公認会計士通信講座おすすめランキング【2024年版】安い受講料や合格率を詳しく解説

公認会計士通信講座おすすめランキング

公認会計士は、2,500時間以上の勉強が必要とされているため、独学よりも通信講座や予備校を活用した方が効率よく合格を目指せるでしょう。

とはいえ、公認会計士講座のおすすめ通信講座や予備校はどれがいいか分からないと悩んでいませんか。

この記事で分かること

そこで本記事では、公認会計士講座のおすすめ通信講座や予備校・比較ポイントをマイ資格ナビ編集部が分かりやすく紹介しています。

公認会計士試験の合格を目指したいけど、通信講座や予備校の選び方が分からないと悩んでいたら参考にしてみてください。

今すぐ結論公認会計士講座はどこがいい?おすすめ比較ランキング一覧表

本記事内のランキング・参照

本記事内で紹介している公認会計士講座は、法務省消費者庁国民生活センターが発信する情報を元に、マイ資格ナビ編集部(株式会社マイナビ出版マイナビブックス)がコンテンツ制作ポリシーに則り独自で作成しています。

皆様に無料コンテンツを提供する目的で、プロモーション等に関する手数料の支払いを受けているものもあるため、気になる方はご注意ください。

※本記事内で紹介する口コミは個人の感想であり、誰もが同様の試験で合格・成果が出るわけではありません。
※本記事は2024年4月時点の情報を紹介しています。

目次

資格のキャリカレ
【春の挑戦サポート割】
ハガキ申込より最大50%OFF

※4/15(月)まで

4/15(月)で締切!
キャリカレおすすめキャンペーン

公認会計士通信講座のおすすめはどこがいい?比較ランキング一覧表【2024年版】

マイ資格ナビ編集部では、おすすめ公認会計士講座を調査・比較しました。

  • 公認会計士講座おすすめ1:クレアール
  • 公認会計士講座おすすめ2:CPA会計学院
  • 公認会計士講座おすすめ3:資格の大原
  • 公認会計士講座おすすめ4:LEC東京リーガルマインド
  • 公認会計士講座おすすめ5:TAC

公認会計士講座は独学と比較して、過去の合格者の体験談をもとにつくられた教材を活用した対策ができ、質問・課題添削などのサポートが含まれることです。

合格者数だけで受講判断はおすすめしませんが、相性の良い教材を選び、スムーズに理解ができる通信講座や予備校で公認会計士の試験対策をしましょう。

公認会計士通信講座で迷ったら、3つのポイントで比較がおすすめです。

  1. 生活環境に合った教材でスムーズに対策ができる
  2. 負担の少ない受講料で無理なく支払いができる
  3. 独学にはないサポート体制で疑問を解消しやすい

マイ資格ナビ編集部がおすすめする公認会計士講座を詳しく紹介します。

クレアール公認会計士講座は非常識合格法で効率よく試験対策ができる

クレアール公認会計士講座は非常識合格法で効率よく試験対策ができる

※出典:クレアール公認会計士講座

おすすめポイント
  • 非常識合格法で効率よく試験対策ができる
  • 初学者向けの勉強スケジュールも組まれていて分かりやすい
  • 受講料が安くて支払い面の負担が少ない

1つ目の公認会計士おすすめ通信講座・予備校は、クレアールです。

クレアールは、独自の非常識合格法を用いているため、合格点を目指すスタイルで勉強ボリュームを減らした対策ができます。

試験で100点を目指すわけではなく、出題カバーを意識した教材になっているため、長期間の勉強を継続する自信がない人でもクレアール公認会計士講座はおすすめです。

独自のスピーチ(口頭で回答する方法)で合格ライン(※)を目指すため、座学だけではインプットが難しいと悩んでいる人や試験本番を意識したアウトプットとのバランスを意識したい場合でもおすすめです。

クレアール公認会計士講座は、コンパクトに集約された教材で試験対策ができます。独学だと2,500時間以上必要な勉強もスムーズに対策できますよ!

※公認会計士の合格率は試験状況で異なりますが、短答式試験70%・論文式試験60%・論文式試験の科目合格基準60%が目安になります。(参照:金融庁

おすすめ比較ポイント

生活環境に合った教材テキストと映像講義でバランスよく対策ができる
非常識合格法でポイントが分かりやすい
負担の少ない受講料他の通信講座と比較してプランが多くて安い受講料もあり
充実したサポート担任制でメールや電話などで気軽に質問ができる

クレアール公認会計士講座は、他の公認会計士試験対策ができる通信講座や予備校と比較して、初学者向け・社会人向け・簿記合格者向けなど複数のプランがあるため、予算と対策状況に応じて選び安い特徴があります。

合格までの勉強期間は国家資格の中でも長く、モチベーション維持が難しい声もありますが、担任制でメールや電話で気軽に質問をしながら合格を目指せるサポート体制も魅力です。

通信講座や予備校は、独学にはないサポート体制が充実していることもおすすめです。クレアール公認会計士講座は疑問を残すことなく、スムーズに合格を目指せますよ!

こんな人におすすめ・評判の通信講座

クレアール公認会計士講座がおすすめな人や受講前のチェックポイントは以下の通りです。

  • 公認会計士試験の勉強経験がない初心者で基礎から学びたい
    • 勉強経験がない初心者むけのプランも充実して基礎から対策できる!
  • 予算が限られていて安い受講料の方が安心して対策ができる
    • 試験対策の状況に応じて選べるプランが豊富!
  • 独学では不安でサポート体制が充実している方が対策しやすい
    • 担任制でメールや電話・インターネット通話で気軽に質問ができる
通信講座クレアール
プラン①2年スタンダード合格コース初学者対象 Web通信
②2年スタンダード合格コース 簿記3級修了者対象 Web通信
③2年スタンダード合格コース 簿記2級修了者対象 Web通信
④2年スタンダード合格コース 簿記1級修了者対象 Web通信
※その他プラン多数
受講料①540,000円
②535,000円
③510,000円
④470,000円
※その他プラン多数
分割払いあり
勉強スタイルテキスト
映像講義
合格者数不明
合格率不明
課題添削なし
サポート期間受講期間
サポート体制担任制
質問サポート

まずは資料でイメージを確認しよう!

≫クレアール公認会計士講座を詳しくみる

CPA公認会計士講座は合格実績が豊富なことが魅力

CPA公認会計士講座は合格実績が豊富なことが魅力

※出典:CPA公認会計士講座

おすすめポイント
  • 合格者が786人の実績(2023年公認会計士試験合格者数)
  • 通学の生徒と同様の個別サポートが充実
  • 全体合格者の50.9%がCPA公認会計士講座を利用

2つ目の公認会計士おすすめ通信講座・予備校は、CPA公認会計士講座です。

CPA公認会計士講座は、全体合格者数の50.9%(2023年合格実績)が受講生で、実績面が充実していることが魅力になります。

初学者でも短期間の試験対策でも合格を目指せるため、独学や他の通信講座・予備校との比較が分からず、過去の実績面で選びたい人におすすめです。

公認会計士の合格率は10%前後になるため、国家資格の中でも難易度が高い部類に含まれます。通信講座や予備校は実績重視で比較することもおすすめですよ!

おすすめ比較ポイント

生活環境に合った教材講義視聴スタイルとテキストスタイルで対策
受講の翌日から映像講義で対策ができる
負担の少ない受講料複数プランやスクーリングとの調整も可能
充実したサポートマンツーマンサポートで気軽に質問ができる

CPA公認会計士講座は、マンツーマンサポートで疑問に感じたら気軽に質問をしながら合格を目指せるサポート体制が魅力です。

通学制(スクーリング)の実績が豊富にあるため、受講生がつまづきやすいポイントのアドバイスやサポートをしてもらえるため、勉強が苦手で自信がなくても効率よく合格を目指せるでしょう。

合格実績で比較するならCPA公認会計士講座が合格者を多く輩出しています。初学者で不安な人でも、CPA公認会計士講座なら効率よく合格を目指せますよ!

こんな人におすすめ・評判の通信講座

CPA公認会計士講座がおすすめな人や受講前のチェックポイントは以下の通りです。

  • 合格実績が豊富な通信講座や予備校で公認会計士の対策をしたい
    • 2人に1人程度の合格者がCPA公認会計士講座で受講している
  • 講師に相談して重要ポイントを確認しながら対策をしたい
    • マンツーマンサポートでいつでも気軽に質問ができる
  • 仕事をしながらでも公認会計士の試験対策をしたい
    • テキストと映像講義でスキマ時間を有効活用して合格を目指せる
通信講座CPA
プラン①2年速習コース(短答3回対応)
②2年スタンダードコース(短答2回対応)
※その他プラン多数
受講料①740,000円
②720,000円
※その他プラン多数
分割払いあり
勉強スタイルテキスト
映像講義
合格者数786人(2023年合格実績)
合格率不明
課題添削なし
サポート期間受講期間
サポート体制マンツーマンサポート
質問サポート

まずは資料でイメージを確認しよう!

≫CPA公認会計士講座を詳しくみる

資格の大原公認会計士講座は合格後のサポートも充実している

資格の大原公認会計士講座は合格後のサポートも充実している

※出典:資格の大原公認会計士講座

おすすめポイント
  • 通学制の実績が豊富で合格までのイメージがしやすい
  • 映像講義1回の時間が15分以内に集約されている
  • 合格後の就職活動サポートが充実している

資格の大原公認会計士講座は、テキストと映像講義で試験対策ができますが、映像講義は1回15分以内に集約されているためメリハリある勉強がしやすいです。

スクーリングのサポートも含まれるため、一人での勉強を継続するモチベーションが上がらない状況でもメンタル面のケアをしながら合格を目指せるでしょう。

通信講座資格の大原
プラン2年初学者合格コース
※その他プラン多数
受講料760,000円〜
※その他プラン多数
分割払いあり
勉強スタイルテキスト
映像講義
合格者数不明
合格率不明
課題添削なし
サポート期間受講期間
サポート体制担任制
質問サポート
スクーリング

LEC東京リーガルマインド公認会計士講座は複数プランから選べて受講料が安い

LEC東京リーガルマインド公認会計士講座は複数プランから選べて受講料が安い

※出典:LEC東京リーガルマインド公認会計士講座

おすすめポイント
  • 目標とする試験に向けた複数のプランから選べる
  • 他の通信講座や予備校と比較して受講料が安い
  • 疑問に感じたらZOOMで相談しながら合格を目指せる

LEC東京リーガルマインド公認会計士講座は、他の通信講座や予備校と比較してプラン数が多く、安い受講料で試験対策がしやすいです。

疑問や分からない点はZOOMで質問ができるため、挫折するリスクを減らしてマイペースに合格を目指せるでしょう。

通信講座LEC東京リーガルマインド
プラン2025年短答合格コース<春生>【通信】
※その他プラン多数
受講料278,000円
※その他プラン多数
分割払いあり
勉強スタイルテキスト
映像講義
合格者数不明
合格率不明
課題添削なし
サポート期間受講期間
サポート体制質問サポート

TAC公認会計士講座は合格者数が充実して一発合格も目指しやすい

TAC公認会計士講座は合格者数が充実して一発合格も目指しやすい

※出典:TAC公認会計士講座

おすすめポイント
  • 合格者数や合格者の体験談が豊富で実績面が充実
  • 初学者でも1回で合格を目指せるスケジュールが組まれている
  • 疑問に感じたらいつでも質問できるサポート体制

TAC公認会計士講座は、合格者の実績が豊富で初学者でも1回(2年などの勉強期間を経て)で合格を目指しやすいスケジュールが組まれています。

通学制の実績も豊富にあるため、質問やアドバイスでもつまづきやすいポイントを中心に教えてくれるでしょう。

通信講座TAC
プラン2年L本科生(一括払い)
※その他プラン多数
受講料770,000円
※その他プラン多数
分割払いあり
勉強スタイルテキスト
映像講義
合格者数不明
合格率不明
課題添削なし
サポート期間受講期間
サポート体制担任制
質問サポート

公認会計士通信講座のおすすめはどこがいい?3つの比較ポイントを紹介

公認会計士通信講座のおすすめはどこがいい?3つの比較ポイントを紹介

公認会計士通信講座のおすすめはどこがいいか迷ったら、3つのポイントで比較がおすすめです。

  1. 生活環境に合った教材でスムーズに対策ができる
  2. 負担の少ない受講料で無理なく支払いができる
  3. 独学にはないサポート体制で疑問を解消しやすい

はじめて公認会計士試験の対策をする場合や通信講座の受講をする人は、比較ポイントを参考にしてみてください!

生活環境に合った教材でスムーズに対策ができる

公認会計士通信講座選びでどれがいいか迷ったら、生活環境に合った教材でスムーズに対策ができるプランがおすすめです。

公認会計士の試験対策は独学だと2,500時間以上必要とされていますが、通信講座や予備校では1回15分以内に集約されている映像講義など、コンパクトにまとまった教材を活用してメリハリある試験対策ができます。

さらに仕事や子育てをしながら公認会計士の試験対策をする場合は、勉強時間の確保だけでもストレスに感じる受験生もいるため、生活環境に最適な教材を選ぶと良いでしょう。

社会人や子育てと両立映像講義中心の試験対策でスキマ時間を有効活用できる
試験対策に集中できるテキストと映像講義で疑問を残さず対策ができる

教材のイメージは、各公認会計士通信講座の資料請求で確認することができます。受講後のギャップを防ぐため、教材との相性を確認してから受講しましょう!

負担の少ない受講料で無理なく支払いができる

公認会計士通信講座選びでどれがいいか迷ったら、負担の少ない受講料で無理なく支払いができるプランがおすすめです。

独学よりも通信講座や予備校の方が受講料が高くなるため、無理なく支払いができるプランでないと試験対策に集中できないリスクがあります。

受講料は高いから合格率が上がるわけではないので、無理なく支払いができるプランや分割払いで負担を減らすと良いでしょう。

通信講座や予備校は高い方が合格率が高まるイメージもありますが、重要なことは無理なく支払いができる範囲で相性の良い教材を活用することです。キャンペーン期間などを活用して、無理なく支払いができる範囲で試験対策をしましょう!

独学にはないサポート体制で疑問を解消しやすい

公認会計士通信講座選びでどれがいいか迷ったら、独学にはないサポート体制で疑問を解消しやすいプランがおすすめです。

通信講座や予備校で公認会計士の試験対策をすると、質問や相談をしながら合格を目指せるサポート体制も含まれるため、2,500時間以上の勉強を継続する自信がない人でも挫折する心配を減らせます。

中でもクレアールCPA会計学院は過去の充実した実績をもとに質問回答やアドバイスをしてくれるため、初学者でも安心して試験対策がしやすいでしょう。

教材や受講料だけでなく、疑問を解消して対策ができるサポート体制も含めて比較すると納得できる勉強ができるでしょう。

サポート体制は通信講座や予備校ならではの特典です。勉強が苦手で挫折する心配がある人は、サポート体制が充実している通信講座や予備校がおすすめですよ!

公認会計士おすすめ通信講座に関するよくある質問

公認会計士おすすめ通信講座に関するよくある質問を紹介します。

はじめて公認会計士の試験対策をする場合は、疑問を解消した上で通信講座や予備校を選びましょう。

公認会計士おすすめ通信講座はどれがいいですか?

はじめて公認会計士の試験対策をする場合は、初学者向けのプランがある通信講座で合格を目指すと良いです。

中でも5種類の通信講座や予備校がおすすめになります。

  • 公認会計士講座おすすめ1:クレアール
  • 公認会計士講座おすすめ2:CPA会計学院
  • 公認会計士講座おすすめ3:資格の大原
  • 公認会計士講座おすすめ4:LEC東京リーガルマインド
  • 公認会計士講座おすすめ5:TAC
独学だと公認会計士の試験対策はどのくらいの時間が必要ですか?

独学だと2,500時間以上の勉強が必要とされています。

通信講座や予備校では、独学よりも重要ポイントが分かりやすく、効率よく合格を目指せるメリットが特徴です。

長期間の勉強を一人で継続する自信がない人は、通信講座や予備校を活用して計画的に合格を目指しましょう。

できる限り短時間で合格を目指したいです。

合格に必要な勉強ボリュームがコンパクトにまとまった教材で試験対策をしたい場合は、独自の非常識合格法を取り入れているクレアールがおすすめです。

過去の合格実績をもとに、合格点を目指す教材で勉強量を減らしながら効率よく合格を目指しましょう。

どんな人が通信講座や予備校がおすすめですか?

はじめて公認会計士の試験対策をする人や独学だと挫折する心配があると悩んでいたら、通信講座や予備校がおすすめです。

初学者でも基礎からスムーズに理解し、短期間で公認会計士試験の合格を目指しましょう。

初学者におすすめな公認会計士通信講座はどれがいいですか?

はじめて公認会計士の試験対策をするなら、クレアールがおすすめです。

テキストと映像講義で重要ポイント中心の試験対策ができるため、短期間の合格を目指しやすくなっています。

独学よりも合格までのイメージがしやすいため、効率よく公認会計士の試験対策を進めましょう。

※本記事内の料金はすべて税込表記です。
※本記事内では、消費者庁の「アフィリエイト広告等に関する検討会 報告書」及び景品表示法比較広告に関する景品表示法上の考え方」に則り、比較・広告紹介をしています。
※紹介している商品の購入や通信講座の申し込みをすると、売上の一部が運営会社に還元されることがあります。
※各情報などは公式サイト及び上記のサイトを参照しています。

※情報は作成・更新時の内容になるため、プラン改定などによって販売が中止・変更になっている場合があります。最新の情報は、各公式サイトよりご確認ください。
※マイ資格ナビで掲載している文章や画像などにつきましては、いかなる場合でも無断転載(キャプチャ画像をSNSなどに掲載含む)することを禁止します。無断転載をした場合は、予告なく法的措置等の適切な対応をいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次