公務員の通信講座・予備校おすすめランキング【2024年対策比較】安い費用や合格率・初学者向けの教材を詳しく紹介

公務員の通信講座・予備校おすすめランキング

×
初学者向け合格実績が豊富な通信講座!

  • 公務員・国家公務員試験の対策をしたいけど、勉強方法が分からない
  • おすすめの通信講座や予備校を比較して理想の環境を探したい
  • はじめての公務員試験の対策をするけど、独学と通信講座はどっちがおすすめ?

公務員試験は1年に1回しかチャンスがないため、適切な勉強方法で効率よく対策をする必要があります。

特にはじめて公務員試験の勉強をする場合は、負担の少ない環境でスムーズな勉強をしないと合格を目指すどころか挫折するリスクに注意が必要です。

とはいえ、公務員試験対策ができるおすすめ通信講座はどれがいいか分からないと悩んでいませんか。

公務員試験おすすめ通信講座の比較ポイント
この記事で分かること

そこで本記事では、公務員試験の対策ができるおすすめ通信講座・比較ポイントをマイ資格ナビ編集部が分かりやすく紹介しています。

公務員試験の合格を目指したいけど、通信講座の選び方が分からないと悩んでいたら参考にしてみてください。

公務員試験おすすめ通信講座を比較!

×
おすすめ比較アガルート公務員講座アガルート公務員講座スタディング公務員講座スタディング公務員講座ユーキャン公務員講座ユーキャン公務員講座
通信講座アガルートスタディングユーキャン
プラン①国家総合職(教養・法律区分併願)対策カリキュラム
②国家総合職(法律区分)対策カリキュラム
①地方上級・市役所 教養・専門合格担任フルサポートコース​
②地方上級・市役所 合格担任フルサポートコース​
③警察官・消防官合格担任フルサポートコース​
④社会人経験者合格担任フルサポートコース​
①国家一般職・地方上級コース
②教養試験対策コース
③市役所コース
④警察官・消防官コース
受講料①382,800円
②327,800円
①200,000円​
②143,000円​
③143,000円​
④143,000円
①89,000円
②54,000円
③59,000円
④59,000円
勉強方法テキスト
映像講義
Webテキスト​
映像講義
テキスト
合格者数不明不明不明
合格率不明不明不明
サポート定期カウンセリング
面接の確認
合格お祝い制度​
※フルサポートコースのみ​
ホームルームLIVE配信(月2回)​
ホームルームLIVE配信アーカイブ動画視聴​
オンライン個別学習相談(初回・60分)​
オンライン個別カウンセリング(2回目以降・30分)
1日3問までの質問
ポイント初学者でもスムーズに合格を目指しやすいスマホ1台だけで合格を目指せる通信講座マイペースに公務員試験対策ができる
公式サイト
※受講料はキャンペーン等により変更になる場合があります。詳しくは各通信講座ごとの公式サイトで確認しましょう。
比較対象:アガルート公務員講座スタディング公務員講座ユーキャン公務員講座
比較するリセット

※気になる公務員試験おすすめ通信講座をチェックするだけで比較できます。

今すぐ結論公務員試験の通信講座はどれがいい?おすすめ比較ランキング一覧表

本記事内のランキング・参照

本記事内で紹介している公務員試験の通信講座は、法務省消費者庁国民生活センターが発信する情報を元に、マイ資格ナビ編集部(株式会社マイナビ出版マイナビブックス)がコンテンツ制作ポリシーに則り独自で作成しています。

皆様に無料コンテンツを提供する目的で、プロモーション等に関する手数料の支払いを受けているものもあるため、気になる方はご注意ください。

おすすめ公務員講座
  • おすすめはアガルート公務員講座
  • 初学者でも短期間でメリハリのある公務員試験の対策ができる
  • 映像講義が中心で仕事や子育てをしながらでもスキマ時間を有効活用しやすい

おすすめ公務員講座

※公式サイト:https://www.agaroot.jp/komuin/

さらにアガルート公務員講座では、2024年2月29日(木)まで分割払い12回まで手数料0円キャンペーン(教育クレジットローン)を実施中!

分割払いで公務員講座の受講を検討している場合は、キャンペーン期間中に合格を目指すと負担の少ない試験対策ができるでしょう。

※1回の申込金額が100,000円30,000円(税抜)以上の場合のみ

※本記事内で紹介する口コミは個人の感想であり、誰もが同様の試験で合格・成果が出るわけではありません。
※本記事は2024年2月時点の情報を紹介しています。

目次

資格のキャリカレ
【スプリングキャンペーン】
ハガキ申込より最大50%OFF
※2/29(木)まで

2/29(木)まで
キャリカレおすすめキャンペーン

公務員試験の通信講座はどれがいい?おすすめ比較ランキング一覧表【2024年度版】

公務員の通信講座・予備校おすすめランキング

マイ資格ナビ編集部では、5種類のおすすめ公務員試験通信講座を調査・比較しました。

1000時間程度の勉強が必要な公務員試験の対策は、合格するまでの全体スケジュールを把握して効率よく勉強を進める必要があります。

特に仕事や子育てをしながら公務員試験の対策を進める場合は、教材との相性が悪いと分野ごとの勉強が中途半端になり、挫折する可能性があるので注意しましょう。

公務員試験対策をした経験がなくても分かりやすいマイ資格ナビ編集部がおすすめする通信講座は以下の通りです。

※以下の表はスクロールできます。

スクロールできます
通信講座詳細プラン受講料合格者数合格率サポート
アガルート公務員講座
アガルート
詳細①国家総合職(教養・法律区分併願)対策カリキュラム
②国家総合職(法律区分)対策カリキュラム
①382,800円
②327,800円
不明不明定期カウンセリング
面接の確認
スタディング公務員講座
スタディング
詳細①地方上級・市役所 教養・専門合格担任フルサポートコース​
②地方上級・市役所 合格担任フルサポートコース​
③警察官・消防官合格担任フルサポートコース​
④社会人経験者合格担任フルサポートコース​
①200,000円
②143,000円
③143,000円
④143,000円
不明不明合格お祝い制度
※フルサポートコースのみ
ホームルームLIVE配信(月2回)
ホームルームLIVE配信アーカイブ動画視聴
オンライン個別学習相談(初回・60分)
オンライン個別カウンセリング(2回目以降・30分
ユーキャン公務員講座
ユーキャン
詳細①国家一般職・地方上級コース
②教養試験対策コース
③市役所コース
④警察官・消防官コース
①89,000円
②54,000円
③59,000円
④59,000円
不明不明①16ヶ月
②③④:12ヶ月
クレアール公務員講座
クレアール
詳細①行政系公務員
②心理・福祉系公務員
③技術系公務員
④公安系公務員
コースで異なる
※公式サイトで確認
不明不明担任サポート
質問サポート
問題集Web解説講義
面接サポート
たのまな公務員講座
たのまな
詳細①公務員上級【安心合格】講座
②公務員初級【安心合格】講座
①244,000円
②127,300円
不明不明最長1年間の延長
公務員試験対策のおすすめ通信講座

公務員試験の通信講座選びでどれがいいか迷ったら、マイ資格ナビ編集部では、3つのポイントで比較をおすすめしています。

  1. 生活環境に合った勉強方法で合格をスムーズに目指せる
  2. 安い受講料で負担の少ない通信講座や予備校
  3. 独学にはないサポートが充実している環境

マイ資格ナビ編集部がおすすめする秘書検定の通信講座を詳しく紹介します。

アガルートはコンパクトな勉強内容で講師に相談しながら合格を目指せる

アガルートはコンパクトな勉強内容で講師に相談しながら合格を目指せる

※出典:アガルート公務員通信講座

プラン①国家総合職(教養・法律区分併願)対策カリキュラム
②国家総合職(法律区分)対策カリキュラム
受講料(税込)①382,800円
②327,800円

1つ目の公務員試験おすすめ通信講座はアガルートです。

アガルート公務員通信講座は、重要ポイントが明確で勉強が苦手でもメリハリのある試験対策ができると評判です。

合格までの勉強スケジュールが明確で、受講する前にサンプル講義でイメージを確認してから受講できます。オプションの定期カウンセリングや面接対策も万全で、予備校の通学をしなくてもスムーズに合格を目指せる通信講座です。

おすすめポイント
  • 短期間でスムーズに公務員の試験対策ができる通信講座
  • 映像講義中心でスキマ時間を活用した勉強がしやすい
  • オプションで講師に相談しながら試験対策ができる

通信講座の中では珍しく国家総合職対策が含まれる通信講座で、合格までのスケジュール調整やプラン選定がしやすいメリットが特徴です。

具体的な合格率や合格者数の公表はされていませんが、映像講義が中心で勉強スケジュールなカリキュラムで初学者でもスムーズな試験対策ができます。受講料が高い部類に含まれるデメリットはありますが、受講する前にサンプル教材で相性を確認してから判断が可能です。

他社の通信講座と比較して受講料が高くなるデメリットはありますが、短期間でスムーズに公務員試験の合格を目指しやすい通信講座になっています。

通信講座アガルート
プラン①国家総合職(教養・法律区分併願)対策カリキュラム
②国家総合職(法律区分)対策カリキュラム
受講料①382,800円
②327,800円
勉強スタイルテキスト
映像講義
合格者数不明
合格率不明
課題添削なし
サポート期間受講期間
サポート体制定期カウンセリング
面接の確認

≫アガルート公務員講座を詳しくみる

スタディングはスマホを活用して日常生活の中で負担を減らした試験対策

スタディングはスマホを活用して日常生活の中で負担を減らした試験対策

※出典:スタディング公務員講座

プラン①地方上級・市役所 教養・専門合格担任フルサポートコース​
②地方上級・市役所 合格担任フルサポートコース​
③警察官・消防官合格担任フルサポートコース​
④社会人経験者合格担任フルサポートコース​
受講料(税込)①200,000円
②143,000円
③143,000円
④143,000円

2つ目の公務員試験おすすめ通信講座はスタディングです。

スタディング公務員講座は、スマホで試験対策ができるため、スキマ時間を活用して効率よく合格を目指せます。

他社の通信講座と比較して安い受講料のプランが多く、負担を減らした試験対策も可能です。スマホでの勉強や映像講義に抵抗がなければおすすめしたい公務員通信講座になります。

おすすめポイント
  • スマホを活用してスムーズに合格を目指せる通信講座
  • 他社の通信講座と比較して受講料が安くて負担が少ない
  • 合格まで最短ルートで勉強ができるカリキュラム内容

スタディングは受講する前に無料講義で実際の勉強イメージを確認した上で判断ができるため、受講後のギャップを防げるメリットが特徴です。

サポートはフルサポートコースのみ含まれますが、仕事や家事をしながらでも試験対策が両立しやすい通信講座です。最短ルートで合格を目指したいならおすすめな勉強スケジュールになっています。

サポートは特定のプランのみになりますが、他社の通信講座や予備校と比較して安い部類に含まれるため、余計な心配をすることなく公務員試験の対策ができます。スマホで試験対策をするイメージができない場合は、無料講義で確認すると勉強内容が分かりやすいでしょう。

通信講座スタディング
プラン①地方上級・市役所 教養・専門合格担任フルサポートコース​
②地方上級・市役所 合格担任フルサポートコース​
③警察官・消防官合格担任フルサポートコース​
④社会人経験者合格担任フルサポートコース​
受講料①200,000円
②143,000円
③143,000円
④143,000円
勉強スタイルWebテキスト
映像講義
合格者数不明
合格率不明
課題添削なし
サポート期間受講期間
サポート体制合格お祝い制度
※フルサポートコースのみ
ホームルームLIVE配信(月2回)
ホームルームLIVE配信アーカイブ動画視聴
オンライン個別学習相談(初回・60分)
オンライン個別カウンセリング(2回目以降・30分)

≫スタディング公務員講座を詳しくみる

ユーキャンは安い受講料で気軽にチャレンジがしやすい通信講座

ユーキャンは安い受講料で気軽にチャレンジがしやすい通信講座

※出典:ユーキャン公務員講座

プラン①国家一般職・地方上級コース
②教養試験対策コース
③市役所コース
④警察官・消防官コース
受講料(税込)①89,000円
②54,000円
③59,000円
④59,000円

3つ目の公務員試験おすすめ通信講座はユーキャンです。

ユーキャン公務員講座は、4種類のプランから選んで合格を目指せるため迷わずスケジュールを組みやすいです。

他社の通信講座よりも受講料が安いだけでなく、全てのプランに1日3問までの質問サポートが含まれるため、初学者でも確認しながら試験対策がしやすくなっています。知名度の高い通信講座で勉強した方が信頼できると考えているならおすすめな公務員通信講座です。

おすすめポイント
  • テキスト中心で初学者でもじっくり試験対策できる
  • シンプルな4つのプランでスムーズに合格を目指せる
  • 1日3問の質問で正しい知識を確認しながら勉強できる

4つのプランから選択して志望先に特化した試験対策ができ、正しい知識をスムーズに理解ができる勉強内容が評判です。

テキストが中心になるためスタディングのようなスキマ時間を活用した試験対策はしにくいですが、延長サポートが含まれるため、あなたのペースで合格を目指せる通信講座がポイントになります。余計な知識をなくして集中した試験対策をするならおすすめです。

初学者向けの丁寧な解説がされている教材を活用して1日3問の質問で確認をしながら、メリハリのある試験対策ができるでしょう。

通信講座ユーキャン
プラン①国家一般職・地方上級コース
②教養試験対策コース
③市役所コース
④警察官・消防官コース
受講料①89,000円
②54,000円
③59,000円
④59,000円
勉強スタイルテキスト
合格者数不明
合格率不明
課題添削なし
サポート期間①16ヶ月
②③④:12ヶ月
サポート体制1日3問までの質問

≫ユーキャン公務員講座を詳しくみる

クレアールは映像講義中心で個別アドバイスを受けながら合格を目指す

クレアールは映像講義中心で個別アドバイスを受けながら合格を目指す

※出典:クレアール公務員講座

プラン①国家一般職・地方上級コース
②教養試験対策コース
③市役所コース
④警察官・消防官コース
受講料(税込)①89,000円
②54,000円
③59,000円
④59,000円

4つ目の公務員試験おすすめ通信講座はクレアールです。

クレアール公務員講座は、映像講義が中心の勉強内容で合格必要論点を抽出した独自スタイルが評判です。

過去の出題傾向をもとにした重要ポイント中心の教材になっており、勉強が苦手でも短期間で合格を目指しやすい特徴があります。担任に個別相談をしながら、短期集中型の試験対策ができるでしょう。

おすすめポイント
  • 行政系・心理・福祉系・技術系・公安系に分けたプラン
  • 独自の非常識合格法で過去の出題傾向を理解できる
  • 講師への相談やLess-Qなどのサポートが充実している

行政系・心理・福祉系・技術系・公安系に分類されたプランから選択できるため、目標としている公務員試験の対策がしやすいポイントが評判です。

合格まで最短ルートで試験対策ができるため、ダラダラして挫折する心配がある状況ならクレアールがおすすめとなります。受講料は他社の通信講座と比較して高めですが、充実したサポートのもとで効率よく合格を目指せます。

受講料は他社の通信講座と比較して高い部類に含まれますが、Less-Q(よくある質問)や講師への相談がしやすいため、初学者でも1回で合格を目指しやすくなっています。

通信講座クレアール
プラン①行政系公務員
②心理・福祉系公務員
③技術系公務員
④公安系公務員
受講料コースで異なる
※公式サイトで確認
勉強スタイルテキスト
映像講義
合格者数不明
合格率不明
課題添削なし
サポート期間受講期間
サポート体制担任サポート
質問サポート
問題集Web解説講義
面接サポート

≫クレアール公務員講座を詳しくみる

たのまなはじっくり時間をかけて試験対策ができる通信講座

たのまなはじっくり時間をかけて試験対策ができる通信講座

※出典:たのまな公務員講座

プラン①公務員上級【安心合格】講座
②公務員初級【安心合格】講座
受講料(税込)①244,000円
②127,300円

5つ目の公務員試験おすすめ通信講座はたのまなです。

たのまな公務員講座は、プランに最長1年間延長サポートが含まれるため、じっくり時間をかけて合格を目指せます。

地方上級や市役所試験または警察官・消防官試験が対象のプランになっており、目標にする対策を選択しやすいです。翌年の試験も視野に入れた対策をしたい場合におすすめな公務員通信講座になります。

おすすめポイント
  • 2種類のシンプルなプランで合格を目指せる通信講座
  • じっくり試験対策ができて翌年の合格も視野に入れている
  • 地方上級や市役所試験または警察官・消防官試験が対象

たのまなは、初学者向けで単元ごとに重要ポイントがひと目で分かるテキスト教材を活用します。

他社の通信講座と比較して受講料が高いデメリットはありますが、シンプルなプランで翌年の試験対策も視野に入れた勉強を考えているならおすすめです。

仕事や家事をしながらスキマ時間の勉強はしにくいですが、じっくり時間をかけて自信を持って試験本番に臨む場合におすすめな公務員通信講座になります。

通信講座たのまな
プラン①公務員上級【安心合格】講座
②公務員初級【安心合格】講座
受講料①244,000円
②127,300円
勉強スタイルテキスト
映像講義
合格者数不明
合格率不明
課題添削なし
サポート期間最長1年間の延長
サポート体制質問サポート

≫たのまな公務員講座を詳しくみる

公務員試験の予備校おすすめ4社一覧をピックアップ!

公務員試験対策ができるおすすめ予備校4社を紹介します。

通信講座と予備校を比較して、あなたの生活環境に合った勉強方法を見つけましょう。

東京アカデミーはZOOMで試験対策ができるプランがある

※出典:東京アカデミー公務員講座

プラン①ZOOM平日昼間+土曜:教養・専門科目コース
②ZOOM土曜+日曜:教養・専門科目コース
③ZOOM土曜:教養科目コース
④ZOOM平日昼間:専門科目コース
⑤ZOOM日曜:専門科目コース
受講料(税込)①240,500円
②161,900円
③99,000円
④178,500円
⑤90,400円

東京アカデミー公務員講座は、ZOOMを活用した試験対策もあり、生活環境に最適な方法でスムーズに合格を目指せる予備校です。

予備校は全国に32校あり、複数の勉強方法を選択して合格を目指せるプランがポイントになります。受講料は他社の予備校と比較しても平均的なため、無理のない予算で合格を目指せるメリットが特徴です。

さらに、2021年度の合格実績は3,113人になるため、予備校内でもトップクラスの結果を出しています。

おすすめポイント
  • 複数のプランから選択してポイントに絞った対策ができる
  • 通学だけでなくオンラインの受講も対象のプラン
  • 2021年度は3,113人が合格した実績のある予備校
予備校東京アカデミー
プラン①ZOOM平日昼間+土曜:教養・専門科目コース
②ZOOM土曜+日曜:教養・専門科目コース
③ZOOM土曜:教養科目コース
④ZOOM平日昼間:専門科目コース
⑤ZOOM日曜:専門科目コース
受講料①240,500円
②161,900円
③99,000円
④178,500円
⑤90,400円
勉強スタイルテキスト
映像講義
オンライン講義
合格者数3,113人(2021年度合格実績)
合格率不明
プランの詳細はタップで表示!

①②:国家一般職(行政職)、都府県上級(行政職)、政令指定都市(行政職)、政令指定都市以外の市町村で専門科目が出題される自治体(行政職) ※警察官・消防官試験の併願にも対応

③:警察官、消防官(教養型)、国立大学法人等職員、国家公務員・都府県・政令指定都市(技術職・資格職・福祉職等)、政令指定都市以外の市町村で教養試験のみ出題される自治体(行政職)、北海道職員A区分

④⑤:行政職全般の専門科目対策

資格の大原は科目や試験内容に特化したプランが充実

※出典:資格の大原公務員講座

プラン①公務員合格コース
②公務員1.5年合格コース
③教養型市役所合格(春受験)コース
④国税・財務専門官併願合格コース
⑤札幌市・国家一般職合格コース
⑥札幌市専願合格コース
⑦札幌 教養合格コース
⑧県庁/名古屋市・国一合格コース
⑨福岡市・国家一般職合格コース
⑩技術職公務員合格コース(工学の基礎)
※他プラン多数
受講料(税込)①355,400円
②387,000円
③202,600円
④365,600円
⑤314,600円
⑥244,400円
⑦193,400円
⑧330,000円
⑨335,000円
⑩180,000円
※他プラン多数

資格の大原公務員講座は、通学・映像・Web通信など複数のパターンで合格を目指せる予備校です。

2021年の合格実績は2,864人になり、過去の出題傾向や受験生がつまづきやすいポイントを中心とした対策ができる特徴が評判になっています。さらに、個別相談や論文対策・講義サポートが充実しているため、初学者でもスムーズに合格を目指しやすい予備校です。

おすすめポイント
  • 試験科目ごとに特化したプランで合格を目指せる
  • 通学・映像・Web通信から選択して試験対策が可能
  • 2021年度は2,864人が合格した実績のある予備校
予備校資格の大原
プラン①公務員合格コース
②公務員1.5年合格コース
③教養型市役所合格(春受験)コース
④国税・財務専門官併願合格コース
⑤札幌市・国家一般職合格コース
⑥札幌市専願合格コース
⑦札幌 教養合格コース
⑧県庁/名古屋市・国一合格コース
⑨福岡市・国家一般職合格コース
⑩技術職公務員合格コース(工学の基礎)
※他プラン多数
受講料①355,400円
②387,000円
③202,600円
④365,600円
⑤314,600円
⑥244,400円
⑦193,400円
⑧330,000円
⑨335,000円
⑩180,000円
※他プラン多数
勉強スタイルテキスト
映像講義
オンライン講義
合格者数2,864人(2021年度実績)
合格率不明
プランの詳細はタップで表示!

①:国家一般職・地方上級・市役所などを幅広く目指すスタンダードなコース(上位合格が狙えるカリキュラムで志望先合格を実現します。教養・専門試験対策は効率的に高得点が取れる科目を中心に学習。論作文・面接試験対策・模擬試験・最新試験情報も充実しています。)

②:国家一般職・地方上級・市役所など幅広く目指す大学2年生向けのコース(大学2年生の秋から学習を開始して公務員採用試験を目指すコースです。重要科目の繰り返し学習と充実の論文・面接対策、豊富な模擬試験で確実な合格を目指します。)

③:教養試験のみで受験できる採用試験を目指すコース(市役所や教養科目のみで受験できる採用試験を目指す方向けの、教養試験・論作文試験・面接試験対策、模擬試験すべてが揃ったオールインワンコースです。)

④:国税専門官・財務専門官を目指すコース(国税専門官・財務専門官を中心に、国家一般職や地方上級にも対応したコースです。1次試験対策・面接試験対策はもちろん、豊富な模擬試験で複数合格を目指します。)

⑤:札幌市、国家一般職など幅広く併願できる人気のコース(札幌市や全国の自治体、国家一般職等の試験科目をほぼカバー。知識ゼロからスタートできる豊富なインプット講義とアウトプット直前演習、そして論文対策、面接対策で合格ラインに一気に引き上げます。)

⑥:人気の高い札幌市の必要な科目に特化したコース(道内で人気の高い札幌市の合格ラインを確実に突破するために、豊富な講義量で他の受験者を圧倒します。また道庁や道内各自治体(市町村)で実施されている事務適性・SPI型の試験にも対応できます。)

⑦:地方自治体(市町村)や国立大に対応するコース(教養科目のみで受験可能な地方自治体(市町村)職員や国立大学法人の試験の合格を目標にします。また、SPI型の自治体や採用数の多い道庁も受験可能です。丁寧な論文添削、面接対策付きで安心のコース内容です。)

⑧:地方上級、国家一般職等に対応する名古屋校の人気コース(地方上級を第一志望とし、国家公務員も併願できるコースです。専門科目は憲法、民法、行政法、刑法、労働法、経済学等地方上級に必要な科目がラインナップされています。)

⑨:地方上級(全国型)及び国家一般職を目指す方にお勧め(福岡市に限らず、九州・沖縄地方の県庁(および所在地)・政令市を主に、その他市町村、さらには国家公務員と、広く併願受験・合格を目指す方にオススメです!)

⑩:技術職区分のうち、工学の基礎が必要な試験を目指すコース(通常講義の3分の1の時間で学習できるWeb講義(IOT50)で効率的に、工学の基礎が必要な技術職区分の試験を目指せます。)

※引用:資格の大原公式サイト

LEC東京リーガルマインドはWebで完結できる試験対策が多数

※出典:LEC東京リーガルマインド公務員講座

プラン①スーパースペシャルコース(地方上級・国家一般職)
②スペシャルコース(地方上級・国家一般職)
③スペシャル(国税専門官/財務専門官併願)コース(地方上級・国家一般職)
④国総・国般7:3コース(通学)
⑤国総・国般7:3コース(通信)
⑥市役所教養コース(地方上級・国家一般職)
⑦国税専門官・財務専門官専願コース(地方上級・国家一般職)
⑧裁判所事務官一般職専願コース(地方上級・国家一般職)
⑨労働基準監督官専願コース(地方上級・国家一般職)
⑩経験者採用専願コース
※他プラン多数
受講料(税込)①417,000円
②349,000円
③388,000円
④488,000円
⑤468,000円
⑥215,000円
⑦345,000円
⑧322,000円
⑨322,000円
⑩215,000円
※他プラン多数

LEC東京リーガルマインド公務員講座は担任制のプランになるため、勉強方法や疑問を解消しながら試験対策ができます。

合格実績や合格率の公表はないですが、現役公務員と接する機会(公務員フォーラム)を複数回開催しているため、試験対策を乗り越えた先輩の意見を取り入れつつ効率の良い準備ができると評判です。

予備校に通学する必要がないオンライン講義もあるため、自宅にいながら公務員試験の対策も可能となっています。

おすすめポイント
  • 複数のプランから志望する試験対策に特化できる
  • 論文式・面接で活かせる時事問題の対策が充実
  • 担任制で疑問や勉強の進め方を確認しながら受講
予備校LEC東京リーガルマインド
プラン①スーパースペシャルコース(地方上級・国家一般職)
②スペシャルコース(地方上級・国家一般職)
③スペシャル(国税専門官/財務専門官併願)コース(地方上級・国家一般職)
④国総・国般7:3コース(通学)
⑤国総・国般7:3コース(通信)
⑥市役所教養コース(地方上級・国家一般職)
⑦国税専門官・財務専門官専願コース(地方上級・国家一般職)
⑧裁判所事務官一般職専願コース(地方上級・国家一般職)
⑨労働基準監督官専願コース(地方上級・国家一般職)
⑩経験者採用専願コース
※他プラン多数
受講料①417,000円
②349,000円
③388,000円
④488,000円
⑤468,000円
⑥215,000円
⑦345,000円
⑧322,000円
⑨322,000円
⑩215,000円
※他プラン多数
勉強スタイルテキスト
映像講義
オンライン講義
合格者数不明
合格率不明

資格の学校TACは合格実績が充実している予備校

※出典:資格の学校TAC公務員講座

プラン①入門総合本科生
②入門トリプル本科生
③総合本科生
④トリプル本科生
⑤教養本科生
⑥主要科目本科生
⑦国税専門官A本科生
⑧裁判所一般職本科生
⑨労働基準監督官A本科生
※他プラン多数
受講料(税込)①通信:330,000円、通学:319,000円
②通信:363,000円、通学:352,000円
③通信:330,000円、通学:319,000円
④通信:363,000円、通学:352,000円
⑤通信:209,000円、通学:198,000円
⑥通信:286,000円、通学:275,000円
⑦通信:346,500円、通学:335,500円
⑧通信:319,000円、通学:308,000円
⑨通信:330,000円、通学:319,000円
※通学はVIPコース以外
※他プラン多数

資格の学校TACは、3,220人が合格した実績(2021年度)のある予備校です。東京アカデミーや資格の大原に並んで豊富な合格実績が魅力的になっています。

通信と通学の2種類から選択して合格を目指せるため、生活環境に合った方法で試験対策ができます。受講料は平均的ですが、時間をかけてじっくり公務員試験の対策ができる予備校と覚えておきましょう。

おすすめポイント
  • 通信と通学の2種類から選択して合格を目指せる
  • 専任講師に相談しながら公務員試験の対策が可能
  • 2021年度は3,220人が合格した実績のある予備校
予備校資格の学校TAC
プラン①入門総合本科生
②入門トリプル本科生
③総合本科生
④トリプル本科生
⑤教養本科生
⑥主要科目本科生
⑦国税専門官A本科生
⑧裁判所一般職本科生
⑨労働基準監督官A本科生
※他プラン多数
受講料①通信:330,000円、通学:319,000円
②通信:363,000円、通学:352,000円
③通信:330,000円、通学:319,000円
④通信:363,000円、通学:352,000円
⑤通信:209,000円、通学:198,000円
⑥通信:286,000円、通学:275,000円
⑦通信:346,500円、通学:335,500円
⑧通信:319,000円、通学:308,000円
⑨通信:330,000円、通学:319,000円
※通学はVIPコース以外
※他プラン多数
勉強スタイルテキスト
映像講義
オンライン講義
合格者数3,220人(2021年度実績)
合格率不明

公務員試験の通信講座・予備校はどれがいい?3つのおすすめ比較ポイントを詳しく紹介

公務員試験の通信講座・予備校はどれがいい?3つのおすすめ比較ポイントを詳しく紹介

公務員試験の通信講座・予備校選びでどれがいいか迷ったら3つのポイントで比較がおすすめです。

  1. 生活環境に合った勉強方法で合格をスムーズに目指せる
  2. 安い受講料で負担の少ない通信講座や予備校
  3. 独学にはないサポートが充実している環境

独学や複数の通信講座・予備校との比較の参考にしてみましょう。

生活環境に合った勉強方法で合格をスムーズに目指せる

生活環境に合った勉強方法で合格をスムーズに目指せる

公務員通信講座や予備校選びで迷ったら、生活環境に合った勉強方法で合格をスムーズに目指せる環境がおすすめです。

公務員試験の対策は、1000時間前後は必要とされています。特に初学者や仕事・家事をしながら公務員試験の対策をする場合は、生活環境に合った勉強環境を選ばないと挫折するリスクがあります。

テキストや映像講義・スマホの活用など、ストレスの少ない環境でスムーズに公務員試験の合格を目指すようにしましょう。

通信講座勉強方法
アガルートテキストと映像講義で自宅やスキマ時間を活用した試験対策ができる。映像講義は1回10分程度になり、メリハリのある勉強で公務員試験の勉強が可能。
スタディングスマホを活用した勉強で、電車移動中や昼休み・寝る前などの空き時間を活用できる。勉強が苦手でもマイペースに試験対策ができる。
ユーキャンテキスト中心の勉強でじっくり時間をかけて合格を目指す勉強スタイル。納得できるまで調べて、不安を解消しながら公務員試験の合格を目指す。
クレアールテキストと映像講義で合格を目指す勉強スタイル。担任に確認をしながら試験対策ができ、生活環境に合わせて集中的な勉強がしやすい。
たのまなテキストと映像講義で合格を目指す勉強スタイル。じっくり時間をかけて翌年の公務員試験の合格も視野に入れた試験対策。
公務員通信講座の勉強方法比較

勉強方法は、公務員通信講座の方向性によって異なります。例えば、スキマ時間の活用ならアガルートやスタディングなどのスマホを活用できる環境がおすすめです。

安い受講料で負担の少ない通信講座や予備校

安い受講料で負担の少ない通信講座や予備校

公務員通信講座や予備校選びで迷ったら、安い受講料で負担の少ない通信講座がおすすめです。

通信講座は予備校よりも安い傾向ですが、独学よりも受講料は高くなっています。受講料が高いから必ず合格できるわけではないため、予算に応じた無理のない範囲で公務員試験対策ができる通信講座を選びましょう。

独学にはないサポートが充実している環境

独学にはないサポートが充実している環境

公務員通信講座や予備校選びで迷ったら、独学にはない充実したサポートが含まれる環境がおすすめです。

通信講座や予備校で受講するメリットは、合格までのスケジュールが明確で質問などのサポートが含まれていることになります。特にはじめて公務員試験対策をする場合は、不安や疑問を解消して正しい知識の確認をしながら合格を目指すと良いでしょう。

通信講座サポート体制
アガルート定期カウンセリング
面接の確認
スタディング合格お祝い制度
※フルサポートコースのみ
ホームルームLIVE配信(月2回)
ホームルームLIVE配信アーカイブ動画視聴
オンライン個別学習相談(初回・60分)
オンライン個別カウンセリング(2回目以降・30分)
ユーキャン1日3問までの質問
クレアール担任サポート
質問サポート
問題集Web解説講義
面接サポート
たのまな質問サポート
公務員通信講座のサポート体制

せっかく通信講座や予備校で受講してもサポートを活用しなければ意味がありません。納得のいく勉強ができ、自信を持って試験本番に臨める環境で公務員試験の対策をしましょう。

充実したサポートの通信講座・予備校がおすすめの人

  • 公務員試験の勉強がはじめてで継続する自信がない
  • 勉強スケジュールの調整をする自信がなくて心配
  • 仕事や家事をしながらスキマ時間を活用した対策になる

独学で公務員試験の合格を目指すメリット・デメリット

独学で公務員試験の合格を目指すメリットやデメリットを紹介します。試験対策は独学でもできるため、通信講座や予備校と比較する判断材料にしてみましょう。

合格までの勉強スケジュールを調整しにくい

1つ目のデメリットは、独学だと合格までの勉強スケジュールが調整しにくく、モチベーション維持が難しいことです。

公務員試験の対策は1000時間前後は必要とされていますが、1日3時間の勉強をする場合でも1年間近い継続が必要になります。

通信講座や予備校では重点的な対策が必要なポイントが明確で、合格までのスケジュールが決められており、公務員試験の勉強がはじめての場合は挫折するリスクに注意が必要です。

  • 独学は1000時間前後のスケジュールを調整する必要性
  • 合格までの全体像が分からないとおすすめできない
  • はじめて公務員試験の対策をするなら独学はおすすめできない

自己解決になるため苦手ポイントを克服しにくい

2つ目のデメリットは、課題添削や講師への質問ができないため、苦手ポイントの早期発見がしにくいことです。

独学は好きな教材を活用してマイペースに合格を目指せますが、よく間違える項目や正しい知識の確認がしにくいデメリットに注意する必要があります。自己解決をしながら公務員試験の対策をするため、勉強に自信がない場合は独学はおすすめできません

  • 通信講座や予備校は講師に確認しながら対策ができる
  • 公務員試験対策がはじめてなら不安要素が残る可能性
  • 自己解決をする自信がない場合は独学はイマイチ

費用が安く負担を減らせるメリットがある

独学で公務員試験の対策をすれば、通信講座や予備校よりも受講料が安くなるメリットがあります。

通信講座や予備校は100,000〜500,000円程度の受講料がかかるため、支払いだけで精一杯になるリスクがありますが、独学であれば2,000円前後の参考書でも対策が可能です。安い費用で公務員試験対策をしたい場合は、独学の方がイメージに合う可能性が高いでしょう。

安い費用で合格を目指せるメリット

  • 通信講座や予備校は100,000〜500,000円程度の受講料
  • 独学は通信講座や予備校よりも安くて負担が少ない
  • 安い費用で公務員試験の合格を目指すなら独学がおすすめ!

公務員試験の通信講座や予備校選びの失敗例

公務員試験の通信講座・予備校選びに関するよくある失敗例を紹介します。受講料は安いわけではないため、支払いをした後のギャップを防ぐようにしましょう。

勉強できる時間の確保ができていない

1つ目のよくある失敗例は、受講しただけで満足してしまい勉強時間の確保ができていない状況です。

公務員通信講座や予備校は、試験本番で実力を発揮できるスケジュールでカリキュラムが組まれています。とはいえ、受講を判断しただけで、肝心の勉強をする時間がないと一方的に教材が送られてくる状況になってしまいます。

通信講座勉強スタイル
アガルートテキスト
映像講義
スタディングWebテキスト
映像講義
ユーキャンテキスト
クレアールテキスト
映像講義
たのまなテキスト
映像講義
公務員通信講座の勉強スタイル比較

例えば、仕事をしながらスキマ時間にコツコツ公務員試験の対策をしたい場合は、スタディングで受講するとスマホを活用してスムーズに取り組めます。受講するだけでなく、あなたの生活環境を考えて理想の通信講座や予備校を選びましょう。

講師との相性が悪くて解説が頭に入ってこない

2つ目のよくある失敗例は、講師との相性が悪くて解説や勉強内容がスッと頭に入らない状況です。

公務員試験の通信講座や予備校は、テキストよりも映像講義やオンライン講義が中心の勉強内容になります。講師の解説するスピードや難易度・話し口調などを確認しないとストレスばかりが溜まり、勉強に集中できない可能性が高いです。

受講を判断する前に、おすすめ公務員通信講座・予備校の勉強内容やサンプル講義を確認してから判断した方がギャップを防げるでしょう。

受講料が高くて余計なプレッシャーがかかっている

3つ目のよくある失敗例は、受講料が高いため勉強以外のプレッシャーを感じて集中できないことです。

安い通信講座や予備校の質が悪いわけではないですが、サポートやフォロー体制のオプションを追加すると通常よりもさらに高くなります。

支払いが大きいため勉強に集中できず、理解スピードが遅くなるリスクがあるため、無理のない予算で合格を目指しましょう。

公務員試験の通信講座や予備校の比較に役立つよくある質問

公務員試験の通信講座や予備校選びの比較に役立つよくある質問を紹介します。不安やモヤモヤした環境を解消して、スムーズに合格を目指すようにしましょう。

公務員試験のおすすめ通信講座・予備校はどこですか?

5種類の公務員試験の通信講座・予備校がおすすめです。3つのポイントで比較すると、あなたが理想の環境で合格を目指せるでしょう。

独学と通信講座や予備校ではどちらが良いですか?

初学者の場合は、通信講座や予備校がおすすめです。通常1000時間前後の勉強が必要なため、スケジュールの確保や合格までの全体像を確認しやすい通信講座や予備校がおすすめになります。

独学で公務員試験の対策をするメリットはありますか?

独学で公務員試験の対策をすれば、通信講座や予備校よりも安い費用で合格を目指せます。さらに、好きな教材を活用してマイペースに試験対策ができるメリットがあります。

独学で公務員試験の対策をするデメリットを教えてください。

独学で公務員試験の対策をする場合は、合格までのスケジュール調整や正しい知識の確認がしにくいデメリットがあります。はじめて公務員試験を受験する場合は、通信講座や予備校で勉強した方が最短ルートで合格を目指せるでしょう。

通信講座や予備校のデメリットを教えてください。

通信講座や予備校で公務員試験の対策をする場合は、独学よりも受講料が高いデメリットに注意が必要です。さらに途中で勉強方法の変更がしにくいため、受講前におすすめ公務員通信講座・予備校を慎重に比較した方が良いでしょう。

どのくらいの期間の勉強が必要ですか?

具体的な勉強期間はありませんが、1000時間前後の勉強は必要とされています。1年サイクルで合格を目指す受験生が多いため、余裕を持った試験対策をしましょう。

1日の勉強時間はどのくらい必要ですか?

特に決まっていませんが、合計1000時間勉強をする場合は、1日3時間を1年間程度継続するペースになります。

はじめての公務員試験で不安ですが、合格できますか?

はい、はじめての公務員試験でも合格している受験生はいます。正しい知識を効率よく身につけ、あなたの生活環境に合った勉強方法で合格を目指しましょう。

安い受講料の通信講座や予備校はダメですか?

いいえ、安い受講料だから質が下がるわけではありません。

通信講座や予備校は独学と比較して受講料が高いため、割引クーポンやキャンペーン期間を活用して予算内で無理なく受講すると良いでしょう。

通信講座や予備校のサポートを教えてください。

講師への質問や課題添削・面接対策などのサポートが含まれます。納得できるまで知識を身につけ、スムーズに合格を目指しましょう。

仕事をしながらでも合格を目指せますか?

はい、仕事や家事をしながらでもスキマ時間を活用して公務員試験の合格を目指せます。無理のないペースで効率よく合格を目指せる通信講座や予備校がおすすめです。

どのような人が公務員試験の通信講座や予備校がおすすめですか?

はじめて公務員試験の勉強をする場合や勉強スケジュールの調整・継続に自信がない状況なら通信講座や予備校の受講がおすすめです。過去の傾向をもとに、あなたのペースで合格を目指しやすいでしょう。

いつから勉強をはじめれば良いですか?

決められた時期はありませんが、試験の1年前など余裕を持って勉強を開始した方がメンタルケアしやすいです。できる限り早い時期から公務員試験の勉強をはじめましょう。

公務員試験の合格を目指せる通信講座はどれがいい?おすすめ比較のまとめをチェックしよう

公務員試験の合格を目指せる通信講座はどれがいいか迷ったら9種類から比較がおすすめです。

改めて、あなたのイメージに最適な公務員試験の合格を目指せる通信講座を確認してみましょう。

※以下の表はスクロールできます。

スクロールできます
通信講座詳細プラン受講料合格者数合格率サポート
アガルート公務員講座
アガルート
詳細①国家総合職(教養・法律区分併願)対策カリキュラム
②国家総合職(法律区分)対策カリキュラム
①382,800円
②327,800円
不明不明定期カウンセリング
面接の確認
スタディング公務員講座
スタディング
詳細①地方上級・市役所 教養・専門合格担任フルサポートコース​
②地方上級・市役所 合格担任フルサポートコース​
③警察官・消防官合格担任フルサポートコース​
④社会人経験者合格担任フルサポートコース​
①200,000円
②143,000円
③143,000円
④143,000円
不明不明合格お祝い制度
※フルサポートコースのみ
ホームルームLIVE配信(月2回)
ホームルームLIVE配信アーカイブ動画視聴
オンライン個別学習相談(初回・60分)
オンライン個別カウンセリング(2回目以降・30分
ユーキャン公務員講座
ユーキャン
詳細①国家一般職・地方上級コース
②教養試験対策コース
③市役所コース
④警察官・消防官コース
①89,000円
②54,000円
③59,000円
④59,000円
不明不明①16ヶ月
②③④:12ヶ月
クレアール公務員講座
クレアール
詳細①行政系公務員
②心理・福祉系公務員
③技術系公務員
④公安系公務員
コースで異なる
※公式サイトで確認
不明不明担任サポート
質問サポート
問題集Web解説講義
面接サポート
たのまな公務員講座
たのまな
詳細①公務員上級【安心合格】講座
②公務員初級【安心合格】講座
①244,000円
②127,300円
不明不明最長1年間の延長
公務員試験対策のおすすめ通信講座

※本記事内の料金はすべて税込表記です。
※本記事内では、消費者庁の「アフィリエイト広告等に関する検討会 報告書」及び景品表示法比較広告に関する景品表示法上の考え方」に則り、比較・広告紹介をしています。
※紹介している商品の購入や通信講座の申し込みをすると、売上の一部が運営会社に還元されることがあります。
※各情報などは公式サイト及び上記のサイトを参照しています。

※情報は作成・更新時の内容になるため、プラン改定などによって販売が中止・変更になっている場合があります。最新の情報は、各公式サイトよりご確認ください。
※マイ資格ナビで掲載している文章や画像などにつきましては、いかなる場合でも無断転載(キャプチャ画像をSNSなどに掲載含む)することを禁止します。無断転載をした場合は、予告なく法的措置等の適切な対応をいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次