宅建士やめとけと言われる理由は?不動産の仕事がキツい5つの原因と対策を詳しく紹介

宅建士やめとけと言われる理由は?不動産の仕事がキツい5つの原因と対策を詳しく紹介

×
初学者向け合格実績が豊富な通信講座!

  • 宅建士やめとけと言われる理由は?
  • 今すぐできる宅建士やめとけの対策は?
  • 不動産の仕事がキツい原因や対策はある?

合格率15%前後の宅建士(宅地建物取引士)の登録人数は約113万人(国土交通省:令和4年3月末時点)になり、専門職の中でも人気の国家資格です。

一方で、宅建士に興味はあるけど、やめとけとインターネット検索に出てきて本当に目指して良いのか分からないと悩んでいませんか。

この記事で分かるポイント
  • 宅建士はやめとけと言われる理由は全部で5種類ある
  • 不動産を中心とした宅建士が活躍する仕事は体力勝負が多い
  • 宅建士の目的を明確にした方がやめとけと言われない
  • 宅建士の仕事がブラックと聞いたら対策したいポイントは3つ

そこで本記事では、宅建士やめとけと言われる理由と対策・不動産業がブラックな仕事が多い評判のポイントを詳しく紹介しています。

宅建士に興味はあるけど、やめとけと言われて悩んでいる場合は参考にしてみてください。

宅建士やめとけと言われることを想定して、理由や原因の例を紹介しています。受験や就職活動のミスマッチを防止するための記事内容になっており、宅建士を否定しているわけではないことをご了承ください。

目次

資格のキャリカレ
【スプリングキャンペーン】
ハガキ申込より最大50%OFF
※2/29(木)まで

2/29(木)まで
キャリカレおすすめキャンペーン

宅建士はやめとけと言われる5つの理由と原因を紹介

宅建士やめとけと言われる理由と原因は以下の5つが想定されます。

宅建士やめとけと言われる理由
  • 宅建士の職種や仕事内容がハードでやめとけと言われる
  • 不動産業界は残業が多くて体力勝負だから宅建士はやめとけと言われる
  • 電話や飛び込み営業に慣れていないと宅建士はやめとけと言われる
  • 社内の闘争心や人間関係のトラブルになるから宅建士はやめとけと言われる
  • 視野が狭くなるから宅建士はやめとけと言われる

共通して、宅建士を目指す前に理解しておけばやめとけと言われても対策ができる理由になるため、本記事で対策をすればイメージとの乖離は避けられます。

合格するためには10月の宅建士試験までに200時間以上の勉強が必要とされるため、不安を解消して対策に集中できるようにしましょう。

宅建士の職種や仕事内容が特殊でやめとけと言われる

宅建士の職種や仕事内容が特殊でやめとけと言われる

宅建士は、仕事内容がハードでやめとけと言われるケースが多いです。

不動産業を中心に活躍する宅建士は、独占業務ができることがメリットで、賃貸・売買問わず必ず1名以上は在籍しています。

  • 契約締結前に実施する重要事項の説明
  • 重要事項説明書面(35条)の記名
  • 契約内容を記した書面(37条)の記名

宅建士独占の仕事内容は、貸主・借主との契約に関わる業務になるため、自分一人で完結できない懸念事項があります。

例えば、宅建士の知識が充実しているだけで仕事が通用するわけではなく、貸主との円滑なコミュニケーション力も求められるので知識だけが充実しても通用しないです。

宅建士に求められるスキル
  • 宅建業法などの専門知識や宅建士の適切な独占業務
  • テレアポや飛び込みなどのスムーズな営業や商談対応
  • 貸主・借主が求めているニーズに適した物件紹介
  • 貸主・借主との円滑なコミュニケーションや進行

一概に1つの業務だけを遂行するわけではなく、不動産業などで関わる仕事の範囲が広いことから宅建士はやめとけと言われるケースが多いです。

国家資格が必要な専門職に就いた場合でも、人との関わりが多い仕事であれば覚える知識量や現場での経験が必要になると覚えておきましょう。

不動産業界は残業が多くて体力勝負だから宅建士はやめとけと言われる

不動産業界は残業が多くて体力勝負だから宅建士はやめとけと言われる

多くの宅建士が就職先として選ぶ不動産業は、離職率が8.3%(厚生労働省:令和4年上半期雇用動向調査結果の概況)で、他の業種・業界よりも高い傾向があります。

離職率の具体例

  • 宿泊業・飲食サービス業:15.0%
  • 教育・学業支援業:12.2%
  • 不動産業・物品賃貸業:8.3%

※引用:令和4年上半期雇用動向調査結果の概況

原因として挙げられるのは、勤務形態や貸主・借主に合わせた時間調整が必要になるため、体力勝負な仕事が多いためでしょう。

勤務形態シフト制が多く、土日祝は関係なく働く勤務形態が多い
残業貸主・借主に合わせるため残業は多い傾向
繁忙期2月・3月などの引越しシーズン

例えば、借主が社会人や子育て中の場合は営業時間外でも対応を求められるケースも出てくるため、状況によっては予定が立てにくくなる時期も出てきます。

さらに拘束時間の長さから体力勝負な仕事が多く、不動産業界に抵抗を感じる人も多く、宅建士はやめとけと言われることは出てくるでしょう。

電話や飛び込み営業に慣れていないと宅建士はやめとけと言われる

電話や飛び込み営業に慣れていないと宅建士はやめとけと言われる

不動産業界を中心に活躍している宅建士は、契約関連の事務作業だけでなく、営業の仕事も求められます。

職場によっては売上・新規獲得のノルマやハードルの高い目標などの厳しい条件が定められている場合もあるため、達成するまでの道のりが険しい状況も想定されます。

一方で、不動産業は高い給料がもらえる職場も多く、成績に応じた見返りが期待できるメリットも特徴です。

宅建士の営業はキツいがメリットも多い
  • 売上・新規獲得のノルマがある不動産会社は多いが目に見えた評価が分かりやすい
  • 不動産売買の場合は1年間で販売する件数は少なく時間をかけた営業ができる
  • 目標達成のハードルが高い分、やりがいや達成感・チームのコミュニケーションが取りやすい

不動産業の仕事は1人あたりの売り上げ金額が大きいため、目に見えた評価がされやすく、モチベーションにもつながりやすいです。

宅建士が事務作業だけが仕事だと誤解している場合は、イメージとのギャップからやめとけと言われる可能性は高いでしょう。

社内の闘争心や人間関係のトラブルになるから宅建士はやめとけと言われる

社内の闘争心や人間関係のトラブルになるから宅建士はやめとけと言われる

宅建士は特定の仕事を請け負えるため専門職として活躍できますが、不動産業を中心とした職場では社員がライバルになるため、バチバチした環境に抵抗を感じるならやめとけと言われます。

体力勝負な仕事が多い不動産業での宅建士は、売上や目標達成のためにアピール材料や信頼してもらうための工夫をしている社員が多いです。

配属される部署によってはチーム戦になることもありますが、基本的には個人の成績が問われる職場になるため、活気が溢れている環境に抵抗があればおすすめできません。

不動産業の仕事に興味がある場合は、会社ごとの社風や働き方・評価制度を確認した上で応募した方がトラブルを防止できるでしょう。

  • 働き方や求められるスキル・仕事内容
  • 人事の評価制度や賞与・昇給の方針
  • 会社の雰囲気や交流会・福利厚生など

視野が狭くなるから宅建士はやめとけと言われる

視野が狭くなるから宅建士はやめとけと言われる

宅建士はやめとけと言われる理由の1つとして、不動産業を中心とした専門職になるため、できる仕事が限られることも挙げられます。

合格率は15%の難関国家資格である宅地建物取引士を取得した後は宅建士として働くケースが大半ですが、偏ったスキルだけでは視野が狭くなる可能性があります。

例年20万人程度が受験している宅地建物取引士の試験になるため、応募の倍率が高くなる求人も多く、宅建士だけで考えていると思うような就職活動ができない体験談は多いです。

宅建士が悪い職種ではないですが、1つの選択肢として考えないと視野が狭くなるリスクがあるため、やめとけと言われるのでしょう。

宅建士はやめとけと言われたら対策したいポイント

宅建士はやめとけと言われたら対策したいポイントは3つです。

  • 宅建士を目指す目的や将来の目標を考える
  • ブラック企業でなくても体力勝負が基本と割り切る
  • 営業が基本の職種になることを理解する

国家資格の中でも人気の宅地建物取引士を目指す前に、対策や気をつけたいポイントを理解しましょう。

宅建士を目指す目的や将来の目標を考える

宅建士を目指す目的や将来の目標を考える

宅建士だけでなく、職場で活躍するイメージや目的・将来の目標がないと仕事を継続するストレスがかかるためやめた方が良いです。

例えば、大学卒業をした22歳から定年まで継続するためには43年間働く必要があり、気持ちがついてこないとメンタル面のケアが難しいでしょう。

宅建士を目指す目的がハッキリしていれば、働くイメージや合格した後の活躍を想定しやすいため、将来性まで考えた上でチャレンジした方がギャップを防止できます。

宅建士を目指す目的
  • 特定の専門職として活躍できる方が安心できる
  • 不動産業に関する仕事に興味があり専門性を高めたい
  • 宅建業法や民法などの知識に自信があって活用したい
  • 知名度の高い国家資格を取得して強みがある方が良い

一方で、宅地建物取引士の試験で合格できても必ず不動産業をはじめとした仕事に必ず就職できるわけではないです。

求人によっては宅地建物取引士試験の合格が条件や手当が支給される場合もありますが、1つの強みとしてアピールが目的であり、就職が約束されているわけではないので注意しましょう。

  • 宅地建物取引士の合格者は資格取得手当が支給される
  • 宅地建物取引士を取得した方限定の求人を募集している
  • 重要事項の説明などの専門的な仕事を任せてもらえる

ブラック企業でなくても体力勝負が基本と割り切る

ブラック企業でなくても体力勝負が基本と割り切る

不動産業の会社はブラック企業が多い口コミも一部出ていますが、大半は想定したイメージとのギャップが原因です。

例えば、ブラック企業の評判として挙げられる例は以下の通りになるでしょう。

勤務残業時間の拘束が長くて自由な時間がない
給与勤務内容の割に合わない給与や想定よりも安い金額
福利厚生など応募前に聞いていた住宅手当等がつかない・変更が出た

ブラック企業の定義には個人差があるため判断は難しいですが、大半は応募する前の情報との乖離が原因で感じるケースが多いです。

宅建士が活躍できる不動産業では、2月・3月の繁忙期になると残業時間が長くなり、通常業務でも貸主・借主のスケジュール次第では帰宅が遅くなる日も増えるでしょう。

評判ではホワイト企業と聞いていても、実際に入社してみると業務量が多くて身動きが取れない状況は少なくありません。

宅建士はやめとけと言われる理由の1つとして残業時間の多さが挙げられますが、基本的には体力勝負の職場であることを前提として考えた方が良いでしょう。

営業が基本の職種になることを理解する

営業が基本の職種になることを理解する

宅建士の仕事は事務作業だけでなく、営業職として売上・新規獲得の目標に向けた営業も多いと考えた方が良いです。

重要事項説明書面(35条)・契約内容を記した書面(37条)の記名は業務の1部分になり、企業を中心とした営業活動や問い合わせがあった顧客対応が中心になります。

宅建士の仕事は事務作業だけでなく、人とのコミュニケーションスキルも求められるため、仕事内容を把握できないとやめとけと言われても仕方ないでしょう。

具体的な仕事内容は、宅建士おすすめ通信講座の公式サイトでイメージが分かるため、30秒で資料請求をしてみると宅建士の働き方も分かりやすいでしょう。

宅建士はやめとけと言われる不動産業の仕事がキツいのは本当?

宅建士はやめとけと言われる不動産業の仕事がキツい理由や評判の原因を詳しく解説します。

はじめて社会人になる場合や不動産業の仕事イメージができない状況であれば、チャレンジする前に参考にしてみてください。

宅建士の仕事は専門的な業務内容

宅建士の仕事は専門的な業務内容

宅建士の仕事は専門的な業務内容が大半になるため、知識だけでなく、現場で実践できる再現性まで求められています。

契約締結前に行う重要事項の説明物件や取引条件に関する情報を契約前に説明する業務
重要事項説明書面への記名重要事項を記載した書面(35条書面)の記名
契約内容を記した書面への記名契約に関する重要な内容が記載されている37条書面の記名

不動産業の仕事では、宅建士でしかできない契約関連の業務を対応するケースが多いため、貸主・借主が不安なく正しい仲介者をしなくてはなりません。

宅地建物取引士の合格率は15%程度と国家資格の中でも難易度は高い部類ですが、試験で合格点を取るだけでなく、仕事現場を想定しながら対策をしないと実践イメージができずにストレスを抱えるでしょう。

宅建士の仕事を意識して目指そう
  • 試験で合格するだけで精一杯だと現場での実践イメージができないリスク
  • 宅建士は貸主・借主の契約をスムーズに不備なく進行するための役割
  • 宅建士しかできない仕事の責任感を持って対応する心構えや働くイメージを考える

キツい仕事は不動産業だけではないため、合格した後のスキルや現場の活躍イメージができないと楽しみながら働く余裕がなくなります。

宅地建物取引士の合格を目指すだけでなく、宅建士として活躍するイメージをしながら試験対策をすると、仕事のキツさよりもやり甲斐や楽しさが見つかるでしょう。

仕事はキツいが達成感は充実している

仕事はキツいが達成感は充実している

宅建士の仕事は専門的な事務作業だけでなく、営業や顧客とのコミュニケーション・内見の立ち合いなど多岐にわたるため、対応する幅が広いことにキツさを感じる人も少なくないです。

さらに目標とする売上や新規獲得のハードルも高い会社が多いため、せっかく入社しても早期退職や挫折する人もいます。

一方で不動産業界の売上や新規獲得の目標は4期で分けるケースが多いため、達成するまでのスケジュールが立てやすく、モチベーションを維持しやすいメリットがあります。

宅建士の仕事はキツいが達成感がある

大半の宅建士が働く不動産業界では、ノルマや営業目標の数値が厳しい会社も多い一方で、達成した場合の賞与還元や評価は充実している環境が増えています。

一概に不動産業はブラック企業が多いと決めつけるのではなく、会社の求人情報をあらかじめリサーチして、目標とする環境を決めた上で宅建士を目指す方法もあります。

具体的な勉強イメージは、おすすめ宅建士通信講座で比較すると明確になるため、ブラック企業・キツいと判断する前に確認してみると分かりやすいでしょう。

宅建士はやめた方が良いことに関するよくある質問

宅建士はやめた方が良いと言われることに関するよくある質問を紹介します。

仕事に興味はあるけど、本当に目指して良いか判断ができない場合は参考にしてみてください。

宅建士は独学でも合格はできますか?

宅建士は独学でも合格を目指せる国家資格です。

受験資格には条件があるため、該当している場合は独学で試験対策もできますが、例年合格率は15%前後になるので正しい勉強を取り入れないと不合格になるリスクがあります。

一方で独学は好きな参考書を活用して、コスパよく試験対策ができるメリットがあるので、納得できる環境で合格を目指しましょう。

勉強に自信がない場合の対策はありますか?

勉強に自信がない場合は、宅地建物取引士の試験対策ができる通信講座や予備校で合格を目指す方法があります。

独学よりも受講料が高くなるデメリットはありますが、おすすめ宅建通信講座ランキングでは、合格実績が充実して初学者向けの教材で試験対策ができる環境を紹介しています。

通信講座や予備校を活用したことは受験に影響しないため、不安な場合は受講を検討してみましょう。

宅建士に興味あるけど、やめとけと言われる対策に関する一問一答

宅建士が活躍できる業界はどのような種類がありますか?

不動産業や金融業など、不動産関連に関わる業務を対応している企業で活躍できます。

宅建士にしかできない仕事も多いため、求人募集は多い傾向があります。

不動産の仕事はブラック企業が多くてキツいんですか?

いいえ、一概に不動産業だからブラック企業なわけではないです。

ブラック企業やキツさの感じ方には個人差がありますが、大半は就職する前の情報との乖離になります。

事前に求人情報を隅々まで確認して、外せない条件や就職した後のイメージを考えた上で応募した方が良いです。

宅建士になるには年齢制限はありますか?

年齢や学歴にとらわれず、誰でも目指せる国家資格です。

宅建士に少しでも興味があれば、受験を検討してみましょう。

宅地建物取引士の試験で合格したら宅建士で就職ができますか?

残念ながら、宅地建物取引士の試験で合格しても必ず就職活動で成功するわけではないです。

とはいえ、宅建士の求人募集をしている企業であれば強みとしてアピールができるため、有利な就職活動になる場合もあるでしょう。

宅地建物取引士の勉強時間はどのくらい必要ですか?

初学者が独学で宅地建物取引士の試験対策をする場合は、200時間以上の勉強が必要とされています。

国家資格の中でも難易度は高いため、余裕のある準備をしないと1回で合格は難しいでしょう。

宅建士はやめとけと言われる5つの理由を把握して合格を目指そう

宅建士やめとけと言われる理由と原因は以下の5つが想定されます。

宅建士やめとけと言われる理由
  • 宅建士の職種や仕事内容がハードでやめとけと言われる
  • 不動産業界は残業が多くて体力勝負だから宅建士はやめとけと言われる
  • 電話や飛び込み営業に慣れていないと宅建士はやめとけと言われる
  • 社内の闘争心や人間関係のトラブルになるから宅建士はやめとけと言われる
  • 視野が狭くなるから宅建士はやめとけと言われる

とはいえ、重要事項の説明などの独占業務ができる宅建士は、専門的な仕事ができるだけでなく履歴書に書いてアピールできるメリットがあります。

宅建士やめとけと聞いたら不安に感じますが、マイ資格ナビ編集部がおすすめする宅建士通信講座の資料請求や公式サイトを確認して、あなたが目標とする働き方や魅力と比較してみると良いでしょう。

※本記事内の料金はすべて税込表記です。
※本記事内では、消費者庁の「アフィリエイト広告等に関する検討会 報告書」及び景品表示法比較広告に関する景品表示法上の考え方」に則り、比較・広告紹介をしています。
※紹介している商品の購入や通信講座の申し込みをすると、売上の一部が運営会社に還元されることがあります。
※各情報などは公式サイト及び上記のサイトを参照しています。

※情報は作成・更新時の内容になるため、プラン改定などによって販売が中止・変更になっている場合があります。最新の情報は、各公式サイトよりご確認ください。
※マイ資格ナビで掲載している文章や画像などにつきましては、いかなる場合でも無断転載(キャプチャ画像をSNSなどに掲載含む)することを禁止します。無断転載をした場合は、予告なく法的措置等の適切な対応をいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次