児童発達支援士資格が怪しい評判は間違い!合格体験談をもとに取得方法・独学との比較まで詳しく紹介【2024年版】

児童発達支援士資格が怪しい評判は間違い!合格体験談をもとに取得方法・独学との比較まで詳しく紹介

×
実践的なワーク中心で子育て・仕事で活かせる!

児童発達支援士は発達障害支援を目的として、脳科学・心理学のアプローチで子どもの自己肯定感を高める専門家を証明する民間資格です。

一方で、インターネット検索では「児童発達支援士怪しい」「児童発達支援士意味ない」などのネガティブなワードが出てきて、本当に受講して良いのか不安に感じますよね。

この記事を読めば分かるポイント
  • 児童発達支援士怪しいと検索結果が出ている理由
  • 児童発達支援士資格を合格した体験談・評判・難易度
  • 児童発達支援士の国家資格状況や保育士の活用方法
  • スムーズに目指せる児童発達支援士資格の取得方法

この記事では、児童発達支援士資格を取得したいけど、怪しい評判が不安・国家資格との違いが分からないと悩んでいる方向けに分かりやすく紹介しています。

おすすめ発達障害支援資格
  • マイ資格ナビ編集部おすすめの発達障害支援資格は児童発達支援士
  • ワークが中心で発達障害支援の基礎から暮らしの中で実践できるスキルまで習得!
  • 受講料が10,000円割引+プレゼントキャンペーン実施中!

おすすめ発達障害支援資格

※公式サイト:https://ninkyou.jp/hattatu-license/

目次

資格のキャリカレ
【スプリングキャンペーン】
ハガキ申込より最大50%OFF
※2/29(木)まで

2/29(木)まで
キャリカレおすすめキャンペーン

児童発達支援士資格が怪しい評判になる原因

児童発達支援士資格が怪しい評判になる原因は5つあり、取得する前に確認しておけばイメージとの乖離は防止できます。

怪しい・意味ないなどのネガティブな検索結果が不安な場合は参考にしてみてください。

怪しい評判になる原因①:国家資格に含まれない

1つ目の児童発達支援士が怪しい評判の原因は、国家資格に含まれないため、認定している団体が国ではないことです。

子どもや児童に関わる国家資格の代表例は保育士や幼稚園教諭ですが、児童発達支援士は一般社団法人人間力認定協会が認定している民間資格になります。

国家資格民間資格
認定団体各協会や団体・企業
試験難易度
難易度が高い資格が多い

難易度が低い資格が多い
試験日程決まっている決まっていない資格が多い
メリット特定の専門職に就ける子育てなどの身近な場面で活かせる
デメリット受験条件がある特定の専門職に必ず就けるわけではない
代表例保育士・幼稚園教諭児童発達支援士発達障害支援コミュニケーションサポーター子ども発達障がいコミュニケーションサポーター
国家資格と民間資格の違い

例えば、就職活動や将来を見据えた自分自身のキャリアアップを目的にする場合は国家資格がおすすめですが、児童発達支援士は取得した後の実践が大切です。

合格した後の活用イメージを想定した上で受講をしないと、怪しくて意味がない評判が出ることは想定できます。

児童発達支援士資格の活用場面
  • 子どもの心の内側を理解して自己肯定感を高める
  • 子育てをする上で適切な距離感やコミュニケーション力を実践
  • 子育て経験がなくて発達障害支援ができる準備をする
  • 保育士や幼稚園教諭・児童指導員などの仕事現場で活用する

怪しい評判になる原因②:独学では取得できない民間資格

2つ目の児童発達支援士が怪しい評判の原因は、独学では取得できない民間資格になることです。

国家資格に該当しない場合はスキルアップが目的になるケースが大半ですが、コスパの良い独学では児童発達支援士資格を取得できないデメリットがあります。

児童発達支援士資格は割引キャンペーンを積極的に実施して取り組みやすい環境を整えていますが、受講料の支払いが必須条件であることから怪しいと感じるのでしょう。

怪しい評判になる原因③:発達障害支援のイメージができない

3つ目の児童発達支援士が怪しい評判の原因は、発達障害支援のイメージができないためです。

発達障害支援といっても子どもに関わる保育士ベビーシッター・幼稚園教諭などの仕事経験がないとイメージが分かりにくいと感じる受講生は多くいます。

児童発達支援士で勉強をする6つのポイントをおさえて、子育てや子どもに関わる保育士・ベビーシッターなどの仕事で活用するイメージができないと怪しく感じるでしょう。

  • 発達障害の特性を知る
  • 支援・療育方法とケースタディ
  • 脳科学の面から、子どもの特性を知る
  • 人の道に立ちための、しつけ教育
  • やる気を引き出し、自ら成長していく子の育て方
  • 人間力を身につけ、必要とされる子の育て方

≫児童発達支援士の勉強内容を詳しくみる

怪しい評判になる原因④:ユーキャンやキャリカレで取得できない

4つ目の児童発達支援士が怪しい評判の原因は、ユーキャンやキャリカレで取得できないことです。

民間資格の勉強は通信講座大手のユーキャンキャリカレを活用する受講生が多いですが、児童発達支援士は指定プランのみで資格を取得できます。

児童発達支援士資格の取得条件
  • 人間力認定協会が実施しているプランのみで目指せる資格
  • 独学や専門学校での勉強では児童発達支援士資格は取得できない
  • ユーキャンやキャリカレなどの通信講座では取得できない

例えば、複数の資格を取得経験があり、相性の良い通信講座がある場合でも児童発達支援士は対象外になるので注意が必要です。

大手通信講座の受講ができないことも怪しい・意味ないなどのネガティブな評判につながる原因になります。

怪しい評判になる原因⑤:認定している人間力認定協会を知らない

5つ目の児童発達支援士が怪しい評判の原因は、認定している人間力認定協会を知らないためです。

通信講座を受講して民間資格にチャレンジをすると認定している協会や団体のことは気にならないケースが大半ですが、児童発達支援士の場合は人間力認定協会が積極的な活動をしているため、印象に残ります。

協会一般社団法人人間力認定協会
住所静岡県静岡市葵区鷹匠3丁目12-8-9階
設立2019年4月11日
活動内容①自己肯定感を育む道徳教育の普及
②コミュニケーション能力の育成と認定
③論理思考力の育成と認定
④自然体験、社会体験の推進
⑤礼儀作法、マナー教育
認定資格児童発達支援士
発達障害コミュニケーションサポーター

SSTスペシャリスト
タッチタイピング検定
人間力認定協会の詳細

さらに、人間力認定協会の名称インパクトが強いため、怪しいなどのネガティブな評判が出てしまう流れです。

人間力認定協会の積極的な活動例

児童発達支援士を含む民間資格は、認定している協会や団体よりも身に付くスキルや活用イメージを想定して受講判断をするケースが大半です。

人間力認定協会は他の協会や団体よりも積極的に発達障害支援の輪を広げる活動をして目立つため、怪しいとネガティブな評判を出す人も出てきています。

大切なことは評判だけで怪しいと判断するのではなく、児童発達支援士を通して何をしたいのかを考えることになるため、間違えた判断をしないようにしましょう。

児童発達支援士資格は怪しいは間違いが分かる理由

結論として、児童発達支援士は怪しい資格ではないですが、具体的な理由が分かる3つのポイントを合格者の体験談をもとに紹介します。

児童発達支援士資格に興味はあるけど、怪しい評判が気になって受講判断ができないと悩んでいたら参考にしてみてください。

怪しいは間違いの理由①:累計20,000人以上が合格した評判の高い資格

児童発達支援士が怪しいは間違いと分かる1つ目の理由は、累計20,000人以上(※)が合格した評判の高い資格のためです。

児童発達支援士の認定は2021年以降に積極的な活動が始まったため、1ヶ月に平均500人以上のペースで受講していることが分かります。

本当に怪しい資格であれば毎月コンスタントに受講生が増えることはなく、一定の時期に増加が止まると予想できます。

つまり児童発達支援士は、怪しいと検索結果に出ている内容は個人の意見であり、発達障害支援の輪を広げるために必要としている受講生が大多数であると言えるでしょう。

※児童発達支援士・発達障害コミュニケーションサポーターの累計

怪しいは間違いの理由②:ワーク中心の勉強内容で身近な場面で活かせる

児童発達支援士が怪しいは間違いと分かる2つ目の理由は、ワーク中心の勉強内容で身近な場面で活かせるためです。

受講後はテキストで発達障害支援や療育・子育てに役立つ適切なコミュニケーション力を学び、ワーク(テキスト・映像講義)で身近な場面で活用する実践力を習得します。

例えば、発達障害支援資格の中でも評判の高い子ども発達障がい支援アドバイザーと比較すると以下の通り、再現性の高さがおすすめです。

資格勉強イメージ
児童発達支援士発達障害に関する正しい知識と支援スキルが中心の勉強内容。
支援が目的になるため、家庭内だけでなく、複数パターンや第三者目線でのコミュニケーション・サポート力が身に付く。
→これから出産する場合や発達・成長に合わせた適切な関わり方を理解できる。
子ども発達障がい支援アドバイザー子どもに特化した専門的な支援力が身に付く。例えば、医療や療育などの一般的な知識だけでなく、子どもに合わせた対応力が身に付く。
→児童発達支援士よりも初心者向けで、汎用性よりも特定の知識が中心の内容。
比較したい発達障害支援との比較

子育て経験がなくても実際に支援をするイメージを想定しながら勉強ができるため、自分ごととして想定しながら児童発達支援士の勉強ができます。

つまり、形だけの資格にはなりにくいポイントから怪しい・意味ない評判は先入観が入っていると言えるでしょう。

怪しいは間違いの理由③:積極的に発達障害支援の輪を広げる活動をしている

児童発達支援士が怪しいは間違いと分かる3つ目の理由は、積極的に発達障害支援の輪を広げる活動をしているためです。

児童発達支援士を受講した後は、人間力認定協会公式LINEのともだち登録をしますが、定期的に意見交換会や療育動画の情報発信(月1回程度)がされています。

  • 合格者の交流会や意見交換会で子育ての悩みや支援の輪を広げる情報交換
  • 公式LINEのアンケート調査で子育ての悩みをヒアリング
  • 月に1回程度の療育動画の発信で身近な場面で活かせるスキルを紹介

児童発達支援士資格を取得しただけで満足することを避け、身についた発達障害支援スキルを活用できる場の提供を積極的に実施しています。

例えば、子育てに悩んでいる場合や出産を控えている・子どもに関わる仕事で活躍したいけど自信がないと悩んでいても、児童発達支援士の勉強を通して、新しい発見や問題解決につながる可能性が高いです。

児童発達支援士が怪しい評判は一部の意見だけであり、実際には身近な場面で活かせる発達障害支援の専門スキルを習得できると覚えておきましょう。

児童発達支援士資格の評判や体験談

児童発達支援士資格を合格した体験談や評判を紹介します。

はじめて資格の勉強をする場合や児童発達支援士に興味はあるけど、受講する勇気が出ない場合は合格者の体験談を参考にしてみると良いでしょう。

子育てや保育士経験がなくても分かりやすい教材

児童発達支援士資格は、子育てや保育士などの仕事経験がなくてもパッと見て理解できる教材で勉強ができます。

発達障害支援に役立つ基礎知識をテキストで理解をしますが、身近な場面で想定できるケースが多く紹介されているほか、文字では理解しにくいポイントはイラストを交えて解説されています。

さらにテキストは1冊にまとまっており、合格までのスケジュール調整や勉強が苦手でもモチベーション維持がしやすいメリットが特徴です。

子育てや保育士経験がなくてもOK!
  • 発達障害支援に役立つ基礎知識からテキストでインプットできる
  • 子育てや保育士経験がなくても現場のイメージがしやすい勉強内容
  • インプット用のテキストは1冊だけでスケジュール調整がしやすい

知識だけでなく身近な場面で活かせるスキルを学べる

発達障害支援は知識だけを身につけても、子どもとのコミュニケーションや支援を実践しないと意味がないです。

児童発達支援士はワークが中心の勉強内容になるため、合格した後の活用イメージが明確になるメリットが特徴になります。

  • 児童発達支援士を学ぶにあたって
  • 支援士に必要不可欠な自己分析
  • あなたが支援したい相手とは
  • 話を聴く姿勢と話す時の態度
  • 見方を変えるリフレーミング
  • 問題を解決するためのステップ

子育て経験がなくても、過去の傾向や子どもの行動から導き出せる最善のコミュニケーションを複数パターンで気軽に練習できるため、インプットだけにならない勉強ができます。

他にも保育士として現場で子どもとの関わり方に悩んでいる場合や自己肯定感の高め方が分からずにしつけでモヤモヤしている状況でも、自分ごととして捉えながら児童発達支援士を目指せるでしょう。

合格後に児童発達支援士を活用するイメージがしやすい

児童発達支援士資格の合格をした後にスキルを活用するイメージがしやすいメリットも評判です。

発達障害支援の特性を理解して、適切な療育や支援・しつけに役立てることが目的の児童発達支援士は、合格後を意識した勉強が中心になります。

合格した後の活用イメージを意識
  • 子どもの自立心を上げて自ら行動できる自己肯定感の高め方
  • 子育てをする上で必要な子どもの心の内側を引き出すスキル
  • 学校でのいじめ問題やトラブル・心の変化にいち早く気づく

過去の経験や体験談をもとに作られた教材になっているため、同じことの繰り返しを防止する目的でも学ぶメリットがあります。

合格して満足するのではなく、子育てや子どもに関わる仕事で活かせる実践スキルを習得できる民間資格が児童発達支援士です。

児童発達支援士の国家資格状況

児童発達支援士は子どもの成長や発達障害支援に役立つ大切なスキルを習得できます。

国家資格化や将来性を確認して、児童発達支援士資格を目指すキッカケを考えてみましょう。

国家資格でなくても専門性の高いスキル

児童発達支援士は国家資格ではないです。

子ども関連の国家資格では、保育士や幼稚園教諭・看護師が代表例ですが、民間資格でも取得するメリットは複数あります。

資格代表例メリット
国家資格保育士・幼稚園教諭・看護師特定の専門職に就ける
民間資格児童発達支援士発達障害支援コミュニケーションサポーター子ども発達障がいコミュニケーションサポーター子育てなどの身近な場面で活かせる
国家資格と民間資格の違い

国家資格でないと意味ない評判もありますが、児童発達支援士をはじめとした民間資格は合格した後の活用イメージを想定するとギャップを防止できます。

国家資格化される可能性は低いですが、将来的にも活かせる発達障害支援の専門性が高いスキルを習得できる資格が児童発達支援士です。

合格後の活用イメージや支援の輪を広げることが大切

児童発達支援士資格は、合格後の活用イメージを想定した上で勉強をした方が再現性の高い知識を習得できます。

例えば、保育士や幼稚園教諭などの国家資格は専門職の就職活動で活かすために取得しますが、児童発達支援士の場合はあなたの強み・専門力として子どもと関わる現場で積極的に活用していく必要があります。

合格するだけで満足するのではなく、子育て・子どもに関わる保育士・幼稚園教諭・ベビーシッターなどの仕事で活用する自分自身を想定しながら勉強をすると、受講する意味が明確になるでしょう。

児童発達支援士資格を保育士や子育てで活用する方法

児童発達支援士資格を保育士や子育てで活用する方法は大きく分けて2種類です。

興味はあるけど、児童発達支援士資格の勉強をする決め手がない場合は参考にしてみてください。

保育士は子どもとの距離感やコミュニケーションに活かせる

保育士は、児童発達支援士の勉強を通して子どもとの距離感や適切なコミュニケーション力アップにつながります。

複数の子どもを対象としたしつけや教育が必要な保育士は、一人一人に合ったコミュニケーションを取らないといじめへの発展や子ども同士のトラブルに発展することに注意が必要です。

児童発達支援士では、教育と発育の違い・やる気を引き出す方法を学べるため、子どもが主体となって自発的な行動や距離感を理解できます。

これから保育士を目指す場合や子どもとの距離感が掴めずに悩んでいる場合は、児童発達支援士の勉強を通して、子どもの自主性を引き立てるスキルを習得できるでしょう。

子育てでは子どもの自己肯定感を高めて自立心につなげられる

子育てでは、子どもの自己肯定感を高めて、自立心を高めて積極的な行動力につなげるしつけ・教育ができます。

児童発達支援士では、子どもの話を聴く姿勢やリフレーミングの技術を身につけ、自己肯定感を高めることが可能です。

子育て経験がなくてもイメージがしやすいため、勉強をしていく上で正しい子どもとの関わり方を理解できるメリットも児童発達支援士の特徴になります。

児童発達支援士資格の合格率や試験難易度

児童発達支援士は誰でも受験ができる民間資格になりますが、合格率や試験難易度を紹介します。

勉強が苦手な場合は、合格までのイメージや試験難易度を確認してみましょう。

合格率は90%程度で難易度は低い

児童発達支援士は、合格率が90%程度になるため、民間資格の中でも難易度は低い部類に含まれます。

項目詳細
試験時間60分
合格基準70%以上の正答率
合格率90%程度
合格者数16,500人以上
受験料4,070円
児童発達支援士の合格率・試験難易度

万が一不合格の場合は再受験ができますが、自宅で自分のペースで受験ができるため、丁寧な試験対策ができれば1回で合格ができる試験難易度です。

試験範囲は、テキスト・ワークブック内から出題されるため、児童発達支援士の勉強内容を隅々まで理解できれれば難易度は低いと感じるでしょう。

勉強が苦手でも短期間でスムーズに合格を目指せる

勉強が苦手でも児童発達支援士資格は、最短1ヶ月程度でもスムーズに合格を目指せます。

メインのテキスト教材は126ページで構成されており、1日5ページずつ勉強を継続するだけでも1ヶ月程度のスケジュールです。

例えば、出題範囲の広い国家資格や筆記・実技の試験対策が必要な保育士と異なり、気軽に合格を目指せる民間資格が児童発達支援士になります。

児童発達支援士資格は怪しい評判や体験談に関するよくある質問

児童発達支援士資格は怪しい評判や体験談に関するよくある質問を紹介します。

児童発達支援士は怪しい資格ですか?

いいえ、怪しい資格ではないです。

一方で、子育てや子どもに関わる保育士などの仕事現場で活用する実践スキルを習得できる民間資格になるため、誤解する人も少なくありません。

具体的には5つの理由から児童発達支援士が怪しい評判が出ていると予想できます。

独学でも児童発達支援士資格を取得できますか?

いいえ、独学では児童発達支援士を取得できないです。

児童発達支援士資格を取得するためには人間力認定協会のプランを受講する必要があります。

児童発達支援士の合格率はどのくらいですか?

合格率は90%程度です。

自宅でいつでもチャレンジができる民間資格で、試験難易度は低い部類になります。

合格までどのくらいの勉強期間が必要ですか?

児童発達支援士は最短1ヶ月間の勉強だけでも合格を目指せます。

短期間で集中した勉強で、スムーズに児童発達支援士資格を取得できるでしょう。

子育て経験がなくても児童発達支援士の勉強ができますか?

はい、子育て経験がなくてもテキスト教材でインプットをして、ワークブックで実践スキルを習得できます。

子育て経験がなくても、出産準備を目的として受講するケースも少なくありません。

児童発達支援士に国家資格はありますか?

いいえ、児童発達支援士に国家資格はなく、一般社団法人人間力認定協会が認定している民間資格のみです。

保育士でも役に立つ資格ですか?

子どもとの適切な関わり方や自己肯定感を高めることをができるため、保育士が子どもと関わる上で役立つスキルを学べます。

児童発達支援士資格を取得するだけでは就職できませんが、強みとして履歴書に書いてアピールができるでしょう。

児童発達支援士はユーキャンでも目指せますか?

いいえ、児童発達支援士はユーキャンで取得できないです。

ユーキャンで合格を目指せる発達障害支援資格は子ども発達障がい支援アドバイザー資格になります。

児童発達支援士資格は一般社団法人人間力認定協会のプランを受講することが取得条件です。

※本記事内の料金はすべて税込表記です。
※本記事内では、消費者庁の「アフィリエイト広告等に関する検討会 報告書」及び景品表示法比較広告に関する景品表示法上の考え方」に則り、比較・広告紹介をしています。
※紹介している商品の購入や通信講座の申し込みをすると、売上の一部が運営会社に還元されることがあります。
※各情報などは公式サイト及び上記のサイトを参照しています。

※情報は作成・更新時の内容になるため、プラン改定などによって販売が中止・変更になっている場合があります。最新の情報は、各公式サイトよりご確認ください。
※マイ資格ナビで掲載している文章や画像などにつきましては、いかなる場合でも無断転載(キャプチャ画像をSNSなどに掲載含む)することを禁止します。無断転載をした場合は、予告なく法的措置等の適切な対応をいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次