心理カウンセラー資格は意味ないの?国家資格や向いている人・おすすめ勉強方法まで詳しく紹介!

心理カウンセラー資格は意味ないの?国家資格や向いている人・おすすめ勉強方法まで詳しく紹介!

×
初学者向けサポート充実のおすすめ通信講座!

「心理カウンセラー資格は意味ない…」「心理カウンセラー資格は仕事がない…」とインターネット検索に出てきて、不安に感じていませんか。

心理カウンセラーは国家資格(公認心理師)だけでなく、複数の民間資格があり、身に付くスキルや勉強方法が異なる特徴があります。とはいえ、心理カウンセラー資格は意味ない評判が出ていると不安ですよね。

そこでマイ資格ナビ編集部では、心理カウンセラー資格が意味ない評判の理由や対策を詳しく紹介しています。

心理カウンセラー資格を目指したいけど、意味ない評判を聞いて悩んでいたら、対策方法や向いている人を参考にしてみましょう!

本記事内の参照

本記事内で紹介している心理カウンセラー資格に関する情報は、法務省消費者庁国民生活センターが発信する情報を元に、マイ資格ナビ編集部(株式会社マイナビ出版マイナビブックス)がコンテンツ制作ポリシーに則り独自で作成しています。

本記事は皆様に無料コンテンツを提供する目的で、プロモーション等に関する手数料の支払いを受けているものもあるため、気になる方はご注意ください。

※本記事の内容は心理カウンセラー資格が使えないわけでなく、誤解のない受験をするための案内が目的です。
※本記事内で紹介する口コミは個人の感想であり、誰もが同様の試験で合格・成果が出るわけではありません。
※本記事は2024年2月時点の情報を紹介しています。

Check心理カウンセラー資格の種類おすすめランキング【比較】国家資格や独学との違いまで詳しく紹介

目次

資格のキャリカレ
【スプリングキャンペーン】
ハガキ申込より最大50%OFF
※2/29(木)まで

2/29(木)まで
キャリカレおすすめキャンペーン

心理カウンセラー資格は意味ないの?

最初に結論を紹介すると、心理カウンセラーは意味ない資格ではないです。

しかし、インターネット検索やSNS上では「心理カウンセラー資格は意味ない」「心理カウンセラー資格は必要ない」とネガティブな情報が流れてくることも事実になります。

心理カウンセラー資格は意味ない評判の対策は3つ紹介していますが、心理カウンセラー資格の正しい理解や活用イメージが明確にならないと身に付くスキルのギャップから納得のいくスキルを習得できない可能性が出てきます。

マイ資格ナビ編集部では、心理カウンセラー資格は意味ない評判が出る理由をもとに、あなたが理想とするスキルや資格を目指すためのヒントを紹介しています。

心理カウンセラー資格が意味ない評判の理由は、国家資格との違いや目的を理解していない可能性が高いです。勉強後のギャップを防ぐために、意味ない評判の理由を明確にしましょう!

意味ない評判の例
スクロールできます

心理カウンセラー資格は意味ないと評判が出る理由

心理カウンセラー資格は意味ないと評判が出る理由は5つ推測できます。

  1. 民間資格と国家資格の違いを正しく理解していない
  2. 資格の取得は必須条件ではない
  3. 初心者向けの試験難易度で合格できる
  4. 仕事がない・仕事が見つからない口コミがある
  5. 具体的な勉強方法がイメージできない

はじめて心理カウンセラー資格の勉強をする場合や合格までの勉強イメージ・活かし方が分からないと悩んでいたら、意味ない評判の理由を参考にしてみてください。

心理カウンセラー資格は意味ないと評判が出る推測①:民間資格と国家資格の違いを正しく理解していない

1つ目の心理カウンセラー資格は意味ないと評判が出る理由は、民間資格と国家資格の違いを正しく理解していないことが原因と推測します。

心理カウンセラーの国家資格は1種類のみ(公認心理師)で、大半は民間資格に該当するので、勉強する場合は目的や資格の違いを把握する必要があります。

公認心理師国家資格
メンタルヘルス・マネジメント®検定公的資格
メンタル心理カウンセラー民間資格
心理カウンセラーベーシック民間資格
上級心理カウンセラー民間資格
行動心理士民間資格
メンタルケア心理士®民間資格
こころ検定®2級民間資格
心理カウンセリングアドバイザー民間資格
行動心理プロフェッショナル民間資格
心理カウンセリングスペシャリスト民間資格
メンタル士心理カウンセラー®民間資格
メンタル心理インストラクター®民間資格
メンタルケアアドバイザー民間資格
メンタルケア・アドバイザー民間資格
心理カウンセラーの資格ジャンル

国家資格である公認心理師は、スクールカウンセラー児童相談所児童福祉施設などで求人募集をしていることもありますが、公的資格・民間資格の場合は任意の取得が推奨になるため合格しても必ず就職活動で成功するわけではありません

資格の勉強は国が認定している国家資格が重要と評価する人にとっては、心理カウンセラー資格の大半はメリットを感じないことから意味ないと感じるのでしょう。

一方で、公的資格・民間資格を取得する目的やメリットは以下の通りです。

  • 心理カウンセラーの勉強をもとに日常生活で実践する
  • 人との関わり方が苦手な人が人間関係の克服をする
  • コミュニケーション力を向上させて円滑なやり取りをする
  • 子どもや家族との意思疎通やメンタルケアができる
  • 履歴書に書いて自己アピールをする材料として活かせる

心理カウンセラーだけに限らず、公的資格・民間資格を取得しても無駄なことはないですが、目的を正しく理解すれば納得のできるスキルアップができます。

民間資格・公的資格と国家資格の違いを理解した上で、心理カウンセラー資格にチャレンジすると良いでしょう。

心理カウンセラー資格は合格するだけで満足したら意味がないです。将来的な活用方法を考えた上で勉強すると良いですよ!

心理カウンセラー資格は意味ないと評判が出る推測②:資格の取得は必須条件ではない

2つ目の心理カウンセラー資格は意味ないと評判が出る理由は、資格の取得は必須条件ではないことが原因と推測します。

心理カウンセラー資格の勉強内容を活かした仕事は、スクールカウンセラーや企業内でのカウンセリング・メンタルケアを目的として講演会などが該当しますが、資格の取得は必須条件でない求人が多いです。※公認心理師は除く

  • 心理カウンセラー資格の取得が必須条件な求人は少ない
  • 国家資格と公的資格・民間資格の違いを理解しないとギャップに感じる
  • 心理カウンセラー資格の勉強内容をアウトプットできなければ意味ない

理由は、心理カウンセラーの大半が公的資格や民間資格であることですが、最も重要なポイントは勉強内容を再現できるかになります。

心理カウンセラーの勉強では、社会心理学理論や学習心理学理論・発達心理学理論などの心理学を学ぶカリキュラムもありますが、実際にクライエントに対してカウンセリングができなければ意味がありません。

支払い面の負担が少ない独学で心理カウンセラーの勉強もできますが、実践的なカウンセリング技術まで習得したいなら課題添削やサポートが含まれる通信講座がおすすめです。

試験で合格するだけでなく、再現性の意識をした心理カウンセラー資格の勉強をすることが仕事や将来性につながるでしょう。

デザイナーのための心理学

心理学の観点から、UXとデザイン向上のポイントを探る著作者名:Joe Leech

発売日:2023年08月17日

心理カウンセラー資格は意味ないと評判が出る推測③:初心者向けの試験難易度で合格できる

3つ目の心理カウンセラー資格は意味ないと評判が出る理由は、初心者向けの試験難易度で合格できることが原因と推測します。

国家資格である公認心理師の合格率は40〜50%程度(参照:厚生労働省)で推移していますが、自宅で受験ができる民間資格は初心者でも1回の合格を目指せる試験難易度です。

公認心理師1年に1回の試験
メンタルヘルス・マネジメント®検定1年に2回の試験
メンタル心理カウンセラー自宅で受験
心理カウンセラーベーシック自宅で受験
上級心理カウンセラー自宅で受験
行動心理士自宅で受験
メンタルケア心理士®自宅で受験
こころ検定®2級自宅で受験
心理カウンセリングアドバイザー自宅で受験
行動心理プロフェッショナル自宅で受験
心理カウンセリングスペシャリスト自宅で受験
メンタル士心理カウンセラー®自宅で受験
メンタル心理インストラクター®自宅で受験
メンタルケアアドバイザー自宅で受験
メンタルケア・アドバイザー自宅で受験
心理カウンセラーの受験方法

試験難易度が低いから合格する意味がないわけではないですが、他の人との差別化や強みとしてのアピールポイントとしては物足りないと感じる人が多いのでしょう。

一方で、試験難易度が低くても履歴書に書いて就職活動ではアピールができるので、正しい知識を習得していることの証明にはなります。

心理カウンセラー資格の活かし方次第ですが、就職活動だけが全てではありません。試験難易度が低くても、心理学やカウンセリング技術の専門性は高められると覚えておきましょう!

心理カウンセラー資格は意味ないと評判が出る推測④:仕事がない・仕事が見つからない口コミがある

4つ目の心理カウンセラー資格は意味ないと評判が出る理由は、仕事がない・仕事が見つからない口コミがあることが原因と推測します。

SNS上では、心理カウンセラー資格は仕事がない・仕事につながらない口コミが出ていますが、合格するだけでは必ず仕事に就けるわけではありません

心理カウンセラー資格の目的を理解することで、仕事での活かし方や求人の探し方を理解できるため、合格後の活用イメージを明確にした方が納得できるスキルアップができるでしょう。

心理カウンセラー資格は意味ないと評判が出る推測⑤:具体的な勉強方法がイメージできない

5つ目の心理カウンセラー資格は意味ないと評判が出る理由は、具体的な勉強方法がイメージできないことが原因と推測します。

心理カウンセラーは独学での勉強や通信講座を活用した資格勉強のいずれかが主流になりますが、具体的な勉強方法が分からないとスキルアップのイメージができないでしょう。

公認心理師独学または予備校
※受験条件あり
メンタルヘルス・マネジメント®検定独学または予備校・通信講座
メンタル心理カウンセラー通信講座
心理カウンセラーベーシック通信講座
上級心理カウンセラー通信講座
行動心理士通信講座
メンタルケア心理士®通信講座
こころ検定®2級通信講座
心理カウンセリングアドバイザー通信講座
行動心理プロフェッショナル通信講座
心理カウンセリングスペシャリスト通信講座
メンタル士心理カウンセラー®通信講座
メンタル心理インストラクター®通信講座
メンタルケアアドバイザー通信講座
メンタルケア・アドバイザー通信講座
心理カウンセラーの勉強方法

通信講座を活用して心理カウンセラーの勉強をする場合は、合格までのスケジュールが決められており、質問・課題添削などのサポート体制が含まれるプランが大半です。

マイ資格ナビ編集部では、心理カウンセラー資格を目指せるおすすめ通信講座を紹介しているため、合格までのイメージや勉強内容が分からなければ参考にしてみてください。

心理学やカウンセリングの勉強経験がない初心者であれば、通信講座で合格を目指した方がスムーズです。まずは勉強内容を比較してみましょう!

Check心理カウンセラー資格の種類おすすめランキング【比較】国家資格や独学との違いまで詳しく紹介

心理カウンセラー資格は意味ない評判の対策

心理カウンセラー資格は意味ない評判の対策は3つです。

  • 国家資格以外を目指すメリット・デメリットを理解する
  • 試験で合格しても仕事だけを目標にしない
  • 合格までの勉強イメージ・合格した後の活用方法を考える

勉強をはじめた後や合格した後のギャップを防止したい場合は、意味ない評判の対策を確認してみましょう。

心理カウンセラー資格は意味ないと評判の対策①:国家資格以外を目指すメリット・デメリットを理解する

1つ目の心理カウンセラー資格は意味ないと評判の対策は、国家資格以外を目指すメリット・デメリットを理解することです。

心理カウンセラーは公認心理師以外の大半は公的資格・民間資格のいずれかになるため、勉強をして資格の取得をするメリット・デメリットを理解できないと納得できるスキルアップが難しくなります。

心理カウンセラー資格のデメリット
(公的資格・民間資格)
  • 必ず仕事が見つかる・就職活動で成功するわけではない
  • 日常生活や仕事現場で実践できないと形だけの資格になる可能性
  • 知名度が低いとアピール材料としての効果が薄まる可能性
心理カウンセラー資格のメリット
(公的資格・民間資格)
  • 試験難易度が低くて心理学・カウンセリング初心者でもチャレンジしやすい
  • 独学または通信講座で合格を目指せる
  • 複数の資格から選べて目標のスキルアップがしやすい
  • 仕事や子育てをしながらでもスキマ時間に勉強ができる
  • 日常生活や仕事現場で実践できるスキルが多い

国家資格を軸として考えると意味ない評判が出るのは仕方ないですが、公的資格・民間資格との違いを正しく理解すれば納得できるスキルを習得できます。チャレンジする前に比較してみましょう!

心理カウンセラー資格は意味ないと評判の対策②:試験で合格しても仕事だけを目標にしない

2つ目の心理カウンセラー資格は意味ないと評判の対策は、試験で合格しても仕事だけを目標にしないことです。

心理カウンセラー資格の目的は、関連性の高い仕事の就職活動だけでなく、日常生活や現職の仕事現場で実践することも含まれます。

心理カウンセラー資格の目的
  • 心理学で相手の行動・しぐさ・状況から心を読み解く
  • 子育てで子どもが求めていることを先回りしてサポート
  • 仕事現場で部下のメンタルケアや悩みを引き出す
  • 家族や仕事での人間関係・コミュニケーション力アップ

心理カウンセラーだけでなく、民間資格は合格した後の活かし方やメリット・目的を正しく理解できないと勉強した意味が分からなくなり、混乱するリスクがあります。

仕事・就職活動だけでを意識するのではなく、子育てや現職など、身近な場面での実践を目的にするとイメージとのギャップを防げるでしょう。

資格の勉強は仕事で必ず活かさないといけないわけではありません。スキルアップが目的になることを理解しましょう!

心理カウンセラー資格は意味ないと評判の対策③:合格までの勉強イメージ・合格した後の活用方法を考える

3つ目の心理カウンセラー資格は意味ないと評判の対策は、合格までの勉強イメージ・合格した後の活用方法を考えることです。

資格の勉強をしても、合格後の活用イメージや身に付くスキルを考えないと、納得できる心理カウンセラー技術の習得は難しいくなります。

マイ資格ナビ編集部が紹介している心理カウンセラー資格だけでも15種類あり、身につくスキルが異なるので、通信講座や勉強方法・教材を比較して、イメージ通りの資格を目指せるようにしましょう。

初心者向けの資格が多数!

Check心理カウンセラー資格の種類おすすめランキング【比較】国家資格や独学との違いまで詳しく紹介

心理カウンセラーの国家資格は1種類

心理カウンセラーの国家資格を詳しく紹介します。

国家資格を目指したい場合や心理カウンセラー資格の比較をしたい状況であれば、資格の種類を参考にしてみてください。

心理カウンセラーの国家資格は公認心理師のみ

12月31日時点で目指せる心理カウンセラーの国家資格は、公認心理師のみです。

公認心理師とは、公認心理師登録簿への登録を受け、公認心理師の名称を用いて、保健医療、福祉、教育その他の分野において、心理学に関する専門的知識及び技術をもって、次に掲げる行為を行うことを業とする者をいいます。

  • (1)心理に関する支援を要する者の心理状態の観察、その結果の分析
  • (2)心理に関する支援を要する者に対する、その心理に関する相談及び助言、指導その他の援助
  • (3)心理に関する支援を要する者の関係者に対する相談及び助言、指導その他の援助
  • (4)心の健康に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供
厚生労働省

公認心理師には受験資格(参照:厚生労働省公認心理師法)があるので、誰でもチャレンジできるわけではないですが、心理関係の唯一の国家資格として注目されています。

合格した後は、スクールカウンセラーや保健医療・福祉・教育関連の仕事で活躍が期待できます。

指定科目の履修や卒業などの複雑な条件があるため、公認心理師を目指す場合はあらかじめ確認(厚生労働省)した上でチャレンジしましょう!

将来的には国家資格が増える可能性はある

心理カウンセラーの国家資格は公認心理師のみですが、認定心理士や臨床心理士などの知名度が高い資格や大手通信講座で受験できる民間資格も多いです。

例えば、2022年に国家資格化された愛玩動物看護師のように心理カウンセラーの中でも国家資格化される資格が増える可能性は十分に想定できます。

国家資格化された場合は受験条件などの確認が必要ですが、年々増加しているスクールカウンセラー(参照:文部科学省)の推移を見てわかる通り、心理カウンセラーは将来的にも需要が高い役割です。

公的資格や民間資格が中心であることから心理カウンセラーは意味ないと評価するのではなく、あなたの活かし方や勉強内容を実践する場面を想定して、再現性の高い勉強をすることが大切になります。

初心者向けの資格が多数!

Check心理カウンセラー資格の種類おすすめランキング【比較】国家資格や独学との違いまで詳しく紹介

心理カウンセラー資格が向いている人・おすすめな人

心理カウンセラー資格が向いている人やおすすめな人を紹介します。

あなたが心理カウンセラー資格を目指した方がいいか分からなくて悩んでいる場合は、向いている人やおすすめな人を参考にしてみてください。

人との関わりが好きな人

人との関わりが好きな人や人の心を動かすことに興味がある人は、心理カウンセラーが向いています。

心理学やカウンセリングは、相手の心を読み解き、正しい解決に向けた道標をサポートする役割を果たすので人との関わりが基本です。

一方で、あなた自身の自己分析やストレスチェックをすることが目的ではないので、心理カウンセラーの役割を正しく理解した方が意味ない評価になりにくくなります。

人に関わる仕事に少しでも興味があれば、心理カウンセラー資格との相性が良い可能性があります。

人間関係やコミュニケーションの取り方に悩んでいる人

心理学やカウンセリングを通して、人間関係やコミュニケーションの取り方を改善したい人も心理カウンセラーの勉強が向いています。

円滑な人間関係の構築をするためには、自分だけでなく、相手の気持ち・考え方を読み解き先回りした行動をすることが重要です。

苦手な相手の場合は関わらない選択もできますが、積極的にコミュニケーションをとって向き合う姿勢がある人は心理カウンセラー資格がおすすめになります。

マネジメント職で部下のメンタルケアをしたい人

仕事でマネジメント職や管理職で、部下のメンタルケアやサポートをしたい人も心理カウンセラー資格の勉強がおすすめです。

心理学の種類は複数ありますは、行動やしぐさ・発言などから読み解く資格が多いので、部下の状況把握や先回りしたサポートがしやすいメリットも心理カウンセラーの特徴になります。

チームとして仕事を回す場合は、部下のメンタルケア・モチベーションアップも重要になるので、心理カウンセラーの勉強を通して改善を考えてみると良いでしょう。

家族や子どもとの意思確認やストレスのない環境をつくりたい人

家族や子どもとのコミュニケーションをとる目的で心理カウンセラーの勉強をする人もおすすめです。

中でもはじめて子育てをする場合は、子どもとの円滑なコミュニケーションが取れずに悩む人が多いですが、心理学やカウンセリング技術で改善できる可能性もあります。

日頃のコミュニケーションでストレスを感じる人も心理カウンセラーの勉強はメリットに感じるでしょう。

初心者向けの資格が多数!

Check心理カウンセラー資格の種類おすすめランキング【比較】国家資格や独学との違いまで詳しく紹介

心理カウンセラー資格は意味ない評判に関するよくある質問

心理カウンセラー資格は意味ない評判に関するよくある質問を紹介します。

心理カウンセラーは意味ない資格ですか?

心理カウンセラーは意味ない資格ではありません。

意味ない評判が出る理由は5つ想定できます。

  • 民間資格と国家資格の違いを正しく理解していない
  • 資格の取得は必須条件ではない
  • 初心者向けの試験難易度で合格できる
  • 仕事がない・仕事が見つからない口コミがある
  • 具体的な勉強方法がイメージできない

いずれも心理カウンセラーの目的やメリットを正しく理解できれば解消できる内容になるため、チャレンジする前に具体的なイメージを明確にすると良いでしょう。

心理カウンセラーは誰でも目指せますか?

国家資格である公認心理師は受験条件がありますが、民間資格は誰でも合格を目指せます。(通信講座の受講が必須条件の場合あり)

心理学やカウンセリングの勉強経験がなくても、気軽に合格を目指せる難易度が多いです。

どのくらいの勉強で心理カウンセラー資格は合格できますか?

心理カウンセラー資格ごとに異なりますが、最短2ヶ月程度の勉強で合格できる難易度の資格もあります。

スキマ時間を活用した対策もできるので、あなたが興味のある心理カウンセラー資格を調べてみましょう。

どのような人が心理カウンセラー資格がおすすめですか?

マイ資格ナビ編集部では、4つのおすすめな人を紹介しています。

  • 人との関わりが好きな人
  • 人間関係やコミュニケーションの取り方に悩んでいる人
  • マネジメント職で部下のメンタルケアをしたい人
  • 家族や子どもとの意思確認やストレスのない環境をつくりたい人

とはいえ、少しでも心理カウンセラー資格に興味があればチャレンジできるため、まずは勉強内容や合格までのスケジュールを確認してみると良いでしょう。

初心者向けの心理カウンセラー資格はどれがいいですか?

国家資格である公認心理師以外でも複数の心理カウンセラー資格があります。

心理カウンセラー資格の種類おすすめランキング【比較】国家資格や独学との違いまで詳しく紹介を参考にして、相性の良いスキルや勉強方法を見つけましょう。

初心者向けの資格が多数!

Check心理カウンセラー資格の種類おすすめランキング【比較】国家資格や独学との違いまで詳しく紹介

※本記事内の料金はすべて税込表記です。
※本記事内では、消費者庁の「アフィリエイト広告等に関する検討会 報告書」及び景品表示法比較広告に関する景品表示法上の考え方」に則り、比較・広告紹介をしています。
※紹介している商品の購入や通信講座の申し込みをすると、売上の一部が運営会社に還元されることがあります。
※各情報などは公式サイト及び上記のサイトを参照しています。

※情報は作成・更新時の内容になるため、プラン改定などによって販売が中止・変更になっている場合があります。最新の情報は、各公式サイトよりご確認ください。
※マイ資格ナビで掲載している文章や画像などにつきましては、いかなる場合でも無断転載(キャプチャ画像をSNSなどに掲載含む)することを禁止します。無断転載をした場合は、予告なく法的措置等の適切な対応をいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次