはないサポート体制が充実しているプラン

マイ資格ナビ編集部がおすすめする賃貸不動産経営管理士の通信講座を詳しく紹介します。

スタディング賃貸不動産経営管理士講座は受講料がやすいランキング1位のプランでスキマ時間を有効活用できる

スタディング賃貸不動産経営管理士講座は受講料がやすいランキング1位のプランでスキマ時間を有効活用できる

※出典:スタディング賃貸不動産経営管理士講座

プラン賃貸不動産経営管理士合格コース
受講料(税込)14,960円

スタディング賃貸不動産経営管理士講座は、要点をつかみやすい教材を活用できるので、長期間の勉強が苦手な場合でもメリハリある対策でスムーズに合格を目指せるメリットが特徴です。

スマホだけでも対策ができる映像講義とWebテキストの教材を活用するため、仕事をしながらでも通勤時間や昼休み・スキマ時間を有効活用できます。

おすすめポイント
  • 合格に必要な要点がまとまっている教材でスムーズに対策できる
  • スマホ1台だけでスキマ時間を有効活用した勉強で合格を目指せる
  • スマート問題集とセレクト過去問集で本番を意識したアウトプットが充実

1回の映像講義は30分以内の講座が多く、勉強を継続する集中力に自信がない場合でもモチベーションを高く保ちながら合格を目指せる点がスタディング賃貸不動産経営管理士講座の魅力です。

通勤時間中に携帯で動画を見て問題を解きました。1本の動画も短くて、動画の後に続いて問題があり、スムーズに勉強することができました。動画の速度を変更できたり、間違った問題などを保存することもできて、復習にも役立ちました。
本試験では40点で合格することができました。

スタディング賃貸不動産経営管理士講座合格者の声

さらにスタディング賃貸不動産経営管理士講座は、スマホだけで勉強ができるスタイルから、スキマ時間を効率よく利用して短期間で合格に必要な知識を習得できるスケジュールが組まれています。

一日の隙間時間を有効活用して学習したかった私にはピッタリの教材でした。
電車の移動中や待ち時間などにスマホでサクッと学習できたのがとても良かったです。

スタディング賃貸不動産経営管理士講座合格者の声

マイ資格ナビ編集部が紹介している賃貸不動産経営管理士おすすめ通信講座の受講料が安いランキングで1位のプランになるので、支払い面の不安を減らせることもメリットです。

通信講座の受講経験がなければ、無料の会員登録(30秒)をするだけで実際の講義を試せるため、ギャップを防止したい場合はスタディング賃貸不動産経営管理士講座の公式サイトから体験してみましょう。

通信講座スタディング
プラン賃貸不動産経営管理士合格コース
受講料14,960円
勉強スタイルWebテキスト
映像講義
合格者数不明
合格率不明
サポート体制学習Q&Aサービス(有料)
合格お祝い制度

≫スタディング賃貸不動産経営管理士講座を詳しくみる

アガルート賃貸不動産経営管理士講座は全国平均と比較して2.9倍近い高い実績のあるプランで対策できる

アガルート賃貸不動産経営管理士講座は全国平均と比較して2.9倍近い高い実績のあるプランで対策できる

※出典:アガルート賃貸不動産経営管理士講座

プラン①賃貸不動産経営管理士試験総合カリキュラム/フル
②賃貸不動産経営管理士試験総合カリキュラム/ライト
③賃貸不動産経営管理士試験総合講義
受講料(税込)①87,780円
②65,780円
③43,780円

アガルート賃貸不動産経営管理士講座は、全国平均と比較して2.9倍近い合格率の実績がある教材・勉強スケジュールで合格を目指せる通信講座です。

テキストと映像講義を活用して合格を目指せるので、相性の良い教材を選んで対策ができるメリットがアガルートの特徴で、総合講義(基礎のインプット)は合計25時間程度とコンパクトに集約されています。

おすすめポイント
  • 全国平均と比較して2.9倍近い合格率の実績がある通信講座で対策できる
  • 初学者向けの解説がされている教材を活用してスムーズに合格を目指せる
  • 受講期間中に合格できれば支払いをした受講料が全額返金される

教材は初学者向けの内容になっているため、基礎から学んで最短スケジュールで合格したい場合でもおすすめな通信講座がアガルートです。

さらに受講期間中に賃貸不動産経営管理士試験で合格すると、支払いをした受講料が全額返金される特典が含まれるので、モチベーションを高く持ちながら試験対策ができる環境も魅力になります。

通信講座アガルート
プラン①賃貸不動産経営管理士試験総合カリキュラム/フル
②賃貸不動産経営管理士試験総合カリキュラム/ライト
③賃貸不動産経営管理士試験総合講義
受講料①87,780円
②65,780円
③43,780円
勉強スタイルテキスト
映像講義
合格者数327人
※令和3・4年度実績
合格率79.2%
※令和4年度実績
サポート体制質問サポート(フルカリキュラム:30回・ライトカリキュラム:10回まで)
ホームルーム(月1回)
合格特典

≫アガルート賃貸不動産経営管理士講座を詳しくみる

キャリカレ賃貸不動産経営管理士講座は万が一不合格でも受講料が全額返金される

キャリカレ賃貸不動産経営管理士講座は万が一不合格でも受講料が全額返金される

※出典:キャリカレ賃貸不動産経営管理士講座

プラン賃貸不動産経営管理士合格指導講座
受講料(税込)48,500円
38,500円
※インターネット受講の場合

キャリカレ賃貸不動産経営管理士講座は、テキストと映像講義の2種類で合格を目指せる勉強スケジュールになっており、図表やイラストが豊富な教材で対策ができます。

基本的には2ヶ月程度で合格を目指せる教材になっているので、集中力を維持する自信がない場合でも短期間でメリハリある環境で勉強ができるでしょう。

おすすめポイント
  • 初学者向けのテキストと映像講義で合格を目指せるスケジュール
  • 2ヶ月間で独学だと200時間程度必要とされている勉強量を理解できる
  • 万が一不合格でも受講料が全額返金されるサポートが魅力

スマホや映像講義を中心の対策を理想とする場合はおすすめできないですが、1日60分程度が目安になっているので、効率よくインプットができる教材がキャリカレの特徴です。

さらに、万が一試験で不合格だった場合でも支払いをした受講料が全額返金されるサポートが含まれるので、余計な心配をすることなく前向きに合格を目指せるでしょう。

通信講座キャリカレ
プラン賃貸不動産経営管理士合格指導講座
受講料48,500円
38,500円
※インターネット受講の場合
勉強スタイルテキスト
映像講義
合格者数不明
合格率不明
サポート体制無制限の質問
課題添削
不合格なら全額返金
合格すれば2講座目無料

≫キャリカレ賃貸不動産経営管理士講座を詳しくみる

LEC東京リーガルマインド賃貸不動産経営管理士講座は模試や過去問対策が充実している通信講座

LEC東京リーガルマインド賃貸不動産経営管理士講座は模試や過去問対策が充実している通信講座

※出典:LEC東京リーガルマインド賃貸不動産経営管理士講座

プラン合格フルパック(全27回)
受講料(税込)82,500円〜

LEC東京リーガルマインド賃貸不動産経営管理士講座は、賃貸借契約の流れや試験の全体構造から理解できるので、初学者でも挫折するリスクを減らして前向きに対策ができます。

プランには全国公開模擬試験が2回含まれているため、試験本番を意識した勉強ができるため、過去問対策を重点的に考えていきたい場合はLEC東京リーガルマインドがおすすめです。

通信講座LEC東京リーガルマインド
プラン合格フルパック(全27回)
受講料82,500円〜
勉強スタイルテキスト
映像講義
合格者数不明
合格率不明
サポート体制基本なし

TAC賃貸不動産経営管理士講座は1回15分程度の映像講義を中心に試験対策ができる

TAC賃貸不動産経営管理士講座は1回15分程度の映像講義を中心に試験対策ができる

※出典:TAC賃貸不動産経営管理士講座

プラン賃貸管理士速修本科生Web通信講座
受講料(税込)55,000円
+入会金10,000円

TAC賃貸不動産経営管理士講座は、トレーニング(過去問題集)が充実しているプランで、試験本番を意識しながら合格を目指せるスケジュールです。

映像講義は1回15分程度に区切られており、スキマ時間を有効活用して短期間で効率よく合格を目指せる通信講座がTAC賃貸不動産経営管理士講座になります。

通信講座TAC
プラン賃貸管理士速修本科生Web通信講座
受講料55,000円
+入会金10,000円
勉強スタイルテキスト
映像講義
合格者数不明
合格率不明
サポート体制質問サポートほか

日建学院賃貸不動産経営管理士講座

日建学院賃貸不動産経営管理士講座

※出典:日建学院賃貸不動産経営管理士講座

プラン短期集中Webコース
※2024年6月開講予定
受講料(税込)88,000円
※2024年6月開講予定

日建学院賃貸不動産経営管理士講座は、2024年6月以降に開講予定です。

講座の詳細が分かり次第、本記事内にて紹介します。

通信講座日建学院
プラン短期集中Webコース
※2024年6月開講予定
受講料88,000円
※2024年6月開講予定
勉強スタイルテキスト
映像講義
合格者数不明
合格率不明
サポート体制要確認

賃貸不動産経営管理士通信講座はどこがいいか迷ったら比較したいおすすめポイント

賃貸不動産経営管理士通信講座はどこがいいか迷ったら比較したいおすすめポイント

賃貸不動産経営管理士通信講座はどこがいいか迷ったら比較したいおすすめポイントを紹介します。

  1. 初学者でも短期間でスムーズに合格を目指せる
  2. 予算内で無理なく支払いができる安い受講料
  3. 独学にはないサポート体制が充実しているプラン

はじめて賃貸不動産経営管理士の試験対策をする場合や通信講座の受講経験がなければ、比較ポイントを確認した上で理想のプランを選びましょう。

初学者でも短期間でスムーズに合格を目指せる

賃貸不動産経営管理士通信講座はどこがいいか迷ったら、初学者でも短期間でスムーズに合格を目指せるプランで比較がおすすめです。

初学者が独学で合格を目指したい場合は通常200時間以上の勉強が必要とされていますが、通信講座を受講すれば2〜3ヶ月程度の期間でも合格を目指せます。

とはいえ、通信講座の教材と相性が悪ければ通常よりも勉強時間がかかる可能性があるため、合格までモチベーションを保ちながら対策ができるプラン選びが重要です。

通信講座勉強方法
スタディングスマホ1台だけでスキマ時間を活用した試験対策で合格を目指せる
アガルート映像講義と連動しているテキストの2種類で過去の合格実績をもとに対策できる
キャリカレイラストや図表が豊富なテキスト中心で短期間の勉強で試験対策ができる
LEC東京リーガルマインドテキスト中心でインプットをして過去問や模擬試験で試験本番を意識できる
TAC1回15分程度にまとまった映像講義中心でスキマ時間を有効活用できる
日建学院2024年6月以降に開講予定
賃貸不動産経営管理士講座おすすめ通信講座

通信講座は受講した後に教材の変更ができないデメリットがあるため、相性の良い勉強方法を確認した上でチャレンジしないとギャップに感じるリスクがあります。

不安な場合は賃貸不動産経営管理士おすすめ通信講座の各公式サイトでサンプル講義や資料請求をすると、具体的な勉強イメージが分かるでしょう。

予算内で無理なく支払いができる安い受講料

賃貸不動産経営管理士通信講座はどこがいいか迷ったら、予算内で無理なく支払いができる安い受講料で比較がおすすめです。

安いランキング1位はスタディング賃貸不動産経営管理士合格コースになりますが、いずれも独学よりは高くなるデメリットに注意しなくてはなりません。

通信講座は受講料が高いプランを選んでも合格率が高くなるわけではないので、予算を決めた上で受講した方が余計な心配を減らして合格を目指せます。

受講料の高いプランで判断するのではなく、あなたが無理なく支払いができる通信講座で余計な心配事を減らした上で試験対策をすると良いでしょう。

独学にはないサポート体制が充実しているプラン

賃貸不動産経営管理士通信講座はどこがいいか迷ったら、独学にはないサポート体制が充実しているプランで比較がおすすめです。

通信講座は独学にはない質問や課題添削などのサポートが含まれるので、初学者でも正しい理解を深めながら試験対策ができます。

通信講座サポート
スタディング学習Q&Aサービス(有料)
合格特典
アガルート無制限のFacebook質問制度
ホームルーム(月1回)
合格特典
キャリカレ無制限の質問
課題添削
不合格なら全額返金
合格すれば2講座目無料
LEC東京リーガルマインド基本なし
TAC質問サポートほか
日建学院要確認
賃貸不動産経営管理士講座おすすめ通信講座のサポート体制

例えば、モチベーション維持が難しい場合は合格したら支払いをした受講料が全額返金されるアガルートや不合格の心配をするならキャリカレがおすすめです。

サポート体制は通信講座独自のメリットになるため、独学との差別化ができずに悩んでいたら、不安の少ない環境で試験対策ができるプランを選びましょう。

賃貸不動産経営管理士通信講座の比較に役立つよくある質問

賃貸不動産経営管理士通信講座の比較に役立つよくある質問を紹介します。

おすすめの賃貸不動産経営管理士通信講座はどこですか?

6種類の賃貸不動産経営管理士通信講座がおすすめです。

通信講座は過去の合格実績をもとにつくられた教材で試験対策ができるため、独学よりもコンパクトな勉強期間で合格を目指せます。

独学の勉強を継続する自信がなければ、賃貸不動産経営管理士おすすめ通信講座を参考にしてみましょう。

独学で賃貸不動産経営管理士の対策をする場合は、どのくらいの勉強時間が必要ですか?

初学者が独学で勉強する場合は200時間以上必要とされています。

1日1時間の勉強でも7ヶ月弱程度必要になるので、短期間で合格を目指したい場合は通信講座がおすすめです。

賃貸不動産経営管理士通信講座のデメリットを教えてください。

賃貸不動産経営管理士通信講座は、独学よりも受講料が高いデメリットがあり、受講後の教材変更ができないことです。

受講料の支払いをする前に合格までの勉強スケジュールを確認して、あなたのイメージと比較してみると良いでしょう。

賃貸不動産経営管理士の試験はいつですか?

例年11月中旬が試験で、合格発表は1ヶ月程度後です。

余裕を持った試験対策をはじめたい場合は、8月頃までには勉強方法を決めた方が良いでしょう。

初学者向けの賃貸不動産経営管理士通信講座はどれがいいですか?

はじめて賃貸不動産経営管理士の試験対策をする場合は、スタディング賃貸不動産経営管理士講座がおすすめです。

スマホ1台だけで合格を目指せる勉強スケジュールで、スマート問題集や過去問対策を中心に短期間で合格を目指せます。

さらに受講料が安いランキング1位のプランがあるため、支払い面の減らせることもスタディングの魅力です。

賃貸不動産経営管理士通信講座はどれがいい?おすすめ比較のまとめをチェックしよう

賃貸不動産経営管理士の通信講座はどれがいいか迷ったら6種類から比較がおすすめです。

改めて、あなたのイメージに最適な賃貸不動産経営管理士通信講座を確認してみましょう。

スクロールできます
通信講座詳細プラン受講料合格者数合格率サポート

スタディング
詳細賃貸不動産経営管理士合格コース14,960円不明不明学習Q&Aサービス(有料)
合格お祝い制度

アガルート
詳細①賃貸不動産経営管理士試験総合カリキュラム/フル
②賃貸不動産経営管理士試験総合カリキュラム/ライト
③賃貸不動産経営管理士試験総合講義
①87,780円
②65,780円
③43,780円
327人
※令和3・4年度実績
79.2%
※令和4年度実績
質問サポート(フルカリキュラム:30回・ライトカリキュラム:10回まで)
ホームルーム(月1回)
合格特典

キャリカレ
詳細賃貸不動産経営管理士合格指導講座48,500円
38,500円
※インターネット受講の場合
不明不明無制限の質問
課題添削
不合格なら全額返金
合格すれば2講座目無料

LEC東京リーガルマインド
詳細合格フルパック(全27回)82,500円〜不明不明基本なし

TAC
詳細賃貸管理士速修本科生Web通信講座55,000円
+入会金10,000円
不明不明質問サポートほか

日建学院
詳細短期集中Webコース
※2024年6月開講予定
88,000円
※2024年6月開講予定
不明不明要確認
賃貸不動産経営管理士おすすめ通信講座

※本記事内の料金はすべて税込表記です。
※本記事内では、消費者庁の「アフィリエイト広告等に関する検討会 報告書」及び景品表示法比較広告に関する景品表示法上の考え方」に則り、比較・広告紹介をしています。
※紹介している商品の購入や通信講座の申し込みをすると、売上の一部が運営会社に還元されることがあります。
※各情報などは公式サイト及び上記のサイトを参照しています。

※情報は作成・更新時の内容になるため、プラン改定などによって販売が中止・変更になっている場合があります。最新の情報は、各公式サイトよりご確認ください。
※マイ資格ナビで掲載している文章や画像などにつきましては、いかなる場合でも無断転載(キャプチャ画像をSNSなどに掲載含む)することを禁止します。無断転載をした場合は、予告なく法的措置等の適切な対応をいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次