発達障害支援資格おすすめランキング【2024年比較】国家資格との違いやどれがいいか迷ったら知りたいポイント

発達障害支援資格おすすめランキング

×
実践的なワーク中心で子育て・仕事で活かせる!

発達障害支援は教育現場だけでなく、子育てなど身近な場面でも必要とされています。

適切なコミュニケーションやサポートの知識が深まる発達障害支援の勉強は、知識や子育て経験がなくても基礎から実践スキルまで習得できると注目されています。

とはいえ、発達障害支援資格のおすすめ通信講座や勉強方法が分からないと悩んでいませんか。

発達障害支援資格おすすめ通信講座の比較ポイント
この記事で分かること

そこで本記事では、発達障害支援に役立つおすすめ資格・比較ポイントをマイ資格ナビ編集部が分かりやすく紹介しています。

はじめて発達障害支援の勉強をする場合は、あなたのイメージに最適な通信講座や資格選びの参考にしてみてください。

発達障害支援おすすめ資格を比較!

×
おすすめ比較児童発達支援士児童発達支援士子ども発達障が支援アドバイザー講座子ども発達障が支援アドバイザー講座発達障害コミュニケーションサポーター講座発達障害コミュニケーションサポーター講座
資格児童発達支援士資格子ども発達障が支援アドバイザー資格発達障害コミュニケーションサポーター資格
通信講座人間力認定協会ユーキャン人間力認定協会
受講料

47,400円
37,400円

34,000円

44,100円
34,100円

合格者数16,500人以上不明不明
サポート受講者専用窓口にて質問1日3回の質問
添削課題
受講者専用窓口にて質問
ポイントワーク中心で実用性の高い支援力を学べる勉強経験がなくても分かりやすい教材を活用子どもとのコミュニケーションを見直せる
公式サイト
※受講料はキャンペーン等により変更になる場合があります。詳しくは各通信講座ごとの公式サイトで確認しましょう。
比較対象:児童発達支援士子ども発達障が支援アドバイザー講座発達障害コミュニケーションサポーター講座
比較するリセット

※気になる発達障害支援資格おすすめ通信講座をチェックするだけで比較できます。

今すぐ結論発達障害支援資格はどれがいい?おすすめ比較ランキング一覧表

本記事内のランキング・参照

本記事内で紹介している発達障害支援資格は、法務省消費者庁国民生活センターが発信する情報を元に、マイ資格ナビ編集部(株式会社マイナビ出版マイナビブックス)がコンテンツ制作ポリシーに則り独自で作成しています。

皆様に無料コンテンツを提供する目的で、プロモーション等に関する手数料の支払いを受けているものもあるため、気になる方はご注意ください。

なお、本記事内でマイ資格ナビ編集部が調査した発達障害支援資格を目指せる通信講座は以下の5種類(公式サイト参照)です。

※本記事内で紹介する口コミは個人の感想であり、誰もが同様の試験で合格・成果が出るわけではありません。
※本記事は2024年2月時点の情報を紹介しています。

おすすめ発達障害支援資格
  • マイ資格ナビ編集部おすすめの発達障害支援資格は児童発達支援士
  • ワークが中心で発達障害支援の基礎から暮らしの中で実践できるスキルまで習得!
  • 受講料が10,000円割引+プレゼントキャンペーン実施中!

おすすめ発達障害支援資格

※公式サイト:https://ninkyou.jp/hattatu-license/

目次

資格のキャリカレ
【スプリングキャンペーン】
ハガキ申込より最大50%OFF
※2/29(木)まで

2/29(木)まで
キャリカレおすすめキャンペーン

発達障害支援資格はどこがいい?おすすめ比較ランキング一覧表【2024年版】

発達障害支援資格おすすめランキング

マイ資格ナビ編集部では、5種類のおすすめ発達障害支援資格を調査・比較しました。

発達障害に関する国家資格はないですが、子育てや子どもに関わる仕事現場で実践できる専門性を高めることができるため、自分ごととしてスキルアップできる通信講座で学んだ方が身になります。

中でも発達障害支援の勉強経験がない初心者やワークが中心で、実用性の高い勉強ができるおすすめ通信講座は5種類です。

※以下の表はスクロールできます。

スクロールできます
通信講座詳細資格受講料勉強方法サポート
児童発達支援士資格(人間力認定協会)
人間力認定協会
詳細児童発達支援士資格47,400円
37,400円
テキスト
映像講義
受講者専用窓口にて質問
子ども発達障がい支援アドバイザー資格(ユーキャン)
ユーキャン
詳細子ども発達障がい支援アドバイザー資格34,000円テキスト
映像講義
1日3回の質問
添削課題
発達障害コミュニケーションサポーター資格(人間力認定協会)
人間力認定協会
詳細発達障害コミュニケーションサポーター資格44,100円
34,100円
テキスト
映像講義
受講者専用窓口にて質問
発達障害学習支援サポーター資格(発達障害学習支援サポーター)
発達障害学習支援サポーター
詳細発達障害学習支援サポーター資格29,700円テキスト
映像講義
なし
発達障害支援士資格(四谷学院)
四谷学院
詳細発達障害支援士資格109,780円映像講義質問サポート
発達障害支援資格の通信講座

発達障害支援に国家資格はないため、子育てや子どもに関わる保育士・児童指導員などの仕事で活かせる勉強を求めて通信講座の比較をした方が納得できるスキルを習得できます。

合格だけでなく、発達障害支援資格の活かし方を想定した上で受講した方が無駄な支払いをするリスクを防止できるでしょう。

発達障害支援資格はどれがいいか迷ったら、マイ資格ナビ編集部では、3つのポイントで比較をおすすめしています。

  1. 発達障害支援の目的や勉強内容
  2. 勉強できる環境や合格までのスケジュール調整
  3. 通信講座のサポートやフォロー体制

児童発達支援士資格は子育てに直結しやすいケースタディが豊富な勉強内容

児童発達支援士資格は子育てに直結しやすいケースタディが豊富な勉強内容

※出典:人間力認定協会児童発達支援士資格

おすすめポイント
  • 発達障害支援の基礎知識からスムーズに学びやすい
  • 子どもとの関わり方や自己肯定感の高め方を理解できる
  • 合格や受講実績が充実している発達障害支援資格

1つ目の発達障害支援資格を目指せるおすすめ通信講座は児童発達支援士です。

児童発達支援士資格は、子育てに直結できるケースタディが充実しており、学んだ内容を実際に活用しながら勉強ができます。

通常は8ヶ月間の勉強期間でも最短1ヶ月程度で合格を目指せるスケジュールです。さらに発達障害の支援の輪を広げるために意見交換会を積極的に開催しており、情報交換をしながらスキルを高めていけるメリットが評判になっています。

おすすめ比較ポイント

児童発達支援士の比較ポイント
発達障害支援のスキル専門的な発達障害支援の知識と活動スキルを習得できる
勉強できる環境ワークが中心で合格後も支援の輪を広げやすい
充実したサポート受講者専用窓口にて質問しながらスキルアップできる

ケースタディが中心の児童発達支援士は、適切なコミュニケーションや自己肯定感の高め方を学べる内容で、自分ごととして勉強ができるメリットが評判です。

保育士や看護師などの子どもと関わる仕事経験者でも即実績できる専門性の高いスキルを学べる児童発達支援士ですが、合格率は90%程度になるため、適切な発達障害支援の知識やサポート力を短期間で理解できる教材で学べます。

さらに合格後も受講生専用LINEにて、定期的な療育動画や発達障害支援の輪を広げるための情報発信がされており、合格後も継続的に学んだスキルを活かせる環境を整えています。

児童発達支援士は、ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー講座よりも専門性の高い支援力を習得できます。さらに、ワークが中心で合格後も意見交換会や定期的な情報発信をしているため、学んだ発達障害支援スキルを活用できる場面が広がる可能性が高いですよ!

こんな人におすすめ・評判の通信講座

児童発達支援士講座がおすすめな人や受講前のチェックポイントは以下の通りです。

  • 専門性の高い発達障害支援スキルを習得できた方が良い
    • 発達障害支援を中心に活動している人間力認定協会の教材で勉強できる!
  • 合格した後の発達障害支援スキルを活かす方法を知りたい
    • 試験で合格するだけでなく、定期的な意見交換会やイベントで支援の輪が広がる!
  • 座学よりも実用性の高い発達障害支援の勉強をしたい
    • ワークが中心であらゆるケースを想定した発達障害支援の勉強ができる!
通信講座一般社団法人人間力認定協会
資格児童発達支援士資格
受講料47,400円
37,400円
分割払いあり
教育訓練給付制度対象外
勉強スタイルテキスト
映像講義
勉強期間8ヶ月間
合格者数16,500人以上
合格率90%程度
課題添削なし
サポート期間受講期間
サポート体制受講者専用窓口にて質問
その他理事長ブログにて随時情報を発信

≫児童発達支援士資格を詳しくみる

子ども発達障がい支援アドバイザー資格は安い受講料で身近な場面で活かせるサポート術を学べる

子ども発達障がい支援アドバイザー資格は安い受講料で身近な場面で活かせるサポート術を学べる

※出典:ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー講座

おすすめポイント
  • 子育てに役立つ発達障害支援の実践スキルを学べる
  • 気軽に相談をしながらマイペースに合格を目指せる
  • 受講料が安いランキングで2位のプランで対策できる

2つ目の発達障害支援資格を目指せるおすすめ通信講座はユーキャンです。

ユーキャンは、3ヶ月間の勉強で発達障害支援の基礎から実践スキルまでスムーズに学べる初心者向けのカリキュラムです。

他社の発達障害支援資格よりも安いプランになっているため、負担の少ない環境で合格を目指せます。子どもの発達や成長に合わせた支援力が身に付くため、最新のメンタルケアがしやすい特徴が評判ポイントです。

おすすめ比較ポイント

子ども発達障がい支援アドバイザーの比較ポイント
発達障害支援のスキルはじめて発達障害支援の勉強をする場合でも分かりやすい
勉強できる環境テキストや絵カードを活用して身近な場面で活かせる勉強
充実したサポート1日3問までの質問や課題添削で正しい知識の確認ができる

絵カードや支援ワークブックなどの副教材が充実しているユーキャンは、年齢別のコミュニケーションやケアスキルが身に付くと評判です。

発達障害支援に関わる仕事をしていれば簡単に感じますが、子育てをする上で必要な知識・サポート方法を学べます。

実績数は他社の発達障害支援資格の方が充実していますが、例えば、着替えや食事など日常生活の中でサポートスキルなどの基盤から学びたいならおすすめな通信講座です。

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー講座は、他の発達障害支援資格の勉強よりも初心者向けです。勉強が苦手な場合やはじめての子育てでも気軽にチャレンジできますよ!

こんな人におすすめ・評判の通信講座

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー講座がおすすめな人や受講前のチェックポイントは以下の通りです。

  • 発達障害支援の基礎から勉強ができる通信講座が良い
    • 初心者向けの発達障害支援の勉強で基礎から学べる難易度!
  • 実際に発達障害支援をする方法を実践しながら勉強したい
    • 独自の絵カードを中心に子育てをしながらでも支援しやすい副教材つき!
  • 受講料が安い通信講座の方が支払いの負担が少なくて安心
    • 発達障害支援資格を目指せる受講料が安いランキングで2位のプラン!
通信講座ユーキャン
資格子ども発達障が支援アドバイザー資格
受講料34,000円
分割払いあり
教育訓練給付制度対象外
勉強スタイルテキスト
映像講義
勉強期間3ヶ月間
合格者数不明
合格率不明
課題添削あり
サポート期間最長6ヶ月間
サポート体制1日3回の質問
添削課題

初心者向けのおすすめ通信講座

≫子ども発達障がい支援アドバイザー資格を詳しくみる

発達障害コミュニケーションサポーター資格は学校や社会で役立つコミュ力の支援が中心

発達障害コミュニケーションサポーター資格は学校や社会で役立つコミュ力の支援が中心

※出典:人間力認定協会発達障害コミュニケーションサポーター資格

おすすめポイント
  • 子どもとの適切なコミュニケーション力を学べる
  • 最短1ヶ月間で発達障害支援の専門資格を取得
  • 勉強経験がない初心者でも分かりやすい教材を活用

3つ目の発達障害支援資格を目指せるおすすめ通信講座は発達障害コミュニケーションサポーターです。

発達障害コミュニケーションサポーター資格は、子どもとのコミュニケーションや心の引き出しが中心の勉強内容です。

学校でのトラブルや人間関係の悩みを早期発見し、子どもに寄り添ったサポートやコミュニケーションスキルを身につけることが目的になっています。最短1ヶ月間で合格を目指せるため、短期間でメリハリのある勉強もできるでしょう。

おすすめ比較ポイント

発達障害コミュニケーションサポーターの比較ポイント
発達障害支援のスキル発達障害支援と子どもとのコミュニケーション力を学べる
勉強できる環境児童発達支援士と同様にワークが中心で分かりやすい
充実したサポート受講者専用窓口にて質問しながらスキルアップできる

発達障害コニュニケーションサポーター講座は、学童期と青年期に分けたトレーニングを学べます。子どもの成長に合わせた知識が身に付くため、子育てに直結しやすい特徴が評判です。

最短1ヶ月間の勉強で合格を目指せるため、短期集中型を求める場合におすすめなプランになります。

さらに公式サイトから児童発達支援士と発達障害コミュニケーションサポーターをセットで受講すると20,000円割引になるキャンペーンも実施しているので、発達障害支援スキルの専門性を高めたい場合におすすめです。

発達障害コミュニケーションサポーター講座は、子どもとの距離感が分からずに悩んでいたらおすすめの通信講座です。児童発達支援士と同様に、発達障害支援の専門的な活動をしている人間力認定協会の認定講座ですよ!

こんな人におすすめ・評判の通信講座

発達障害コニュニケーションサポーター講座がおすすめな人や受講前のチェックポイントは以下の通りです。

  • 子どもとの最適なコミュニケーション力を見直したい
    • 発達障害支援と年齢別のコミュニケーションスキルを習得できる通信講座!
  • 合格した後の発達障害支援スキルを活かす方法を知りたい
    • 試験で合格するだけでなく、定期的な意見交換会やイベントで支援の輪が広がる!
  • 子育て中で発達障害支援の基礎からマイペースに学びたい
    • 発達障害支援とコミュニケーションスキルまで学べて初心者向けで分かりやすい!
通信講座一般社団法人人間力認定協会
資格発達障害コミュニケーションサポーター資格
受講料44,100円
34,100円
分割払いあり
教育訓練給付制度対象外
勉強スタイルテキスト
映像講義
勉強期間8ヶ月間
合格者数不明
合格率80%程度
課題添削なし
サポート期間受講期間
サポート体制受講者専用窓口にて質問
その他理事長ブログにて随時情報を発信

≫発達障害コミュニケーションサポーター資格を詳しくみる

発達障害学習支援サポーター資格は5時間の講義で実用性の高いスキルを目指せる

発達障害学習支援サポーター資格は5時間の講義で実用性の高いスキルを目指せる

※出典:発達障害学習支援サポータースクール

4つ目の発達障害支援資格を目指せるおすすめ通信講座は発達障害学習支援サポータースクールの発達障害学習支援サポーターです。

発達障害学習支援サポータースクールの発達障害学習支援サポーター資格は、5時間の講義を受けた上で合格を目指せるスケジュールになるため、適切なサポート力を習得しやすいです。

学校でのトラブルや人間関係の悩みを早期発見し、子どもに寄り添ったサポートやコミュニケーションスキルを身につけることが目的になっています。最短1ヶ月間で合格を目指せるため、短期間でメリハリのある勉強もできるでしょう。

通信講座発達障害学習支援サポータースクール
資格発達障害学習支援サポーター資格
受講料29,700円
分割払いあり
教育訓練給付制度対象外
勉強スタイルテキスト
映像講義
勉強期間5時間
合格者数不明
合格率不明
課題添削なし
サポート期間受講期間
サポート体制なし

発達障害コミュニケーションサポーター資格は学校や社会で役立つコミュ力の支援が中心

発達障害コミュニケーションサポーター資格は学校や社会で役立つコミュ力の支援が中心

※出典:四谷学院

4つ目の発達障害支援資格を目指せるおすすめ通信講座は四谷学院の発達障害支援士です。

四谷学院の発達障害支援士資格は、療育現場で即戦力として活かせるスキルを映像講義のみで学べるため、仕事や子育てをしながらでも勉強がしやすい点が魅力です。

指導の心得・特性への対応・問題行動への対応・身辺自立・ソーシャルスキルの分野から学べるスケジュールになっており、他の通信講座よりも専門性の高さが四谷学院発達障害支援士資格のポイントになります。

通信講座四谷学院
資格発達障害支援士資格
受講料109,780円
分割払いあり
教育訓練給付制度対象外
勉強スタイル映像講義
勉強期間6ヶ月間
合格者数不明
合格率不明
課題添削なし
サポート期間最長1年間
サポート体制質問サポート

独学で発達障害支援資格の勉強をするメリット・デメリット

独学で発達障害支援資格の勉強をするメリットやデメリットを紹介します。通信講座で受講した後のギャップを防ぐために、独学と比較して勉強方法を判断しましょう。

独学では発達障害支援資格は取得できない

結論を紹介すると、発達障害支援資格は独学で取得できません

資格の取得をする場合は、本記事内で紹介している通信講座のプランを修了した後に試験で合格する必要があります。勉強をするだけなら独学でも十分ですが、資格の取得はできないデメリットを覚えておきましょう。

正しい知識を身につけないと子どもが不安に感じるリスク

独学で発達障害支援の勉強をする場合は、正しい知識の判断がしにくいデメリットに注意しなければいけません。

発達障害支援の知識は、子どものメンタル面のケアや先回りしたサポートがポイントです。独学で参考書やYouTubeの勉強をしても適切なスキルや身近な場面でのケースタディに限界があります。

  • 独学の勉強だけでは正しい知識の確認がしにくい
  • ケースタディに限界がある自分ごととして考えにくい
  • 子どもの負担を考えて適切な支援ができる環境が良い

好きな勉強方法で発達障害支援を理解した方がスムーズにスキルが身につきますが、実際に子どものサポートができないと意味がありません。あなたの状況を考えて、自信を持った勉強ができる環境を選びましょう。

安い費用で勉強ができるメリットがある

発達障害支援の勉強を独学ですれば、通信講座よりも安い費用で専門知識を習得できます。独学のメリットを比較して、イメージ通りの環境で専門スキルを目指しましょう。

独学で勉強をするメリット

  • 好きな教材でマイペースに勉強ができる
  • 通信講座よりも安い費用でスキルアップできる
  • 勉強している途中で教材を変更できる
  • 発達障害支援のイメージをしながら学べる

発達障害支援の勉強経験がない場合は通信講座の方が正しい知識が身につきますが、仕事などで経験や知識に自信があれば独学で十分です。安い費用だけでなく、好きな教材でも勉強ができるため、あなたが理想とする環境でスキルを習得しましょう。

発達障害支援資格の比較に役立つよくある質問

発達障害支援資格の比較に役立つよくある質問を紹介します。受講料を支払う前に具体的なイメージを確認して、独学との比較をした上で環境を選びましょう。

国家資格はありますか?

いいえ、発達障害支援に関する資格は全て民間資格です。国家資格はないので注意しましょう。

子育て経験がなくても勉強ができますか?

はい、子育て経験がなくても気軽にチャレンジができます。出産準備のために勉強をするケースも少なくありません。

発達障害支援資格の受験条件はありますか?

本記事内で紹介している発達障害支援資格は、指定の通信講座で受講・修了すれば合格を目指せます。学歴などの条件はありません。

どのくらい勉強をすれば合格できますか?

特に勉強期間は決まっていませんが、最短1ヶ月間で合格している受験生もいます。

合格率はどのくらいですか?

発達障害支援資格によって異なります。

  • 児童発達支援士資格:90%程度
  • 発達障害コミュニケーションサポーター資格:90%程度
  • その他の資格:不明
家事や子育てをしながらでも勉強できますか?

はい、家事や子育て・仕事をしながらでもスキマ時間を活用して合格を目指せます。無理のないスケジュールを立てて、スムーズに発達障害支援の勉強をしましょう。

独学で発達障害支援資格を取得できますか?

いいえ、独学では発達障害支援資格を取得できません。指定の通信講座を受講する必要があるため注意しましょう。

独学のメリットを教えてください。

独学は通信講座よりも安い受講料で発達障害支援の勉強が可能です。また、好きな教材でマイペースに勉強ができるため、ストレスなく発達障害支援のスキルを習得できます。

独学のデメリットを教えてください。

独学では発達障害支援資格の取得ができません。また、質問や課題添削などのサポートも含まれないため、正しい知識か判断が難しいデメリットがあります。

通信講座のメリットを教えてください。

通信講座で発達障害支援の勉強をすれば専門資格を取得できます。質問や課題添削などのサポートが含まれるケースもあり、正しい知識を効率よく習得できるメリットが特徴です。

通信講座のデメリットはありますか?

独学よりも受講料が高いデメリットがあります。さらに途中で勉強方法の変更ができないため、受講する前に複数の通信講座を比較した方がギャップを防げます。

どのような場面で発達障害支援のスキルを活かせますか?

日常生活の子育てや子どもに関わる職場で実践できます。子どもとのコミュニケーションや先回りしたサポートスキルが身に付くため、身近な場面で実践できるでしょう。

発達障害支援資格は履歴書に書けますか?

はい、発達障害支援資格は履歴書に書いてアピールができます。

国家資格ではないので必ず専門職に就けるわけではないですが、強みやアピールとして活用できます。

どのような人が発達障害支援資格の勉強をしていますか?

子育て中や子どもに関わる職場で働いている・出産準備のためなど、さまざまな理由で発達障害支援資格の勉強をしています。

受験資格はないため、子どもに関わる知識や寄り添ったサポート力を身につけたい場合はおすすめです。

発達障害支援資格の通信講座はどれがいい?おすすめ比較のまとめをチェックしよう

発達障害支援資格の通信講座はどれがいいか迷ったら6種類から比較がおすすめです。

改めて、あなたのイメージに最適な発達障害支援資格の通信講座を確認してみましょう。

※以下の表はスクロールできます。

スクロールできます
通信講座詳細資格受講料勉強方法サポート
児童発達支援士資格(人間力認定協会)
人間力認定協会
詳細児童発達支援士資格47,400円
37,400円
テキスト
映像講義
受講者専用窓口にて質問
子ども発達障がい支援アドバイザー資格(ユーキャン)
ユーキャン
詳細子ども発達障がい支援アドバイザー資格34,000円テキスト
映像講義
1日3回の質問
添削課題
発達障害コミュニケーションサポーター資格(人間力認定協会)
人間力認定協会
詳細発達障害コミュニケーションサポーター資格44,100円
34,100円
テキスト
映像講義
受講者専用窓口にて質問
発達障害学習支援サポーター資格(発達障害学習支援サポーター)
発達障害学習支援サポーター
詳細発達障害学習支援サポーター資格29,700円テキスト
映像講義
なし
発達障害支援士資格(四谷学院)
四谷学院
詳細発達障害支援士資格109,780円映像講義質問サポート
発達障害支援資格の通信講座

※本記事内の料金はすべて税込表記です。
※本記事内では、消費者庁の「アフィリエイト広告等に関する検討会 報告書」及び景品表示法比較広告に関する景品表示法上の考え方」に則り、比較・広告紹介をしています。
※紹介している商品の購入や通信講座の申し込みをすると、売上の一部が運営会社に還元されることがあります。
※各情報などは公式サイト及び上記のサイトを参照しています。

※情報は作成・更新時の内容になるため、プラン改定などによって販売が中止・変更になっている場合があります。最新の情報は、各公式サイトよりご確認ください。
※マイ資格ナビで掲載している文章や画像などにつきましては、いかなる場合でも無断転載(キャプチャ画像をSNSなどに掲載含む)することを禁止します。無断転載をした場合は、予告なく法的措置等の適切な対応をいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次