技術士通信講座おすすめランキング【2024年対策比較】安い費用や合格率・初学者向けの教材を詳しく紹介

技術士通信講座おすすめランキング

×
スマホだけでスキマ時間に対策!

技術士試験は、例年一次試験は30~50%程度・二次試験は10%程度の合格率になるため、丁寧な対策をしないと不合格になるリスクが高いです。

さらに1次・2次のいずれも合格する必要があり、モチベーション維持や全体を把握した勉強が求められるため、相性の良い教材や適切な対策方法を選ぶ必要があります。

とはいえ、技術士試験のおすすめ通信講座はどれがいいか分からないと悩んでいませんか。

技術士おすすめ通信講座の比較ポイント
この記事で分かること

そこで本記事では、技術士の試験対策ができるおすすめ通信講座・比較ポイントをマイ資格ナビ編集部が分かりやすく紹介しています。

技術士の一次・二次試験で合格を目指したいけど、通信講座の選び方が分からないと悩んでいたら参考にしてみてください。

技術士おすすめ通信講座を比較!

おすすめ比較チェックして比較する
スタディング技術士講座スタディング技術士講座
アガルート技術士講座アガルート技術士講座
×
おすすめ比較スタディング技術士講座スタディング技術士講座アガルート技術士講座アガルート技術士講座
通信講座スタディングアガルート
プラン①技術士二次試験合格コース 添削・質問カード付き
②技術士二次試験合格コース 講座・テキストのみ
①第二次試験 合格カリキュラム/20部門/フル
②第二次試験 合格カリキュラム/20部門/ライト
受講料①69,300円
②29,700円
①107,800円
②63,800円
勉強方法Webテキスト
映像講義
テキスト
映像講義
合格者数不明不明
合格率不明一次試験:60.00%
二次試験:77.78%
※アガルート調べ
サポート添削オプション(有料)
合格お祝い制度
質問サポート
2種類の合格特典
ポイントスマホ1台だけでスムーズに試験対策ができる合格実績が豊富な通信講座で対策できる
公式サイト
※受講料はキャンペーン等により変更になる場合があります。詳しくは各通信講座ごとの公式サイトで確認しましょう。
比較対象:スタディング技術士講座アガルート技術士講座
比較するリセット

※気になる技術士おすすめ通信講座をチェックするだけで比較できます。

今すぐ結論技術士通信講座はどこがいい?おすすめ比較ランキング一覧表

本記事内のランキング・参照

本記事内で紹介している技術士通信講座は、法務省消費者庁国民生活センターが発信する情報を元に、マイ資格ナビ編集部(株式会社マイナビ出版マイナビブックス)がコンテンツ制作ポリシーに則り独自で作成しています。

皆様に無料コンテンツを提供する目的で、プロモーション等に関する手数料の支払いを受けているものもあるため、気になる方はご注意ください。

おすすめ技術士講座
  • マイ資格ナビ編集部のおすすめはスタディング技術士講座
  • 1回30分以内の映像講義を中心にコンパクトな教材で合格を目指せる
  • スマホ1台だけでスキマ時間を有効活用した試験対策ができる技術士通信講座

おすすめ技術士講座

※公式サイト:https://studying.jp/engineer/

※本記事内で紹介する口コミは個人の感想であり、誰もが同様の試験で合格・成果が出るわけではありません。
※本記事は2024年2月時点の情報を紹介しています。

目次

資格のキャリカレ
【スプリングキャンペーン】
ハガキ申込より最大50%OFF
※2/29(木)まで

2/29(木)まで
キャリカレおすすめキャンペーン

技術士一次二次試験の通信講座はどこがいい?おすすめ比較ランキング一覧表【2024年度版】

マイ資格ナビ編集部では、5種類のおすすめ技術士通信講座を調査・比較しました。

一次と二次試験の合計で600時間程度の勉強が必要な技術士試験は、独学よりも通信講座を活用した方がスムーズに合格に必要な知識を学ぶことができます。

二次試験は合格率が10%程度になるので重点的な対策をする受験生は多いですが、一次試験とのバランスを考慮することが大切です。

技術士の試験対策をした経験がなくても分かりやすいマイ資格ナビ編集部がおすすめする通信講座は以下の通りです。

※以下の表はスクロールできます。

スクロールできます
通信講座詳細プラン受講料合格者数合格率サポート

スタディング
詳細①技術士二次試験合格コース[2024年度試験対応]添削・質問カード付き
②技術士二次試験合格コース[2024年度試験対応]講座・テキストのみ
①69,300円
②29,700円
不明不明添削オプション(有料)
合格お祝い制度

アガルート
詳細①第二次試験 合格カリキュラム/20部門/フル
②第二次試験 合格カリキュラム/20部門/ライト
①107,800円
②63,800円
不明一次試験:60.00%
二次試験:77.78%
※アガルート調べ
質問サポート
2種類の合格特典

SAT技術士講座
詳細①一次試験対策
②二次試験対策(総務監査以外)
③二次試験対策(総務監査)
①21,780円
②141,680円
③163,680円
不明不明無制限の質問
課題添削
マンツーマン指導(8回まで)

技術士Lock-On
詳細ロックオン講座視聴コース
①初学者
②2回目
③3回目以降
①71,500円
②60,500円
③44,000円
不明不明無制限の質問(チャットワーク)
マンツーマンのZOOM面談
添削オプション(有料)

JTEX
詳細①技術士一次試験対策講座「電気電子部門」
②技術士一次試験対策講座「機械部門」
③技術士一次試験対策講座「基礎科目・適性科目」
①42,900円
②42,900円
③24,200円
不明不明なし
技術士のおすすめ通信講座

技術士の通信講座選びでどれがいいか迷ったら、マイ資格ナビ編集部では、3つのポイントで比較をおすすめしています。

  1. スキマ時間を活用してスムーズに取り組める
  2. 受講料が安い通信講座で支払い面の負担が少ない
  3. 独学にはないサポート体制が充実している

マイ資格ナビ編集部がおすすめする技術士の通信講座を詳しく紹介します。

スタディング技術士講座はスマホ1台だけでスムーズに合格を目指せる

スタディング技術士講座はスマホ1台だけでスムーズに合格を目指せる

※出典:スタディング技術士講座

プラン①技術士二次試験合格コース[2024年度試験対応]添削・質問カード付き
②技術士二次試験合格コース[2024年度試験対応]講座・テキストのみ
受講料(税込)①69,300円
②29,700円

スタディング技術士講座は、スマホ1台だけで合格を目指せる勉強スケジュールになるため、仕事との両立がしやすい環境が魅力です。

通常の講座のみと質問・添削サポートが含まれる2種類のプランに分類でき、疑問を解消しながら効率よく合格を目指せる通信講座になります。

おすすめポイント
  • スマホ1台だけでスキマ時間を有効活用して合格を目指せる
  • 周回数しやすく、苦手分野や問題の克服がしやすい教材
  • インプットだけでなく、確認テストで理解を深めながら対策できる

Webテキストと映像講義で合格を目指しますが、1回の勉強時間をコンパクトにして取り組めるため、集中力を継続する自信がなくてもメリハリある試験対策ができます。

合格までの全体像を可視化しながら、仕事や子育てをしながら効率よく試験対策をしたいならおすすめな通信講座がスタディング技術士講座です。

通信講座スタディング
プラン①技術士二次試験合格コース[2024年度試験対応]添削・質問カード付き
②技術士二次試験合格コース[2024年度試験対応]講座・テキストのみ
受講料①69,300円
②29,700円
勉強スタイルWebテキスト
映像講義
合格者数不明
合格率不明
サポート体制添削オプション(有料)
合格お祝い制度

≫スタディング技術士講座を詳しくみる

アガルート技術士講座は合格実績が充実して特典が豊富なおすすめ通信講座

アガルート技術士講座は合格実績が充実して特典が豊富なおすすめ通信講座

※出典:アガルート技術士講座

プラン①第二次試験 合格カリキュラム/20部門/フル
②第二次試験 合格カリキュラム/20部門/ライト
受講料(税込)①107,800円
②63,800円

アガルート技術士講座は、一次・二次試験の両方で合格実績が充実しており、初学者でも最多ルートで合格を目指せる通信講座です。

映像講義はテキストと連動しているので、落ち着いた環境で試験対策ができなくても、重要ポイントを効率よく理解できる勉強スケジュールになっています。

おすすめポイント
  • 合格者数・合格率が充実している技術士講座
  • テキストで理解できない内容は映像講義で確認できる
  • 試験で出題されるポイントが分かりやすい教材

フルカリキュラムなら添削サポート(5回)が含まれており、さらに全プラン共通で受講期間中に合格すれば支払いをした受講料が全額返金されるため、合格までのモチベーション維持がしやすい特徴がポイントです。

合格実績が充実していて、独学だと600時間程度必要な勉強をモチベーション高く継続したいならアガルート技術士講座がおすすめになります。

通信講座アガルート
プラン①第二次試験 合格カリキュラム/20部門/フル
②第二次試験 合格カリキュラム/20部門/ライト
受講料①107,800円
②63,800円
勉強スタイルテキスト
映像講義
合格者数不明
合格率一次試験:60.00%
二次試験:77.78%
※アガルート調べ
サポート体制質問サポート
2種類の合格特典

≫アガルート技術士講座を詳しくみる

SAT技術士講座は受講料が安いランキングで1位のプランがある

SAT技術士講座は受講料が安いランキングで1位のプランがある

※出典:SAT技術士講座

プラン①一次試験対策
②二次試験対策(総務監査以外)
③二次試験対策(総務監査)
受講料(税込)①21,780円
②141,680円
③163,680円

SAT技術士講座は、マイ資格ナビ編集部が紹介する受講料が安いランキングで1位のプランがあり、支払い面の負担が少ない環境で合格を目指せるメリットが特徴です。

一次試験・二次試験ともに部門ごとのプランに分かれているため、目標としている試験対策ができるので、無駄を省いた環境で合格を目指せます。

安い受講料で、部門ごとに特化した試験対策で合格を目指したいなら、SAT技術士講座がおすすめです。

通信講座SAT
プラン①一次試験対策
②二次試験対策(総務監査以外)
③二次試験対策(総務監査)
受講料①21,780円
②141,680円
③163,680円
勉強スタイルテキスト
映像講義
合格者数不明
合格率不明
サポート体制無制限の質問
課題添削
マンツーマン指導(8回まで)

技術士Lock-Onロックオン講座は試験本番を意識した対策ができる

技術士Lock-Onロックオン講座は試験本番を意識した対策ができる

※出典:技術士Lock-Onロックオン講座

プランロックオン講座視聴コース
①初学者
②2回目
③3回目以降
受講料(税込)①71,500円
②60,500円
③44,000円

技術士Lock-Onロックオン講座は、チャットワークを活用した無制限の質問サポートで疑問を解決しながら合格を目指せる環境が魅力です。

チャットワーク上の質問だけでは解決できない場合は、ZOOMのオンライン面談で直接講師に相談ができるため、独学で合格を目指せる自信がない状況でも前向きに勉強ができるでしょう。

過去3年の合格者による再現解答で試験本番を意識した対策ができるため、1回で合格を目指したい場合でもおすすめな通信講座です。

通信講座技術士Lock-On
プランロックオン講座視聴コース
①初学者
②2回目
③3回目以降
受講料①71,500円
②60,500円
③44,000円
勉強スタイルテキスト
映像講義
合格者数不明
合格率不明
サポート体制無制限の質問(チャットワーク)
マンツーマンのZOOM面談
添削オプション(有料)

JTEX技術士講座は合格に必要な知識がコンパクトにまとまった教材を活用して対策できる

JTEX技術士講座は合格に必要な知識がコンパクトにまとまった教材を活用して対策できる

※出典:JTEX技術士講座

プラン①技術士一次試験対策講座「電気電子部門」
②技術士一次試験対策講座「機械部門」
③技術士一次試験対策講座「基礎科目・適性科目」
受講料(税込)①42,900円
②42,900円
③24,200円

JTEX技術士講座は、合格に必要な勉強内容がコンパクトに集約されているテキスト教材を活用して、短期間で合格を目指せます。

質問や課題添削などのサポートは含まれないデメリットはありますが、独学で参考書選びに悩んでいたら、JTEXなら初学者でもスムーズな試験対策ができるでしょう。

通信講座JTEX
プラン①技術士一次試験対策講座「電気電子部門」
②技術士一次試験対策講座「機械部門」
③技術士一次試験対策講座「基礎科目・適性科目」
受講料①42,900円
②42,900円
③24,200円
勉強スタイルテキスト
合格者数不明
合格率不明
サポート体制なし

技術士一次二次試験の通信講座はどこがいい?3つのおすすめ比較ポイントを詳しく紹介

技術士一次二次試験の通信講座はどこがいい?3つのおすすめ比較ポイントを詳しく紹介

技術士一次二次試験の対策ができる通信講座選びでどこがいいか迷ったら、比較したい3つのポイントを紹介します。

  1. スキマ時間を活用してスムーズに取り組める
  2. 受講料が安い通信講座で支払い面の負担が少ない
  3. 独学にはないサポート体制が充実している

はじめて技術士試験の対策をする場合は、3つの比較ポイントを参考にしてみてください。

スキマ時間を活用してスムーズに取り組める

技術士一次二次試験の通信講座はどこがいいか迷ったら、スキマ時間を有効活用して合格を目指せる通信講座で比較がおすすめです。

技術士は独学で対策する場合は、一次・二次試験で各300時間程度(合計600時間程度)の勉強が必要になるため、長期間の試験対策が不安に感じる状況であれば重要ポイントを中心に取り組める通信講座がおすすめになります。

  • 1日3時間:7ヶ月弱の勉強期間
  • 1日5時間:4ヶ月程度の勉強期間
  • 1日7時間:1.5ヶ月程度の勉強期間

特に仕事や子育てをしながら技術士試験の対策をする場合は、映像講義やスマホだけで合格を目指せるスタディング技術士講座またはアガルート技術士講座がおすすめです。

通信講座は合格実績やサポート体制だけでなく、あなたの生活環境の中で無理なく取り組める勉強手段を選ぶと良いでしょう。

受講料が安い通信講座で支払い面の負担が少ない

技術士一次二次試験の通信講座はどこがいいか迷ったら、受講料が安い通信講座で支払い面の負担が少ない通信講座で比較がおすすめです。

通信講座は独学よりも受講料が高いデメリットがあるので、あらかじめ予算を決めておかないと支払い面のプレッシャーから勉強に集中できないリスクに注意しなくてはなりません。

受講料が安いランキング

受講料は高いだけで技術士試験の合格率が上がるわけではないので、無理なく支払いができる通信講座で合格を目指すと良いでしょう。

独学にはないサポート体制が充実している

技術士一次二次試験の通信講座はどこがいいか迷ったら、独学にはないサポート体制が充実している通信講座で比較がおすすめです。

通信講座は独学にはない質問や課題添削などのサポートがプランに含まれているため、初学者や勉強が苦手な場合でも正しい知識を確認しながらマイペースに合格を目指せるメリットがあります。

通信講座サポート
スタディング添削オプション(有料)
アガルート質問サポート
2種類の合格特典
SAT技術士講座無制限の質問
課題添削
マンツーマン指導(8回まで)
技術士Lock-On無制限の質問(チャットワーク)
マンツーマンのZOOM面談
添削オプション(有料)
JTEXなし
技術士おすすめ通信講座のサポート体制

はじめて技術士の試験対策をする場合は、おすすめ通信講座のサポート体制を比較してみると、挫折するリスクを防止して前向きに合格を目指せるでしょう。

技術士一次二次試験の通信講座を受講する前に知りたいよくある質問

技術士一次二次試験の通信講座を受講する前に知りたいよくある質問を紹介します。

おすすめの技術士通信講座はどこですか?

5種類の技術士通信講座がおすすめです。

初学者の場合は、勉強のしやすさ・安い受講料・サポート体制で比較するとイメージ通りの環境で試験対策ができます。

受講後のギャップを防止するために、相性の良い通信講座を見つけましょう。

独学と通信講座はどちらが良いですか?

通信講座は、独学にはない質問や課題添削などのサポート体制が含まれているプランが多く、過去の合格実績をもとにつくられた教材で試験対策ができます。

一方で独学は、好きな教材でスムーズな試験対策ができるだけでなく、通信講座よりも安い費用で合格を目指せます。

初学者でも技術士試験の合格を目指せますか?

はい、初学者でも技術士一次・二次試験で合格することは可能です。

実際に独学・通信講座の両方ではじめての試験対策でも合格できた受験生も多いです。

例年一次試験は30~50%程度・二次試験は10%程度の合格率になるので、試験に出題されやすいポイントを中心に効率の良い対策が必要になります。

技術士の試験対策はどのくらいの勉強が必要ですか?

初学者の場合は、一次試験・二次試験ともに300時間程度ずつ必要とされています。

合計600時間よりもコンパクトな試験対策をしたい場合は、おすすめ通信講座から比較すると良いでしょう。

初学者におすすめな技術士講座はどれですか?

はじめての試験対策ならスタディング技術士講座がおすすめです。

スマホ1台だけでも合格を目指せる勉強スケジュールで、仕事や子育てをしながらでも効率よく試験対策ができます。

初学者でも効率よく万全の準備ができるでしょう。

技術士一次二次試験の通信講座はどこがいい?おすすめ比較のまとめをチェックしよう

技術士一次二次試験の通信講座はどれがいいか迷ったら5種類から比較がおすすめです。

改めて、あなたのイメージに最適な技術士一次二次試験の通信講座を確認してみましょう。

スクロールできます
通信講座詳細プラン受講料合格者数合格率サポート

スタディング
詳細①技術士二次試験合格コース[2024年度試験対応]添削・質問カード付き
②技術士二次試験合格コース[2024年度試験対応]講座・テキストのみ
①69,300円
②29,700円
不明不明添削オプション(有料)
合格お祝い制度

アガルート
詳細①第二次試験 合格カリキュラム/20部門/フル
②第二次試験 合格カリキュラム/20部門/ライト
①107,800円
②63,800円
不明一次試験:60.00%
二次試験:77.78%
※アガルート調べ
質問サポート
2種類の合格特典

SAT技術士講座
詳細①一次試験対策
②二次試験対策(総務監査以外)
③二次試験対策(総務監査)
①21,780円
②141,680円
③163,680円
不明不明無制限の質問
課題添削
マンツーマン指導(8回まで)

技術士Lock-On
詳細ロックオン講座視聴コース
①初学者
②2回目
③3回目以降
①71,500円
②60,500円
③44,000円
不明不明無制限の質問(チャットワーク)
マンツーマンのZOOM面談
添削オプション(有料)

JTEX
詳細①技術士一次試験対策講座「電気電子部門」
②技術士一次試験対策講座「機械部門」
③技術士一次試験対策講座「基礎科目・適性科目」
①42,900円
②42,900円
③24,200円
不明不明なし
技術士のおすすめ通信講座

※本記事内の料金はすべて税込表記です。
※本記事内では、消費者庁の「アフィリエイト広告等に関する検討会 報告書」及び景品表示法比較広告に関する景品表示法上の考え方」に則り、比較・広告紹介をしています。
※紹介している商品の購入や通信講座の申し込みをすると、売上の一部が運営会社に還元されることがあります。
※各情報などは公式サイト及び上記のサイトを参照しています。

※情報は作成・更新時の内容になるため、プラン改定などによって販売が中止・変更になっている場合があります。最新の情報は、各公式サイトよりご確認ください。
※マイ資格ナビで掲載している文章や画像などにつきましては、いかなる場合でも無断転載(キャプチャ画像をSNSなどに掲載含む)することを禁止します。無断転載をした場合は、予告なく法的措置等の適切な対応をいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次