スタディング司法試験・予備試験講座の評判は?合格率や口コミ・勉強方法まで詳しく解説【2024年対策】

スタディング司法試験・予備試験講座の評判は?合格率や口コミ・勉強方法まで詳しく解説

スタディング司法試験予備試験講座は、スマホ1台だけでスキマ時間を有効活用した試験対策ができると評判です。

最低でも2000時間以上の勉強が必要とされますが、マイ資格ナビ編集部が紹介している司法試験・予備試験おすすめ通信講座の中でも生活環境に合わせてメリハリある対策ができるスタディングは魅力に感じるでしょう。

一方で、スタディング司法試験・予備試験講座の評判や口コミ・合格までのイメージが分からないと悩んでいませんか。

スタディング司法試験・予備試験講座
この記事を読めば分かるポイント
  • 受講のヒントになるスタディング司法試験・予備試験講座の評判や口コミ
  • スタディング司法試験・予備試験講座の合格率や勉強スケジュール
  • スタディング司法試験・予備試験講座と比較したいおすすめ通信講座

本記事では、スタディング司法試験・予備試験講座の評判や口コミ・合格までの勉強スケジュールを詳しく紹介しています。

合格するまでのイメージや挫折なく勉強を継続できるか、本記事を参考にして受講のヒントにしてみましょう。

会員登録で無料講座を受けられる

≫スタディング司法試験・予備試験講座を詳しくみる

スタディング司法試験・予備試験講座に関する口コミ・評判

本記事内で紹介しているスタディング司法試験・予備試験講座は、法務省消費者庁国民生活センターが発信する情報を元に、マイ資格ナビ編集部(株式会社マイナビ出版マイナビブックス)がコンテンツ制作ポリシーに則り独自で作成しています。

本記事内では無料コンテンツを提供する目的で、プロモーション等に関する手数料の支払いを受けているものもあるため、気になる方はご注意ください。

※本記事内で紹介する口コミは個人の感想であり、誰もが同様の試験で合格・成果が出るわけではありません。
※本記事は2024年2月時点の情報を紹介しています。

目次

資格のキャリカレ
【スプリングキャンペーン】
ハガキ申込より最大50%OFF
※2/29(木)まで

2/29(木)まで
キャリカレおすすめキャンペーン

スタディング司法試験・予備試験講座の特徴

スタディング司法試験・予備試験講座の特徴
おすすめポイント
  • スマホを活用した勉強方法で合格を目指したい
  • 受講料が安い通信講座の方が安心して受講できる
  • 継続して勉強をする自信がなくて悩んでいる
通信講座スタディング
プラン①予備試験合格コース(基礎)
②予備試験合格コース(総合)
③予備試験合格コース(総合)個別指導付
④法科大学院生のための司法試験合格コース(総合)
受講料①89,100円
②128,000円
③398,000円
④129,900円
勉強スタイルWebテキスト
映像講義
合格者数不明
合格率不明
課題添削なし
サポート期間受講期間
サポート体制学習Q&Aサービス(①のみ有料)
合格お祝い制度

スタディング司法試験・予備試験講座は、スマホ1台だけで試験対策ができるため、ちょっとしたスキマ時間を有効活用して合格を目指せるプランです。

教材は過去の体験談や実績をもとに作られているため、頻出傾向の多い分野や苦手になりやすいポイントを重点的に対策ができる内容になっています。

初学者でもスマホだけで試験対策ができるため、勉強ハードルが低くてモチベーション維持がしやすいと評判です。

中でも3つのポイントを抑えれば、スタディング司法試験・予備試験講座の特徴が分かります。

  • スマホ1台だけで司法試験・予備試験の対策ができる通信講座
  • コンパクトにまとまっていて周回数がしやすい
  • 受講料が安いランキングで1位のおすすめプランがある

スマホ1台だけで司法試験・予備試験の対策ができる通信講座

スタディング最大のメリットは、スマホ1台だけで試験対策ができる勉強スタイルです。

司法試験・予備試験の対策は合計で2000時間以上は必要とされており、勉強環境が整わないとダラダラしてしまい集中力の低下につながります。

スマホで勉強をするメリット
  • 仕事や子育て・家事をしながらでもスキマ時間を有効活用できる
  • モチベーション維持がしやすく、長時間必要な場合でもメリハリある勉強ができる
  • 重要ポイントが分かりやすくて必要な知識を確認しやすい

スマホを活用してスキマ時間を有効活用すれば、出題範囲が広い短答式・論文式の両方で苦手意識を払拭した試験対策ができます。

例えば、仕事や子育てとの両立を目指す場合に急なスケジュールが入っても、気軽に勉強ができるスタディングなら調整をするストレスを軽減できるメリットに注目できます。

予備試験の短答式試験民法・商法・民事訴訟法、憲法・行政法、刑法・刑事訴訟法、一般教養科目
予備試験の論文式試験選択科目(倒産法・租税法・経済法・知財法・労働法・環境法・国際私法・国際公法から1科目選択)、民法・商法・民事訴訟法、憲法・行政法、刑法・刑事訴訟法、法律実務基礎科目
司法試験の短答式試験民法、憲法、刑法
司法試験の論文式試験選択科目(倒産法・租税法・経済法・知財法・労働法・環境法・国際私法・国際公法から1科目選択)、民法・商法・民事訴訟法、憲法・行政法、刑法・刑事訴訟法
司法試験・予備試験の出題範囲

コンパクトにまとまっていて周回数がしやすい

司法試験・予備試験対策は、周回数を繰り返して苦手科目を減らすことが短答式・論文式で合格する秘訣です。

スタディング司法試験・予備試験講座なら、1回の映像講義が30分程度にまとまっており、合格までのスケジュールを可視化できます。

合格者の口コミでもコンパクトにまとまっている教材を活用できて、メリハリのある試験対策ができると評判になっています。

コンパクトなので全体像を早くつかむことができ、すみやかに問題演習に移ることができました。
問題演習に移る際も理解度としては半分もいかない状態でしたが、その分アウトプットに早めに移行できたことで、どの知識をどのように使うのかを意識しながら勉強できるようになり良かったです。

スタディング公式サイト

周回数ができないと試験本番に自信を持って望めない受験生も多く、スタディングではインプットするだけでなく、心の余裕を持たせられるスケジュールも評判です。

受講料が安いランキングで1位のおすすめプランがある

スタディング司法試験・予備試験講座は、受講料が安いおすすめ通信講座ランキングで1位のプランがあります。

おすすめ司法試験・予備試験講座
受講料が安いランキング

通信講座選びは、プランの安さやスタディングの割引クーポンを活用したお得な時期の受講もおすすめな比較ポイントです。

独学よりは受講料は高くなりますが、他社の通信講座や予備校よりも安い受講料で司法試験・予備試験の対策ができることもスタディングの魅力の1つになります。

司法試験・予備試験講座の決め手がなくて悩んでいる場合は、受講料の安さも1つの検討材料にしてみると良いでしょう。

会員登録で無料講座を受けられる

≫スタディング司法試験・予備試験講座を詳しくみる

スタディング司法試験・予備試験講座の悪い評判や口コミ

スタディング司法試験・予備試験講座の悪い評判や口コミは2種類です。

  • スマホでの勉強に慣れていないと抵抗がある
  • 計画的なスケジュール調整をした方が安心

※スタディング司法試験・予備試験講座の無料講座を受講した体験談を紹介しています。

スマホでの勉強に慣れていないと抵抗がある

スタディング司法試験・予備試験講座は、スマホでの勉強が基本になるため、日常生活の中で活用頻度が少ない場合は抵抗を感じると評判です。

例えば、落ち着いた環境でじっくり時間をかけた勉強を想定している場合は、スタディングよりもアガルート資格スクエアがおすすめになります。

独学よりも重要ポイントが中心のコンパクトな勉強ができるとはいえ、最短でも1年近くは必要になるため、長期間の継続ができる環境を受講前に確認した方がギャップを防止できるでしょう。

スタディングでは無料会員登録をするだけで、実際の講義イメージを確認できるため、気になる場合は30秒で体験してみると良いでしょう。

計画的なスケジュール調整をした方が安心

Webテキストや映像講義で合格を目指すスタディング司法試験・予備試験講座は、課題添削などのサポートが含まれないため、スケジュール調整は自己管理になります。

例えば、アガルート司法試験・予備試験講座の場合は映像講義の閲覧スケジュールや決められたスケジュールに沿って試験対策をしますが、スタディングは自主性が求められます。

質問をしながら試験対策をしたい場合はおすすめしないですが、コンパクトな教材で自主的に確認をしながら合格を目指せる通信講座がスタディング司法試験・予備試験と評判です。

口コミに出やすいポイント
  • 合格までのスケジュール管理は自主性が求められる
  • 1回の講義ごとに勉強を進めると前向きに対策ができる
  • インプットとスマート問題集の確認バランスが重要

会員登録で無料講座を受けられる

≫スタディング司法試験・予備試験講座を詳しくみる

スタディング司法試験・予備試験講座の良い評判や口コミ

スタディング司法試験・予備試験講座の良い評判や口コミは3種類です。

  • 1回の勉強時間をコンパクトにしてメリハリある試験対策ができる
  • 仕事や家事との両立がしやすい通信講座
  • 他社の通信講座や予備校よりも受講料が安くて負担が少ない

はじめて司法試験・予備試験の試験対策をする場合は、3種類の評判を参考にしてみるとイメージしやすいでしょう。

1回の勉強時間をコンパクトにしてメリハリある試験対策ができる

スタディング司法試験・予備試験講座は、1回の勉強時間をコンパクトにできるため、メリハリのある試験対策ができると口コミで評判です。

スマホを活用した映像講義が中心になるスタディングは、1回あたり30分程度の講義で試験対策ができるため、集中力を維持したまま合格を目指せます。

予備試験合格には3000時間必要といわれていますが、僕はおそらく1000時間ほどしか勉強できていません。それでも合格するためには、複数の参考書や問題集に手を出さず、1つの演習書をひたすら回すこと、短答はスキマ時間に時間をかけずサクサク解いて繰り返すことを意識することが重要だと思います。

スタディング公式サイト

合格者の体験談でも独学と比較してコンパクトな時間で合格できた口コミも出ており、長期間の勉強を継続する自信がない場合におすすめな通信講座です。

初学者でも重要ポイントが分かりやすく、メリハリある環境で短答・論文の両方で抜け目ない試験対策ができると評判になっています。

仕事や家事との両立がしやすい通信講座

スキマ時間を活用した試験対策ができるスタディング司法試験・予備試験講座は、仕事や家事・子育てをしながらでも合格できた評判が出ています。

試験勉強だけに集中できる環境であれば良いですが、大半は日常生活の変化で費やせる時間に変化が生じてしまいます。

スタディング司法試験・予備試験講座は、仕事や家事との両立がしやすいため、限られた時間内で効率よく合格を目指せる通信講座と口コミで評判です。

仕事・育児と並行して試験勉強に取り組みました。

特に育児では想定外のことが起こりがちであっため、少しでもいいから「できるときにできるだけ」学習しようと意識し、可能な限り学習を継続できるように心掛けました。

このような状況下で、短時間で区切られているスタディングの講座はとても活用がしやすかったです。

学習フローに沿って学習すれば、どの順番で学習してけば良いのかがわかりますし、講義の内容を実際の過去問で復習・確認することにもなって良かったです。

また、論文講座では何をどこまで書けばよいのか、何を書かなくてよいのか、を学ぶことができました。

スタディング公式サイト

他社の通信講座や予備校よりも受講料が安くて負担が少ない

スタディング司法試験・予備試験講座は、他社の通信講座や予備校よりも受講料が安いプランがあるため、支払い面の負担が少ないと評判です。

おすすめ司法試験・予備試験講座
受講料が安いランキング

司法試験・予備試験講座は通信講座を受講したところからスタートになり、高い支払いをしたから必ず合格できるわけではないです。

勉強に集中できなければ意味がないため、予算内で無理なく受講ができるプランを選び、余計な不安を抱えることなく試験対策ができる通信講座選びが大切になります。

さらにスタディングでは、無料会員登録をするだけで実際の講義イメージを確認できるため、受講前にチェックしてみるとギャップを防止できるでしょう。

会員登録で無料講座を受けられる

≫スタディング司法試験・予備試験講座を詳しくみる

スタディング司法試験・予備試験講座で合格するまでの勉強スケジュール

スタディング司法試験・予備試験講座を活用して試験で合格する2つのポイントを紹介します。

  • 基本講座やスマート問題で基盤の知識を深める
  • セレクト過去問やAI問題復習で周回数を継続することが大切

勉強イメージができない場合は、2つのポイントを抑えれば明確になるでしょう。

基本講座やスマート問題で基盤の知識を深める

スタディング司法試験・予備試験講座のベースとなる科目知識は、基本講座で理解度を深めます。

予備試験の短答式試験民法・商法・民事訴訟法、憲法・行政法、刑法・刑事訴訟法、一般教養科目
予備試験の論文式試験選択科目(倒産法・租税法・経済法・知財法・労働法・環境法・国際私法・国際公法から1科目選択)、民法・商法・民事訴訟法、憲法・行政法、刑法・刑事訴訟法、法律実務基礎科目
司法試験の短答式試験民法、憲法、刑法
司法試験の論文式試験選択科目(倒産法・租税法・経済法・知財法・労働法・環境法・国際私法・国際公法から1科目選択)、民法・商法・民事訴訟法、憲法・行政法、刑法・刑事訴訟法
司法試験・予備試験の出題範囲

短答・論文両方の科目を初学者向けに解説しているだけでなく、集中力が維持されやすい30分程度の講義になっており、講師が例題をあげながら同じ目線で勉強をするスタイルです。

さらに、目標とする試験にフォーカスをして無駄を省いた勉強になるため、合格点を目指すスタイルでインプットを継続できます。

具体的な問題文の設問や資料の読み方及び整理の仕方、知識の使い方、さらに過去問の検討から、本試験が好む出題パターンをわかりやすく解説。独学では身につきにくい実戦的な論文対策を「問題読解→思考→答案作成」の一連の過程をフォームとして身に着けることができます。

スタディング公式サイト

セレクト過去問やAI問題復習で周回数を継続することが大切

基盤となるインプットができれば、練習モード・復習モード・本番モードと3つの練習問題・過去問練習で確認しながら合格を目指します。

スタディング司法試験・予備試験講座は、他社の通信講座と比較して、講義ごとに確認ができるメリットが特徴です。

試験本番を意識した試験対策
  • セレクト問題集:近年の司法試験/予備試験の近時の短答式重要過去問を厳選したオンライン問題集
  • AI問題復習:「前回間違えた問題」「この科目だけ」等の細かい条件設定ができる問題

確認が必要なポイントが明確になっているため、試験で出題されやすいポイントが分かりやすい通信講座がスタディング司法試験・予備試験講座です。

アウトプットのバランスを考慮した試験対策をしたい場合におすすめな司法試験・予備試験講座と覚えておきましょう。

会員登録で無料講座を受けられる

≫スタディング司法試験・予備試験講座を詳しくみる

スタディング司法試験・予備試験講座の合格実績や合格率

スタディング司法試験・予備試験講座の合格実績や合格率・実績を紹介します。

実績を見て比較したい場合は、合格率や合格者数を確認するとイメージが分かりやすいでしょう。

合格率や合格者数の公表はない

スタディング司法試験・予備試験講座は、合格率や合格者数の公表をしていないです。

スクロールできます
通信講座合格実績
スタディング公表なし
アガルート司法試験:636人(令和4年実績)
資格スクエア合格率:22.8%(令和4年実績)
伊藤塾司法試験:1,132人(令和4年実績)
LEC公表なし
司法試験・予備試験通信講座のサポート体制

合格者数や合格率を公表しているおすすめ司法試験・予備試験講座の中で、実績が充実している通信講座はアガルートです。

一方で、公式サイトで合格者の体験談を紹介しているため、実際に受講したイメージや合格に必要な時間・勉強方法を確認できます。

合格率や合格者数の公表はないですが、勉強イメージを把握した上で受講を判断できるでしょう。

受からないと考えるよりも万全の準備を想定する

スタディングだけでなく、通信講座を活用した試験対策をする場合は、合格までの全体像を把握した上で受講しないと短期間の勉強は難しいです。

基本講座でインプットをしてスマート問題集・セレクト過去問集でアウトプットを1セットとして試験対策ができるスタディングは、直前期の準備までイメージがしやすいメリットが評判になっています。

他にもアガルートは映像講義が中心の勉強スタイルになるため、スケジュール調整ができるので、初学者でも挫折するリスクを防止しやすいです。

合格できるか不安な場合は、合格までの全体像を可視化しやすい通信講座で試験対策をすると分かりやすいでしょう。

不安な場合は無料講座で勉強イメージの確認がおすすめ

スタディングの勉強イメージがイマイチ分からなくて不安な状況であれば、無料会員登録をすると実際の講義を確認できます。

サンプルではなく、受講後の講義を無料で確認できるため、継続した勉強をするイメージがしやすいです。

無料会員登録は30秒程度でできるだけでなく、しつこい電話勧誘がないので、余計なストレスや負担がかかる心配がないメリットがポイントになります。

会員登録で無料講座を受けられる

≫スタディング司法試験・予備試験講座を詳しくみる

スタディング司法試験・予備試験講座と比較したいおすすめ通信講座

スタディング司法試験・予備試験講座と比較したいおすすめ通信講座を紹介します。

はじめて司法試験・予備試験の対策をする場合は、複数の通信講座と比較してスムーズに合格を目指せる環境を選びましょう。

アガルートは合格率が充実して短期間で合格を目指せる

アガルート司法試験・予備試験・法科大学院入試対策講座は、豊富な合格実績が魅力で、映像講義を中心に合格を目指せるカリキュラムです。

短答式試験・論文式試験の双方に必要な法律の基本的な知識を身につけ、問題検討をしながらインプットを継続します。さらに論文過去問でアウトプットを繰り返し、合格までのスケジュールが明確でメリハリのある試験対策ができると評判です。

スタディングと比較して、合格実績を公表していて、紙のテキストや映像講義を活用した試験対策ができるメリットが特徴になります。

受講料の安さならスタディングがランキング1位

安い受講料で司法試験・予備試験通信講座を比較するならスタディングがおすすめです。

おすすめ司法試験・予備試験講座
受講料が安いランキング

通信講座や予備校は受講料が高いから合格率が上がるわけではなく、予算内で無理なく受講することも大切になります。

支払い面の負担を減らして、勉強に集中ができる通信講座で司法試験・予備試験の対策を進めましょう。

複数の司法試験・予備試験講座を比較すると理想の勉強環境が分かる

スタディングは受講料が安いランキング1位で、スキマ時間を活用した試験対策ができますが、他の通信講座と比較して判断した方が受講後のギャップを防止できます。

司法試験・予備試験は1年に1回しか受験できるチャンスがなく長期間の試験対策になるため、合格までの独学や複数の通信講座と比較して、ストレスを軽減して取り組める環境で合格を目指しましょう。

≫司法試験・予備試験おすすめ通信講座はこちら

スタディング司法試験・予備試験講座に関するよくある質問

スタディング司法試験・予備試験講座に関するよくある質問を紹介します。

スタディング司法試験・予備試験講座の合格率はどのくらいですか?

スタディングでは、合格率や合格者数の公表をしていないです。

一方で、公式サイトで合格者の体験談を紹介しているため、勉強イメージを確認した上で受講の判断ができます。

スタディングはどのような人が受講していますか?

スキマ時間を有効活用して試験対策をしたい場合や1回の勉強時間をコンパクトにしたい場合におすすめです。

さらに受講料が安いプランがあるため、支払い面の負担を減らすことができるでしょう。

スタディング司法試験・予備試験講座の勉強方法を教えてください。

スマホやタブレット・パソコンなどで活用できるWebテキストや映像講義が基本の勉強方法になります。

落ち着いた環境でなくても気軽に勉強ができるため、限られた時間で試験対策をしたい場合におすすめです。

どのくらいの期間で合格できますか?

個人差はありますが、初学者だと最低でも1000時間以上の勉強をしないと合格は難しいとされています。

スタディング司法試験・予備試験講座を活用した場合でも、1年近い勉強期間は必要と覚えておきましょう。

スタディング司法試験・予備試験講座の受講条件はありますか?

いいえ、誰でも受講ができます。

一方で、司法試験・予備試験の受験には条件があるため注意しましょう。

勉強のイメージが分からないと受講して良いか判断できません。

スタディングでは、無料会員登録をするだけで実際の講義イメージを確認できます。

受講後の勉強内容が分からない場合は30秒で無料会員登録をしてみると良いでしょう。

会員登録で無料講座を受けられる

≫スタディング司法試験・予備試験講座を詳しくみる

※本記事内の料金はすべて税込表記です。
※本記事内では、消費者庁の「アフィリエイト広告等に関する検討会 報告書」及び景品表示法比較広告に関する景品表示法上の考え方」に則り、比較・広告紹介をしています。
※紹介している商品の購入や通信講座の申し込みをすると、売上の一部が運営会社に還元されることがあります。
※各情報などは公式サイト及び上記のサイトを参照しています。

※情報は作成・更新時の内容になるため、プラン改定などによって販売が中止・変更になっている場合があります。最新の情報は、各公式サイトよりご確認ください。
※マイ資格ナビで掲載している文章や画像などにつきましては、いかなる場合でも無断転載(キャプチャ画像をSNSなどに掲載含む)することを禁止します。無断転載をした場合は、予告なく法的措置等の適切な対応をいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次