宅建士通信講座おすすめランキング【2024年度比較】合格率や独学との比較まで詳しく紹介

宅建士通信講座おすすめランキング

×
初学者向け合格実績が豊富な通信講座!

宅建士(宅地建物取引士)は、公正な不動産取引や重要事項の説明・重要事項説明書への記名・押印ができる宅地建物取引業法により定められた国家資格です。

例年20万人以上が受験していて、不動産や金融業で働く上で取得を求められる企業は多く、通信講座または独学の効率良い試験対策が求められます。

とはいえ、初心者でも合格を目指しやすいおすすめの宅建士通信講座はどれがいいか分からないと悩んでいませんか。

宅地建物取引士おすすめ通信講座の比較ポイント
この記事で分かること

そこで本記事では、宅建士(宅地建物取引士)の合格を目指せるおすすめ通信講座・比較ポイントをマイ資格ナビ編集部が分かりやすく紹介しています。

宅建士(宅地建物取引士)の合格を目指したいけど、通信講座の選び方が分からないと悩んでいたら参考にしてみてください。

宅建士おすすめ通信講座を比較!

×
おすすめ比較アガルート宅建士講座アガルート宅建士講座スタディング宅建士講座スタディング宅建士講座フォーサイト宅建士講座フォーサイト宅建士講座クレアール宅建士講座クレアール宅建士講座キャリカレ宅建士講座キャリカレ宅建士講座ユーキャン宅建士講座ユーキャン宅建士講座
通信講座アガルートスタディングフォーサイトクレアールキャリカレユーキャン
プラン①入門総合カリキュラム
②演習総合カリキュラム
※他、テキストなしプランあり
①宅建士合格コースミニマム
②宅建士合格コーススタンダード
③宅建士合格コースコンプリート
①バリューセット1
②バリューセット2
③バリューセット3
④バリューセット3(DVDオプション)
①先行学習型完全合格パーフェクトコース
②先行学習型完全合格セーフティコース
※他、プラン多数
宅地建物取引士合格指導講座宅建士短期合格講座
受講料①54,780円
②76,780円
①14,960円
②19,800円
③23,430円
①59,800円
②64,800円
③69,800円
④78,800円
①44,850円
②53,700円

49,600円
39,600円

63,000円
勉強方法テキスト
映像講義
Webテキスト
映像講義
テキスト
映像講義
eラーニング
テキスト
映像講義
テキスト
映像講義
テキスト
映像講義
合格者数不明854人
※令和4年度実績
872人
※令和4年度実績
不明不明過去10年で15,000人以上
合格率①59.5%
②71.2%
※令和4年度実績
不明75.0%
※令和4年度実績
不明不明不明
サポート質問サポート
合格特典
学習Q&Aサービス(①②のみ有料)
合格お祝い制度
専任スタッフによる質問受付(3回まで)
個別カウンセリング
全額返金制度(バリューセット3)
質問相談サポート無制限の質問
課題添削
不合格なら全額返金
合格で2講座目が無料
1日3問までの質問
課題添削
ポイント2人1人以上の割合で宅建士試験で合格している通信講座スマホ1台だけで宅建士試験の合格を目指せるeラーニングならスキマ時間を有効活用して対策非常識合格法で合格点を目指す試験対策万が一不合格でも受講料が全額返金される合計7回の課題添削で対策ポイントが明確になる
公式サイト
※受講料はキャンペーン等により変更になる場合があります。詳しくは各通信講座ごとの公式サイトで確認しましょう。
比較対象:アガルート宅建士講座スタディング宅建士講座フォーサイト宅建士講座クレアール宅建士講座キャリカレ宅建士講座ユーキャン宅建士講座
比較するリセット

※気になる宅建士(宅地建物取引士)おすすめ通信講座をチェックするだけで比較できます。

今すぐ結論宅建士(宅地建物取引士)通信講座はどれがいい?おすすめ比較ランキング一覧表

本記事内のランキング・参照

本記事内で紹介している宅建士通信講座は、法務省消費者庁国民生活センターが発信する情報を元に、マイ資格ナビ編集部(株式会社マイナビ出版マイナビブックス)がコンテンツ制作ポリシーに則り独自で作成しています。

皆様に無料コンテンツを提供する目的で、プロモーション等に関する手数料の支払いを受けているものもあるため、気になる方はご注意ください。

おすすめ宅建士講座
  • おすすめはアガルート宅建士講座
  • 1回のチャプターが30分以内でメリハリある試験対策ができる
  • 映像講義が中心で勉強が苦手でもインプットがしやすい通信講座

おすすめ宅建士講座

※公式サイト:https://www.agaroot.jp/takken/

※本記事内で紹介する口コミは個人の感想であり、誰もが同様の試験で合格・成果が出るわけではありません。
※本記事は2024年2月時点の情報を紹介しています。

目次

資格のキャリカレ
【スプリングキャンペーン】
ハガキ申込より最大50%OFF
※2/29(木)まで

2/29(木)まで
キャリカレおすすめキャンペーン

宅建士(宅地建物取引士)通信講座はどれがいい?おすすめ比較ランキング一覧表【2024年度版】

宅建士通信講座おすすめランキング

マイ資格ナビ編集部では、10種類のおすすめ宅建士(宅地建物取引士)通信講座を調査・比較しました。

独学でも宅建士の試験対策はできますが、通信講座を利用した方が民法等・宅建業法・法令上の制限・その他関連知識をバランスよく理解でき、苦手意識を克服しやすいメリットがあります。

初心者の場合は200時間以上の勉強が必要になるため、仕事や子育てをしながら合格を目指す場合は重要ポイントを中心に取り組まないと挫折するリスクがあります。

宅建士の試験対策をした経験がなくても分かりやすいマイ資格ナビ編集部がおすすめする通信講座は以下の通りです。

※以下の表はスクロールできます。

スクロールできます
通信講座詳細プラン受講料合格者数合格率サポート
スタディング宅建士講座
スタディング
詳細①宅建士合格コースミニマム
②宅建士合格コーススタンダード
③宅建士合格コースコンプリート
①14,960円
②19,800円
③23,430円
854人
※令和4年度実績
不明学習Q&Aサービス(①②のみ有料)
合格お祝い制度
アガルート宅建士講座
アガルート
詳細①入門総合カリキュラム
②演習総合カリキュラム
※他、プランあり
①54,780円
②76,780円
不明①60.3%
②74.2%
※令和5年度実績
質問サポート
合格特典
フォーサイト宅建士講座
フォーサイト
詳細①バリューセット1
②バリューセット2
③バリューセット3
④バリューセット3(DVDオプション)
①59,800円
②64,800円
③69,800円
④78,800円
872人
※令和4年度実績
75.0%
※令和4年度実績
専任スタッフによる質問受付(3回まで)
個別カウンセリング
全額返金制度(バリューセット3)
クレアール宅建士講座
クレアール
詳細①2024年合格目標 先行学習型完全合格パーフェクトコース
②2024-2025年合格目標 先行学習型完全合格セーフティコース
※他、プラン多数
①51,192円
②60,514円
※他、プラン多数
不明不明質問相談サポート
キャリカレ宅建士講座
キャリカレ
詳細宅地建物取引士合格指導講座49,600円
39,600円
※インターネット受講の場合
不明不明無制限の質問
課題添削
不合格なら全額返金
合格で2講座目が無料
ユーキャン宅建士講座
ユーキャン
詳細宅地建物取引士合格指導講座63,000円過去10年で15,000人以上不明課題添削
1日3問までの質問
資格スクエア宅建士講座
資格スクエア
詳細①宅建コンプリート講座(製本テキスト無)
②宅建コンプリート講座(製本テキスト有)
①66,000円
②77,000円
不明不明月1回のZOOM相談
TAC宅建士講座
TAC
詳細宅建士(宅地建物取引士)講座複数のプランあり不明不明質問サポート
L・A宅建士講座
L・A
詳細宅地建物取引士(宅建士)通信講座60,500円不明不明質問サポート
合格で受講料が最大半額返金
日建学院宅建士講座
日建学院
詳細宅地建物取引士(宅建士)通信講座複数のプランあり2,319人
※令和4年度実績
不明ライセンスアドバイザーのカウンセリング
質問サポート
宅建士(宅地建物取引士)のおすすめ通信講座

宅建士の通信講座選びでどれがいいか迷ったら、マイ資格ナビ編集部では、4つのポイントで比較をおすすめしています。

  1. 初心者でも効率よく合格を目指せる通信講座
  2. 日常生活の中で無理なく取り組める対策
  3. 受講料が安くて負担が少ないプラン
  4. サポートが充実して合格までのイメージがしやすい

マイ資格ナビ編集部がおすすめする宅建士(宅地建物取引士)の通信講座を詳しく紹介します。

スタディングはスマホだけで合格を目指せるおすすめ通信講座

スタディングはスマホだけで合格を目指せるおすすめ通信講座

※出典:スタディング宅建士講座

おすすめポイント
  • スキマ時間を有効活用して試験対策ができる
  • おすすめ通信講座の受講料が安いランキングで1位のプラン
  • 過去13年分の傾向をもとに分析されている教材を活用

2種類目の宅建士おすすめ通信講座はスタディングです。

スタディング宅建士講座は、受講料が安いランキングで1位の負担が少ない通信講座です。

安いだけでなく、合格までのスケジュールが明確で、基礎知識を身につけつつアウトプットできる環境が充実しています。

知識状況に応じて3種類のプランから選べますが、初心者向けのコンプリート講座でも23,430円で他社の通信講座と比較して最も安いです。

おすすめ比較ポイント

スタディング宅建士講座の比較ポイント
初心者向けの内容コンプリートは初心者向けの教材内容で充実
勉強のしやすさスマホ1台だけでもスキマ時間を有効活用できる
安い受講料安い受講料ランキングで1位のプランで対策
充実したサポート学習Q&Aサービスを利用すれば質問しながら学べる

スタディング宅建士講座は、スマホだけで合格を目指せるため、勉強時間の確保ができなくても計画的に試験対策がしやすいです。

過去13年間分の出題傾向をもとに分析された問題集で対策ができるため、試験本番を意識した対策ができると評判になっています。

さらにスタディング宅建士講座では、30秒程度の無料会員登録をするだけで実際の講義を一部受講してイメージの確認ができるため、はじめて通信講座の受講をする場合は確認してみると受講後のギャップを防止できるでしょう。

スマホ1台だけで宅建士の試験対策ができるスタディングは、仕事や子育てをしながらでも気軽に合格を目指せます。さらに受講料の安いランキングで1位のプランになるため、支払い面の負担が少ないことも魅力ですよ!

こんな人におすすめ・評判の通信講座

スタディング宅建士講座がおすすめな人や受講前のチェックポイントは以下の通りです。

  • 宅建士(宅地建物取引士)の試験対策をしたいけど時間がない
    • スマホ1台だけでも試験対策ができる教材でスキマ時間を有効活用できる!
  • はじめての試験対策だけど、1回で合格できるか不安で独学と悩む
    • 宅建士おすすめ通信講座の受講料が安いランキングで1位のプランで試験対策!
  • 宅建業法や不動産登記法などの間違いやすいポイント中心で対策したい
    • 例年数百人単位の合格者数を輩出して実績面が豊富な通信講座のスケジュールで対策!
通信講座スタディング
プラン①宅建士合格コースミニマム
②宅建士合格コーススタンダード
③宅建士合格コースコンプリート
受講料①14,960円
②19,800円
③23,430円
分割払いあり
勉強スタイルWebテキスト
映像講義
合格者数854人
※令和4年度実績
合格率不明
課題添削なし
サポート期間受講期間
サポート体制学習Q&Aサービス(①②のみ有料)
合格お祝い制度

スマホ1台だけでもスムーズに合格を目指せる!

≫スタディング宅建士講座を詳しくみる

アガルートは合格率が高く初心者でもスムーズに試験対策ができる

アガルートは合格率が高く初学者でもスムーズに試験対策ができる

※出典:アガルート宅建士講座

おすすめポイント
  • 初心者でも短期間で合格を目指しやすい教材を活用
  • 1回10分以内が多い映像講義で試験対策ができる
  • 2人に1人以上の合格率で実績が充実している通信講座

1種類目の宅建士おすすめ通信講座はアガルートです。

アガルート宅建士講座は、映像講義が中心の勉強内容で合格率が全国平均より高いおすすめの通信講座で、初心者でも独学や他の勉強方法と比較しても短期間でスムーズな対策ができます。

中でも出題問題数が多い宅建業法は、1回のチャプターが10分以内になるため、重要ポイントをメリハリのある勉強スタイルで学べます。

アガルート宅建講座の映像講義イメージ

テキストと連動しているだけでなく、過去に初心者が間違いやすいポイントの解説が充実しているため、はじめて宅建士(宅地建物取引士)の試験対策をする場合でも苦手意識を未然に防止しやすい点が評判です。

200時間以上の勉強を継続する余裕やメンタル面のモチベーション維持が難しい場合でも、集中力を保ちやすい教材がアガルート宅建士講座の魅力になります。

おすすめ比較ポイント

アガルート宅建士講座の比較ポイント
初心者向けの内容テキストと映像講義で初心者でもスムーズな対策
勉強のしやすさ1回の映像講義は10分以内が多いチャプター
安い受講料安い受講料ランキングで4位のプランで対策
充実したサポート受講期間中に合格すれば受講料が全額返金される

アガルート宅建士講座は、入門と演出の2種類から選択して合格を目指しますが、初心者でも短期間で合格を目指せる勉強内容になっています。

主に映像講義で試験対策をしますが、初心者は間違いやすいポイントや重点的に対策をする問題が分かりやすい構成です。

短期間で宅建士(宅地建物取引士)を合格したいけど、勉強を継続する自信がなくて困っている…と悩んでいたら、おすすめの通信講座になります。

アガルート宅建士講座は、通信講座やスクールの中でも初心者向けでスムーズに合格を目指せる教材内容です。サポート面は例年改良されていますが、質問・ホームルーム・合格特典(受講料が全額返金)とモチベーション維持しやすい内容が評判ですよ!

こんな人におすすめ・評判の通信講座

アガルート宅建士講座がおすすめな人や受講前のチェックポイントは以下の通りです。

  • 宅建士(宅地建物取引士)の勉強経験がない初心者で悩んでいる
    • 入門・演出と勉強状況に最適な試験対策で宅建士の勉強ができる通信講座!
  • 独学だと200時間以上の勉強ができるか不安に感じている
    • 1回のチャプターが10分以内中心の映像講義でメリハリある試験対策で宅建士を目指せる!
  • 合格実績が豊富な宅建士通信講座の方が安心して勉強ができる
    • いずれのプランも2人1人以上の割合で宅建士試験で合格している教材で対策!
通信講座アガルート
プラン①入門総合カリキュラム
②演習総合カリキュラム
※他、テキストなしプランあり
受講料①54,780円
②76,780円
分割払いあり
勉強スタイルテキスト
映像講義
合格者数不明
合格率①60.3%
②74.2%
※令和5年度実績
課題添削なし
サポート期間受講期間
サポート体制質問サポート
合格特典

実績豊富で初心者でも一発合格を目指しやすい!

≫アガルート宅建士講座を詳しくみる

フォーサイトは複数の勉強方法で効率よく合格を目指せる

フォーサイトは複数の勉強方法で効率よく合格を目指せる

※出典:フォーサイト宅建士講座

おすすめポイント
  • 合格率75%程度で実績が豊富の通信講座で対策できる
  • テキスト・映像講義・eラーニングから選んで勉強できる
  • 全額返金制度で負担が少ない通信講座(プランで異なる)

3種類目の宅建士おすすめ通信講座はフォーサイトです。

フォーサイト宅建士講座は、他社の通信講座と比較して合格率が高く、はじめての試験対策でも最短ルートで合格を目指せる通信講座です。

テキストと映像講義・eラーニングから勉強方法を選べるため、生活環境に合った対策を選べるメリットがおすすめポイントになります。

直前対策や民法・宅建業法などの科目別対策プランもあるため、試験に向けた万全の準備がしやすい通信講座がフォーサイト宅建士講座です。

おすすめ比較ポイント

フォーサイト宅建士講座の比較ポイント
初心者向けの内容合格実績・合格率の高い通信講座の教材を活用
勉強のしやすさテキスト・映像講義・eラーニングから選べる
安い受講料安い受講料ランキングで5位のプランで対策
充実したサポート定期カウンセリングでメンタル面のケアがしやすい

フォーサイト宅建士講座は、苦手科目の対策がしやすく、200時間以上必要とされる勉強を効率よく取り組むことができます。

eラーニングが含まれる数少ない通信講座のフォーサイトは、仕事と両立しやすい勉強環境も評判です。

課題添削を提出して間違いやすい科目の確認ができるわけではないですが、計画的なスケジュールで合格を目指せる通信講座になっています。

フォーサイト宅建士講座は、合格実績が充実している通信講座のプランで勉強ができるので、初心者でも重要ポイントをおさえて対策がしやすいです。複数の教材から相性の良い勉強方法を選べるので、生活環境に合った対策で挫折を防ぎやすいですよ!

こんな人におすすめ・評判の通信講座

フォーサイト宅建士講座がおすすめな人や受講前のチェックポイントは以下の通りです。

  • 通信講座の比較では合格実績が充実している方が安心できる
    • 全国平均よりも高い実績があり、合格率75%(令和4年度実績)の通信講座
  • 勉強時間の確保する余裕がなくて宅建士試験の対策ができない
    • テキストと映像講義・eラーニングから選んでスムーズに試験対策ができる!
  • 独学だと200時間程度の勉強を継続する自信がなくて悩んでいる
    • 個別カウンセリングで講師に相談できてメンタル面のケアがしやすい!
通信講座フォーサイト
プラン①バリューセット1
②バリューセット2
③バリューセット3
④バリューセット3(DVDオプション)
受講料①59,800円
②64,800円
③69,800円
④78,800円
分割払いあり
勉強スタイルテキスト
映像講義
eラーニング
合格者数872人
※令和4年度実績
合格率75.0%
※令和4年度実績
課題添削なし
サポート期間受講期間
サポート体制専任スタッフによる質問受付(3回まで)
個別カウンセリング
全額返金制度(バリューセット3)

合格実績が充実しているおすすめ通信講座!

≫フォーサイト宅建士講座を詳しくみる

クレアールは重要ポイントを中心にメリハリのある試験対策ができる

クレアールは重要ポイントを中心にメリハリのある試験対策ができる

※出典:クレアール宅建士講座

おすすめポイント
  • 1つ1つ確認しながら効率よく対策ができる通信講座
  • 重要ポイントを中心に短期間で合格を目指せる
  • 合格点を目指す非常識合格法でスムーズな勉強を実現

4種類目の宅建士おすすめ通信講座はクレアールです。

クレアール宅建士講座は、理解を深めるために、学んだ内容の問題をすぐに解くパラレル学習法を取り入れています。

試験で出題されやすい問題が厳選されており、勉強ボリュームを抑えたい場合におすすめです。

宅建士の試験対策を20年以上している講師が監修した教材で合格を目指せるため、試験本番を意識した対策ができるでしょう。

おすすめ比較ポイント

クレアール宅建士講座の比較ポイント
初心者向けの内容非常識合格法で試験の出題ポイントが分かりやすい
勉強のしやすさテキストと映像講義で相性の良い勉強方法を選べる
安い受講料安い受講料ランキングで2位のプランで対策できる
充実したサポート質問相談サポートで疑問を解消しながら対策

クレアール宅建士講座は、複数のプランから目標の試験に向けた対策ができるため、スケジュール調整がしやすいメリットが評判です。

具体的な合格率や合格者数の公表はないですが、指導実績が豊富な講師の指導でスムーズな試験対策をしたい場合におすすめな通信講座になります。

クレアール宅建士講座は、20年以上の指導実績があるベテラン講師の指導のもとで試験対策ができます。非常識合格法は、過去の出題傾向をもとに分析された教材を活用した対策になるので、初心者でも無駄を省いた勉強ができると評判ですよ!

こんな人におすすめ・評判の通信講座

クレアール宅建士講座がおすすめな人や受講前のチェックポイントは以下の通りです。

  • 独学で200時間程度の勉強を継続する自信がなくて悩んでいる
    • 非常識合格法で試験に出題されるポイントを中心に試験対策ができる通信講座!
  • 相性の良い教材が分からなくて勉強方法を選べない
    • テキストと映像講義で生活環境に最適な勉強方法で宅建士の試験対策ができる!
通信講座クレアール
プラン①2024年合格目標 先行学習型完全合格パーフェクトコース
②2024-2025年合格目標 先行学習型完全合格セーフティコース
※他、プラン多数
受講料①44,850円
②53,700円
分割払いあり
勉強スタイルテキスト
映像講義
合格者数不明
合格率不明
課題添削なし
サポート期間受講期間
サポート体制質問相談サポート

合格ラインを目指せるコンパクトな対策!

≫クレアール宅建士講座を詳しくみる

キャリカレは万が一不合格でも受講料が全額返金されるサポートが含まれる

キャリカレはサポートが充実して独学との差別化がしやすい

※出典:キャリカレ宅建士講座

おすすめポイント
  • 無制限の質問と課題添削で確認しながら対策
  • 初心者でも分かりやすいテキストで取り組める
  • 不合格でも全額返金制度で余計な心配を減らせる

5種類目の宅建士おすすめ通信講座はキャリカレです。

キャリカレ宅建士講座は、無制限の質問や課題添削・全額返金などのサポートが充実している通信講座です。

合格実績の公表はないですが、独学との比較をして合格までのイメージを想定しながら試験対策ができます。

勉強内容や合格実績よりも、サポート体制を重点的に比較したい場合におすすめな通信講座がキャリカレ宅建士講座です。

おすすめ比較ポイント

キャリカレ宅建士講座の比較ポイント
初心者向けの内容テキストと映像講義でスムーズに合格を目指せる
勉強のしやすさ1日60分以内の勉強だけでも3ヶ月で準備ができる
安い受講料安い受講料ランキングで3位のプランで対策できる
充実したサポート万が一不合格でも受講料が全額返金されるサポート

キャリカレ宅建士講座は、写真や図表が豊富なテキストを中心に合格を目指せるため、勉強が苦手でも宅建業法や民法などの法律に関する知識をスムーズに習得しやすいです。

一方で、合格率や合格者数の公表がないため、過去の実績をもとに比較したい場合はおすすめできませんが、余計な負担・心配を減らして試験対策をしたい状況にピッタリな宅建士通信講座になります。

キャリカレ宅建士講座は、他の通信講座と比較してサポート体制が充実していることが魅力です。万が一不合格でも受講料が全額返金されるので、支払い面の不安がある場合でも前向きに宅建士の試験対策ができますよ!

こんな人におすすめ・評判の通信講座

キャリカレ宅建士講座がおすすめな人や受講前のチェックポイントは以下の通りです。

  • 独学にはないサポート体制が充実している通信講座が安心できる
    • 無制限の質問や課題添削・不合格なら全額返金と他の通信講座よりも充実している!
  • 宅建士の勉強経験がない初心者向けの勉強内容の方が安心できる
    • イラストや図表での解説が豊富なテキスト中心で初心者でもスムーズに対策できる!
通信講座キャリカレ
プラン宅地建物取引士合格指導講座
受講料49,600円
39,600円
※インターネット受講の場合
分割払いあり
勉強スタイルテキスト
映像講義
合格者数不明
合格率不明
課題添削あり
サポート期間最長1年間
サポート体制無制限の質問
課題添削
不合格なら全額返金
合格で2講座目が無料

勉強イメージは無料の資料請求だけでOK!

≫キャリカレ宅建士講座を詳しくみる

ユーキャンは過去10年で15,000人以上の合格者を輩出している実績豊富な通信講座

ユーキャンは過去10年で15,000人以上の合格者を輩出している

※出典:ユーキャン宅建士講座

おすすめポイント
  • 過去10年で15,000人以上が合格している実績あり
  • アウトプットが充実して試験本番を意識しやすい対策
  • 最短1回5分程度の映像講義ならスキマ時間を有効活用

6種類目の宅建士おすすめ通信講座はユーキャンです。

ユーキャン宅建士講座は、過去10年間で15,000人以上が合格している実績を誇る通信講座です。

テキストと1回5分程度の映像講義でメリハリのある勉強ができるため、ダラダラ勉強をするリスクを減らしたい場合におすすめな勉強内容になります。

具体的な合格率の公表はないですが、合格者数や評判が充実している通信講座がユーキャン宅建士講座です。

おすすめ比較ポイント

ユーキャン宅建士講座の比較ポイント
初心者向けの内容過去10年間で15,000人以上が合格した実績ある教材
勉強のしやすさテキストと映像講義で生活環境に合った対策ができる
安い受講料安い受講料ランキングで6位のプランで対策できる
充実したサポート1日3問の質問や課題添削で正しい理解状況の確認ができる

ユーキャン宅建士講座は、期間延長サポートを活用すれば、翌年の試験に向けてじっくり対策ができるメリットが特徴です。

疑問に感じたら1日3問までは気軽に質問ができるため、1つ1つ確認をしながらスムーズに合格を目指せる通信講座になります。

知名度や評判が充実して、インプットとアウトプットを繰り返しながら合格を目指したい場合におすすめです。

ユーキャン宅建士講座は、宅地建物取引業法た権利関係などの難しいとされている科目も初心者向けの教材になるためスムーズに理解できます。はじめて宅建士の試験対策をする場合でもおすすめな通信講座ですよ!

こんな人におすすめ・評判の通信講座

ユーキャン宅建士講座がおすすめな人や受講前のチェックポイントは以下の通りです。

  • 過去の合格者数が多い宅建士通信講座の方が信頼できる
    • 過去10年間で15,000人以上が合格した宅建士通信講座で合格を目指せる!
  • 正しい知識や重点的に対策をした方が良いポイントを確認したい
    • 全部で7回の課題添削で正しい知識や理解状況を確認しながら試験対策ができる!
通信講座ユーキャン
プラン宅建士短期合格講座
受講料63,000円
分割払いあり
勉強スタイルテキスト
映像講義
合格者数過去10年で15,000人以上
合格率不明
課題添削あり
サポート期間最長翌年の試験月
サポート体制1日3問までの質問
課題添削

≫ユーキャン宅建士講座を詳しくみる

資格スクエアは合格までの勉強スケジュールが明確になっている通信講座

資格スクエアは合格までの勉強スケジュールが明確になっている通信講座

※出典:資格スクエア宅建士講座

7種類目の宅建士おすすめ通信講座は資格スクエアです。

資格スクエア宅建士講座は、長期間時間をかけた試験対策をする勉強スケジュールが組まれており、インプット・アウトプット・直前期の対策まで計画的な試験対策ができる点が魅力ポイントです。

権利関係を中心に試験本番を意識した勉強ができるため、初心者でも効率よく合格を目指せるでしょう。

通信講座資格スクエア
プラン①宅建コンプリート講座(製本テキスト無)
②宅建コンプリート講座(製本テキスト有)
受講料①66,000円
②77,000円
分割払いあり
勉強スタイルテキスト
映像講義
合格者数不明
合格率不明
課題添削なし
サポート期間受講期間
サポート体制月1回のZOOM相談

TACは受講生がつまづきやすいポイントを中心に効率よく合格を目指せる

TACは受講生がつまづきやすいポイントを中心に効率よく合格を目指せる

※出典:TAC宅建士講座

8種類目の宅建士おすすめ通信講座はTACです。

TAC宅建士講座は、予備校(通学制)の実績が充実しており、受講生がつまづきやすいポイントを中心に合格を目指せる通信講座です。

他の宅建士通信講座と比較して複数プランが開講されているため、あなたの勉強進捗や生活環境にピッタリな勉強方法を選べるでしょう。

通信講座TAC
プラン宅建士(宅地建物取引士)講座
受講料複数のプランあり
分割払いあり
勉強スタイルテキスト
映像講義
合格者数不明
合格率不明
課題添削なし
サポート期間受講期間
サポート体制質問サポート

L・Aは合格者を多数輩出しているベテラン講師による指導が魅力

L・Aは合格者を多数輩出しているベテラン講師による指導が魅力

※出典:L・A宅建士講座

9種類目の宅建士おすすめ通信講座はL・Aです。

L・A宅建士講座は、宅建士試験の指導実績が10年以上のベテラン講師が担当するため、過去の頻出傾向をもとに組まれた勉強内容で合格を目指せるスケジュールです。

例年、全国平均と比較して2倍近い合格実績が出ているため、独学では比較しにくい合格率で受講の判断をしたい場合におすすめな宅建士講座になります。

通信講座L・A
プラン宅地建物取引士(宅建士)通信講座
受講料60,500円
分割払いあり
勉強スタイルテキスト
映像講義
合格者数不明
合格率不明
課題添削なし
サポート期間受講期間
サポート体制質問サポート
合格で受講料が最大半額返金

日建学院はライセンスアドバイザーのカウンセリングで相談しながら合格を目指せる

資格スクエアは合格までの勉強スケジュールが明確になっている通信講座

※出典:日建学院宅建士講座

10種類目の宅建士おすすめ通信講座は日建学院です。

日建学院宅建士講座は、累計合格者が120,000人を超えた通信講座で、ライセンスアドバイザーのカウンセリングが充実している点が魅力です。

独学にはないサポートが充実していて、合格実績が豊富な通信講座を選びたい場合は日建学院宅建士講座がおすすめになります。

通信講座日建学院
プラン宅地建物取引士(宅建士)通信講座
受講料複数のプランあり
分割払いあり
勉強スタイルテキスト
映像講義
合格者数2,319人
※令和4年度実績
合格率不明
課題添削なし
サポート期間受講期間
サポート体制ライセンスアドバイザーのカウンセリング
質問サポート

宅建士(宅地建物取引士)通信講座はどれがいい?4つのおすすめ比較ポイントを詳しく紹介

宅建士(宅地建物取引士)通信講座はどれがいい?4つのおすすめ比較ポイントを詳しく紹介

宅建士(宅地建物取引士)通信講座選びでどれがいいか迷ったら4つのポイントで比較がおすすめです。

  1. 初心者でも効率よく合格を目指せる通信講座
  2. 日常生活の中で無理なく取り組める対策
  3. 受講料が安くて負担が少ないプラン
  4. サポートが充実して合格までのイメージがしやすい

通信講座選びで失敗をしたくない場合は、4つのポイントで比較してみましょう。

初心者でも効率よく合格を目指せる通信講座

初学者でも効率よく合格を目指せる通信講座

宅建士(宅地建物取引士)の通信講座選びに迷ったら、初心者向けで効率よく合格を目指せる通信講座がおすすめです。

通信講座は、過去の実績をもとに間違いやすいポイントや頻出問題を中心の教材を例年改良されています。

中でも宅建業法は出題範囲が広く(50問中20問程度)、加点の多い問題を中心に取り組めるなど、勉強スケジュールの調整がしやすい通信講座がおすすめです。

宅建士の試験範囲
  • 民法等(50問中14問程度)
  • 宅建業法(50問中20問程度)
  • 法令上の制限(50問中8問程度)
  • その他の関連知識(50問中8問程度)

例えば、アガルートは映像講義が中心で重要ポイントのチャプターが多く、30分程度の長さで振り返りがしやすいメリットがあります。

他にもスタディングであればスマホだけでも試験対策ができて、過去13年分のデータをもとに宅建士(宅地建物取引士)の試験対策が可能です。

通信講座ごとに合格までのスケジュールは異なるため、はじめて宅建士(宅地建物取引士)の試験対策をする場合は、スムーズに理解ができる環境を選びましょう。

日常生活の中で無理なく取り組める対策

宅建士(宅地建物取引士)の通信講座選びに迷ったら、日常生活の中で負担を減らした試験対策ができる通信講座がおすすめです。

通信講座は、受講した後に勉強方法を変更しにくいデメリットがあります。

通信講座勉強方法
アガルートテキストと映像講義で、生活環境に合わせた試験対策ができる。
スタディングスマホやタブレットだけでも試験対策ができるため、スキマ時間を有効活用できる。
フォーサイトテキスト・映像講義・eラーニングから選択して、ストレスなく取り組める試験対策。
クレアールテキストが中心で、じっくり合格を目指せる勉強内容。
キャリカレテキストが中心で、じっくり合格を目指せる勉強内容。
ユーキャンテキストが中心で、じっくり合格を目指せる勉強内容。
おすすめ宅建士通信講座の勉強方法

まとまった勉強時間の確保が難しい場合は、映像講義やスマホでスキマ時間でコツコツ取り組める通信講座がおすすめです。

あなたの生活環境に合わせて、合計200時間以上の勉強をコンパクトに進められる宅建士(宅地建物取引士)の通信講座を比較しましょう。

受講料が安くて負担が少ないプラン

受講料が安くて負担が少ないプラン

宅建士(宅地建物取引士)の通信講座選びに迷ったら、受講料が安くて負担が少ないプランがおすすめです。

通信講座は独学よりも受講料が高くなるデメリットはありますが、過去の実績から効率よく合格を目指せることが選ばれるポイントになります。

割引クーポンの発行やキャンペーンを実施している通信講座もありますが、予算を決めた上で受講した方が余計な心配を防げるでしょう。

安い受講料のおすすめ宅建士通信講座ランキングで比較して、無理なく合格を目指せるプランを選びましょう。

受講料が安いランキング

サポートが充実して合格までのイメージがしやすい

サポートが充実して合格までのイメージがしやすい

宅建士(宅地建物取引士)の通信講座選びに迷ったら、サポートが充実して合格までのイメージがしやすい通信講座がおすすめです。

サポートは通信講座ごとに異なり、質問や課題添削・個別カウンセリングが含まれます。

独学との違いが分からない場合は、サポートが充実している通信講座で比較をして、負担の少ない環境で合格を目指すと良いでしょう。

通信講座サポート
キャリカレ無制限の質問
課題添削
不合格なら全額返金
合格で2講座目が無料
フォーサイト専任スタッフによる質問受付(3回まで)
個別カウンセリング
全額返金制度(バリューセット3)
アガルート質問サポート
合格特典(1万円の合格お祝い金または全額返金)
ユーキャン1日3問までの質問
課題添削
L・A質問サポート
合格で受講料が最大半額返金
資格スクエア月1回のZOOM相談
クレアール質問相談サポート
TAC質問サポート
スタディング学習Q&Aサービス(一部プランのみ有料)
合格お祝い制度
日建学院ライセンスアドバイザーのカウンセリング
質問サポート
宅建士通信講座のサポート体制

独学と通信講座の比較

独学でも試験対策ができる宅建士(宅地建物取引士)は、予算や勉強方法・サポートの有無で比較すると理想の環境が分かりやすいです。

項目独学通信講座
資格の取得
可能

可能
対象資格宅地建物取引士宅地建物取引士
受講料
安い

講座で異なる
勉強方法テキスト
YouTube
テキスト
映像講義
eラーニング
サポート
なし

充実
スクーリング
なし

対象あり
メリット安い費用で、好きな教材を活用して合格を目指せる。勉強方法を自由に決まることが可能。勉強方法が決まっているため、スムーズに試験対策ができる。質問や課題添削・カウンセリングなどのサポートで負担を減らして試験対策が可能。
デメリット質問や課題添削などのサポートが含まれない。正しい知識の確認がしにくい。独学よりも受講料が高くて、勉強方法の変更ができない。
独学と通信講座の比較

独学は好きな教材で自由に勉強ができるため、あなた自身で試験対策をする自信があればおすすめです。一方で、ゼロスタートで正しい知識を理解する自信がない場合は、通信講座を活用した方がスムーズに合格を目指せるでしょう。

独学がおすすめの人
  • 好きな教材を活用して、自分のペースで勉強をしたい
  • 受講料を安くして負担の少ない環境で合格を目指したい
  • 宅建業法や民法の知識に自信がある
  • 決められた勉強方法で試験対策をすることが苦手

受験生の勉強方法に制限はありませんが、仕事や家事をしながら試験対策をする場合は通信講座を活用した方がスムーズに合格を目指しやすいです。

通信講座と独学で負担の少ない勉強方法を比較し、最短ルートでスムーズに合格を目指せる手段を選びましょう。

宅建士(宅地建物取引士)の合格率や合格者数

宅建士(宅地建物取引士)は、例年15〜18%程度の合格率で、合格点は試験の結果によって異なります。

国家資格の中では難易度は低めですが、200時間程度の勉強が必要とされており、正しい勉強方法で効率よく試験対策をする必要があります。

年度受験者数
(人)
合格者数
(人)
合格率
(%)
合格点
令和5年度233,27640,02517.236
令和4年度226,04838,52517.036
令和3年度(12月)24,9653,89215.634
令和3年度(10月)209,74937,57917.934
令和2年度(12月)35,2614,61013.136
令和2年度(10月)168,98929,72817.638
令和元年度220,79737,48117.035
平成30年度213,99333,36015.637
平成29年度209,35432,64415.635
平成28年度198,46330,58915.435
平成27年度194,92630,02815.431
引用:一般財団法人 不動産適正取引推進機構

合格率だけで勉強方法の判断はおすすめしませんが、不安なく試験本番に臨める準備ができる環境選びが大切です。

勉強に費やせる時間や試験までのスケジュールを考えて、負担の少ない環境で合格を目指しましょう。

試験範囲詳細
民法(14問)2020年4月1日に改正された土地や建物の権利、権利の変動に関する法令に関する知識
宅建業法(20問)土地・建物の円滑で公正な取引の促進や宅建業・宅建士の就業関係法規などの知識
法令上の制限(8問)法律によって定められる制限やルールに関する知識
その他(8問)不動産取引に関する税金に関連する知識など
試験範囲の詳細

宅建士(宅地建物取引士)通信講座の比較に役立つよくある質問

宅建士(宅地建物取引士)通信講座の比較に役立つよくある質問を紹介します。通信講座と独学で悩んでいる場合は参考にしてみてください。

おすすめの宅建士(宅地建物取引士)通信講座はどこですか?

10種類の宅建士通信講座がおすすめです。4つのポイントで比較すると、理想の通信講座や勉強方法が分かるでしょう。

受講料が安い宅建士(宅地建物取引士)通信講座はありますか?

おすすめ通信講座の受講料が安いランキングでは、スタディング宅建士講座が1位です。

受講料が安いから教材の質が劣るわけではありません。

予算をあらかじめ確認して、負担の少ない通信講座で合格を目指しましょう。

おすすめ宅建士(宅地建物取引士)通信講座の合格率はどのくらいですか?

通信講座ごとに異なりますが、フォーサイト宅建士講座だと75.0%(令和4年度実績)です。

全国平均よりも高い合格率の通信講座が多いため、初心者でも自信を持って試験本番に臨めるでしょう。

独学ではなく通信講座を選ぶメリットはなんですか?

正しい勉強方法で、質問や課題添削などのサポート体制のもと、最短スケジュールで合格を目指せることです。

独学だとあなた自身で勉強スケジュールの調整をする必要がありますが、通信講座では決められた勉強に沿って試験対策ができます。

独学で勉強を継続する自信がない場合は、通信講座を選んだ方がスムーズに合格を目指せるでしょう。

宅建士(宅地建物取引士)試験の勉強はどのくらい必要ですか?

個人差はありますが、200時間以上は必要とされています。

おすすめ通信講座を活用すれば、重要ポイントを中心の試験対策ができるため、200時間未満でも十分な場合があります。

おすすめの宅建士(宅地建物取引士)通信講座の勉強方法を教えてください。

通信講座で異なりますが、テキストや映像講義・eラーニングなどです。

あなたの生活環境に合わせて、負担の少ない勉強方法を選ぶと良いでしょう。

仕事をしながらでも合格を目指せますか?

はい、宅建士(宅地建物取引士)通信講座を活用すれば、スキマ時間だけで合格を目指せます。

例えば、フォーサイト宅建士講座ならeラーニングを活用でき、スタディング宅建士講座ではスマホでスキマ時間に試験対策が可能です。

仕事や家事をしながらでもスムーズに合格を目指せる通信講座が多いです。

おすすめの宅建士(宅地建物取引士)通信講座はどこですか?

合格率や合格者数・勉強内容などを考慮すると、アガルート宅建士講座がおすすめです。

初心者でも短期間で合格を目指しやすく、勉強が苦手でもスムーズな試験対策ができるでしょう。

宅建士(宅地建物取引士)通信講座はどれがいい?おすすめ比較のまとめをチェックしよう

宅建士(宅地建物取引士)の合格を目指せる通信講座はどれがいいか迷ったら9種類から比較がおすすめです。

改めて、あなたのイメージに最適な宅建士(宅地建物取引士)の合格を目指せる通信講座を確認してみましょう。

試験の公告例年6月上中旬
受験申込の受付例年7月上中旬
試験日程例年10月中下旬
合格発表例年11月中下旬
参照:一般財団法人 不動産適正取引推進機構

※以下の表はスクロールできます。

スクロールできます
通信講座詳細プラン受講料合格者数合格率サポート
スタディング宅建士講座
スタディング
詳細①宅建士合格コースミニマム
②宅建士合格コーススタンダード
③宅建士合格コースコンプリート
①14,960円
②19,800円
③23,430円
854人
※令和4年度実績
不明学習Q&Aサービス(①②のみ有料)
合格お祝い制度
アガルート宅建士講座
アガルート
詳細①入門総合カリキュラム
②演習総合カリキュラム
※他、プランあり
①54,780円
②76,780円
不明①60.3%
②74.2%
※令和5年度実績
質問サポート
合格特典
フォーサイト宅建士講座
フォーサイト
詳細①バリューセット1
②バリューセット2
③バリューセット3
④バリューセット3(DVDオプション)
①59,800円
②64,800円
③69,800円
④78,800円
872人
※令和4年度実績
75.0%
※令和4年度実績
専任スタッフによる質問受付(3回まで)
個別カウンセリング
全額返金制度(バリューセット3)
クレアール宅建士講座
クレアール
詳細①2024年合格目標 先行学習型完全合格パーフェクトコース
②2024-2025年合格目標 先行学習型完全合格セーフティコース
※他、プラン多数
①51,192円
②60,514円
※他、プラン多数
不明不明質問相談サポート
キャリカレ宅建士講座
キャリカレ
詳細宅地建物取引士合格指導講座49,600円
39,600円
※インターネット受講の場合
不明不明無制限の質問
課題添削
不合格なら全額返金
合格で2講座目が無料
ユーキャン宅建士講座
ユーキャン
詳細宅地建物取引士合格指導講座63,000円過去10年で15,000人以上不明課題添削
1日3問までの質問
資格スクエア宅建士講座
資格スクエア
詳細①宅建コンプリート講座(製本テキスト無)
②宅建コンプリート講座(製本テキスト有)
①66,000円
②77,000円
不明不明月1回のZOOM相談
TAC宅建士講座
TAC
詳細宅建士(宅地建物取引士)講座複数のプランあり不明不明質問サポート
L・A宅建士講座
L・A
詳細宅地建物取引士(宅建士)通信講座60,500円不明不明質問サポート
合格で受講料が最大半額返金
日建学院宅建士講座
日建学院
詳細宅地建物取引士(宅建士)通信講座複数のプランあり2,319人
※令和4年度実績
不明ライセンスアドバイザーのカウンセリング
質問サポート
宅建士(宅地建物取引士)のおすすめ通信講座

※本記事内の料金はすべて税込表記です。
※本記事内では、消費者庁の「アフィリエイト広告等に関する検討会 報告書」及び景品表示法比較広告に関する景品表示法上の考え方」に則り、比較・広告紹介をしています。
※紹介している商品の購入や通信講座の申し込みをすると、売上の一部が運営会社に還元されることがあります。
※各情報などは公式サイト及び上記のサイトを参照しています。

※情報は作成・更新時の内容になるため、プラン改定などによって販売が中止・変更になっている場合があります。最新の情報は、各公式サイトよりご確認ください。
※マイ資格ナビで掲載している文章や画像などにつきましては、いかなる場合でも無断転載(キャプチャ画像をSNSなどに掲載含む)することを禁止します。無断転載をした場合は、予告なく法的措置等の適切な対応をいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次