FP2級・3級の勉強時間や合格率は?1ヶ月・2ヶ月で合格を目指すスケジュールの目安を紹介!

FP2級・3級の勉強時間や合格率は?1ヶ月・2ヶ月で合格を目指すスケジュールの目安を紹介!

×
スマホだけでスキマ時間に対策!

FP2級・3級は、例年1年間で16万人以上(1年間で3回試験の実施)が受験している人気の公的資格ですが、どのくらいの勉強時間が必要か分からない…と悩みますよね。

2023年9月の実績FP2級FP3級
学科試験
受験者数
23,917人31,431人
実技試験
受験者数
20,892人31,130人
参照:日本FP協会

そこで本記事では、FP2級・3級の勉強時間や1ヶ月・2ヶ月などの短期間で合格を目指せるおすすめなスケジュールを詳しく紹介します。

勉強方法の選び方で悩んでいる場合や勉強時間と生活環境のバランスを考えたい場合は、本記事の内容を参考にしてみてください。

CheckFPおすすめ通信講座ランキングはこちらから

目次

資格のキャリカレ
【スプリングキャンペーン】
ハガキ申込より最大50%OFF
※2/29(木)まで

2/29(木)まで
キャリカレおすすめキャンペーン

FP2級の勉強時間を1ヶ月・2ヶ月で紹介

FP2級は150時間程度の勉強が必要とされていますが、生活環境によって対策できる方法や時間の余裕が異なります。

FP(ファイナンシャルプランナー)試験に合格するために必要な勉強時間としては、一般的にFP2級は150~300時間、FP3級は80~150時間ほどが目安だと言われています。

スタディング公式サイト

とはいえ、FP2級は試験範囲が広いことから150時間は1つの目安になるため、初学者や自信がない場合は200時間程度の余裕を想定した方が万全の対策ができます。

はじめてFP2級の試験対策をする場合の勉強時間になりますが、仕事や子育て・学業をしながら合格を目指す場合はスケジュール調整のヒントにしてみましょう。

FP2級の勉強時間を2ヶ月にするスケジュールイメージ

FP2級の勉強時間を2ヶ月にする場合は、1日2時間半が平均的な目安の勉強になります。

実際には仕事や子育て・学業などとの兼ね合いや集中できる環境が異なるため、毎日2時間半の勉強を継続することは難しいため、無理のないスケジュールの試験対策が重要です。

平日土日
仕事をしながら勉強2時間8時間
子育てをしながら勉強子どもの状況に応じて変わるため、1日3時間以上の勉強を目安に継続がおすすめ
自由に勉強ができる予定外の状況対策で、1日3時間以上の勉強を目安に継続がおすすめ
FP2級勉強時間の目安

FP2級は3級の合格がなくても受験できますが、科目数が多いことから150時間以上の勉強は必要です。

マイ資格ナビ編集部が紹介しているFPおすすめ通信講座ランキングでは3ヶ月程度のスケジュールが組まれているプランが多く、1ヶ月短くするため、1日あたりの勉強時間が長くなるリスクを理解した方が良いでしょう。

FP2級の対策ができるおすすめ通信講座

通信講座の3ヶ月程度は、1日あたりの勉強時間が独学よりも短く、1日30〜60分以内で無理なく合格を目指せるスケジュールが組まれています。

試験本番までの時間がない場合は2ヶ月の対策でも良いですが、FP2級は1年に3回しか受験できないため、余裕を持って勉強した方が良いでしょう。

FP2級の勉強時間を1ヶ月にするスケジュールイメージ

FP2級の勉強時間を2ヶ月にする場合は、1日5時間が平均的な目安の勉強になり、初学者の場合は不合格のリスクが高まるため注意が必要です。

さらに初学者の場合は、1ヶ月でFP2級の合格を目指すことは非常に難易度が高いため、遅くとも受験申込を申請後は勉強をはじめた方が余裕のある対策ができるでしょう。

FP2級の勉強時間は1ヶ月は少ない可能性
  • 1ヶ月でFP2級の対策をするなら1日5時間以上を継続する必要がある
  • 初学者がFP2級の合格を目指す場合は、受験申込時期にスタートした方が良い
  • 基本的にはFP2級は1ヶ月で合格を目指せる難易度ではない

FP2級の受験申込は、試験本番の2〜1ヶ月半前が目安になるため、遅くとも同時に勉強を始めればスムーズに必要な知識を学びやすいです。

一方で、1ヶ月でFP2級の合格を目指す場合は1日5時間程度の勉強が必要になるため、時間の余裕がある場合は検討できます。

長期的な勉強だと集中力に自信がない人やモチベーション維持が不安に感じていて時間の余裕があれば、1ヶ月でメリハリある対策も考えてみましょう。

CheckFP2級を1ヶ月で合格するなら通信講座がおすすめ

FP2級の勉強時間を1ヶ月・2ヶ月と短期間で合格を目指すメリット

FP2級の勉強時間を1ヶ月・2ヶ月と短期間で対策する方法は不合格になるリスクや正しい理解ができないデメリットもありますが、集中力を維持しやすい点が魅力です。

独学と通信講座・スクールのいずれかで合格を目指せるFP2級ですが、1ヶ月・2ヶ月で対策をするメリットを理解した上で、勉強方法を選びましょう。

FP2級の勉強時間を1ヶ月・2ヶ月の短期間で対策するなら集中力を維持しやすい

独学だと150時間程度の勉強が必要とされるFP2級ですが、1日1時間の勉強だと150日間(5ヶ月程度)かかるスピード感です。

学習意欲と学習プロセスとの関係(参照:文部科学省)により勉強を継続する集中力には限界があるため、FP2級をはじめて勉強する場合は挫折するリスクが高まります。

つまり、FP2級の勉強は1ヶ月では短すぎて理解が追いつかない可能性はある一方で、2ヶ月・3ヶ月が合格に必要な知識をスムーズに習得しやすいとも言えるでしょう。

1ヶ月の勉強勉強時間が短くて勉強が追いつかない可能性が高い。
2ヶ月の勉強1ヶ月よりは余裕はあるが初学者は不合格になるリスクが高まる。一方で、集中力は維持しやすい。
3ヶ月の勉強通信講座の基本的なスケジュールで最も多い勉強時間。通信講座を利用すれば1日の勉強時間がコンパクトで集中しやすい。

FP2級は初学者でも150時間程度の勉強で合格を目指せる難易度の試験になるため、スケジュール調整ができれば誰でもチャレンジしやすいでしょう。

基本的に1ヶ月・2ヶ月でバタバタした勉強時間はおすすめしないですが、集中力に自信がなければ短期間でFP2級の合格を目指す方法もおすすめです。

1年に3回の試験本番から逆算してスケジュールを立てやすい

FP2級は1年に3回の試験と決まっているため、本番から逆算したスケジュールを想定しやすいメリットが特徴です。

  • 5月:3月中旬〜4月上旬が受験申込
  • 9月:7月中旬〜8月上旬が受験申込
  • 1月:前年11月中旬〜12月上旬が受験申込

目安として、受験申込期間から試験対策をすると1ヶ月以上の勉強ができるため、時間調整がしやすくなります。

例えば、試験日程が決まっていない民間資格の場合は合格までのモチベーション維持が難しいですが、FP2級の場合はスケジュール調整がしやすいため、集中力を切らすことなく勉強がしやすいです。

1ヶ月・2ヶ月と短い時間の勉強をすることで合格に必要な知識を理解できないリスクが高まるデメリットはありますが、試験本番から逆算して集中した対策ができることも覚えておきましょう。

CheckFP2級を短時間の勉強で合格を目指すなら通信講座がおすすめ

FP3級の勉強時間を紹介

FP3級は基本的に誰でも合格を目指せますが、初学者は100時間程度の勉強は必要とされています。

ファイナンシャルプランナー3級試験合格に必要な勉強時間は、30時間〜100時間程度が目安となります。

アガルートFP講座公式サイト

100時間になると、1日1時間の勉強で3ヶ月〜4ヶ月かかるペースになるため、日常生活の中で勉強できる時間の確保をした上で対策を進めた方が挫折を回避できます。

FP2級の勉強時間や初学者の対策イメージを想定して、無理なく合格を目指せるスケジュールを考えてみましょう。

FP2級よりも短い時間で合格を目指せる難易度

FP3級は2級よりも短い勉強時間で合格を目指せる試験難易度になっているため、勉強時間も短い受験生が多いです。

FP2級・3級の試験対策に必要な勉強時間の目安
  • FP3級の試験対策に必要な勉強時間の目安:100時間程度
  • FP2級の試験対策に必要な勉強時間の目安:150時間程度

とはいえ、100時間の勉強時間は国家資格である賃貸不動産経営管理士保育士などが該当するため、決して簡単な試験ではありません。

FP3級は80%前後の合格率(日本FP協会受験)になりますが、毎年20%程度の35,000〜40,000人程度が不合格になる難易度です。

100時間程度の勉強でFP2級よりも簡単な試験にはなりますが、正しい勉強方法と集中した環境が揃わないと100時間以上の対策が必要になることもあります。

1つの目安として、初学者の場合は1日1〜2時間の勉強を2ヶ月程度継続すれば合格できる試験難易度がFP3級です。

初学者でも合格を目指しやすくて独学でも対策しやすい

受験条件がないFP3級は、初学者でもスムーズに合格を目指せる試験難易度に待っているため、キャリアアップやスキルアップを目的として気軽にチャレンジしやすいです。

さらに、参考書やインターネットの情報をもとに独学でも合格を目指しやすい試験内容になっています。

一方で、誰でもチャレンジしやすい試験難易度から履歴書に書いて就職活動のアピールをする場合、強みとしては活かしにくいデメリットに注意が必要です。

FP3級は初学者向けの難易度
  • FP3級は100時間程度の勉強だけで合格を目指せる試験難易度
  • 初学者でもチャレンジできる試験で差別化がしにくい
  • FP3級のみで履歴書に書いて就職活動の有利性を目指すのは難しい

FP3級は国家資格ではないため、合格するだけでは独占業務ができるわけではなく、明確な就職活動の有利性がありません。

家計にかかわる金融や住宅ローン・保険などの基礎知識を理解していることの証明ができる試験になるため、合格する目的を理解した上でチャレンジした方が良いです。

勉強時間は100時間程度必要とされているFP3級ですが、合格した後のスキルを活用するイメージを想定した上で勉強した方が事前にギャップを防げるでしょう。

FP2級・3級の試験概要や受験資格・勉強の目安

FP2級・3級の試験概要や受験資格・勉強の目安を紹介します。

1年間で16万人以上(1年間で3回試験の実施)が受験しているFP2級・3級ですが、目標にする難易度の試験概要を理解した方が受験後のギャップを防げます。

はじめてFP2級・3級の合格を目指す場合は、2種類の難易度を比較して目標にする試験を明確にしましょう。

FP2級・3級は2つの団体(日本FP協会・きんざい)が実施している資格

FP2級・3級は、日本FP協会・きんざいと2つの団体が実施している資格になるので、違いを理解した上で受験した方が良いです。

学科試験は日本FP協会・きんざい共に共通で、実技試験のみ異なることが大きな違いになります。

学科試験
(2級・3級共通)
実技試験
(2級・3級共通)
日本FP協会共通資産設計提案業務
きんざい個人資産相談業務・保険顧客資産相談業務のいずれか
日本FP協会・きんざいの違い

試験日程は同日になりますが、例年日本FP協会の方が合格率が高くなる傾向で、合格実績が豊富な試験を選びたい場合はきんざいよりも日本FP協会がおすすめです。

きんざいの実技試験は選択になるため、専門性を高めたい場合や集中的な試験対策をした人におすすめになります。

日本FP協会ときんざいのいずれかで合格しても履歴書に書ける資格の種類は同じになるため、試験対策の状況や身につけたいスキルで比較すると良いでしょう。

FP2級はチャレンジできるが条件があるので注意

FP2級は3級の合格をしていなくても日本FP協会・きんざい共通でいきなりチャレンジができるため、万全の対策ができれば飛び級でも合格を目指せます。

しかし、FP3級とは異なり、以下のいずれか1つを満たす必要があるため注意が必要です。

  • AFP認定研修の受講修了者
  • 3級FP技能検定合格者
  • FP実務経験2年以上

FPの実務経験がなく受験をする人が大半になりますが、AFP認定研修は誰でも受講できるため、AFP認定研修の修了をした上でFP2級の受験が近道になります。

AFP認定研修は日本FP協会やきんざいが展開する講座もありますが、試験対策も加味した準備をしたい場合はFPおすすめ通信講座ランキングを参考にすると良いです。

通信講座だけでFP2級の試験対策はできるため、参考書を追加で購入する必要がない点もおすすめポイントです。

独学だと150時間程度の勉強が必要なFP2級ですが、通信講座を受講すれば通常よりもコンパクトな勉強時間で合格を目指せるため、仕事や子育て・学業をしながら受験する場合でもおすすめになります。

FP3級は受験資格がなくてチャレンジしやすい

FP3級はFP2級とは異なり、日本FP協会・きんざい共通で受験条件がないため、誰でも合格を目指せる受験ハードルの低さがポイントです。

試験範囲は日本FP協会とは異なり、実技試験で個人資産相談業務・保険顧客資産相談業務のいずれかを選択する必要があるため、専門性の高い勉強をした方がスムーズに合格を目指せます。

勉強時間を短縮するためには通信講座の受講がおすすめですが、FP2級・3級がセットになっているプランが多く、将来的に2級もチャレンジしやすいです。

一方で履歴書に書くことはできますが、合格率の高さや難易度から就職活動のアピールポイントとしては弱くなる可能性があることを覚えておいた方が良いでしょう。

FP3級は基礎知識が中心になるため、家計にかかわる金融や住宅ローン・保険などのサポートをするための基盤を理解する目的になります。

CheckFP3級を短時間の勉強で合格を目指すなら通信講座がおすすめ

FP2級・3級の合格率や合格者数・試験難易度

FP2級・3級の合格率や合格者数・試験難易度を紹介します。

いずれも日常生活での活用もできるスキルを習得できますが、目標にする試験難易度を明確にした上で受験した方が挫折するリスクを避けられます

はじめてFP2級・3級の合格を目指したい場合は、合格率や合格者数・試験難易度を参考にした上でチャレンジしましょう。

FP2級の合格率や合格者数(日本FP協会・きんざい)

FP2級の合格率や合格者数を日本FP協会ときんざい別で比較(学科試験)すると、日本FP協会の方が2倍近く合格率が高いです。

日本FP協会きんざい
2023年
9月合格率
53.54%22.75%
2023年
5月合格率
48.82%17.51%
2023年
1月合格率
56.12%29.07%
FP2級の合格率(日本FP協会きんざい

出題範囲は学科試験は日本FP協会ときんざいは共通ですが、実技試験は異なるため、目標とするスキルや得意な科目で比較した方が合格率を高めることができるでしょう。

実技試験で日本FP協会ときんざいを比較しても、日本FP協会が高いことが分かります。

日本FP協会きんざい
2023年
9月合格率
52.02%40.80%
2023年
5月合格率
58.61%39.49%
2023年
1月合格率
59.53%35.14%
FP2級実技試験の合格率(日本FP協会きんざい

学科試験と実技試験では実技試験の方が合格率の差が少ないですが、合格率の高い試験を受けるためには日本FP協会を選んだ方が良いです。

しかし、日本FP協会を受験したからといって必ず合格できるわけではないので、適切な試験対策をすることが重要になります。

学科試験は共通範囲になるため、実技試験の目標や対策状況で受験する環境を選ぶと良いでしょう。

FP3級の合格率や合格者数(日本FP協会・きんざい)

FP3級の合格率や合格者数を日本FP協会ときんざい別で比較(学科試験)すると、日本FP協会の方が1.5〜2倍近く合格率が高いです。

日本FP協会きんざい
2023年
9月合格率
74.78%37.19%
2023年
5月合格率
88.25%54.13%
2023年
1月合格率
85.25%56.00%
FP3級の合格率(日本FP協会きんざい

日本FP協会の方が合格率が高い結果はFP2級も同様で、実技試験も1.5倍以上高い傾向にあります。

日本FP協会きんざい
2023年
9月合格率
77.67%57.87%
2023年
5月合格率
86.83%59.80%
2023年
1月合格率
88.34%50.95%
FP3級実技試験の合格率(日本FP協会きんざい

合格率が異なることは実技試験の問題は異なりますが、試験難易度に差があるわけではなく、受験者の対策準備や勉強環境の問題に原因がある可能性が高く、どちらで受験しても履歴書に書くことも可能です。

FP3級は合格率の高い受験方法を選べば良いわけではないですが、実技試験の対策内容が異なるため、あなたが選択する科目の協会で受験した方が合格率を高めることができるでしょう。

FP2級・3級の勉強時間を1ヶ月・2ヶ月と短くする方法

FP2級・3級の勉強時間を1ヶ月・2ヶ月と短くするためには、正しい勉強方法と相性の良い教材選びが重要です。

本記事内でも紹介していますが、FP2級・3級の合格を目指すためには、初学者だと100時間以上の勉強が目安になります。

  • FP3級の試験対策に必要な勉強時間の目安:100時間程度
  • FP2級の試験対策に必要な勉強時間の目安:150時間程度

しかし、実際には1ヶ月・2ヶ月で合格できている受験生もいるため、あなたの状況に最適な手段を選べば効率よく1回で合格を目指せます。

長期間の勉強を継続する自信がない人や1ヶ月・2ヶ月の短期間で合格を目指したい人向けに、勉強時間をコンパクトにできるおすすめな方法を紹介します。

勉強経験があれば独学でも合格を目指せる

FP2級・3級は学歴や専門学校の卒業は必須条件ではないため、知識に自信がある場合や勉強経験があれば独学でも合格を目指せる国家資格(AFPならびにCFP®は民間資格)です。

つまり、受験申込をしてから対策(1.5〜2ヶ月程度)でも合格を目指せる試験になっており、好きな参考書を活用した勉強方法なら2ヶ月以内に合格を目指すことができます。

初学者で基礎から勉強をする場合はおすすめしないですが、過去に対策をしたことがあれば独学でも短時間でスムーズに合格を目指せるでしょう。

独学でFP2級・3級の対策がおすすめな人
  • 過去にFP2級・3級の試験対策をしたことがある
  • 家計にかかわる金融や住宅ローン・保険などの基礎知識を理解している
  • 支払い面の負担を減らして複数の教材で試験対策をしたい
  • 決められた教材やスケジュールに沿って勉強をすることに抵抗がある
  • 短時間で集中した勉強スタイルで合格を目指した方が安心できる

FP2級・3級の試験範囲は例年決まっているため、対策をする内容が明確になっていることから、効率よく合格を目指せるメリットが特徴です。

1ヶ月・2ヶ月と短期間の勉強時間で合格を目指すためには、独学で効率よく試験対策をする方法がおすすめになります。

FP2級・3級の勉強時間をコンパクトにするなら通信講座がおすすめ

勉強時間は独学よりも長くなりますが、重要ポイントを中心に効率よく合格を目指せるスケジュールが安心できる場合は、通信講座がおすすめです。

通信講座は独学よりも受講料が高くなるデメリットはありますが、過去の合格実績をもとに重要ポイントを中心に効率よく対策ができ、独自のサポート体制も含まれている特徴があります。

通信講座独学
勉強時間独学よりは勉強期間は長いが、1日あたりの勉強時間は短い通信講座よりもコンパクトな勉強時間になりやすい
初心者向け基礎から勉強しやすくて、初心者でも分かりやすい初心者は挫折する可能性がある
費用独学よりも高い通信講座よりも安い
サポート質問や課題添削などのサポートが多いサポートはない
FP通信講座と独学の違い

1日60分以内の勉強時間が目安になる通信講座ですが、課題添削や無理のないスケジュールを調整すると3ヶ月が目安になるため、1ヶ月・2ヶ月の短期間では合格が難しい可能性があります。

一方で、過去の合格実績をもとに効率よく合格に必要な知識を習得できるため、つまづきやすいとされているタックスプランニングや不動産に関する科目もスムーズに理解しやすいです。

独学と比較して受講料が高くなるデメリットはありますが、質問や課題添削でスムーズに正しい理解を深めることができるため、勉強に自信がなければFPおすすめ通信講座ランキングを参考にしてみましょう。

FP2級・3級の勉強時間に関するよくある質問

FP2級・3級の勉強時間に関するよくある質問を紹介します。

はじめてFP2級・3級の試験対策をする場合は、疑問やを解消した上で合格を目指すと良いでしょう。

FP2級・3級の勉強時間はどのくらい必要ですか?

勉強状況によって異なりますが、FP2級・3級をはじめて独学で対策する場合は以下が目安になります。

  • FP2級:150時間程度
  • FP3級:100時間程度

勉強時間は長ければ良いわけではなく、正しい勉強方法で効率よく重要ポイントの理解が大切になるため、相性の良い教材と環境を見つけることを意識すると良いでしょう。

FP2級・3級の対策方法を教えてください。

独学と通信講座のいずれかで合格を目指す受験生が多いです。

独学は通信講座よりも受講料が安くて複数の参考書を活用できますが、通信講座は過去の合格実績をもとに作られた教材で独自サポートのもと、効率よく合格を目指せます。

FP2級・3級の試験日程は明確に決まっているため、本番から逆算してスムーズに合格を目指せる手段で対策をすると良いでしょう。

FP2級・3級の勉強時間が足りていないと不合格になりますか?

勉強時間は目安になるため、必須の時間ではありません。

あくまで学科・実技試験の両方を万全にするための目安で、実際には数週間単位の勉強時間で合格した実績もあります。

合格するために必要な勉強をする方法が分からない場合は、FPおすすめ通信講座ランキングを参考にするとイメージしやすいでしょう。

FP2級・3級の合格率を高めるためには何をすれば良いですか?

FP3級の合格率を高めるためには、学科試験で必要な科目ごとの基礎知識を理解することです。

試験に出題されやすいポイントだけでなく、基盤の理解からできないとFP3級の合格は難しいとされています。

一方でFP2級は、3級の合格実績があれば、過去問対策や基礎理解の周回数が重要です。

勉強時間だけを増やしても正しく理解できていないと意味がないため、相性の良い教材を見つけてスムーズに合格を目指せるようにしましょう。

FP2級・3級の合格率はどのくらいですか?

FP2級・3級の合格率や合格者数は日本FP協会ときんざいで異なりますが、日本FP協会の方が高い傾向です。

学科試験の範囲は同じですが、実技試験がきんざいは選択式になるため、試験対策の方向性で比較がおすすめになります。

日本FP協会の方が簡単なわけではないので、対策する科目ごとに比較して、勉強時間をコンパクトにできるようにしましょう。

FP2級・3級の勉強時間を1ヶ月・2ヶ月と短くしやすいおすすめ通信講座をヒントにしよう!

FP2級・3級の勉強時間を1ヶ月・2ヶ月と短い期間で合格を目指す場合は、正しい勉強方法と相性の良い教材選びが重要です。

特にはじめてFP2級・3級の試験対策をする場合は、学科・実技試験をバランスよく勉強し、重要ポイントが分かりやすい環境選びがポイントになります。

勉強時間を短くするなら通信講座
  • 重要ポイントが分かりやすくて基礎からスムーズに理解できる
  • 過去の合格実績をもとに教材がつくられていて分かりやすい
  • 1日の勉強時間を60分以内などコンパクトにできる
  • 仕事や子育てをしながらでもマイペースに勉強ができる
  • 1ヶ月2ヶ月は難しくても3ヶ月のスケジュールが基本的に組まれている

日本FP協会ときんざいでは合格率や合格者数が異なりますが、いずれも難易度に変わりはないため、正しい勉強方法と出題ポイントの理解が重要です。

まずはマイ資格ナビ編集部が紹介しているFPおすすめ通信講座を参考にして、あなたがスムーズに試験対策ができ、勉強時間をコンパクトにできる環境を探してみましょう。

※本記事内の料金はすべて税込表記です。
※本記事内では、消費者庁の「アフィリエイト広告等に関する検討会 報告書」及び景品表示法比較広告に関する景品表示法上の考え方」に則り、比較・広告紹介をしています。
※紹介している商品の購入や通信講座の申し込みをすると、売上の一部が運営会社に還元されることがあります。
※各情報などは公式サイト及び上記のサイトを参照しています。

※情報は作成・更新時の内容になるため、プラン改定などによって販売が中止・変更になっている場合があります。最新の情報は、各公式サイトよりご確認ください。
※マイ資格ナビで掲載している文章や画像などにつきましては、いかなる場合でも無断転載(キャプチャ画像をSNSなどに掲載含む)することを禁止します。無断転載をした場合は、予告なく法的措置等の適切な対応をいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次