保育士資格を主婦が目指す方法は?40代・50代が合格するには独学と通信講座のおすすめを比較!

保育士資格を主婦が目指す方法は?40代・50代が合格するには独学と通信講座のおすすめを比較!

×
初学者向けサポート充実のおすすめ通信講座!

保育士資格を主婦が目指せるのか分からないと悩んでいませんか。

この記事がおすすめの人
  • 保育士資格は主婦でも合格を目指せる?
  • 40代・50代の主婦が保育士資格の勉強をするなら?
  • おすすめの勉強方法や合格までのスケジュール

特に勉強経験がない子育て中の主婦は、時間の活用方法や使える予算を考えると失敗ができなくてモヤモヤしますよね。結論を紹介すると、主婦でも保育士資格の合格を目指せます。

そこで本記事では、保育士資格を主婦が目指す方法やおすすめの試験対策を詳しく紹介しています。

はじめて保育士試験の対策をする場合は、独学よりも受講料が高いデメリットはありますが、通信講座の活用がおすすめです。

保育士通信講座だと、主婦が家事・子育てをしながらでも取り組みやすく、スキマ時間を活用したメリハリのある勉強ができます。

保育士通信講座おすすめランキングを参考にして、負担を減らした環境で合格を目指しましょう。

Check保育士通信講座おすすめランキング

目次

資格のキャリカレ
【スプリングキャンペーン】
ハガキ申込より最大50%OFF
※2/29(木)まで

2/29(木)まで
キャリカレおすすめキャンペーン

保育士資格は主婦でも合格できる?

最初に結論を紹介すると、保育士資格は主婦でも合格を目指せます

学歴などの保育士試験を受験する条件はありますが、年齢制限がないので40代・50代の主婦でも気軽にチャレンジがしやすいです。子どもに関わる仕事経験がなくても、子育てで身についたスキルを活かして保育士試験の合格を目指せます。

保育士資格は主婦も合格を目指せる
  • 受験条件を満たしていれば主婦も合格できる
  • 保育に関連する仕事経験がなくても問題なし
  • 子育てで身についたスキルを活かして勉強

例えば、地方公務員や食品衛生監視員などのような年齢制限がある国家資格とは異なり、受験条件を満たしていれば例年2回実施している試験にチャレンジできます。

平均的に100〜150時間程度の勉強が必要とされている保育士試験の対策を効率よく進めることがポイントです。

  • 1日1時間の勉強なら4ヶ月程度の継続がおすすめ
  • 家事や育児をしながらでも勉強ができる環境選びが大切
  • 独学と通信講座で負担の少ない方法でスムーズに勉強

保育士資格のおすすめ通信講座と独学を比較して、無理のないペースで試験対策を継続できるようにしましょう。

保育士資格を主婦が目指すメリット・デメリット

保育士資格を主婦が目指すメリットやデメリットを紹介します。

保育士試験は1年間に2回しかないため、生活リズムの中で無理なく取り組める勉強方法で効率よく合格を目指しましょう。

デメリットは勉強する時間の確保が難しいこと

デメリットは勉強する時間の確保が難しいこと

保育士資格の勉強をする場合は、まとまった時間や余裕のある期間が必要です。

主婦の場合は、家事や子育て・家族とのコミュニケーションなどで合格までの勉強時間を確保しにくいケースは少なくありません。筆記試験だけでなく、実技試験の対策まで万全の準備ができなければ不合格になりリスクは高いでしょう。

保育士資格を主婦が目指すデメリット
  • 勉強する時間がなくて保育士資格の対策ができていない
  • 合格するまでのスケジュールがイメージできない
  • 独学だと質問や課題添削をして正しい知識の確認がしにくい
  • 筆記試験対策ができても実技試験の準備ができていない

4ヶ月程度で保育士資格の勉強をするなら1日1時間程度の勉強時間を確保できないと十分な対策ができない可能性があります。

例えば、子育てをしながら合格を目指す場合は、子どもの送り迎えや発熱・学校行事などを考慮しないと余裕のある試験対策ができないので注意が必要です。

  • 主婦の生活環境は個人差が分かれるため注意が必要
  • 合格までのスケジュールや全体像の把握が大切になる
  • 筆記試験だけでなく、実技試験対策も万全にする
  • 主婦は毎日継続した勉強時間の確保が重要ポイント

実際に主婦が保育士資格を取得した事例は多数ありますが、口コミや体験談だけで判断すると余裕のない試験対策になる可能性が高いです。あなたの生活環境を考えて、勉強時間の確保や合格までのスケジュールを考えてみると良いでしょう。

将来的に役立つ専門資格を取得できる

将来的に役立つ専門資格を取得できる

主婦が保育士資格を取得すれば、将来的にも役立つ証明資格として幅広い場面で活用できます。

保育資格を取得すれば基本的には失効することがないため、更新手続きが必要ありません。例えば、産休・育休明けの職場復帰や子どもとのコミュニケーションで役立つスキルが身に付くため、一度取得すれば活用の幅が広いメリットが特徴です。

保育士資格を主婦が目指すメリット
  • 保育士資格は更新する必要がなく失効するリスクが少ない
  • 産休・育休明けの職場復帰でアピールしやすい国家資格
  • 保育士だけでなく、子どもに関わる仕事で役立つスキル
  • 子育てやコミュニケーションに活かせる勉強ができる

保育士を含む国家資格は就職活動でアピールするために合格を目指す受験生が大半ですが、将来性が高いため・正しい知識を日常生活で活かすためなど、主婦の活用方法は幅広いです。

保育士資格の取得だけでなく、子育てや子どもとのコミュニケーション・成長に合わせた距離感など、スキルを活かす方法を考えるとメリットが明確になるでしょう。

保育士資格の取得が主婦におすすめな理由

保育士資格の取得が主婦におすすめな理由は3つです。

特に資格の勉強経験がない場合や子育てとの両立・将来的な不安を感じている場合は参考にしてみましょう。

子育ての経験を活かして試験対策ができる

子育ての経験を活かして試験対策ができる

1つ目の主婦に保育士資格がおすすめな理由は、子育ての経験を活かした試験対策ができることです。

保育士の出題範囲は、子どもの心理学や食・栄養バランスなど、子育てをしている中で身に付く知識が多くなっています。主婦にしか分からない知恵や子育て現場の経験を活かした試験対策ができるメリットが特徴です。

保育士試験の出題範囲(筆記試験)

  • 保育原理
  • 教育原理及び社会的養護
  • 子ども家庭福祉
  • 社会福祉
  • 保育の心理学
  • 子どもの保健
  • 子どもの食と栄養
  • 保育実習理論

例えば「子どもの食と栄養」に関しては、子どもの発育・発達と食生活・家庭や児童福祉施設における食事と栄養など、普段の子育てで身についた知識や経験をもとに試験対策ができます。

知識や経験がありゼロスタートの試験対策にならないため、主婦が保育士資格を目指すことはおすすめです。

仕事復帰に役立つ専門的な国家資格

仕事復帰に役立つ専門的な国家資格

2つ目の主婦に保育士資格がおすすめな理由は、仕事復帰や産休・育休明けの就職活動に役立つためです。

保育士資格は1度取得すれば、基本的に失効されません。産休・育休明けの仕事復帰や短期間の就職など、必要に応じた場面で保育士資格は活かしやすいです。

主婦が保育士資格を活用するイメージ

  • 産休・育休明けの就職活動でアピールできる
  • 子ども成長に合わせて短期間の就職をする
  • 子どもに関わる職場内の専門職として活躍

保育士資格を取得してもすぐに就職する必要はありません。将来的に役立つスキルとして保育士資格を取得する主婦もいるため、目指すだけでも損はしないでしょう。

独学と通信講座・保育士養成学校の3種類から選べる

3つ目の主婦に保育士資格がおすすめな理由は、独学と通信講座の2種類で合格を目指せることです。

保育士養成学校に通って必要な科目を履修すれば保育士資格を取得できますが、時間や費用(200万円〜)を考慮すると現実的ではありません。一方で、独学や通信講座を活用した試験対策もあり、主婦でもスキマ時間を活用した試験対策がしやすいメリットが特徴です。

勉強方法メリットデメリット
保育士養成学校履修科目を取得すれば試験を免除できる。じっくり時間をかけて知識・実技スキルを習得。独学や通信講座と比較して費用が高い。卒業するまで数年間かかる。
独学好きな教材で最も安い費用で保育士資格の勉強ができる。正しい知識の確認ができない。勉強のモチベーション維持が難しい。
通信講座決められたスケジュールに沿って効率よく合格を目指せる。質問・課題添削サポートが含まれる。独学よりも受講料が高くなる。途中で勉強方法の変更ができない。
勉強方法のメリット・デメリット

主婦は保育士資格の勉強ができる時間が限られていて、保育士養成学校に通学する余裕はないケースが大半です。国家資格とはいえ、保育士資格の受験条件を満たしていれば独学・通信講座で合格を目指せることもおすすめポイントになります。

はじめて保育士試験の対策をする場合は、通信講座の活用がおすすめです。

主婦が家事・子育てをしながらでも取り組みやすく、スキマ時間を活用したメリハリのある勉強ができます。

保育士通信講座おすすめランキングを参考にして、負担を減らした環境で合格を目指しましょう。

独学と通信講座で40代・50代の主婦が合格を目指すならどっち?

主婦は保育士養成学校の通学よりも独学・通信講座の方が効率よく合格を目指せるため、2種類から選択がおすすめです。

独学と通信講座の違いやあなたのイメージに合った勉強方法を確認して、スムーズに合格を目指しましょう。

安い費用で勉強をするなら独学がおすすめ

できる限り安い費用で保育士資格の合格を目指すなら、通信講座よりも独学がおすすめです。

独学なら2,000円前後の参考書やYouTubeなどの無料動画で筆記・実技試験対策ができますが、おすすめの保育士通信講座は最安値でも9,680円(アガルート)になります。安さ重視で勉強するなら独学がおすすめと覚えておきましょう。

受講料が安いランキング
  • 1位 アガルート保育士講座:9,680円
  • 2位 フォーサイト保育士講座:26,800円〜
  • 3位 京進保育士講座:29,700円〜
  • 4位 キャリカレ保育士講座:41,900円31,900円※インターネット受講の場合
  • 5位 たのまな保育士講座:46,000円〜
  • 6位 三幸保育カレッジ保育士講座:46,200円
  • 6位 LEC東京リーガルマインド保育士講座:46,200円〜
  • 8位 ユーキャン保育士講座:59,000円
  • 9位 四谷学院保育士講座:79,800円
※注釈

※4位キャリカレはインターネット受講をした場合の受講料になります。
※受講料はキャンペーン等でランキング順位に変動も想定できますが、基本となる受講料で比較しているため参考価格としてご確認ください。

子育て経験が長い40代・50代主婦なら独学でも対策できる可能性

子育て経験が長い40代・50代主婦なら独学でも対策できる可能性

子育て経験が長い40代・50代主婦の場合は、独学でもスムーズに合格を目指せる可能性があります。

保育士資格の試験内容は、子どもの心理学や栄養・保育原理などの子育てに関連する内容も多く盛り込まれています。例えば、子育て経験の長い40代・50代主婦なら知っている知識や経験が多く、独学でも自信を持って試験対策がしやすいでしょう。

※40代・50代はあくまで例であり、年齢で合格が左右するされるわけではありません。

基礎から効率よく合格を目指すなら通信講座

子育てや保育士資格の勉強に自信がない場合は、基礎からマイペースに試験対策ができる通信講座がおすすめです。

特にスキマ時間を活用してメリハリのある勉強をしたい場合や途中で挫折する心配に懸念を感じていれば、通信講座で保育士資格を目指した方が効率よく合格を目指せるでしょう。

通信講座で保育士資格を目指すメリット

  • 基礎からマイペースに正しい知識が身に付く
  • 課題添削や質問で確認をしながら勉強ができる
  • 筆記と実技の両方の試験対策ができる
  • 合格までのスケジュール調整がしやすい

通信講座は独学よりも受講料が高くなるデメリットはありますが、充実したサポートや合格までの勉強スケジュールが明確になっています。保育士通信講座のおすすめランキングで比較をして、あなたの生活環境に最適な勉強方法を探してみましょう。

保育士資格を40代・50代の主婦が目指すおすすめステップ

保育士資格を主婦が目指す場合のおすすめステップを紹介します。

家事や子育てとの両立がしやすい勉強方法を考えて、無理のないスケジュールで合格を目指しましょう。

独学と通信講座で勉強方法を比較する

まずは、独学と通信講座でイメージに合った勉強方法を比較してみましょう。

独学は安い費用になるだけでなく、好きな教材でマイペースに勉強がしやすいです。一方で通信講座は、ゼロスタートでも基礎から効率よく、質問・課題添削などのサポートを受けながら合格を目指せます。

独学通信講座
費用
勉強方法参考書
YouTube
テキスト
映像講義
サポート
スキマ時間マイペースに無理なく勉強できる決められたスケジュールでコツコツ勉強できる
家事との両立
子育て経験豊富な経験があった方がスムーズに合格を目指せる子育て経験がなくても基礎からサクサク合格を目指せる
おすすめの人安い費用で好きな教材を活用して保育資格を目指したい主婦。子育て経験が豊富な方が挫折するリスクを減らせる。勉強が苦手でも基礎から保育士資格の試験対策をはじめる主婦。課題添削や質問で確認をしながらが安心できる。
独学と通信講座の比較

通信講座で保育士資格の試験対策をすれば必ず合格できるわけではありませんが、効率の良さや筆記・実技試験対策のサポートを考えると家事や子育てとの両立がしやすいです。

保育士資格を目指す勉強方法の優先順位や生活環境を考えて、負担の少ない試験対策を考えましょう。

通信講座ならおすすめ9種類から探してみる

保育士資格の試験対策を通信講座でする場合は、9種類の比較がおすすめです。

保育士資格おすすめ通信講座
  • キャリカレ保育士講座
  • フォーサイト保育士講座
  • たのまな保育士講座
  • ユーキャン保育士講座
  • アガルート保育士講座
  • 三幸保育カレッジ保育士講座
  • 四谷学院保育士講座
  • LEC東京リーガルマインド保育士講座
  • 京進保育士講座

中でもフォーサイトやキャリカレは、サポートや合格実績が充実していて主婦でもスキマ時間を活用した試験対策がしやすくなっています。保育士通信講座のおすすめ比較ポイントを確認して、家事や子育てと両立できる勉強方法を探してみましょう。

はじめて保育士試験の対策をする場合は、通信講座の活用がおすすめです。

主婦が家事・子育てをしながらでも取り組みやすく、スキマ時間を活用したメリハリのある勉強ができます。

保育士通信講座おすすめランキングを参考にして、負担を減らした環境で合格を目指しましょう。

※本記事内の料金はすべて税込表記です。
※本記事内では、消費者庁の「アフィリエイト広告等に関する検討会 報告書」及び景品表示法比較広告に関する景品表示法上の考え方」に則り、比較・広告紹介をしています。
※紹介している商品の購入や通信講座の申し込みをすると、売上の一部が運営会社に還元されることがあります。
※各情報などは公式サイト及び上記のサイトを参照しています。

※情報は作成・更新時の内容になるため、プラン改定などによって販売が中止・変更になっている場合があります。最新の情報は、各公式サイトよりご確認ください。
※マイ資格ナビで掲載している文章や画像などにつきましては、いかなる場合でも無断転載(キャプチャ画像をSNSなどに掲載含む)することを禁止します。無断転載をした場合は、予告なく法的措置等の適切な対応をいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次