日本語教師養成講座おすすめランキング【2024年比較】オンラインの安い受講料や働きながらでも目指せる?

日本語教師養成講座おすすめランキング

日本語教師養成講座は、全国の都道府県に所在する予備校や通信講座などを活用することで、独学よりもスムーズな試験対策ができるメリットが特徴です。

独学で日本語教育能力検定試験の合格を目指すために必要な勉強は400時間以上とされており、計画性や試験当日までの逆算したスケジュール調整が重要になります。

とはいえ、日本語教師養成講座のおすすめ通信講座や予備校はどれがいいか分からないと悩んでいませんか。

この記事で分かること
  • 日本語教師養成講座のおすすめ通信講座や予備校は7種類ある
  • スキマ時間を有効活用して合格を目指すなら東京中央日本語学院がおすすめ!
  • 映像講義やeラーニングで効率よく試験対策するならたのまながおすすめ!

そこで本記事では、日本語教師養成講座のおすすめ通信講座や予備校・比較ポイントをマイ資格ナビ編集部が分かりやすく紹介しています。

日本語教師を目指したいけど、通信講座や予備校の選び方が分からないと悩んでいたら参考にしてみてください。

今すぐ結論日本語教師養成講座はどこがいい?おすすめ比較ランキング一覧表

本記事内のランキング・参照

本記事内で紹介している日本語教師養成講座は、法務省消費者庁国民生活センターが発信する情報を元に、マイ資格ナビ編集部(株式会社マイナビ出版マイナビブックス)がコンテンツ制作ポリシーに則り独自で作成しています。

皆様に無料コンテンツを提供する目的で、プロモーション等に関する手数料の支払いを受けているものもあるため、気になる方はご注意ください。

おすすめ日本語教師講座
  • マイ資格ナビ編集部のおすすめは東京中央日本語学院
  • eラーニングと通学スタイルで効率よく合格を目指せる勉強スケジュール
  • 35年以上の実績があり、信頼できる教材で試験対策ができる!

おすすめ日本語教師講座

※本記事内で紹介する口コミは個人の感想であり、誰もが同様の試験で合格・成果が出るわけではありません。
※本記事は2024年2月時点の情報を紹介しています。

目次

資格のキャリカレ
【スプリングキャンペーン】
ハガキ申込より最大50%OFF
※2/29(木)まで

2/29(木)まで
キャリカレおすすめキャンペーン

日本語教師養成講座はどこがいい?おすすめ比較ランキング一覧表【2024年度版】

マイ資格ナビ編集部では、おすすめ日本語教師養成講座を調査・比較しました。

日本語教師養成講座を開講している通信講座と予備校の違いは、勉強スタイルや受講料・サポート体制などが該当しますが、相性の良い教材や勉強方法を選ばないと挫折する可能性があります。

※以下の表はスクロールできます。

スクロールできます
通信講座
予備校
詳細プラン
(一部)
受講料合格者数合格率

東京中央日本語学院
詳細420時間コース(eラーニング)616,000円不明不明

たのまな
詳細日本語教育能力検定試験 完全合格講座【DVDコース】132,000円不明不明

KEC日本語学院
詳細日本語教育能力検定試験対策
合格パックオンラインコース
基礎理論+検定対策90時間
423,200円不明不明

アークアカデミー
詳細420時間通信コース462,000円不明不明

資格の大原
詳細420時間総合コース 理論編Web 教室通学489,000円不明不明

ヒューマンアカデミー
詳細日本語教師養成講座(文化庁指針420時間カリキュラム)600,600円+
入学金:33,000円
不明不明

三幸日本語教師養成カレッジ
詳細日本語教師養成講座420時間コース611,050円不明不明
日本語教師養成講座おすすめ通信講座

独学で勉強する場合は400時間以上は必要とされており、正しい勉強方法と相性の良い教材選びが重要です。

日本語教師養成講座の通信講座選びでどれがいいか迷ったら、マイ資格ナビ編集部では、3つのポイントで比較をおすすめしています。

  1. 通信講座と通学で無理なく継続できる勉強スタイル
  2. 負担の少ない受講料で無理なく支払いができる
  3. 独学にはないサポート体制で疑問を解消しやすい

マイ資格ナビ編集部がおすすめする日本語教師養成講座を詳しく紹介します。

東京中央日本語学院はeラーニングを活用すれば働きながらでも対策できる

東京中央日本語学院はeラーニングを活用すれば働きながらでも対策できる

※出典:東京中央日本語学院

おすすめポイント
  • 理論科目はeラーニングで働きながらでも試験対策ができる
  • 35年以上の歴史・実績がある予備校で合格を目指せる
  • 個別カウンセリングや就職支援のサポート体制が充実している

1つ目の日本語教師おすすめ通信講座・予備校は、東京中央日本語学院です。

東京中央日本語学院は、創立35年以上の日本語教育機関で、歴史・実績ともに充実している予備校になります。

420時間コース(eラーニング)の勉強内容は、理論科目220単位時間・実技科目220単位時間に分かれており、バランスよく合格を目指せるスケジュールが魅力です。

理論科目220単位時間eラーニングで効率よく合格を目指す
実技科目220単位時間ライブ授業(登校)の形式で学ぶ
※週に1回、講師や同級生とコミュニケーションが取れる

理論科目がeラーニングで効率よく学べるメリットから、働きながらでもスキマ時間を有効活用してスムーズな試験対策ができます。

実技科目を対応している校舎は、東京都と大阪府にあり、アクセス面を考慮した上でチャレンジした方が余計な心配をすることなく日本語教師を目指せるでしょう。

理論科目は自宅にいても勉強ができるので、スキマ時間を有効活用できるメリットが特徴です。働きながらや子育て中でもスムーズな試験対策ができますよ!

おすすめ比較ポイント

通信講座と通学eラーニングを活用して、スキマ時間を有効活用できる。
通学(実技科目)は東京都と大阪府にあり通いやすい。
負担の少ない受講料受講料の負担は大きいが、35年以上の歴史ある予備校で対策できる。
充実したサポート個別カウンセリングや就職サポートまで充実している。

他の日本語教師養成講座と比較して受講料が高めな点がデメリットになりますが、歴史のあるコースで対策ができるため、信頼できる環境で取り組めます。

eラーニングは聞き流しの勉強ができますが、万が一対策スピードが遅くても受講後3年間は無料で期間延長できるため、あなたのペースや目標の試験日程に向けた準備ができます。

さらに東京中央日本語学院は、日本語学校が併設(東京校)しているため、教育現場の見学やコミュニケーション・就職イメージまで分かりやすいメリットが魅力です。

合格しても就職先まで考慮しないと意味がありません。東京中央日本語学院は、就職サポートや個別のカウンセリングも充実しているので、勉強するだけで満足するリスクは避けられますよ!

こんな人におすすめ・評判の通信講座

東京中央日本語学院がおすすめな人や受講前のチェックポイントは以下の通りです。

  • 日本語教育能力検定試験の勉強経験がない初心者で基礎から学びたい
    • 勉強経験がない初心者でも420時間コースで計画的な対策ができる!
  • オンライン上で働きながらでも合格を目指した方が安心する
    • 理論科目はeラーニングで対策ができて、働きながらでも合格を目指せる!
  • 実績豊富でオンライン・通学の両方で対策できた方が良い
    • 35年以上の実績があり、オンラインと通学の両方に対応しているおすすめ予備校!
通信講座東京中央日本語学院
プラン①420時間コース(eラーニング)
②420時間コース(通学)
受講料①616,000円
②616,000円
※その他プラン多数
分割払いあり
勉強スタイルテキスト
映像講義
eラーニング
合格者数不明
合格率不明
課題添削なし
サポート期間受講期間
サポート体制特別講演会・資格取得相談会
個別カウンセリング
最長3年間のeラーニング講義受講
ディスカッション型ワークショップなどに参加
就職サポート

まずは講習会でイメージを確認しよう!

東京中央日本語学院を詳しくみる

たのまな日本語教育能力検定試験完全合格講座は安い受講料でeラーニング・DVDで合格を目指せる

たのまな日本語教育能力検定試験完全合格講座は安い受講料でeラーニング・DVDで合格を目指せる

※出典:たのまな日本語教育能力検定試験完全合格講座

おすすめポイント
  • eラーニングまたはDVDでスキマ時間を有効活用しやすい通信講座
  • 他の日本語教師養成講座と比較して受講料が安くて負担が少ない
  • 合格に必要な勉強ボリュームが明確で気軽に質問ができるサポート

2つ目の日本語教師おすすめ通信講座・予備校は、たのまなです。

たのまな日本語教育能力検定試験完全合格講座は、eラーニングとDVDコースのいずれかを選択でき、働きながらでもスキマ時間を活用した勉強ができるメリットが特徴になります。

プランによっては課題添削が含まれることが特徴で、記述式問題の対策や苦手意識の克服もしやすいので、はじめて勉強する場合でもスムーズな対策ができるでしょう。

▼たのまな日本語教育能力検定試験完全合格講座の課題添削

  • 課題添削:赤本ありプランであれば1回の課題添削が含まれる
  • 再チャレンジ:課題添削は複数回の提出・添削も受付可能

課題添削は提出してフィードバックするだけでなく、再提出をして克服までセットで対応してくれるので、正しい理解や対策がしやすいです。通信講座で対面ではないですが、挫折する心配が少ないですよ!

おすすめ比較ポイント

通信講座と通学たのまなはDVDまたはeラーニングで通信講座のみ。
ヒューマンアカデミーを選択すれば通学スタイル。
負担の少ない受講料他の日本語教師養成講座と比較して受講料は安い
充実したサポート無制限の質問や課題添削で疑問を解消できる。

疑問や不安に感じたら、いつでも質問をしながら日本語教育能力検定試験の対策ができるため、モヤモヤを残すことなくスムーズに勉強ができます。

eラーニングコースを選べば、1回5分程度に集約された教材で対策ができるので、働きながらでもスキマ時間を有効活用して効率よく合格を目指せるでしょう。

勉強時間の確保をする余裕がなくても、スキマ時間だけでスムーズに試験対策ができます。働きながら日本語教師を目指す社会人向けの通信講座ですよ!

こんな人におすすめ・評判の通信講座

たのまな日本語教育能力検定試験完全合格講座がおすすめな人や受講前のチェックポイントは以下の通りです。

  • 勉強時間がなくて合格までの継続できるか不安に感じる
    • DVDやeラーニングを活用して1回5分程度の教材で試験対策ができる!
  • 受講料の負担が大きくて独学と通信講座で選べない
    • オンラインや自宅での勉強だけで他の日本語教師養成講座と比較して受講料が安い!
  • 勉強が苦手で正しい理解ができているか不安に感じている
    • 無制限の質問や課題添削で疑問の解消をしながらスムーズな対策ができる!
通信講座たのまな
プラン①日本語教育能力検定試験 完全合格講座【DVDコース】
②日本語教育能力検定試験 完全合格講座【eラーニングコース】
受講料①132,000円
②141,000円
※その他プラン多数
分割払いあり
勉強スタイルテキスト
映像講義
eラーニング
合格者数不明
合格率不明
課題添削なし
サポート期間6ヶ月間
サポート体制無制限の質問
課題添削
最長12ヶ月間延長

資料請求でイメージを確認できる!

≫たのまなを詳しくみる

日本語教師養成講座はどこがいい?3つのポイントで理想の勉強環境を見つけよう

日本語教師養成講座はどこがいい?3つのポイントで理想の勉強環境を見つけよう

日本語教師養成講座はどこがいいか迷ったら、3つのポイントで比較がおすすめです。

  1. 通信講座と通学で無理なく継続できる勉強スタイル
  2. 負担の少ない受講料で無理なく支払いができる
  3. 独学にはないサポート体制で疑問を解消しやすい

はじめて日本語教師養成講座で受講する場合や働きながらスキマ時間を活かして試験対策をしたい状況であれば、3つの比較ポイントを参考にしてみてください。

通信講座と通学で無理なく継続できる勉強スタイル

日本語教師養成講座はどこがいいか迷ったら、通信講座と通学で無理なく継続できる勉強スタイルで比較がおすすめです。

独学だと400時間程度の勉強が必要とされている日本語教育能力検定試験ですが、通学だと講師から直接指導や同僚とのコミュニケーションをとってモチベーション維持がしやすいメリットがあります。

一方で、通信講座は決められたスケジュールに沿って理解を深める勉強スタイルですが、働きながらでもスキマ時間を活かしてスムーズに合格を目指せる特徴がポイントです。

通学講師に直接指導を受けながら試験対策ができる。
校舎の立地・アクセスによっては通学は難しい。
通信講座合格に必要な知識を決められたスケジュールに沿って対策できる。
働きながらでも勉強しやすいが、モチベーション維持が必要。
通学と通信講座の比較

マイ資格ナビ編集部が紹介している日本語教師養成講座は通学と通信講座に分かれており、勉強スタイルを決めていない場合は無料の資料請求や講習会に参加して、具体的な勉強環境のイメージを確認した方がギャップを防げます。

日本語教師養成講座の受講料は数十万円単位になるプランが大半になるため、まずは無料で合格までのスケジュールや勉強イメージを確認した方が相性の良い教材・環境を見つけることができるでしょう。

長時間の勉強をするだけでなく、相性の良い教材で効率よく試験対策することが重要です。マイ資格ナビ編集部が紹介しているおすすめ日本語教師養成講座を参考にして、あなたのイメージと比較してみましょう!

負担の少ない受講料で無理なく支払いができる

日本語教師養成講座はどこがいいか迷ったら、負担の少ない受講料で無理なく支払いができるプランで比較がおすすめです。

通信講座は独学よりも受講料が高くなり、マイ資格ナビ編集部がおすすめする日本語教師養成講座の安いプランでも132,000円たのまな日本語教育能力検定試験 完全合格講座【DVDコース】)します。

とはいえ、高い受講料の日本語教師養成講座の予備校・通信講座を選んでも、必ず合格や効率よく試験対策ができるわけではないので注意が必要です。

通信講座や予備校で日本語教育能力検定試験の対策をする場合は、あらかじめ予算を決めて、無理のない範囲で合格を目指した方が余計なストレスや心配をすることなく勉強に集中できるでしょう。

安いだけで判断はおすすめしないですが、教育訓練給付制度やキャンペーンを活用して、負担を減らしてチャレンジしましょう!

独学にはないサポート体制で疑問を解消しやすい

日本語教師養成講座はどこがいいか迷ったら、独学にはないサポート体制で疑問を解消しやすい環境の比較がおすすめです。

独学は好きな参考書を中心に安い費用で合格を目指せるメリットはありますが、質問や課題添削などのサポート体制が含まれないため、勉強が苦手な場合は挫折しないか考慮する必要があります。

例えば、一人の勉強を継続する自信がない場合は、東京中央日本語学院なら理論科目と実技科目で通信・通学スタイルを分けることもでき、講師に相談しながらスムーズに合格を目指せます。

さらに課題添削で重点的に対策をした方が良い科目を知りたい場合は、たのまな日本語教育能力検定試験 完全合格講座なら記述式問題も万全の対策ができるでしょう。

日本語教育能力検定試験は合格するだけでは意味がありません。合格に必要なサポートだけでなく、就職活動まで加味できる通信講座や予備校を選んだ方が納得できる対策ができますよ!

日本語教師養成講座はどれがいい?受講する前に知っておきたいよくある質問

日本語教師養成講座を受講する前に知っておきたいよくある質問を紹介します。

はじめての勉強でも理解しやすい日本語教師養成講座はどこですか?

マイ資格ナビ編集部がおすすめしている日本語教師養成講座は7種類です。

勉強が苦手な場合や働きながら試験対策をしたい状況でも、スムーズに合格を目指せるメリットが特徴になります。

まずは無料の資料請求や講習会に参加して、合格までのイメージを確認してみましょう。

独学だとどのくらいの勉強が必要ですか?

独学で勉強する場合は、400時間以上は必要とされています。

働きながら日本語教育能力検定試験の対策をする場合はスキマ時間を有効活用する必要があるため、予備校や通信講座を活用した方がメリハリある勉強ができるでしょう。

日本語教育能力検定試験の合格率と難易度はどのくらいですか?

合格率は20%前後の難易度で、4〜5人に1人が合格できる割合です。

独学だと400時間程度の勉強が必要とされていますが、正しい勉強方法で継続できれば1回で合格することもできます。

オンライン上の通信講座や予備校と合わせて、相性の良い試験対策の手段を考えてみましょう。

どのような人が通信講座や予備校がおすすめですか?

はじめて日本語教育能力検定試験の対策をする人や独学では勉強を継続する自信がない人がおすすめです。

他にも働きながら日本語教育能力検定試験の対策をするなど、限られた時間で勉強をしたい人も通信講座や予備校なら効率よく合格を目指せます。

勉強イメージができなければ、無料の資料請求や講習会に参加してみると分かりやすいでしょう。

日本語教師養成講座はどれがいい?おすすめ比較のまとめをチェックしよう

日本語教師養成講座はどれがいいか迷ったら7種類から比較がおすすめです。

改めて、あなたのイメージに最適な日本語教師養成講座を確認してみましょう。

※以下の表はスクロールできます。

スクロールできます
通信講座
予備校
詳細プラン
(一部)
受講料合格者数合格率

東京中央日本語学院
詳細420時間コース(eラーニング)616,000円不明不明

たのまな
詳細日本語教育能力検定試験 完全合格講座【DVDコース】132,000円不明不明

KEC日本語学院
詳細日本語教育能力検定試験対策
合格パックオンラインコース
基礎理論+検定対策90時間
423,200円不明不明

アークアカデミー
詳細420時間通信コース462,000円不明不明

資格の大原
詳細420時間総合コース 理論編Web 教室通学489,000円不明不明

ヒューマンアカデミー
詳細日本語教師養成講座(文化庁指針420時間カリキュラム)600,600円+
入学金:33,000円
不明不明

三幸日本語教師養成カレッジ
詳細日本語教師養成講座420時間コース611,050円不明不明
日本語教師養成講座おすすめ通信講座

※本記事内の料金はすべて税込表記です。
※本記事内では、消費者庁の「アフィリエイト広告等に関する検討会 報告書」及び景品表示法比較広告に関する景品表示法上の考え方」に則り、比較・広告紹介をしています。
※紹介している商品の購入や通信講座の申し込みをすると、売上の一部が運営会社に還元されることがあります。
※各情報などは公式サイト及び上記のサイトを参照しています。

※情報は作成・更新時の内容になるため、プラン改定などによって販売が中止・変更になっている場合があります。最新の情報は、各公式サイトよりご確認ください。
※マイ資格ナビで掲載している文章や画像などにつきましては、いかなる場合でも無断転載(キャプチャ画像をSNSなどに掲載含む)することを禁止します。無断転載をした場合は、予告なく法的措置等の適切な対応をいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次