販売士(リテールマーケティング)通信講座おすすめランキング【2024年比較】合格率や独学との比較まで詳しく紹介

販売士(リテールマーケティング)通信講座おすすめランキング

×
スマホだけでスキマ時間に対策!

販売士(リテールマーケティング)は、顧客のニーズにあった商品の販売だけでなく、商品の開発・仕入・販売・物流などを効率的に行う専門スキルを証明する流通業界唯一の公的資格です。

商品の販売をしている企業や職種には欠かせないスキルを証明する資格で、3級・2級・1級の3段階の難易度に分類されており、履歴書に書いて就職活動で強みのアピールができます。

とはいえ、販売士(リテールマーケティング)の試験対策ができるおすすめな通信講座はどれがいいか分からないと悩んでいませんか。

この記事で分かること

そこで本記事では、マイ資格ナビ編集部が販売士(リテールマーケティング)おすすめ通信講座の調査・比較した内容を紹介しています。

はじめて販売士(リテールマーケティング)の試験対策をする場合は、おすすめ通信講座を参考にしてみてください。

今すぐ結論販売士通信講座おすすめ4選比較ランキングをいますぐチェック!

本記事内のランキング・参照

本記事内で紹介している販売士通信講座は、法務省消費者庁国民生活センターが発信する情報を元に、マイ資格ナビ編集部(株式会社マイナビ出版マイナビブックス)がコンテンツ制作ポリシーに則り独自で作成しています。

皆様に無料コンテンツを提供する目的で、プロモーション等に関する手数料の支払いを受けているものもあるため、気になる方はご注意ください。

なお、本記事内でマイ資格ナビ編集部が調査した販売士通信講座は以下の4種類(公式サイト参照)です。

おすすめ販売士通信講座
  • マイ資格ナビ編集部のおすすめはスタディング販売士講座
  • スマホ1台だけで販売士2級・3級の合格を同時に目指せる
  • マイ資格ナビ編集部が紹介する税理士通信講座の受講料が安いランキングで1位最安値:59,800円

おすすめ販売士通信講座

※公式サイト:https://studying.jp/hanbaishi/

※本記事内で紹介する口コミは個人の感想であり、誰もが同様の試験で合格・成果が出るわけではありません。
※本記事は2024年2月時点の情報を紹介しています。

目次

資格のキャリカレ
【スプリングキャンペーン】
ハガキ申込より最大50%OFF
※2/29(木)まで

2/29(木)まで
キャリカレおすすめキャンペーン

販売士(リテールマーケティング)おすすめ通信講座比較ランキング一覧表【2024年版】

販売士(リテールマーケティング)通信講座おすすめランキング

販売士(リテールマーケティング)講座の中でもマイ資格ナビ編集部では、4種類のおすすめ通信講座を比較・調査しました。

独学でも合格を目指せる販売士(リテールマーケティング)試験ですが、合格率は1級のみ20%前後・2級と3級は50〜60%程度になるため、正しい勉強方法で合格を目指さないと不合格になります。

難易度試験日程合格率
3級2023.4.1
~2023.6.30
63.9%
2級54.2%
1級20.5%
https://www.kentei.ne.jp/retailsales/candidate_data

特に仕事をしながら販売士(リテールマーケティング)の試験対策をする場合は、スキマ時間を有効活用して合格を目指せる通信講座選びが重要です。

マイ資格ナビ編集部がおすすめする販売士(リテールマーケティング)通信講座は以下の通りになります。

※以下の表はスクロールできます。

スクロールできます
通信講座詳細プラン受講料合格率合格者数サポート
スタディング販売士講座
スタディング
詳細①販売士 3級・2級セットコース
②販売士2級合格コース
①21,780円
②19,580円
不明不明学習Q&Aサービス
合格お祝い制度
日本販売士協会販売士講座
日本販売士協会
詳細①3級講座
②2級講座
③1級講座
①22,000円
②23,780円
③要確認
不明不明課題添削
スクーリング
※オプション
日本マンパワー販売士講座
日本マンパワー
詳細①3級講座
②2級講座
③1級講座
①25,300円
②27,500円
③30,800円
不明不明スクーリング
※3級・2級のみ
JCI(公開経営指導協会)販売士講座
JCI(公開経営指導協会)
詳細①3級講座
②2級講座
③1級講座
①25,300円
②27,500円
③30,800円
不明不明課題添削
販売士おすすめ通信講座

販売士は1級・2級・3級の難易度に分かれており、初級向けな3級でも30時間以上の勉強が必要とされています。

  • 販売士3級:30時間以上
  • 販売士2級:60時間以上
  • 販売士1級:100時間以上

接客業などBtoC関連の仕事現場で役立つスキルの習得が必要な販売士は、合格点のみを目指すのではなく、仕事を意識した勉強が重要です。

独学でも販売士試験の対策はできますが、はじめて勉強する場合や販売に関連する仕事経験がなければマイ資格ナビ編集部おすすめ4選を参考にしましょう。

スタディング販売士講座は初学者でもスマホだけで試験対策ができる

スタディング販売士講座は初学者でもスマホだけで試験対策ができる

※出典:スタディング販売士講座

おすすめポイント
  • スマホ1台だけで合格を目指せてスキマ時間に試験対策ができる
  • おすすめ販売士講座の受講料が安いランキングで1位の通信講座
  • 販売士2級と3級の合格を同時に目指せるプランで試験対策

1つ目の販売士おすすめ通信講座はスタディングです。

スタディング販売士講座は、スマホだけで試験対策ができるため、勉強時間の確保ができなくても無理のないペースで合格を目指せる通信講座です。

勉強方法は映像講義が中心になり、試験の出題傾向をもとに例年改良されているため、トレンドに合った対策ができます。

一方で、紙のテキストで試験対策をしたい場合はおすすめしませんが、スキマ時間で効率よく合格を目指すなら最適な通信講座です。

スマホ1台だけで合格を目指せるので、仕事をしながらでもスキマ時間だけで試験対策ができるメリットが特徴です。勉強が苦手でもスムーズに試験対策ができますよ!

おすすめ比較ポイント

スタディング販売士講座の比較ポイント
難易度販売士2級・3級の試験対策ができる通信講座
勉強環境スマホ1台だけでスキマ時間を有効活用できる
安い受講料販売士の受講料が安いランキングで1位のプランで試験対策
スクーリングスクーリングはプランに含まれない

マイ資格ナビ編集部おすすめ通信講座の受講料が安いランキングで1位のスタディング販売士講座は、独学と比較して支払い面の不安がある場合でも受講しやすいです。

1回の映像講義は30分以内のコンパクトな教材になっており、限られた勉強時間で効率よく販売士2級・3級の試験対策ができます。

さらに無料の会員登録(30秒)をするだけで、実際の講義を体験できるため、受講料の支払いをした後のギャップを防止できるメリットも魅力です。

スタディング販売士講座は、受講料が安いだけでなく、勉強のしやすさも評判です。1回の勉強時間を短くして、効率よく合格を目指せるため、勉強が苦手な場合や初学者でもスムーズな試験対策ができますよ!

こんな人におすすめ・評判の通信講座

スタディング販売士講座がおすすめな人や受講前のチェックポイントは以下の通りです。

  • 勉強時間がなくて販売士の試験対策をする余裕がない
    • スマホ1台だけで試験対策ができてスキマ時間を有効活用できる!
  • 受講料が安い通信講座の方が安心して勉強できる
    • マイ資格ナビ編集部が紹介している販売士おすすめ通信講座の受講料が安いランキングで1位のプラン!
  • 販売士2級の対策ができる通信講座を探している
    • 販売士2級または2級・3級セットの試験対策ができる通信講座!
通信講座スタディング
資格販売士2級
販売士3級
プラン①販売士 3級・2級セットコース
②販売士2級合格コース
受講料①21,780円
②19,580円
分割払いあり
勉強スタイルWebテキスト
映像講義
合格者数不明
合格率不明
受講期間個人差あり
課題添削なし
サポート期間受講期間
サポート体制学習Q&Aサービス
合格お祝い制度

≫スタディング販売士講座を詳しくみる

日本販売士協会販売士講座は課題添削で苦手ポイントを確認ができる

日本販売士協会販売士講座は課題添削で苦手ポイントを確認ができる

※出典:日本販売士協会販売士講座

2つ目の販売士おすすめ通信講座は日本販売士協会です。

日本販売士協会の販売士講座は、課題添削をしながら試験対策ができるため、苦手なポイントを確認しながら合格を目指せる特徴が評判です。

じっくり時間をかけた勉強が良い場合やスタディングのようなスマホの試験対策に抵抗を感じる状況であればおすすめになります。

合格するだけでなく、販売・接客業として現場で通用するスキルを目指したい状況にも再現性の高い勉強ができるため、最適な環境になるでしょう。

通信講座日本販売士協会
資格販売士3級
販売士2級
販売士1級
プラン①3級講座
②2級講座
③1級講座
受講料①22,000円
②23,780円
③要確認
分割払いなし
勉強スタイルテキスト
合格者数不明
合格率不明
受講期間5ヶ月間
課題添削あり
サポート期間受講期間
サポート体制課題添削
スクーリング※オプション

日本マンパワー販売士講座はスクーリングで実践スキルの確認まで可能

日本マンパワー販売士講座はスクーリングで実践スキルの確認まで可能

※出典:日本マンパワー販売士講座

3つ目の販売士おすすめ通信講座は日本マンパワーです。

日本マンパワー販売士講座は、スクーリング(2級・3級)が含まれるプランになるため、現場の販売や接客業で活かせる勉強ができると評判です。

テキストでじっくり勉強ができるため、初学者でも販売士3級・2級・1級と対策がしやすくなっています。

受講料は他社の通信講座よりも高い傾向ですが、スクーリングができる数少ない通信講座として比較すると良いでしょう。

通信講座日本マンパワー
資格販売士3級
販売士2級
販売士1級
プラン①3級講座
②2級講座
③1級講座
受講料①25,300円
②27,500円
③30,800円
分割払いなし
勉強スタイルテキスト
合格者数不明
合格率不明
受講期間5ヶ月間
課題添削なし
サポート期間受講期間
サポート体制スクーリング※3級・2級のみ

JCI(公開経営指導協会)販売士講座はじっくり合格を目指せる勉強スタイル

JCI(公開経営指導協会)販売士講座はじっくり合格を目指せる勉強スタイル

※出典:JCI(公開経営指導協会)販売士講座

4つ目の販売士おすすめ通信講座はJCI(公開経営指導協会)です。

JCI(公開経営指導協会)販売士講座は、5ヶ月間程度の時間をかけてじっくり1級〜3級までの試験対策ができると評判です。

課題添削をしながら合格を目指せるため、苦手ポイントを確認しながら試験対策ができます。

一方で、受講料は高い部類に含まれるため、安さ重視で通信講座を比較している場合は注意しましょう。

通信講座JCI(公開経営指導協会)
資格販売士3級
販売士2級
販売士1級
プラン①3級講座
②2級講座
③1級講座
受講料①25,300円
②27,500円
③30,800円
分割払いなし
勉強スタイルテキスト
合格者数不明
合格率不明
受講期間5ヶ月間
課題添削あり
サポート期間受講期間
サポート体制課題添削

販売士(リテールマーケティング)通信講座はどれがいい?4つのおすすめ比較ポイントを詳しく紹介

販売士(リテールマーケティング)通信講座はどれがいい?4つのおすすめ比較ポイントを詳しく紹介

販売士(リテールマーケティング)通信講座選びでどれがいいか迷ったら4つのポイントで比較がおすすめです。

はじめて販売士(リテールマーケティング)の試験対策をする場合は、4つのポイントで比較して、納得できる環境で合格を目指しましょう。

目的にしている試験難易度の対策ができる

目的にしている試験難易度の対策ができる

販売士(リテールマーケティング)通信講座選びでどれがいいか迷ったら、試験難易度でプランを比較した上で判断すると良いです。

販売士は全部で3種類の難易度に分類されており、勉強経験がない初心者は3級・2級からチャレンジが通常になります。

難易度スキル通信講座
販売士3級マーケティングや流通・小売業・販売・接客で必要な基礎知識を理解している。販売士試験の中でも最も難易度が低くて、初学者向けスタディング
日本販売士協会
日本マンパワー
JCI(公開経営指導協会)
販売士2級マーケティングやマーチャンダイジングの基礎だけでなく、流通・小売業のマネジメントができるスキルを習得している。スタディング
日本販売士協会
日本マンパワー
JCI(公開経営指導協会)
販売士1級商品計画からマーケティング・経営計画の立案や財務予測等の経営管理までのスキルを習得している。販売士試験の中で最も難易度が高い日本販売士協会
日本マンパワー
JCI(公開経営指導協会)
販売士の試験難易度

例えば、販売職の仕事経験がない場合やはじめての就職活動のために履歴書でアピールするなら、2級・3級の受講が一般的です。

販売士1級は経営者やマネジメントなどの管理職が目指す難易度になっているため、合格を目指したい種別を正しく理解した上で通信講座を選びましょう。

日常生活に合った勉強方法で合格を目指せる

日常生活に合った勉強方法で合格を目指せる

販売士(リテールマーケティング)通信講座選びでどれがいいか迷ったら、日常生活の中で無理なく合格を目指せるプランで比較すると良いです。

通信講座は独学と異なり、決められたスケジュールに沿って合格を目指します。

通信講座勉強方法
スタディングWebテキストや映像講義を活用して、スキマ時間に勉強ができる。
日本販売士協会テキストでじっくり合格を目指せる勉強内容。
日本マンパワーテキストでじっくり合格を目指せる勉強内容。
JCI(公開経営指導協会)テキストでじっくり合格を目指せる勉強内容。
通信講座の勉強方法

合格までの勉強方法は通信講座ごとに異なりますが、スキマ時間を活用した勉強を求めている場合やダラダラして挫折する心配がある状況であればスタディングがおすすめです。

独学で販売士の試験対策をすると、相性が悪ければ途中で勉強方法の変更がしやすいですが、通信講座の場合は受講前に判断しないと支払い面の負担が大きくなります。

あなたの生活環境に最適な通信講座を選び、30時間以上(販売士3級の目安になる勉強時間)を集中できるようにしましょう。

受講料が安くて負担が少ないプラン

受講料が安くて負担が少ないプラン

販売士(リテールマーケティング)通信講座選びでどれがいいか迷ったら、受講料が安くて負担が少ないプランで比較すると良いです。

通信講座は独学よりも過去の実績や受講生の体験談をもとにつくられた教材で合格を目指せますが、受講料が高いデメリットに注意しなくてはなりません。

受講料の高い通信講座を受講しても必ず販売士試験で合格できるわけではないため、予算に合わせて無理のない範囲で支払いができるプランを選びましょう。

販売士2級通信講座の安いランキング
  • 1位 スタディング販売士講座:21,780円
  • 2位 日本販売士協会販売士講座:23,780円
  • 3位 日本マンパワー販売士講座:27,500円
  • 3位 JCI(公開経営指導協会)販売士講座:27,500円

通信講座ごとに期間限定のキャンペーンや割引クーポンの発行をしています。公式サイトで紹介されるケースが大変になるため、受講する前に確認してみましょう。

スクーリングがプランに含まれるかで比較

スクーリングがプランに含まれるかで比較

販売士(リテールマーケティング)通信講座選びでどれがいいか迷ったら、スクーリングの有無で比較すると良いです。

通信講座によっては、販売・経営管理科目が免除されるスクーリングがプランに含まれている場合があります。

  • 販売員の役割の基本
  • 販売員の法令知識
  • 計数管理の基本
  • 店舗管理の基本
販売・経営管理科目の出題例

販売士は5つの科目から出題されますが、販売・経営管理科目が免除されるため、勉強する範囲が少なくなるメリットが特徴です。

受講料のほかに追加負担になる通信講座が大半ですが、比較の判断基準としておすすめになります。

スクーリングを対応している通信講座は限られていますが、勉強範囲を狭くして、現場で活かせる販売スキルを身につけたい場合はサポート体制やプランごとの特徴で比較してみましょう。

今すぐ結論販売士通信講座おすすめ4選比較ランキングをいますぐチェック!

販売士(リテールマーケティング)の合格率や合格者数・試験難易度

販売士(リテールマーケティング)は、1級・2級・3級の難易度ごとに合格率や合格者数が異なります。

目標難易度の合格率や合格者数を参考にして、効率よく試験対策をしましょう。

販売士3級の合格率・合格者数

スクロールできます
年月受験者数
(人)
実受験者数
(人)
合格者数
(人)
合格率
(%)
2023.4.1
~2023.6.30
1,07599063363.9
2022.4.1
~2022.12.31
5,6125,1523,01058.4
2021.7.28
~2022.3.31
9,4278,8945,60763.0
87回(2021.2.17)10,2849,6136,86371.4
85回(2020.2.19)8,8608,1254,44154.7
84回(2019.7.13)8,1597,5345,08267.5
83回(2019.2.20)10,0129,2446,37068.9
82回(2018.7.14)9,1208,4185,29362.9
81回(H30.2.21)11,41610,4855,49252.4
80回(H29.7.8)10,0709,3356,09565.3
79回(H29.2.15)11,34410,5405,02547.7
販売士3級の合格率・合格者数
販売士3級の合格率・合格者数
  • マーケティングや流通・小売業・販売・接客で必要な基礎知識を問われる最も難易度の低い試験
  • 合格率は50%以上の割合が多い
  • 販売や接客業の基礎知識を確認したい場合におすすめ!
  • スタディングや日本販売士協会で対策できる

販売士2級の合格率・合格者数

スクロールできます
年月受験者数
(人)
実受験者数
(人)
合格者数
(人)
合格率
(人)
2023.4.1
~2023.6.30
1,1381,03856354.2
2022.4.1
~2022.12.31
4,4964,1212,35657.2
2021.7.28
~2022.3.31
6,0545,6553,13655.5
87回(2021.2.17)5,6085,1493,77873.4
85回(2020.2.19)5,4724,9162,97960.6
84回(2019.7.13)5,2174,7022,83660.3
83回(2019.2.20)5,8665,1753,55368.7
82回(2018.7.14)5,6935,0712,98158.8
81回(H30.2.21)6,3795,6322,47443.9
80回(H29.7.8)5,8535,2392,74852.5
79回(H29.2.15)6,6155,9172,99950.7
販売士2級の合格率・合格者数
販売士2級の合格率・合格者数
  • 流通・小売業のマネジメントができるスキルまで問われる人気の難易度
  • 合格率は50%以上の割合が多い
  • 履歴書でもアピールしやすい試験難易度
  • スタディングや日本販売士協会で対策できる

販売士1級の合格率・合格者数

スクロールできます
年月受験者数
(人)
実受験者数
(人)
合格者数
(人)
合格率
(%)
2023.4.1
~2023.6.30
2182054220.5
2022.4.1
~2022.12.31
76470714921.1
2021.7.28
~2022.3.31
84479513717.2
87回(2021.2.17)83669517425.0
85回(2020.2.19)1,13390919421.3
83回(2019.2.20)1,21599524224.3
81回(2018.2.21)1,21797919920.3
79回(H29.2.15)1,2791,03823722.8
43回(H.28.2.17)1,3751,14422019.2
42回(H27.2.18)1,2921,01228928.6
41回(H26.2.19)1,16992920622.2
販売士1級の合格率・合格者数
販売士1級の合格率・合格者数
  • 商品計画からマーケティング・経営計画の立案や財務予測等の経営管理までのスキルまで問われる最も難易度の高い試験
  • 合格率は20%前後の割合が多い
  • 販売や接客業の専門性を高めたい場合におすすめ

今すぐ結論販売士通信講座おすすめ4選比較ランキングをいますぐチェック!

販売士(リテールマーケティング)おすすめ通信講座の合格者数や合格率・実績で比較

販売士(リテールマーケティング)おすすめ通信講座の合格率や合格者数は公表されていません

とはいえ、独学よりも合格までのスケジュールが明確で初学者でも理解しやすい教材・課題添削などのサポートが含まれるため、平均よりは高くなると予測できます。

通信講座3級2級1級
スタディング不明不明対象外
日本販売士協会不明不明不明
日本マンパワー不明不明不明
JCI(公開経営指導協会)不明不明不明
通信講座の合格率や合格者数

販売士との関連性が高い中小企業診断士や司法試験などは通信講座の合格実績で比較する場合がありますが、独学でも合格を目指しやすい販売士は勉強環境で比較する受験生が多いです。

合格実績だけでなく、4つの比較ポイントで通信講座を確認し、最短ルートで販売士の合格を目指しましょう。

今すぐ結論販売士通信講座おすすめ4選比較ランキングをいますぐチェック!

独学と通信講座の比較

販売士1級・2級・3級は独学でも合格を目指せるため、通信講座を受講する前に比較した方が良いです。

中でも受講料を安くしたい場合や販売・接客業での仕事経験がある状況であれば、独学の方が負担なく試験対策がしやすいでしょう。

項目独学通信講座
資格の取得
可能

可能
対象資格販売士3級
販売士2級
販売士1級
販売士3級
販売士2級
販売士1級
受講料
安い

講座で異なる
勉強方法テキスト
YouTube
テキスト
映像講義
サポート
なし

充実
スクーリング
なし

対象あり
メリット安い費用で、好きな教材を活用して合格を目指せる。決められた勉強方法で、効率よく合格を目指せる。スクーリングが含まれる場合がある。
デメリット質問や課題添削などのサポートが含まれない。独学よりも受講料が高くて、勉強方法の変更ができない。
独学と通信講座の比較

通信講座は、過去の実績から合格までのスケジュールが組まれており、最短ルートで目標の難易度の対策ができます。

試験項目は決まっているため、独学と通信講座を比較して、余計な心配をすることなく試験対策ができる環境を選びましょう。

販売士の試験範囲(基本の試験範囲)

  1. 小売業の類型
  2. マーチャンダイジング
  3. ストアオペレーション
  4. マーケティング
  5. 販売・経営管理

販売士(リテールマーケティング)の比較に役立つよくある質問

販売士(リテールマーケティング)の比較に役立つよくある質問を紹介します。通信講座の受講経験がない場合は、参考にしてみてください。

おすすめの販売士通信講座はどこですか?

4種類の販売士通信講座がおすすめです。4つのポイントで比較すると、負担の少ない環境でスムーズに合格を目指せるでしょう。

初学者でも合格を目指せる販売士通信講座はありますか?

通信講座は、初学者向けの分かりやすい教材を活用して合格を目指せます。

中でもスタディング販売士講座は、スマホを活用してスキマ時間に取り組みやすく、過去の実績をもとにスムーズな試験対策ができる勉強内容になっています。

勉強を継続する自信がありません。

販売士は3級で40時間、2級だと60時間程度の勉強が必要とされています。

通信講座を受講すれば、重要ポイントを中心に決められたスケジュールに沿った勉強が可能です。

勉強方法は通信講座ごとに異なるため、生活環境に合った教材を選びましょう。

おすすめの販売士通信講座にはどのようなサポートがありますか?

質問や課題添削・スクーリングなどが含まれます。

サポートによっては受講料に含まれていない場合もあるため、事前に確認した方がギャップを防げるでしょう。

1日の勉強時間はどのくらいですか?

通信講座ごとに水晶の勉強時間は異なりますが、1日30分以内でも取り組みやすい内容が多いです。

スキマ時間を活用して、スムーズな試験対策をしましょう。

独学でも販売士の試験対策はできますか?

はい、独学でも販売士の試験対策は可能です。

通信講座よりも安い費用で合格を目指せるため、比較して負担の少ない環境で取り組みましょう。

販売士の合格率はどのくらいですか?

販売士3級・2級は50%前後で、1級になると20%前後になります。

販売士3級・2級の受講生は5,000人を超える年もあるため、難易度の比較ができない場合は2級を目標にすると良いでしょう。

どのような勉強方法がありますか?

スタディングは映像講義やWebテキストですが、その他の通信講座はテキストで合格を目指します。

生活環境に合った勉強スタイルで合格を目指しましょう。

販売士の通信講座はどれがいい?おすすめ比較のまとめをチェックしよう

販売士の勉強方法はどれがいいか迷ったら、4種類の通信講座で比較がおすすめです。

改めて、あなたのイメージに最適な販売士通信講座を確認してみましょう。

※以下の表はスクロールできます。

スクロールできます
通信講座詳細プラン受講料合格率合格者数サポート
スタディング販売士講座
スタディング
詳細①販売士 3級・2級セットコース
②販売士2級合格コース
①21,780円
②19,580円
不明不明学習Q&Aサービス
合格お祝い制度
日本販売士協会販売士講座
日本販売士協会
詳細①3級講座
②2級講座
③1級講座
①22,000円
②23,780円
③要確認
不明不明課題添削
スクーリング
※オプション
日本マンパワー販売士講座
日本マンパワー
詳細①3級講座
②2級講座
③1級講座
①25,300円
②27,500円
③30,800円
不明不明スクーリング
※3級・2級のみ
JCI(公開経営指導協会)販売士講座
JCI(公開経営指導協会)
詳細①3級講座
②2級講座
③1級講座
①25,300円
②27,500円
③30,800円
不明不明課題添削
販売士おすすめ通信講座

※本記事内の料金はすべて税込表記です。
※本記事内では、消費者庁の「アフィリエイト広告等に関する検討会 報告書」及び景品表示法比較広告に関する景品表示法上の考え方」に則り、比較・広告紹介をしています。
※紹介している商品の購入や通信講座の申し込みをすると、売上の一部が運営会社に還元されることがあります。
※各情報などは公式サイト及び上記のサイトを参照しています。

※情報は作成・更新時の内容になるため、プラン改定などによって販売が中止・変更になっている場合があります。最新の情報は、各公式サイトよりご確認ください。
※マイ資格ナビで掲載している文章や画像などにつきましては、いかなる場合でも無断転載(キャプチャ画像をSNSなどに掲載含む)することを禁止します。無断転載をした場合は、予告なく法的措置等の適切な対応をいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次