社会保険労務士(社労士)はやめとけ・悲惨と言われる理由は?今後の需要や現実的な年収を調査!

社会保険労務士(社労士)はやめとけ・悲惨と言われる理由は?今後の需要や現実的な年収を調査!

×
初学者向け合格実績が豊富な通信講座!

社会保険労務士(社労士)は合格率は6〜8%程度の難易度が高い国家資格ですが、「社会保険労務士(社労士)はやめとけ」「社会保険労務士(社労士)は悲惨」と聞くと、本当に目指して良いのか分からないですよね。

そこで本記事では、社会保険労務士(社労士)はやめとけ・悲惨と言われる理由や将来的な需要を詳しく紹介しています。

はじめて社会保険労務士(社労士)の試験対策をする場合は、将来的な働き方をイメージした上で合格を目指しましょう!

初学者でも合格を目指せる!

社会保険労務士(社労士)やめとけと言われることを想定して、理由や原因の例を紹介しています。受験や就職活動のミスマッチを防止するための記事内容になっており、社会保険労務士(社労士)を否定しているわけではないことをご了承ください。

目次

資格のキャリカレ
【スプリングキャンペーン】
ハガキ申込より最大50%OFF
※2/29(木)まで

2/29(木)まで
キャリカレおすすめキャンペーン

社会保険労務士(社労士)はやめとけ・悲惨と言われる理由5選

社会保険労務士(社労士)はやめとけ・悲惨と言われる理由は5つ予測できます。

はじめて社会保険労務士(社労士)の試験対策をする場合やネガティブな口コミを聞いて不安に感じる人は、5種類の理由を参考にしてみてください。

必要な勉強時間が長くて挫折する可能性が高い

1つ目の社会保険労務士(社労士)はやめとけ・悲惨と言われる理由は、必要な勉強時間が長くて挫折する可能性が高いためです。

独学だと800時間以上の勉強必要とされている社会保険労務士(社労士)試験の対策は、1日2時間の勉強をした場合でも1年半程度継続する必要があります。

仕事や子育てをしながら試験対策をする場合は、限られた時間を勉強に費やす必要があるため、仕事として社会保険労務士(社労士)で働く前に心が折れてしまう人は少なくありません。

勉強時間の長さに注意!
  • 独学だと800時間以上の勉強が必要とされている
  • 1日2時間の勉強なら1年半、1日1時間なら2年半の勉強が目安
  • 仕事で働く前に気持ちが折れてしまうリスクが高い
  • 勉強時間の長さから社会保険労務士(社労士)はやめとけと評判

社会保険労務士(社労士)だけではないですが、将来的な活躍をイメージしながら勉強ができないと心が折れる可能性があります。資格の勉強をする前に、メンタルケアの部分を考慮してチャレンジしましょう!

独学が難しければ通信講座・予備校の受講料がかかる

2つ目の社会保険労務士(社労士)はやめとけ・悲惨と言われる理由は、独学が難しければ通信講座・予備校の受講料がかかるためです。

通信講座や予備校は独学にはない質問や課題添削などのサポート体制が含まれますが、支払い面の負担が大きくなるデメリットに注意しなくてはなりません。

マイ資格ナビ編集部が紹介している社労士おすすめ通信講座の受講料が安いランキングで比較しても、最安値はスタディング社労士講座:46,800円〜です。

受講料が安いランキング

独学で勉強をすれば支払い面の負担は減りますが、正しい理解や質問・課題添削などのサポートが含まれないため、初学者は一発合格が難しい可能性が高いです。

社会保険労務士(社労士)を目指す前に、支払い面の負担や予算を決めないと余計なストレスがかかることからやめとけと評判になるのでしょう。

通信講座は受講料が高いから良いわけではなく、あなたとの相性が良い教材選びが重要です。無理のない範囲で予算を決めた上でチャレンジしましょう!

合格率が低くて1回で合格できるか分からない

3つ目の社会保険労務士(社労士)はやめとけ・悲惨と言われる理由は、合格率が低くて1回で合格できるか分からないためです。

社会保険労務士(社労士)の合格率は6〜8%程度になるため、100人中6〜8人程度しか合格しない割合になります。

社会保険労務士法独占業務ができる社会保険労務士(社労士)は、試験難易度が高い一方で仕事の需要が高いメリットが特徴です。

しかし、独学なら800時間以上の勉強が必要な難易度になるため、1回で合格できる可能性の方が低いでしょう。

合格した後の需要や強みとして活かせるメリットはありますが、勉強が苦手な場合や初学者の場合は難易度を理解した上で対策しないと挫折するリスクがあるでしょう。

社会保険労務士(社労士)は国家資格の中でも難易度が高いです。1年で合格できると考えずに、時間をかけて合格を目指した方がメンタル面の余裕は生まれますよ!

求人募集には限りがある

4つ目の社会保険労務士(社労士)はやめとけ・悲惨と言われる理由は、求人募集には限りがあるためです。

社会保険労務士(社労士)は、企業勤務型や独立開業型・副業型の3種類から働き方を選べますが、就職活動が目的の場合は企業勤務型が基本スタイルになります。

企業勤務型企業に勤務しながら社会保険労務士の役割を果たす
独立開業型社会保険労務士事務所を立ち上げ、あなた自身が代表として活動する
副業型本業とは別に社会保険労務士として働く
3種類の社会保険労務士(社労士)

試験で合格した後は、企業勤務型で働くスタイルが通常になりますが、求人募集の数は限りがあることに注意が必要(参照:マイナビ転職)です。

例えば、営業職や事務職のように複数人の採用とは異なり、1社1人または数人程度の求人が基本になります。

1年間で2,000人前後の合格者が出ている社会保険労務士(社労士)になるため、せっかく試験で合格できても希望条件で必ず採用されるわけではありません

条件面にこだわりがある場合は納得のできる職場と出会わない可能性もあり、悲惨な思いをする人も少なくないでしょう。

求人募集の限り社会保険労務士(社労士)だけではないですが、こだわりがある場合は悲惨に感じるリスクも想定しなければなりません。試験の合格を目指しつつ、条件面を考慮すると良いですよ!

勉強時間の割に年収が見合わない場合がある

5つ目の社会保険労務士(社労士)はやめとけ・悲惨と言われる理由は、勉強時間の割に年収が見合わない場合があるためです。

独学だと800時間以上の勉強が必要とされる社会保険労務士(社労士)は、1日2時間の勉強なら1年半程度の継続が必要とされています。

社会保険労務士(社労士)の平均年収は780.9万円程度(参照:令和4年賃金構造基本統計調査)が目安になりますが、必ず平均以上の収入を得られるわけではありません。

試験で合格するために必要な勉強時間が長い分、社会保険労務士(社労士)は割に合わないと感じる声も出ているため、やめとけと言われるのでしょう。

社会保険労務士(社労士)だけでなく、長時間の勉強が必要とされる資格は合格した後の働き方や収入面を理解した上で目指した方がギャップを防止できます。合格するだけでは意味がないため、社会保険労務士(社労士)の平均年収も参考にしてみましょう!

初学者でも合格を目指せる!

社会保険労務士(社労士)はやめとけ・悲惨と言われる評判の対策

社会保険労務士(社労士)はやめとけ・悲惨と言われる評判の対策は3つです。

せっかく合格率は6〜8%程度の社会保険労務士(社労士)試験に合格できても、納得できる環境で働けないと意味がありません。

ギャップを防止するために、社会保険労務士(社労士)はやめとけ・悲惨と言われる評判の対策を確認しましょう。

効率よく合格を目指せる環境を見つける

1つ目の社会保険労務士(社労士)はやめとけ・悲惨と言われる評判の対策は、効率よく合格を目指せる環境を見つけることです。

社会保険労務士(社労士)の試験対策は独学だと800時間以上の勉強が必要とされていますが、効率よく対策ができる環境を見つけないと目安以上の勉強が必要になります。

主な社会保険労務士(社労士)の試験対策をする方法は2つです。

  • 独学で参考書を活用した試験対策
  • 通信講座や予備校を活用した試験対策

2種類のメリット・デメリットを紹介します。

独学で参考書を活用した試験対策

独学なら好きな教材を活用して、通信講座や予備校よりも安く試験対策ができるメリットがあり、マイペースに合格を目指したい人向けの勉強方法です。

800時間の勉強は独学をもとに計算されており、勉強を継続する自身があればおすすめな試験対策になります。

一方で、質問や課題添削などのサポートは含まれないため、勉強を継続する自信がなければ独学よりも通信講座がおすすめです。

通信講座や予備校を活用した試験対策

通信講座や予備校で社会保険労務士(社労士)の試験対策をする場合は、独学よりも受講料は高くなりますが、合格者の体験談をもとに効率よく勉強ができるスケジュールが組まれています。

独学の場合は800時間程度の勉強が必要とされていますが、通信講座なら1日1時間程度の勉強を3ヶ月継続するだけでも合格を目指せるプランもあります。

さらに質問や課題添削などのサポートも含まれているため、独学で合格を目指す自信がない場合や短期間でメリハリある試験対策をするなら通信講座で社会保険労務士(社労士)の合格を目指しましょう。

勉強方法の相性は生活環境によって異なります。効率よく合格を目指すなら、通信講座がスムーズな試験対策ができますよ!

初学者でも合格を目指せる!

年収や求人募集の条件をあらかじめ確認する

2つ目の社会保険労務士(社労士)はやめとけ・悲惨と言われる評判の対策は、年収や求人募集の条件をあらかじめ確認することです。

社会保険労務士(社労士)は21,780人程度(参照:令和2年国勢調査)が働いているとされていますが、企業勤務型を想定している場合は希望する職場の求人情報を確認した方がイメージ通りの仕事ができます。

社会保険労務士(社労士)の求人情報をチェック!

社会保険労務士(社労士)の求人情報は、マイナビ転職などの転職サイトやハローワークなどで調べることができます。

情報は都度更新されますが、給与・勤務地・働き方などの条件などから調べられることが多いため、試験対策をする前にイメージすると分かりやすいでしょう。

社会保険労務士(社労士)に限った話ではないですが、資格を取得した後のイメージが分からないとやめとけと言われるのは自然な流れです。

独学だと800時間程度の勉強が必要な社会保険労務士(社労士)は難易度が高い国家資格になるため、せっかく合格できてもイメージとのギャップが大きいと悲惨な結果になります。

勉強を始める前に、社会保険労務士(社労士)の働き方や求人情報・需要を確認した上で合格を目指すと良いでしょう。

将来的な独立・開業も視野に入れる

3つ目の社会保険労務士(社労士)はやめとけ・悲惨と言われる評判の対策は、将来的な独立・開業も視野に入れることです。

社会保険労務士(社労士)は、企業勤務型・独立開業型・副業型の3種類に分類できますが、あなた自身が事務所を開業する方法も選択肢として考えた方が視野が広がります。

企業勤務型企業に勤務しながら社会保険労務士の役割を果たす
独立開業型社会保険労務士事務所を立ち上げ、あなた自身が代表として活動する
副業型本業とは別に社会保険労務士として働く
3種類の社会保険労務士(社労士)

とはいえ、独立開業型の働き方にはデメリットもあるため、リスクを考慮した上でチャレンジしないとトラブルになる可能性が高いです。

メリット
デメリット
  • 平均編集よりも高い収入が見込める
  • 好きな働き方で仕事ができる
  • 独占業務ができる社会保険労務士(社労士)のスキルを活かしやすい
  • 安定した仕事ができる保証がない
  • 取引先が決まらないと仕事がない
  • 個人活動する場合はメンタルケアや事務処理が大変

例えば、平均年収よりも高い収入を目指したい場合や個人活動に抵抗がなければ独立開業型がおすすめで、企業勤務型や副業型との相性が悪い場合の選択肢としても考えられます。

社会保険労務士(社労士)を目指す前に将来的な目標の1つとして考えてみると、悲惨な評判を払拭できるようになるでしょう。

初学者でも合格を目指せる!

社会保険労務士(社労士)はやめとけ・悲惨の評判に関する知恵袋

社会保険労務士(社労士)はやめとけ・悲惨と言われる評判は知恵袋でも質問や回答が紹介されています。

知恵袋の質問や回答例

知恵袋では、社会保険労務士(社労士)に関する働き方や就職活動・勉強方法など、さまざまな角度から疑問に感じる質問が投稿されています。

とはいえ、社会保険労務士(社労士)の働き方や仕事環境には個人差があり、待遇面ややりがいなどの求めていることも異なります。

社会保険労務士(社労士)をやめといた方がいいと言われている知恵袋の声も1つの意見として参考にして、あなたが納得できる環境で活躍できるようにしましょう。

社会保険労務士(社労士)の現実的な年収イメージ

社会保険労務士法を活用した独占業務ができる社会保険労務士(社労士)は、年収の目安がしやすく、収入面の目標を立てやすいことも特徴です。

目標とする収入イメージを想定した上で勉強をした方がギャップを防げてモチベーションが上がるため、将来像を想定してみましょう。

企業勤務型(雇用される場合)の現実的な年収イメージ

企業勤務型(雇用される場合)の現実的な年収は、400〜600万円程度が予測できます。

社会保険労務士(社労士)の全体的な平均年収は780.9万円程度(参照:令和4年賃金構造基本統計調査)が目安になりますが、企業勤務型の場合は独立開業型よりも低い求人が多いため、400〜600万円程度を想定すると良いです。

年収400万円は30代以上(男女)の年収(参照:国税庁)が該当しており、安定した収入を得るためには十分と感じる人が多いでしょう。

一方で、独立開業型よりは収入面が劣るため、目標とする収入イメージとの乖離がないように理解することが重要です。

企業勤務型は、安定した収入が得られるメリットはありますが、独立開業型と比較して収入面は低くなる可能性があると覚えておきましょう。

独立開業型(独立・開業する場合)の現実的な年収イメージ

独立開業型(独立・開業する場合)の現実的な年収は、500〜1000万円程度が予測できます。

独立開業型は、あなたが事務所を持って社会保険労務士(社労士)の個人活動が基本になりますが、継続的に依頼を受けるクライアントが複数あれば収入面は大幅に伸びる可能性が高いです。

一方で企業勤務型と比較して、仕事が安定できる可能性は低くなるため、悲惨な状態になるリスクがあることを理解しなければなりません。

平均年収を超える大きな収入を目標にする場合は、独立開業型を目指した方が良いですが、継続的な依頼を受けられるように信頼される社会保険労務士(社労士)を目指しましょう。

初学者でも合格を目指せる!

社会保険労務士(社労士)の今後の需要や将来性

社会保険労務士(社労士)は、将来的な需要も高く、安定した仕事を受けやすいと予測できます。

最大のメリットとしては、社会保険労務士法をもとに企業や個人事業における人事労務管理業務ができるため、働き方改革を目指す企業を中心に需要が高いことです。

社会保険労務士(社労士)の仕事例
  • 労働社会保険諸法令に基づく申請書等の作成や手続代行
  • 労働社会保険諸法令に基づく帳簿書類等の作成
  • コンサルティング業務 など

つまり、日本国内の企業が増えれば増えるほど社会保険労務士(社労士)の仕事が増加するため、将来的な需要も高いと予測できます。

人無くして企業は成り立たないため、社会保険労務士(社労士)の需要は高く、将来的にも多くの仕事を請け負うことになるでしょう。

社会保険労務士(社労士)を目指すメリットとデメリット

社会保険労務士(社労士)を目指すメリットとデメリットは以下の通りです。

はじめて社会保険労務士(社労士)を目指す場合は、スキルのイメージや資格の活かし方を想定した上で勉強すると良いでしょう。

独占業務ができる国家資格を取得できる

社会保険労務士(社労士)は、国家資格の中でも独占業務ができるため、専門的な仕事を請け負うことができるメリットが特徴です。

例えば、労働社会保険諸法令に基づく申請書等の作成や手続代行ができるのは社会保険労務士(社労士)のみになるため、該当の求人募集に応募しやすくなります。

  • 営業職や事務職:資格の有無は問わない求人が多い
  • 社会保険労務士(社労士):試験で合格していないと採用できない

社会保険労務士(社労士)はやめとけという評判も出ていますが、独占業務ができる仕事は限られているため、就職活動が目的であれば資格を目指すメリットは大きいでしょう。

やめとけなどの評判が出る前に、資格を取得できないと働くことができません。安定的な仕事を目指したい場合は、社会保険労務士(社労士)を目指すメリットはありますよ!

収入アップやキャリアアップ・新しいチャレンジができる

企業勤務型・独立開業型・副業型と3種類の働き方で活躍できる社会保険労務士(社労士)ですが、事務所を開業して個人活動をすれば平均年収よりも大幅に収入が増える可能性が高いです。

全体的な平均年収は780.9万円程度(参照:令和4年賃金構造基本統計調査)が目安になり、収入面を考慮すると800時間以上費やして勉強をするメリットがあります。

社会保険労務士(社労士)の仕事は独占業務が中心になりますが、人付き合いや営業・コミュケーションなど多方面のスキルが求められますが、安定的な収入は見込める仕事と覚えておきましょう。

独立・開業をして自由な働き方を目指せる

一般的な企業に勤めていると就業規則や働き方の条件はありますが、社会保険労務士(社労士)として独立・開業できれば自由に働くこともできます。

独立や開業をするとクライアント中心の仕事スタイルにはなりますが、就業規則や働き方はあなた自身が選択できるため、周りに合わせる必要がなくなります。

一方で、安定的な収入を得るためには営業力やコミュニケーション力も問われるため、純粋な技術面以外の部分のスキルも求められます。

企業勤務型の経験を得てから独立・開業するパターンが一般的ですが、自由に働けることも社会保険労務士(社労士)を目指すメリットです。

独立・開業も視野に入れることができるメリットがあります。社会保険労務士(社労士)の魅力の1つとして考えると良いですよ!

社会保険労務士(社労士)の試験に合格しても必ず就職が約束されるわけではない

社会保険労務士(社労士)は、1年に1回しか受験ができない上に合格率は6〜8%になる難関資格の1つですが、試験で合格できても必ず就職できるわけではありません

スクロールできます
実施年度申込者数受験者数合格者数合格率
令和5年度53,29242,7412,7206.4%
令和4年度52,25140,6332,1345.3%
令和3年度50,43337,3062,9377.9%
令和2年度49,25034,8452,2376.4%
令和元年度49,57038,4282,5256.6%
参照:厚生労働省

国家資格で合格ができた場合でも、条件に当てはまる求人に応募できるだけであり、必ずしも将来の安定を約束されているわけではないです。

働き方のイメージができていないと、合格するだけで満足してしまうリスクもあることを覚えておくと良いでしょう。

せっかく社会保険労務士(社労士)の試験で合格できても、納得できる職場の就職活動で成功できないと意味がないです。働き方のイメージも考えた上でチャレンジすると良いですよ!

初学者でも合格を目指せる!

社会保険労務士(社労士)はやめとけ・悲惨の評判は気にしない方が良い人

社会保険労務士(社労士)は5つの理由からやめとけ・悲惨などの評判が出ていると予測できますが、おすすめな人は3種類です。

試験対策をする前に、社会保険労務士(社労士)として働くイメージができない場合はおすすめな人を参考にしてみてください。

800時間以上の勉強を継続する自信がある

1つ目の社会保険労務士(社労士)はやめとけ・悲惨の評判は気にしない方が良い人は、800時間以上の勉強を継続する自信がある人です。

初学者が独学で勉強する場合は800時間以上が必要とされていますが、1日2時間でも1年半以上を継続するペースになります。

さらに合格率は6〜8%程度になるため、1回の受験で必ず合格できる保証はないです。

試験の合格だけでもハードルは高いですが、モチベーションを維持しつつ、就職活動や将来性も考えられる人は社会保険労務士(社労士)がおすすめになります。

数字に強くて事務関連の仕事に抵抗を感じない

2つ目の社会保険労務士(社労士)はやめとけ・悲惨の評判は気にしない方が良い人は、数字に強くて事務関連の仕事に抵抗を感じない人です。

社会保険労務士(社労士)の仕事は、労働社会保険諸法令に基づく申請書等の作成や手続代行や労働社会保険諸法令に基づく帳簿書類等の作成・コンサルティング業務などが中心で、企業の収益や収入と支出のバランスなどの数字面で強くなる必要があります。

企業のアドバイザーとしての役割が中心になるため、数字面に抵抗がない人は社会保険労務士(社労士)の仕事が向いている可能性が高いです。

エビデンスを持って、数字周りの提案も社会保険労務士(社労士)としての役割です。事務仕事も多いため、抵抗を感じない人はおすすめですよ!

独立・開業や人とのコミュニケーションをとることが好き

3つ目の社会保険労務士(社労士)はやめとけ・悲惨の評判は気にしない方が良い人は、独立・開業や人とのコミュニケーションをとることが好きな人です。

社会保険労務士(社労士)は、独立や開業も目指せる役割になるため、仕事の幅が広いメリットが魅力になります。

そのため、各企業の経営者や担当者など複数の人との関わりがあり、営業力やコミュニケーション力が問われます。

例えば、個人で完結する作業を好む場合は、社会保険労務士(社労士)の仕事はストレスに感じる可能性が高いです。

試験対策をする前に、社会保険労務士(社労士)の役割や仕事内容を正しく理解するとギャップを防げるでしょう。

初学者でも合格を目指せる!

社会保険労務士(社労士)はやめとけ・悲惨の評判を注意した方が良い人

社会保険労務士(社労士)はやめとけ・悲惨などのネガティブな評判を注意した方が良い人は2種類です。

はじめて社会保険労務士(社労士)を目指す場合は、ギャップを防ぐためにポイントを抑えておきましょう。

難易度の高い試験の対策をする自信がない

合格率が6〜8%の社会保険労務士(社労士)は、国家資格の中でも難易度が高い部類に含まれ、さらに労働基準法や労働安全衛生法・雇用保険法など、法律に関する専門的な知識が問われます。

独学の勉強時間は800時間程度とされており、長期間の試験対策を継続できないと一発合格は難しく、挫折する可能性が高いです。

そのため長期間の勉強が苦手な人や初学者の場合は、社会保険労務士(社労士)の試験で必要な知識や科目を把握した後で判断しなければ、やめておいた方が良いでしょう。

社会保険労務士(社労士)の試験範囲
  • 労働基準法
  • 労働安全衛生法
  • 労働者災害補償保険法
  • 雇用保険法
  • 労働保険の保険料の徴収等に関する法律
  • 労務管理その他の労働に関する一般常識
  • 健康保険法
  • 厚生年金保険法
  • 国民年金法
  • 社会保険に関する一般常識

受験生によっては2年・3年と勉強期間がかかる場合もあり、余裕のある勉強スケジュールで対策した方が挫折する心配を防げます。

独学と社労士おすすめ通信講座ランキングを比較して、相性の良い教材や勉強方法で合格を目指すと良いでしょう。

年収の高い仕事をする目的で社会保険労務士(社労士)を目指している

社会保険労務士(社労士)は、試験で合格するだけでは必ず高収入を得られるわけではありません

働き方も企業勤務型・独立開業型・副業型の3種類に分類でき、年収や給与形態が異なるため、年収の高い仕事だけを目的にしている場合はギャップから悲惨に感じる可能性が高いです。

全体的な平均年収は780.9万円程度(参照:令和4年賃金構造基本統計調査)が目安になりますが、働き方によって収入面が異なるため、年収よりも仕事のやりがいや魅力を優先的に考えた方が良いでしょう。

初学者でも合格を目指せる!

社会保険労務士(社労士)はやめとけ・悲惨の評判に関するよくある質問

社会保険労務士(社労士)はやめとけ・悲惨の評判に関するよくある質問を紹介します。

試験対策をする前に、社会保険労務士(社労士)のイメージやギャップを防止した上でチャレンジしましょう。

社会保険労務士(社労士)はやめとけ・悲惨の評判が出る理由はなんですか?

社会保険労務士(社労士)はやめとけ・悲惨の評判が出る理由は5つ予測できます。

合格することだけを目標にすると、イメージとの乖離が生じる可能性が高いため、仕事としての働き方も想定した上で合格を目指すと良いでしょう。

社会保険労務士(社労士)の年収はどのくらいですか?

全体的な平均年収は780.9万円程度ですが、企業勤務型や独立開業型・副業型の3種類から選べるため、働き方や状況によって収入は異なります。

あくまで1つの目安として確認して、平均年収を確認すると良いでしょう。

社会保険労務士(社労士)はやめとけ・悲惨の評判に関する対策がありますか?

社会保険労務士(社労士)はやめとけ・悲惨の評判に関する対策は3つです。

試験で合格するだけで満足したら意味がなく、将来的な働き方やイメージを想定した上でチャレンジしましょう。

社会保険労務士(社労士)の需要はありますか?

社会保険労務士(社労士)は、社会保険労務士法を活用した独占業務ができます。

企業ごとに需要は異なりますが、社会保険労務士(社労士)でないとできない仕事の種類は多いため、将来的な需要も高いでしょう。

社会保険労務士(社労士)の試験対策は何がおすすめですか?

社会保険労務士(社労士)の試験対策は、独学と通信講座の2種類から選べます。

独学は通信講座よりも安く、好きな教材を活用して勉強はできますが、800時間程度の対策が目安になります。

一方で通信講座は、独学よりも受講料が高いデメリットはありますが、重要ポイント中心の勉強ができてコンパクトな試験対策が可能です。

さらに質問や課題添削などのサポートが含まれる通信講座が多いため、挫折する心配を減らして合格を目指せるでしょう。

初学者でも合格を目指せる!

※本記事内の料金はすべて税込表記です。
※本記事内では、消費者庁の「アフィリエイト広告等に関する検討会 報告書」及び景品表示法比較広告に関する景品表示法上の考え方」に則り、比較・広告紹介をしています。
※紹介している商品の購入や通信講座の申し込みをすると、売上の一部が運営会社に還元されることがあります。
※各情報などは公式サイト及び上記のサイトを参照しています。

※情報は作成・更新時の内容になるため、プラン改定などによって販売が中止・変更になっている場合があります。最新の情報は、各公式サイトよりご確認ください。
※マイ資格ナビで掲載している文章や画像などにつきましては、いかなる場合でも無断転載(キャプチャ画像をSNSなどに掲載含む)することを禁止します。無断転載をした場合は、予告なく法的措置等の適切な対応をいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次