応用情報技術者通信講座おすすめランキング【2024年比較】合格率や独学との比較まで詳しく紹介

応用情報技術者通信講座おすすめランキング

×
スマホだけでスキマ時間に対策!

応用情報技術者は、ITエンジニアとして応用的な知識・技能の取得ができていることを証明する国家資格です。

合格率は20%前後ですが、初心者向けのITパスポートや基本情報技術者と比較して難易度が高く、数年単位の業務経験がある中堅のプログラマーやエンジニアなどにおすすめな資格になります。

とはいえ、応用情報技術者の試験対策ができるおすすめ通信講座はどこがいいか分からないと悩んでいませんか。

この記事で分かること

そこで本記事では、マイ資格ナビ編集部が調査したおすすめ応用情報技術者通信講座5選の比較を詳しく紹介しています。

応用情報技術者講座の選び方や理想のプランが分からなくて悩んでいる場合は、あなたのイメージ通りの試験対策ができる通信講座を見つけましょう。

今すぐ結論応用情報技術者通信講座おすすめ5選を徹底比較をチェック!

本記事内のランキング・参照

本記事内で紹介している応用情報技術者通信講座は、法務省消費者庁国民生活センターが発信する情報を元に、マイ資格ナビ編集部(株式会社マイナビ出版マイナビブックス)がコンテンツ制作ポリシーに則り独自で作成しています。

皆様に無料コンテンツを提供する目的で、プロモーション等に関する手数料の支払いを受けているものもあるため、気になる方はご注意ください。

なお、本記事内でマイ資格ナビ編集部が調査した応用情報技術者通信講座は以下の5種類(公式サイト参照)です。

おすすめ応用情報技術者講座
  • マイ資格ナビ編集部のおすすめはスタディング応用情報技術者講座
  • スマホ1台だけでスキマ時間を有効活用した試験対策ができる応用情報技術者通信講座
  • 午後試験(記述式)に関する問題文読解スキルも充実している勉強スケジュール

おすすめ応用情報技術者講座

※公式サイト:https://studying.jp/oyojoho/

※本記事内で紹介する口コミは個人の感想であり、誰もが同様の試験で合格・成果が出るわけではありません。
※本記事は2024年2月時点の情報を紹介しています。

目次

資格のキャリカレ
【スプリングキャンペーン】
ハガキ申込より最大50%OFF
※2/29(木)まで

2/29(木)まで
キャリカレおすすめキャンペーン

応用情報技術者通信講座おすすめ5選比較ランキング一覧表【2024年版】

応用情報技術者通信講座おすすめランキング

応用情報技術者講座の中でもマイ資格ナビ編集部では、5種類のおすすめ通信講座を比較・調査しました。

応用情報技術者試験は受験条件のない国家資格ですが、基本情報技術者試験よりも合格率は20%程度と難易度が高く、適切な勉強を進めないと不合格のリスクが高まります。

試験で合格しても必ず就職活動で成功するわけではないですが、ITエンジニアとしての知識や技術を高めて、あなたの強みとして履歴書でアピールができるメリットが特徴です。

おすすめ応用情報技術者通信講座の一覧表・安いランキングは以下の通りになります。

※以下の表はスクロールできます。

スクロールできます
通信講座詳細プラン受講料合格率合格者数サポート
スタディング応用情報技術者講座
スタディング
詳細①合格コース
②初学者コース
①43,800円
②49,500円
不明127人
※2022度実績
学習Q&Aサービス(有料)
合格お祝い制度
ITEC応用情報技術者講座
ITEC
詳細プレミアムコース37,400円不明不明質問サポート
TAC応用情報技術者講座
TAC
詳細①本科生プラス
②本科生A/B
③上級コース
①133,000円
②87,000円
③94,000円
不明不明Webフォロー
質問サポート
資格の大原応用情報技術者講座
資格の大原
詳細①合格コース
②基本情報復習つき合格コース
①47,800円
②73,300円
不明不明なし
LEC東京リーガルマインド応用情報技術者講座
LEC東京リーガルマインド
詳細応用情報技術者試験対策講座88,000円不明不明なし
応用情報技術者の通信講座一覧表

応用情報技術者試験は、独学だと500時間程度の勉強が必要とされており、IT・エンジニア関連の国家資格では難易度が高い部類に含まれます。

通信講座で勉強をすれば、重要ポイントが凝縮されている教材を利用できるため、3ヶ月程度の短期間でも合格に必要な知識を得ることができます。

マイ資格ナビ編集部がおすすめする、あなたにおすすめな応用情報技術者通信講座の比較に役立つ3つのポイントをもとに理想の勉強方法を見つけましょう。

  1. 勉強しやすい環境で試験対策ができる
  2. 予算内で受講できて支払いの負担が少ない
  3. 独学と比較しやすい充実したサポート体制

スタディングはスマホ1台だけで合格を目指せるおすすめ通信講座

スタディングはスマホ1台だけで合格を目指せるおすすめ通信講座

※出典:スタディング応用情報技術者講座

おすすめポイント
  • スマホ1台だけで合格を目指せてスキマ時間に試験対策ができる
  • 初学者コースがあり応用情報技術者試験の勉強経験がなくても取り組みやすい
  • 仕事をしながらでも試験対策と両立できる応用情報技術者通信講座

1つ目の応用情報技術者おすすめ通信講座はスタディングです。

スタディング応用情報技術者講座は、スマホだけで試験対策ができるため、仕事や子育てをしながらでもスキマ時間だけでスムーズに合格を目指せる勉強スケジュールです。

1回の映像講義は最短5分になるため、長時間の勉強は集中力が継続する自信がなくても前向きに取り組める通信講座になります。

応用情報技術者は独学だと500時間程度の勉強が必要とされています。スタディングは1回の勉強時間をコンパクトにできるため、メリハリある試験対策で合格を目指せるメリットが特徴ですよ!

おすすめ比較ポイント

スタディング応用情報技術者講座の比較ポイント
勉強環境単元別で最短5分の映像講義で合格を目指せる
サポート体制学習Q&Aサービス(有料)で質問しながら試験対策
安い受講料応用情報技術者の受講料が安いランキングで2位のプラン

勉強経験がない初学者向けのコースなら、ITパスポートの試験対策も含まれており、IT技術やパソコンに関する知識に自信がなくても挫折するリスクを減らして基礎から学べる通信講座です。

さらに午前だけでなく、午後試験(記述式)に関する問題文読解スキルも充実しており、スタディングだけで応用情報技術者試験の対策は万全な準備ができるでしょう。

合格までの勉強イメージがしやすいことがスタディング応用情報技術者講座のおすすめポイントです。スキマ時間を有効活用して、無理のないペースで合格を目指せる通信講座になります!

こんな人におすすめ・評判の通信講座

スタディング応用情報技術者講座がおすすめな人や受講前のチェックポイントは以下の通りです。

  • 勉強時間の確保ができなくて何から始めればいいか分からない
    • スマホ1台でスキマ時間を有効活用した勉強で応用情報技術者の試験対策ができる!
  • 受講料が安い通信講座の方が安心して勉強できる
    • マイ資格ナビ編集部が紹介している応用情報技術者おすすめ通信講座の受講料が安いランキングで2位のプラン!
  • 午後試験(記述式)の対策を重点的に対策ができる通信講座が良い
    • 午後試験(記述式)に関する問題文読解スキルの対策が充実している通信講座!
通信講座スタディング
プラン①合格コース
②初学者コース
受講料①43,800円
②49,500円
分割払いあり
勉強スタイルWebテキスト
映像講義
合格者数127人
※2022度実績
合格率不明
課題添削なし
サポート期間受講期間
サポート体制学習Q&Aサービス(有料)
合格お祝い制度

≫スタディング応用情報技術者講座を詳しくみる

ITECは受講料が安いランキングで1位で負担が少ないプラン

ITECは受講料が安いランキングで1位で負担が少ないプラン

※出典:ITEC応用情報技術者講座

おすすめポイント
  • 基礎知識を電子書籍で学んで直前期の対策まで万全にできるスケジュール
  • 疑問に感じたらスタッフに相談して正しい知識を確認しながら勉強できる
  • 間違いやすいポイントは映像講義で初学者向けに解説されている

2つ目の応用情報技術者おすすめ通信講座はITECです。

ITEC応用情報技術者プレミアムコースは、受講料が安いランキングで1位に該当し、負担が少ないプランで合格を目指せるメリットがポイントです。

テキストと映像講義で試験対策ができるため、じっくり自宅で勉強する場合は紙のテキストを活用してスキマ時間ならスマホの勉強で合格を目指せるため、生活スタイルに最適な方法を選択できます。

おすすめ比較ポイント

勉強環境テキストと映像講義を活用してスムーズに合格を目指せる
サポート体制質問サポートでスタッフに相談して疑問を解消できる
安い受講料応用情報技術者の受講料が安いランキングで1位のプラン

合格実績の公表はないですが、ITEC公式サイトで体験談や口コミの紹介もされており、実績も充実していることが分かります。

試験に出題されやすい問題を中心に対策ができるため、長期間の勉強が苦手でもマイペースに合格を目指せるおすすめな通信講座です。

こんな人におすすめ・評判の通信講座

ITEC応用情報技術者講座がおすすめな人や受講前のチェックポイントは以下の通りです。

  • 複数の教材で相性の良い勉強方法を探したい
    • テキストと映像講義を活用して重要ポイントが中心の対策で勉強ができる!
  • 受講料が安い通信講座の方が安心して勉強できる
    • マイ資格ナビ編集部が紹介している応用情報技術者おすすめ通信講座の受講料が安いランキングで1位のプラン!
  • 応用情報技術者の試験対策がはじめてで質問できた方が安心
    • 質問サポートで疑問を解消しながら合格を目指せる通信講座!
通信講座ITEC
プランプレミアムコース
受講料37,400円
分割払い不明
勉強スタイルテキスト
映像講義
合格者数不明
合格率不明
課題添削あり
サポート期間受講期間
サポート体制質問サポート

TAC応用情報技術者講座は過去問対策が中心で試験本番を意識した対策ができる

TAC応用情報技術者講座は過去問対策が中心で試験本番を意識した対策ができる

※出典:TAC応用情報技術者講座

3つ目の応用情報技術者おすすめ通信講座はTACです。

TAC応用情報技術者講座は、過去問を中心に対策する勉強スタイルで、試験本番を意識したアウトプットを中心に対策したいならおすすめな通信講座です。

通学プランで受講生の体験談をもとにつくられた教材・サポートで、重要ポイント中心の勉強ができるでしょう。

通信講座TAC
プラン①本科生プラス
②本科生A/B
③上級コース
受講料①133,000円
②87,000円
③94,000円
分割払い不明
勉強スタイルテキスト
映像講義
合格者数不明
合格率不明
課題添削あり
サポート期間受講期間
サポート体制Webフォロー
質問サポート

資格の大原応用情報技術者講座は午後の記述対策も充実している勉強プランで合格を目指せる

資格の大原応用情報技術者講座は午後の記述対策も充実している勉強プランで合格を目指せる

※出典:資格の大原応用情報技術者講座

4つ目の応用情報技術者おすすめ通信講座は資格の大原です。

資格の大原応用情報技術者講座は、テキスト&ドリルで試験本番を意識した対策ができる勉強方法で、アウトプットに不安がある場合でも万全の準備ができます。

午前だけでなく午後の記述式試験対策も充実しており、はじめて応用情報技術者の試験対策をする状況でも合格までのスケジュールの一貫性を持たせることができるでしょう。

通信講座資格の大原
プラン①合格コース
②基本情報復習つき合格コース
受講料①47,800円
②73,300円
分割払い不明
勉強スタイルテキスト
映像講義
合格者数不明
合格率不明
課題添削あり
サポート期間受講期間
サポート体制質問サポート

LEC東京リーガルマインド応用情報技術者講座はつまづきやすいポイントを中心に試験対策ができる

LEC東京リーガルマインド応用情報技術者講座はつまづきやすいポイントを中心に試験対策ができる

※出典:LEC東京リーガルマインド応用情報技術者講座

5つ目の応用情報技術者おすすめ通信講座はLEC東京リーガルマインドです。

LEC東京リーガルマインド応用情報技術者試験対策講座は、テクノロジ系でつまづきやすい基礎理論・コンピューターシステム・技術要素に絞った試験対策ができるため、苦手を克服しやすいメリットが特徴です。

通学制の実績が豊富なLEC東京リーガルマインドになるため、受講生の体験談をもとにスムーズな試験対策ができる勉強環境と覚えておきましょう。

通信講座LEC東京リーガルマインド
プラン応用情報技術者試験対策講座
受講料88,000円
分割払い不明
勉強スタイルテキスト
映像講義
合格者数不明
合格率不明
課題添削あり
サポート期間受講期間
サポート体制なし

応用情報技術者通信講座はどれがいい?3つのおすすめ比較ポイントを詳しく紹介

応用情報技術者通信講座はどれがいい?3つのおすすめ比較ポイントを詳しく紹介

応用情報技術者通信講座選びでどれがいいか迷ったら3つのポイントで比較がおすすめです。

特に通信講座を利用した経験がなければ、独学との比較や受講料の支払いに関する抵抗などがある受講生は多いです。

失敗しない応用情報技術者通信講座を選ぶために、3つのポイントで比較して、理想の環境で合格を目指しましょう。

勉強しやすい環境で試験対策ができる

応用情報技術者講座を比較する1つ目のポイントは、勉強しやすい環境で試験対策ができるスケジュールです。

通信講座ごとに勉強方法が異なり、中でも仕事をしながら応用情報技術者の試験対策をする状況であれば、スキマ時間を有効活用できるスタディングがおすすめになります。

通信講座勉強方法ポイント
スタディングWebテキスト
映像講義
スマホ1台だけでも応用情報技術者の試験対策ができる
ITECテキスト
映像講義
テキスト中心で映像講義の補填が確認できる
TACテキスト
映像講義
テキスト中心で映像講義の補填が確認できる
資格の大原テキスト
映像講義
テキスト中心で映像講義の補填が確認できる
LEC東京リーガルマインドテキスト
映像講義
テキスト中心で映像講義の補填が確認できる
応用情報技術者講座の勉強方法

スマホでの勉強は相性はありますが、不安なら無料の会員登録で具体的な勉強イメージを確認することもできるため、受講後のギャップを防止できるメリットも特徴です。

勉強方法の比較
  • 落ち着いた環境でじっくり勉強をしたい:ITEC・TAC・資格の大原・LEC東京リーガルマインド
  • スキマ時間を活用して効率よく勉強したいスタディング

応用情報技術者は中堅エンジニアやプログラマーが対象になる国家資格であるため、勉強環境の変更は避けたいトラブルです。

独学であれば500時間程度必要な試験対策になるので、あなたの生活環境に最適な通信講座を選んだ方がスムーズな応用情報技術者の勉強ができるでしょう。

スタディング応用情報技術者講座の無料会員登録は、30秒程度で完了して、その場でサンプル講義を受講できます。受講料の支払いをした後の失敗を防止するために、30秒でイメージを確認してみると良いでしょう。

予算内で受講できて支払いの負担が少ない

応用情報技術者講座を比較する2つ目のポイントは、予算内で受講できて支払いの負担が少ないプランです。

通信講座は、合格までに必要な知識をスムーズに理解できるメリットはありますが、独学よりも受講料が高いデメリットがあります。

マイ資格ナビ編集部おすすめの応用情報技術者通信講座の受講料が安いランキングで比較すると、以下の通りです。

応用情報技術者通信講座
受講料が安いランキング
  • 1位 ITEC応用情報技術者講座:37,400円〜
  • 2位 スタディング応用情報技術者講座:43,800円〜
  • 3位 資格の大原応用情報技術者講座:47,800円〜
  • 4位 TAC応用情報技術者講座:87,000円〜
  • 5位 LEC東京リーガルマインド応用情報技術者講座:88,000円〜

中でもスタディングは定期的な割引キャンペーンを実施しており、過去には10,000円以上安い受講料になるクーポン発行もした経緯があります。

分割払いを対応している通信講座もありますが、手数料の負担がかかるプランもあるため事前に条件を確認した方がトラブルを防止できるでしょう。

独学と比較しやすい充実したサポート体制

応用情報技術者講座を比較する3つ目のポイントは、独学にはない充実したサポート体制で比較です。

通信講座で受講することで、無制限の質問や課題添削などのサポートが受講料に含まれるプランが多く、技術や知識面の不安があっても挫折するリスクが少ない特徴があります。

通信講座サポート体制
スタディング学習Q&Aサービス(有料)
合格お祝い制度
ITEC質問サポート
TACWebフォロー
質問サポート
資格の大原なし
LEC東京リーガルマインドなし
応用情報技術者講座のサポート体制

サポートで比較するならTACが充実していますが、教材との相性を確認した上でチャレンジした方がスムーズな試験対策ができます。

午前(多肢選択式)と午後(記述式)の両方を万全な状態で試験本番に臨めるように余裕のある勉強ができる通信講座を選びましょう。

今すぐ結論応用情報技術者通信講座おすすめ5選を徹底比較をチェック!

応用情報技術者試験の独学と通信講座を比較して理想の勉強方法を見つけよう

独学と通信講座で応用情報技術者試験対策の比較を紹介します。

はじめて応用情報技術者試験の対策をする場合は、独学との比較をした上で合格を目指しましょう。

安い受講料や好きな教材なら独学がおすすめ

独学の魅力は、安い受講料で好きな教材を活用した試験対策で応用情報技術者の合格を目指せます。

教材との相性が悪い場合は、複数の勉強方法で試験対策ができるため、選択肢が多いスタイルが独学の特徴です。

独学の魅力をチェック!
  • 通信講座よりも安い受講料で応用情報技術者試験の対策ができる
  • 教材との相性が悪い場合は複数の勉強スタイルで合格を目指せる
  • 勉強スケジュールの調整は自己管理で自由に決められる

例えば、基本情報技術者の試験対策を独学で勉強した場合やエンジニアやプログラマーの現場経験が充実していて自信があるならおすすめになります。

とはいえ、1年で試験は2回(例年4月・10月)になるため、安さ重視で比較するよりも勉強のしやすさで比較した方が納得できる環境で合格を目指せるでしょう。

独学なら500時間程度の勉強が基本になる

応用情報技術者は500時間程度の勉強が必要とされており、独学ならあなた自身で合格までのスケジュールを調整することになります。

例えば、1日2時間の勉強を継続する場合でも仕事との両立は難しくなる場合もあるでしょう。

独学で勉強をするイメージ
  • 1日1時間×500日(1年半程度)=500時間
  • 1日2時間×250日(9ヶ月弱)=500時間
  • 1日3時間×167日(6ヶ月弱)=500時間

勉強時間を増やせば必ず合格できるわけではないですが、現役のエンジニアやプログラマーは仕事や残業とのバランスを調整しながら試験対策をする必要があります。

勉強スケジュールの管理に自信がない場合は、独学よりも通信講座の方がスキマ時間を活用して、メリハリのある勉強方法で応用情報技術者試験の合格を目指せるでしょう。

合格までのスケジュール調整のしやすさなら通信講座がおすすめ

独学で500時間程度の勉強を継続する自信がない場合は、通信講座のスケジュールに沿って勉強をした方がストレスなく合格を目指せます。

通信講座は重要ポイントや頻出問題が明確になっており、スキマ時間を有効活用した試験対策が基本です。

通信講座の魅力
  • スキマ時間を活用した試験対策でスムーズに合格を目指せる
  • 試験の頻出問題が分かりやすく無駄の少ない勉強ができる
  • 合格までのスケジュール調整がしやすくてモチベーション維持がしやすい

応用情報技術者を含めた国家資格は難易度が高く、合格するまでのスケジュール管理やモチベーション維持が肝になります。

はじめて応用情報技術者の試験対策をする場合や仕事・日常生活との両立に自信がなければ、おすすめ通信講座で試験対策をした方が効率よく合格を目指せるでしょう。

今すぐ結論応用情報技術者通信講座おすすめ5選を徹底比較をチェック!

応用情報技術者通信講座の合格率や合格者数・実績

応用情報技術者通信講座の合格率や合格者数・実績を公表している通信講座は少なく、公式サイトの評判や口コミを参考にして受講した方が決め手になるでしょう。

通信講座合格率合格者数
スタディング不明127人
※2022度実績
ITEC不明不明
TAC不明不明
資格の大原不明不明
LEC東京リーガルマインド不明不明
応用情報技術者講座の合格率や合格者数

合格率や合格者数をもとに通信講座を選ぶ受講生も多いですが、1つの指標として考えて、あなたの生活環境に最適な勉強方法を選択した方が良いです。

体験談や評判は公式サイトで紹介している通信講座が多いため、受講する前に確認すると合格までのスケジュールや挫折するリスクを未然に防止できます。

例年20%前後の合格率で5人に4人が不合格になるため、納得できる勉強環境で試験対策をしてスムーズに合格を目指しましょう。

応用情報技術者通信講座の比較に役立つよくある質問

応用情報技術者通信講座の比較に役立つよくある質問を紹介します。

おすすめの応用情報技術者通信講座はどこですか?

5種類の基本情報技術者通信講座がおすすめです。中でも2種類の通信講座は、短期間で効率よく合格を目指せるため、仕事をしながらでもスムーズな試験対策ができるでしょう。

通信講座で勉強をすれば、どのくらいで合格できますか?

独学だと500時間程度必要とされている応用情報技術者試験ですが、通信講座なら3ヶ月程度で試験対策が可能なスケジュールが多いです。

試験で出題されやすいポイントを中心に効率よく合格を目指せるでしょう。

応用情報技術者試験対策で1日の勉強時間はどのくらい必要ですか?

通信講座を活用すれば1日1時間以内の勉強だけでも合格を目指せるスケジュールです。

スキマ時間を活用できるため、仕事や子育て・家事をしながらでもスムーズに応用情報技術者試験の合格を目指せるでしょう。

応用情報技術者試験の勉強方法を教えてください。

テキストと映像講義で試験対策をする応用情報技術者通信講座が多いです。

スタディング応用情報技術者講座のみWebテキスト・映像講義が中心の勉強スタイルで合格を目指せます。

応用情報技術者通信講座を受講すれば合格できますか?

必ず応用情報技術者試験で合格できるわけではないですが、独学よりも重要ポイントが分かりやすいため、短期間で効率よく勉強ができます。

合格率が高まるわけではないですが、独学よりも重要ポイントが分かりやすいメリットが特徴です。

応用情報技術者試験の合格率はどのくらいですか?

例年20%程度が合格率です。

5人に4人が不合格になる割合になるため、正しい勉強方法で対策をしないと1回で合格は難しいでしょう。

応用情報技術者試験の日程を教えてください。

例年4月と10月に試験を実施します。2023年の試験は以下のとおりです。

  • 令和5年4月16日
  • 令和5年10月8日
どのような人が応用情報技術者試験の合格を目指しますか?

基本情報技術者試験で合格した中堅エンジニアやプログラマーが多いです。

実務経験がないと難易度が高い試験内容になっており、初心者は500時間程度の勉強が必要となります。

通信講座を活用することで、重要ポイントをスムーズに理解ができるでしょう。

はじめて応用情報技術者試験の対策をする場合におすすめな通信講座はどれですか?

はじめて応用情報技術者の試験対策をするなら、スタディングだとスムーズに合格を目指せます。

受講料の支払いをする前に、無料の会員登録をすれば実際に勉強イメージを確認できるので、ギャップを未然に防止できるメリットが特徴です。

応用情報技術者おすすめ通信講座の比較ランキングまとめ【2024年版】

本記事内で紹介している通り、応用情報技術者通信講座は3つのポイントで比較がおすすめです。

  1. 勉強しやすい環境で試験対策ができる
  2. 予算内で受講できて支払いの負担が少ない
  3. 独学と比較しやすい充実したサポート体制

応用情報技術者の試験対策は500時間程度必要とされており、基本情報技術者と比較しても2倍以上の勉強が求められます。

独学でも試験対策はできますが、通信講座の方が重要ポイントを理解しやすく、仕事をしながらでもスムーズに合格を目指せるでしょう。

まずは、おすすめ応用情報技術者通信講座を比較して、イメージ通りの勉強方法や負担の少ない環境を探してみましょう。

令和6年度 春期試験令和6年4月21日(日曜日)
令和6年度 秋期試験令和6年10月13日(日曜日)
参照:独立行政法人情報処理推進機構

※以下の表はスクロールできます。

スクロールできます
通信講座詳細プラン受講料合格率合格者数サポート
スタディング応用情報技術者講座
スタディング
詳細①合格コース
②初学者コース
①43,800円
②49,500円
不明127人
※2022度実績
学習Q&Aサービス(有料)
合格お祝い制度
ITEC応用情報技術者講座
ITEC
詳細プレミアムコース37,400円不明不明質問サポート
TAC応用情報技術者講座
TAC
詳細①本科生プラス
②本科生A/B
③上級コース
①133,000円
②87,000円
③94,000円
不明不明Webフォロー
質問サポート
資格の大原応用情報技術者講座
資格の大原
詳細①合格コース
②基本情報復習つき合格コース
①47,800円
②73,300円
不明不明なし
LEC東京リーガルマインド応用情報技術者講座
LEC東京リーガルマインド
詳細応用情報技術者試験対策講座88,000円不明不明なし
応用情報技術者の通信講座一覧表

※本記事内の料金はすべて税込表記です。
※本記事内では、消費者庁の「アフィリエイト広告等に関する検討会 報告書」及び景品表示法比較広告に関する景品表示法上の考え方」に則り、比較・広告紹介をしています。
※紹介している商品の購入や通信講座の申し込みをすると、売上の一部が運営会社に還元されることがあります。
※各情報などは公式サイト及び上記のサイトを参照しています。

※情報は作成・更新時の内容になるため、プラン改定などによって販売が中止・変更になっている場合があります。最新の情報は、各公式サイトよりご確認ください。
※マイ資格ナビで掲載している文章や画像などにつきましては、いかなる場合でも無断転載(キャプチャ画像をSNSなどに掲載含む)することを禁止します。無断転載をした場合は、予告なく法的措置等の適切な対応をいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次