1ヶ月で取れる国家資格は?簡単に取りやすい一覧とおすすめ勉強方法を詳しく紹介【2024年2月版】

1ヶ月で取れる国家資格は?簡単に取りやすい一覧とおすすめ勉強方法を詳しく紹介

×
【最大半額】2/29までスプリングボーナスキャンペーン

  • 1ヶ月で取れる国家資格を知りたい
  • 誰でも1ヶ月で取れる国家資格は役に立つの?

国家資格は履歴書に書ける強みになるだけでなく、特定の専門職で活躍できる証明スキルとしても注目されています。

とはいえ、はじめて国家資格の合格を目指す場合は長期的な勉強が不安で、なかなかチャレンジできないですよね。

この記事で分かること
  • 1ヶ月で取れる国家資格のおすすめ一覧
  • 1ヶ月で取れる国家資格を勉強するメリット・デメリット
  • 試験対策をする上で必要な勉強時間

そこで本記事では、1ヶ月で取れる国家資格おすすめ一覧と勉強方法を詳しく紹介しています。

はじめて国家資格の勉強をはじめる場合は、参考にしてみてください。

目次

資格のキャリカレ
【スプリングキャンペーン】
ハガキ申込より最大50%OFF
※2/29(木)まで

2/29(木)まで
キャリカレおすすめキャンペーン

1ヶ月で取れる国家資格おすすめ一覧

1ヶ月で取れる国家資格おすすめ一覧は以下の通りです。

※1ヶ月程度の勉強時間で合格を目指しやすい国家資格であり、必ず取得できるわけではありません。
※難易度は経験や状況で異なるため、簡単に取得できるわけではありません。

1ヶ月で取れる国家資格:ファイナンシャル・プランニング技能士(FP技能士)

ファイナンシャル・プランニング技能士(FP技能士)3級は、1ヶ月で取れる国家資格です。

主に貯蓄や投資・不動産などのお金に関するライフプランニングを提案する専門スキルの習得を目指します。1級・2級・3級と難易度は3つに分類されており、知名度の高さも注目ポイントです。

資格ファイナンシャル・プランニング技能士(FP技能士)
難易度1級・2級・3級
※1ヶ月の合格は3級がおすすめ
試験日程3級:5月・9月・1月
2級:5月・9月・1月
1級:9月
勉強時間3級:80~150時程度
2級:150~300時間程度
1級:600時間程度
合格率3級:学科80%程度、実技80%程度
2級:学科50%程度、実技60%程度
1級:学科10%程度、実技90%程度
勉強方法独学
通信講座
専門学校
受験条件3級:なし
2級:認定研修の修了者または実務経験2年以上
1級:複数の条件あり
通信講座FP通信講座おすすめランキング

※引用:FP技能士の取得者数及び試験結果データ

ファイナンシャル・プランニング技能士(FP技能士)は3つの難易度になりますが、3級は初学者でも80時間程度の勉強で合格を目指せるため、1ヶ月の取得が現実的な国家資格です。

国家資格の中でも知名度が高く、保険や不動産などの金融業を中心にお金に関連する仕事で役立つスキルが身につきます。

3級の取得で必ず就職活動が有利になるわけではないですが、1ヶ月程度の勉強で取れる国家資格として注目度は高いです。

おすすめの人
  • 金融業界で活かせるスキルを身につけたい
  • 知名度の高い国家資格を取得したい
  • 将来的に難易度の高い国家資格も目指したい

1ヶ月で取れる国家資格:ウェブデザイン技能士

資格ウェブデザイン技能士
難易度1級・2級・3級
※1ヶ月の合格は3級がおすすめ
試験日程3級:5月・8月・11月・2月
2級:5月・8月・11月・2月
1級:11月
勉強時間3級:30時程度
2級:100時間程度
1級:300時間程度
合格率3級:30%程度
2級:15%程度
1級:5%程度
勉強方法独学
専門学校
受験条件3級:なし
2級:複数の条件あり
1級:複数の条件あり
通信講座なし

※引用:ウェブデザイン技能士

ウェブデザインに関する専門知識や技能・実務能力の証明をする国家資格で、デザイナーとして活躍したい場合におすすめです。

3級なら30時間程度の勉強だけで合格を目指せるため、1日1時間程度の勉強を継続するだけで1ヶ月以内の試験対策ができます。

ウェブデザイン関連の就職活動ではアピールしやすく、はじめてデザインの勉強をする場合でも基礎知識の確認ができると評判です。

おすすめの人
  • デザイン関連の基礎から理解したい
  • デザイナーとして活躍をしていきたい
  • 将来的に難易度の高い国家資格も目指したい

1ヶ月で取れる国家資格:基本情報技術者

資格基本情報技術者
難易度1種類のみ
試験日程随時
勉強時間200時間程度
※IT経験者は50時間程度
合格率25%程度
勉強方法独学
通信講座
専門学校
受験条件なし
通信講座基本情報技術者おすすめ通信講座ランキング

※引用:独立行政法人情報処理推進機構

基本情報技術者は、ITの知識に自信があれば50時間程度の勉強だけで合格を目指せる国家資格です。

プログラマーやエンジニアなどIT職を従事した人向けの試験で、技術だけでなく、チーム戦略やマネジメントスキルまで求められます。

IT初心者は200時間程度の勉強が必要とされていますが、経験があれば1ヶ月で取れる国家資格として注目されています。

おすすめの人
  • IT関連の基礎を理解している国家資格を目指したい
  • IT関連の就職活動で通用する証明を取得したい
  • 将来的に難易度の高い国家資格も目指したい

1ヶ月で取れる国家資格:電気工事士

資格電気工事士
難易度第二種
第一種
試験日程第二種:年2回実施
・筆記5月・実技7月
・筆記10月・実技12月
第一種:筆記10月・実技12月
勉強時間第二種:200時間
第一種:120時間
合格率第二種:50〜60%
第一種:50〜60%
勉強方法独学
通信講座
専門学校
受験条件第二種:なし
第一種:複数の条件あり
通信講座電気工事士おすすめ通信講座ランキング

※引用:一般財団法人電気技術者試験センター

電気工事士は、電気設備の工事や取扱いに関する専門知識や技術を持つことを証明する国家資格です。

第二種と第一種の2種類あり、第二種であれば受験条件がないため誰でもチャレンジができます。

初心者の場合は200時間程度の勉強が必要とされていますが、関連性の高い職場経験や勉強をした経緯があれば1ヶ月以内の試験対策でも合格できるでしょう。

おすすめの人
  • 電気工事に関連する職場で活躍したい
  • 受験条件のない国家資格の合格を目指したい
  • 理系出身で勉強経験を試験対策に活かしたい

1ヶ月で取れる国家資格:危険物取扱者

資格危険物取扱者
難易度甲種・乙種・丙種
試験日程随時
勉強時間甲種:70時間程度
乙種:70時間程度
丙種:30時間程度
合格率甲種:40%程度
乙種:45%程度
丙種:50%程度
勉強方法独学
通信講座
専門学校
受験条件甲種:なし
乙種:なし
丙種:複数の条件あり
通信講座危険物取扱者おすすめ通信講座ランキング

※引用:一般財団法人消防試験研究センター

危険物取扱者は、消防法によって定められている危険物を取り扱う技術の習得を目指す国家資格です。

甲・乙・丙の3種類に分かれており、丙種のみ受験するには条件があります。

乙種4類の試験対策を対象にしている通信講座が多く、1ヶ月の勉強でもスキマ時間を活用して効率よく合格を目指せるでしょう。

おすすめの人
  • 危険物を取り扱う職場の勤務を考えている
  • 難易度の低い国家資格の合格を目指したい
  • 通信講座を活用して1ヶ月で試験対策をしたい

1ヶ月で取れる国家資格:ITパスポート

資格ITパスポート
難易度1種類のみ
試験日程随時開催
勉強時間150時間程度
合格率50%程度
勉強方法独学
通信講座
専門学校
受験条件なし
通信講座ITパスポートおすすめ通信講座ランキング

※引用:情報処理推進機構

ITパスポートは、AIやIoT などの新しいデータや手法・経営・IT全般の知識まで社会人として働く上で必要なスキルを証明する国家資格です。

150時間程度の勉強で合格を目指せますが、ITに関する知識がある場合は1ヶ月以内の勉強だけでも十分になります。

受験条件がないパソコン・IT関連の国家資格として、初心者でも気軽に目指しやすいと注目されています。

おすすめの人
  • ITの基礎から理解して証明資格を取得したい
  • 受験条件のない国家資格の合格を目指したい
  • パソコンやIT関連の企業で活躍したい

1ヶ月で取れる国家資格の特徴

1ヶ月で取れる国家資格の特徴を紹介します。

短期間で合格は目指せますが、受験条件や合格率・国家資格の活用方法もあるため、無駄な勉強にならないように注意しましょう。

受験条件がない・ハードルが低くてチャレンジしやすい

1ヶ月で取れる国家資格は、受験条件がなくてチャレンジするハードルが低い特徴があります。

難易度を上げると受験条件がある国家資格もありますが、初級レベルは誰でも合格を目指せるケースが大半です。

資格受験条件なし受験条件あり
ファイナンシャル・プランニング技能士(FP技能士)3級2級・1級
ウェブデザイン技能士3級2級・1級
基本情報技術者全てなし
電気工事士二種一種
危険物取扱者甲種・乙種丙種
ITパスポート全てなし

受験条件がある国家資格は多いですが、本記事内で紹介している資格は誰でもチャレンジできる試験が含まれます。

短期間の試験対策だけでなく、受験条件のハードルが低い国家資格を選んだ方がスムーズに取得できるでしょう。

合格率が高くて取得しやすい

短期間で取得するなら合格率が高くて、初心者でも取得できる国家資格選びがおすすめです。

例えば、ウェブデザイン技能士の3級は合格率30%程度ですが、1級だと5%まで下がります。

難易度に比例して合格率は下がりますが、1ヶ月で国家資格を取得するなら30%以上の合格率を基準にした方がスムーズに試験対策ができるでしょう。

資格1ヶ月で取得しやすい
ファイナンシャル・プランニング技能士(FP技能士)3級
ウェブデザイン技能士3級
基本情報技術者共通
電気工事士二種
危険物取扱者甲種・乙種
ITパスポート共通

試験難易度が高い方が就職活動でアピールしやすいですが、正しい理解ができないと不合格になります。

1ヶ月で試験対策をする場合は、合格するイメージができないと集中した試験対策が難しいです。難易度が低いから意味がないと断定せずに、求めるレベルや技術を確認した上でチャレンジしましょう。

将来性が高くて活用の幅が広い

1ヶ月で取れる国家資格は、難易度の低い試験は多いですが、将来的な活用やスキルアップにつながる内容が大半です。

例えば、ファイナンシャル・プランニング技能士(FP技能士)3級だけでは難しいですが、1級まで取得できれば、独立・起業も視野に入れることができます。

短期間で取得できる国家資格は意味がない評判もありますが、将来性の高いスキルを習得できるため、無駄にはならないと覚えておきましょう。

1ヶ月で取れる国家資格のメリット・デメリット

1ヶ月で取れる国家資格のメリット・デメリットを紹介します。

取得した後のギャップを防ぐために、受験前にイメージを確認してみましょう。

他の人との差別化がしにくい

他の人との差別化がしにくい

1ヶ月と短期間で合格を目指せる国家資格は、誰にでもチャンスがあるため、差別化や強みとしてのアピールがしにくいデメリットがあります。

国家資格を取得する目的は、専門職の就職活動や履歴書でアピールができる強みを身につけるためが多いですが、1ヶ月で取れる資格は長所としては活かしにくいです。

他の人にはできない強みや独自の魅力を目指したい場合は、難易度を高めたり、長期的な試験対策が必要な国家資格がおすすめになります。

国家資格は履歴書でアピールしやすい

国家資格は履歴書でアピールしやすい

国家資格は履歴書でアピールがしやすく、1ヶ月でとれた場合でも専門知識や技術を取得していることを証明しやすいです。

他の人との差別化はしにくいですが、専門職に就く場合はアピールポイントとして書類選考や面接で活用できます。

または、国家資格の取得が必須条件になる求人もあるため、1ヶ月の短期間でも取得して損はないでしょう。

新しいチャレンジをするキッカケになる

新しいチャレンジをするキッカケになる

国家資格の勉強をすることで、新しいチャレンジをはじめるキッカケになります。

民間資格でもスキルの幅を広げることはできますが、国が認定している国家資格の方が専門性が高いケースが多いです。

専門的な技術や知識に自信がない場合は、1ヶ月で取れる国家資格から勉強をはじめて視野を広げてみると、新しい発見ができるでしょう。

1ヶ月で国家資格を取るために必要な勉強時間

1ヶ月で国家資格を取るために必要な勉強時間を紹介します。

短期間で合格を目指す場合は、メリハリのある勉強を計画的に継続する必要があります。

集中した環境で試験対策をするために、合格するまでのスケジュールを考えてみましょう。

毎日勉強が基本になる

難易度の低い国家資格とはいえ、基本的には毎日の勉強を継続しないと合格は難しいです。

日常生活の中で、勉強ができる時間や毎日のルーティーンとして試験対策を意識した方がスムーズに合格を目指せます。

こんな状況であれば時間の確保が大切
  • 家事や子育てをしながら国家資格を目指す
  • 仕事の残業が増えて勉強を継続できるか分からない
  • 勉強が苦手で集中力がなくて自信がない
  • 国家資格の勉強経験がなくて合格できるか不安

中でもはじめて試験対策をする場合は、1日2日だけ取り組んでも本質的な理解ができないため、イレギュラーな問題の対応ができません。

1回の勉強時間をコンパクトにして、繰り返し試験対策をする癖づけをした方が合格率が高まるでしょう。

  • 1回の勉強時間を15〜30分程度にする
  • 1日の中で2回〜4回の勉強を繰り返す
  • 短期間の試験対策は集中できる環境づくりが大切

通信講座で試験対策をする場合は合格までのスケジュールが分かりやすいですが、独学だとあなた自身で勉強のペース配分を考える必要があります。

1ヶ月で取れた体験談だけで判断せず、試験対策をする環境を考えた上でチャレンジすると良いでしょう。

1日1時間の勉強なら30時間程度の準備ができる

1回の勉強時間をコンパクトにした方がメリハリのある試験対策で合格を目指せますが、1日1時間の勉強を継続すると30時間程度の準備ができます。

資格勉強時間の目安
ファイナンシャル・プランニング技能士(FP技能士)3級:80~150時程度
2級:150~300時間程度
1級:600時間程度
ウェブデザイン技能士3級:30時程度
2級:100時間程度
1級:300時間程度
基本情報技術者200時間程度
電気工事士第二種:200時間
第一種:120時間
危険物取扱者甲種:70時間程度
乙種:70時間程度
丙種:30時間程度
ITパスポート150時間程度
勉強時間の目安

1ヶ月で取れる国家資格とはいえ、合格までのスケジュールを明確にしないと簡単には合格できません

独学の場合は試験日までの逆算をしないと中途半端な勉強になるため、目標とする日程を確認した上で茶蓮子した方が良いでしょう。

※1ヶ月で取れる国家資格の勉強時間は目安になります。

1ヶ月で国家資格を目指すことがおすすめな人

1ヶ月の短期間で国家資格を目指すことがおすすめな人は以下の通りです。

おすすめな人
  • 就職活動をするため、急いでアピールポイントを習得したい
  • 長期間の勉強を継続する自信がないけど国家資格を取得したい
  • 資格の勉強経験がなくて、何から始めれば良いのか分からない
  • 将来役に立つ資格を取得して幅広い場面で活躍したい
  • マイナーだけど一生食べていけるすごい資格19本が気になる

中でも資格の勉強経験がなくて何から始めれば良いか分からないと悩んでいたら、1ヶ月で取れる国家資格からチャレンジすると挫折する心配が少ないです。

民間資格はスキルアップが目的で意味ない評判が出ていますが、国家資格であれば知名度が高い種類が多く、就職活動の履歴書でアピールしやすいでしょう。

  • 知名度が高い資格が多い
  • 専門職の履歴書でアピールしやすい
  • 取得が必須条件の求人に応募できる
  • 国家資格の取得だけで自信がつく

1ヶ月で国家資格を取る前に知りたいよくある質問

1ヶ月で国家資格を取る前に知りたいよくある質問を紹介します。資格の勉強経験がない場合は、イメージとのギャップを防ぐために、詳しく確認してみましょう。

国家資格は1ヶ月でも目指せるのですか?

はい、受験条件がない場合や難易度が低い国家資格であれば1ヶ月で合格を目指せます。

受験する前に国家資格の条件を確認しましょう。

1日中勉強をする必要がありますか?

いいえ、1日数時間ずつの勉強でも合格を目指せる国家資格はあります。

1回の勉強時間をコンパクトにして、無理のないペースで合格を目指しましょう。

勉強が苦手でも国家資格を取れますか?

はい、勉強が苦手でも効率よく試験対策をすれば国家資格を取得できます。

勉強に自信がない場合は、通信講座や専門学校・スクールの活用がおすすめです。

1ヶ月で取れる国家資格は意味がありますか?

はい、履歴書でアピールできる国家資格を取得できるため、専門職の就職活動でも活かせます。

しかし、他の人との差別化はしにくいデメリットに注意しましょう。

国家資格と民間資格の違いはなんですか?

国家資格は国が認定しています。

一方で民間資格は、協会や団体・企業が認定しているため、知名度が低い資格が多いです。

専門職の就職では国家資格が必要な場合が多いですが、民間資格はスキルアップを目的に受験するケースが大半になります。

資格の取得経験がなくても問題ないですか?

はい、資格の取得経験がなくても気軽にチャレンジができます。

国家資格とはいえ、受験条件がなければ誰でも合格を目指せます。

資格を取得するだけでなく、合格した後の活用イメージや目的を明確にした上で勉強すると良いでしょう。

本記事内で紹介しているおすすめ国家資格

※本記事内の料金はすべて税込表記です。
※本記事内では、消費者庁の「アフィリエイト広告等に関する検討会 報告書」及び景品表示法比較広告に関する景品表示法上の考え方」に則り、比較・広告紹介をしています。
※紹介している商品の購入や通信講座の申し込みをすると、売上の一部が運営会社に還元されることがあります。
※各情報などは公式サイト及び上記のサイトを参照しています。

※情報は作成・更新時の内容になるため、プラン改定などによって販売が中止・変更になっている場合があります。最新の情報は、各公式サイトよりご確認ください。
※マイ資格ナビで掲載している文章や画像などにつきましては、いかなる場合でも無断転載(キャプチャ画像をSNSなどに掲載含む)することを禁止します。無断転載をした場合は、予告なく法的措置等の適切な対応をいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次