家電アドバイザーの合格率や試験内容・参考書は?おすすめの勉強方法と対策を詳しく調査!

家電アドバイザーの合格率や試験内容・参考書は?おすすめの勉強方法と対策を詳しく調査!

×
【最大半額】2/29までスプリングボーナスキャンペーン

家電アドバイザーは、AV情報家電と生活家電の2種類に分かれていて一般財団法人家電製品協会が認定する民間資格です。

家電に関する専門性の高い知識を理解している証明として家電量販店の就職活動で、履歴書の強みとしてアピールはできますが、「勉強方法や試験内容が分からない…」と悩んでいませんか。

そこで本記事では、家電アドバイザーの合格率や試験内容・参考書を詳しく紹介しています。

目次

資格のキャリカレ
【スプリングキャンペーン】
ハガキ申込より最大50%OFF
※2/29(木)まで

2/29(木)まで
キャリカレおすすめキャンペーン

家電アドバイザーの試験内容と科目・種類

家電アドバイザーは、一般財団法人家電製品協会が実施・認定している民間資格で、試験内容や試験日程が決まっています。

民間資格とはいえ、家電に関する幅広い知識や家電購入のアドバイザーとして専門性の高いスキルが求められます。

はじめて試験対策をする場合は、家電アドバイザーの試験内容や合格までのイメージを明確にした上でチャレンジしましょう。

家電アドバイザーは1年間で2回試験を実施する民間資格

家電アドバイザーは1年間で試験を2回実施する民間資格になるため、合格までの対策を逆算してスケジュール調整がしやすいメリットが特徴です。

試験日程例年3月・9月
受験料3科目:15,600円
2科目:9,400円
試験科目の免除で2科目:12,400円
試験科目の免除で 1科目:6,200円 
受験科目・AV情報家電の商品知識と取扱い
・生活家電の商品知識と取り扱い
・CSと関連法規 (共通科目)

例年3月と9月に試験を実施する家電アドバイザーですが、最大で3科目(共通科目含む)の対策が必要になるため、勉強範囲が広くなっています。

勉強時間の目安は公表されていませんが、1科目20時間程度の勉強をする場合は60時間程度の対策をした方が安心して試験本番を迎えることができるでしょう。

  • 1日1時間×60日間(2ヶ月間)の勉強
  • 1日2時間×30日間(1ヶ月間)の勉強

例えば、試験本番の3ヶ月前(12月・6月)からコツコツ勉強を始めれば、家電初心者でも合格を目指せるスケジュールが組みやすいです。

民間資格とはいえ、専門性の高い家電の知識が必要とされているため、余裕のあるスケジュールで試験対策をすると良いでしょう。

科目2種類から選択をして家電アドバイザーを目指す

家電アドバイザーの試験範囲では、AV情報家電と生活家電+CSと関連法規 (共通科目)の構成で成り立っています。

合格ラインは共通科目と合わせて2科目で200点中140点以上が合格ラインになるため、正しい理解ができていないと合格は難しいです。

科目資格要件(期待する水準)
生活家電家電製品のユーザーに対して、購入時
の商品選択から購入後の使用方法・不
具合解決・廃棄に到るまでのアドバイス
を適切に行うために、次の商品知識・関
連法規類の基礎知識・接客マナーなどの
能力を有すること。
AV情報家電家電製品のユーザーに対して、購入時
の商品選択から購入後の使用方法・不
具合解決・廃棄に到るまでのアドバイス
を適切に行うために、次の商品知識・関
連法規類の基礎知識・接客マナーなど
の能力を有すること。

共通問題含む3科目同時に合格を目指す受験生もいますが、専門性を高めたい場合や初心者は2科目に絞った方がスムーズに合格を目指しやすいです。

勉強時間は2科目であれば40時間程度でも足りる場合もあるため、ボリュームをコンパクトにできるメリットがあります。

家電アドバイザーは、民間資格の中でも仕事現場での実用性が高いことからも注目度が高いため、勉強だけでなく実践イメージも想定した対策をすると良いでしょう。

ゴールドグレード・プラチナグレードの家電アドバイザーも目指せる

民間資格の中には難易度が分かれている試験も多いですが、家電アドバイザーはゴールドグレード・プラチナグレードと通常よりもグレードが高い資格も目指せます。

グレード合格基準
ゴールドグレード2科目で200点中180点以上
プラチナグレード生活家電とAV情報家電の両方で2科目で200点中180点以上

家電アドバイザーは、合格しても必ず家電量販店などの就職活動で成功するわけではないですが、ゴールドグレード・プラチナグレードまで合格できれば履歴書で強みとしてアピールしやすいです。

  • 家電アドバイザー:専門的なスキルを習得
  • 家電アドバイザーゴールドグレード:選択科目の専門家
  • 家電アドバイザープラチナグレード:生活家電とAV情報家電の両方の専門家

目標とする働き方や企業を考慮して、家電アドバイザーの合格を目指す難易度を考えてみると良いでしょう。

家電アドバイザー試験の合格率や合格者数・グレードごとの難易度

家電アドバイザーはAV情報家電と生活家電の2科目(+共通科目)に分かれていますが、過去の合格率や合格者数が公表されています。

はじめて試験対策をする場合は、家電アドバイザーの難易度や合格率・合格者数を参考にしましょう。

AV情報家電の合格率や合格者数

一般受験科目受験合計
受験者数2,156人1,066人3,222人
合格者数524人486人1,010人
合格率24.3%45.6%31.3%
参照:一般財団法人家電製品協会(2023年9月(第45回)試験)

家電アドバイザーのAV情報家電は、生活家電と比較して合格率が低い傾向にあり、10人中3人程度が合格する割合です。

1回の受験人数は一般と科目合計で3,200人を超えており、年間で6,000人以上が受験していますが、基礎理解や過去問対策を継続することで一発合格も目指せます。

テレビやBD/HDDレコーダー・デジタルカメラなどの専門性を高めるために合格を目指す受験生が多いため、2科目または3科目受験の判断材料として検討してみましょう。

生活家電の合格率や合格者数

一般受験科目受験合計
受験者数2,795人906人3,701人
合格者数880人552人1,432人
合格率31.5%60.9%38.7%
参照:一般財団法人家電製品協会(2023年9月(第45回)試験)

家電アドバイザーの生活家電は、AV情報家電と比較して合格率が高い傾向にあり、10人中3〜4人程度が合格する割合です。

エアコンや空気清浄機・加湿器などの専門知識を習得することが中心になりますが、身近な場面の勉強をするためスムーズに理解ができる受験生が多いと予測できます。

合格に必要な勉強時間の公表はないですが、1科目20時間の場合は40時間が目安になるため、バランス良い対策が必要です。

AV情報家電と生活家電で多少の合格率に差はありますが、10人中3人程度の合格率になるため、万全の準備ができないと不合格になるリスクが高いと覚えておきましょう。

家電アドバイザーで合格した口コミや評判

家電アドバイザーで合格した口コミや評判・体験談を紹介します。

はじめて合格を目指す場合は、家電アドバイザーの口コミや評判を参考にしてみてください。

口コミをまとめると…
  • 家電に関する専門性の高いスキルを習得できる民間資格が魅力
  • 計画的な勉強スケジュールを組まないと不合格になるリスクが高まる
  • 5年で更新をしないと資格が失効するため注意が必要

家電に関する専門性の高いスキルを習得できる

家電アドバイザーは、家電量販店の仕事現場で活かせる実践的なスキルを中心に学べるため、専門家としての技術やアドバイス力を習得できると口コミで評判です。

過去問対策をすることも重要ですが、仕事で活かせる再現性の高いスキルを習得することで合格率を高めることができます。

試験で合格することだけでなく、家電に関する専門的な知識や専門性の高いスキルを習得することが重要になるため、合格後のイメージも想定した上でチャレンジすると良いでしょう。

想定よりも試験難易度が高く感じるじとも多い

家電アドバイザーは、AV情報家電・生活家電ともに合格率は30%程度で、民間資格の中では難易度が高い部類に含まれます。

合格率30%程度は、社会福祉士賃貸不動産経営管理士などの国家資格と同等になるため、万全の対策ができないと不合格になる可能性が高いです。

試験勉強をしないまま本番を迎える口コミも出ていますが、基本的には40時間以上の勉強を目安にして、参考書や過去問を繰り返すことで効率よく合格を目指せるでしょう。

5年で更新をしないと資格が失効する

AV情報家電・生活家電の科目別に合格を目指せる家電アドバイザーですが、合格した後は5年後に更新手続きをしないと資格が失効されるため、スケジュールを確認しないと損をします。

家電アドバイザー試験に合格した後もスキルを活用していれば更新を忘れない可能性は高いですが、放置しているとせっかく勉強した時間が無駄になるリスクが高いです。

口コミでは更新が手間に感じる評判が出ていますが、合格した後の活かし方やスキルの活用イメージを想定した上でチャレンジすると良いでしょう。

家電アドバイザーを仕事で活用する方法や需要・年収イメージ

家電アドバイザーを仕事で活用する方法や需要・年収イメージを紹介します。

民間資格で独占業務はできないですが、家電アドバイザーは家電量販店を中心に専門業として活躍ができるため、合格を目指すメリットが大きいと感じる受験生も増えています。

家電アドバイザーの需要や年収イメージを把握して、納得のできるスキルアップができるようにしましょう。

家電アドバイザーの需要や将来性

家電アドバイザーは、最新の家電に関する知識や専門性も求められるため、需要や将来性の高さは予測できます。(参照:経済産業省

民間資格は合格するだけで必ず就職活動の成功ができるわけではないですが、専門性の高い知識や技術を身につけることで、活躍できる幅が広がるメリットが特徴です。

合格するだけで満足したら意味がないですが、家電量販店は年々増加傾向になっている(参照:経済産業省)ため、就職活動でも活かしやすくなります。

5年で更新しないと資格が失効するデメリットはありますが、専門性の高い技術を習得できるとして注目度が高いでしょう。

家電アドバイザーの年収や収入イメージ

家電アドバイザーは独占業務ができる国家資格ではないため、確実な年収アップや明確な収入は決まっていません

一方で、ホームセンター・家電量販店で働く販売サービスの求人(参照:マイナビ転職)は複数出ていて、300万円以上の募集をしている企業もあります。

まずは、家電アドバイザーの求人募集を確認して目安の年収を確認した上で勉強すると良いでしょう。

家電アドバイザー試験を独学で対策する勉強方法や参考書

家電アドバイザーの試験対策は、参考書を活用して合格を目指す方法が基本です。

はじめて試験対策をする場合は、1年で2回しかない試験で合格するために万全の準備ができるようにしましょう。

家電アドバイザーは独学での試験対策が基本

通信講座やスクールよりも一般財団法人家電製品協会認定の家電アドバイザーは、独学で合格を目指すことが基本です。

独学で勉強をする場合は、あなた自身でスケジュールを調整した上で対策する必要はありますが、安く費用で取り組めるメリットが魅力になります。

独学で勉強をするメリット
  • 通信講座やスクールよりも安い費用で取り組める
  • 好きな教材を活用してマイペースに勉強ができる
  • スキマ時間を有効活用してスムーズに対策ができる

一方で、質問や課題添削などのサポートが含まれていないデメリットがあるため、挫折する心配がある場合は合格までのスケジュールを考慮した上でチャレンジした方が良いです。

10人に3人程度しか合格できない家電アドバイザーになるため、独学で勉強を継続する自信がない場合は試験本番まで3ヶ月以上の期間を設けた方が余裕のある対策ができるでしょう。

勉強時間の目安はないが1年で2回しか受験ができない

家電アドバイザーは明確な勉強時間の目安はないですが、例年3月・9月の2回しか受験ができないため、余裕のある試験対策ができないとメンタル面のケアが難しいです。

1科目20時間の勉強をする場合は2科目で40時間の勉強になりますが、仕事現場での実用性が問われる家電アドバイザーは合格するだけで満足したら意味がありません。

参考書を活用して独学で勉強をする場合は、最低でも試験本番から2ヶ月前(不安なら3ヶ月前)から対策を始めると納得のできる準備ができるでしょう。

一般財団法人家電製品協会が出版している参考書で対策がおすすめ

独学の対策をする場合は、一般財団法人家電製品協会が出版している参考書の活用が基本です。

AV情報家電・生活家電・CSと関連法規の各科目別と問題&解説集に分かれているため、重点的に対策をするポイントが分かりやすいメリットがあります。

他にもスマートマスター参考書・問題集や家電製品エンジニア参考書・問題集も販売されており、家電アドバイザーだけでなく、専門性を高めたい場合は参考にしてみると良いでしょう。

家電アドバイザーを目指せるおすすめ通信講座

家電アドバイザーは一般財団法人家電製品協会が合格者や実績が豊富ですが、通信講座でも類似スキルの習得を証明できる民間資格を目指せます。

資格名家電アドバイザー
認定一般社団法人日本技能開発協会
合格率不明
合格者数不明
スキル家電を通して安心で快適な生活をアドバイスする専門的なスキル

独学での勉強に自信がない場合や合格者数にこだわりがない場合は、一般社団法人日本技能開発協会が認定している家電アドバイザーを参考にしてみましょう。

ラーキャリなら最短3週間で合格を目指せるスケジュール

一般社団法人日本技能開発協会が認定している家電アドバイザーは、ラーキャリ(通信講座)を通して合格を目指せます。

ラーキャリのメリットは、LINEで無制限の質問ができ、最短3週間で合格を目指せるスケジュールが組まれていることです。

ラーキャリ家電アドバイザー講座の魅力
  • 家電初心者でも気軽にチャレンジができる内容
  • 最短3週間でスムーズに合格を目指せる
  • LINEで何回でも質問をしながら試験対策ができる
  • 知識に自信があれば試験のみも対応可能

勉強が苦手な場合や疑問を解消しながら対策をするなら、LINEで相談しながら合格を目指せるラーキャリがおすすめです。

一方で、一般財団法人家電製品協会が認定している家電アドバイザーの方が費用面が安く、専門性の高いスキルを習得できるメリットがあります。

一般社団法人
日本技能開発協会
一般財団法人
家電製品協会
専門性初心者向けの内容が中心専門的な技術も目指せる
初心者向け初心者向け初心者〜専門家まで幅広く対応
実用性高い高い

民間資格の場合は、合格した後の実用性が重要になるため、あなたの目標としているイメージに合わせて選んだ方が納得のできるスキルを習得できます。

いずれも初心者向けですが、勉強スタイルや専門性の部分で比較してみると納得のできるスキルを習得できるでしょう。

質問をして疑問を解消しながら勉強をしたいならラーキャリがおすすめ

通信講座で受講する場合は独学よりも支払い面の負担がかかりますが、サポート面が優れている点が魅力です。

ラーキャリは他の通信講座と比較しても希少であるLINEで無制限の質問や期間延長サポートが受講料に含まれています。

  • LINEで無制限の質問:疑問に感じたらいつでも相談ができる
  • 無制限の期間延長:マイペースに勉強ができてスケジュール調整がしやすい

家電アドバイザーは民間資格になるため、合格した後のスキルを活用イメージや実用性の高い技術を習得できなければ意味がないですが、ラーキャリなら疑問を解消した上でチャレンジできるメリットが特徴です。

「家電アドバイザーに興味はあるけど、勉強が苦手で正しいスキルを習得できるか不安…」と悩んでいたら、ラーキャリで合格を目指すと納得のできるスキルを習得できるでしょう。

LINEで相談しながら合格を目指せる!

家電アドバイザーに関するよくある質問

家電アドバイザーに関するよくある質問を紹介します。

はじめて家電アドバイザーの合格を目指す場合は、疑問を解消した上で試験対策をすると良いでしょう。

家電アドバイザーの合格率はどのくらいですか?

家電アドバイザーの合格率は30〜40%程度になるため、民間資格の中では難易度の高い部類に含まれます。

試験は、生活家電とAV情報家電の2科目とCSと関連法規 (共通科目)に分かれており、目指したい専門性を高めると良いでしょう。

家電アドバイザーにランクはありますか?

家電アドバイザーは、2科目で180点以上でゴールドグレード・生活家電とAV情報家電の両方で2科目で200点中180点以上でプラチナグレードを取得することができます。

より専門性を高めるためには、家電アドバイザーの試験で満点を目指すことが一番です。

家電アドバイザーに国家資格はありますか?

いいえ、家電アドバイザーに国家資格はありません。

民間資格になりますが、専門性の高さを証明できるため、履歴書に書いてアピールがしやすいでしょう。

家電アドバイザーは独学の対策のみですか?

一般財団法人家電製品協会が認定している家電アドバイザーは独学(参考書)のみですが、一般社団法人日本技能開発協会はラーキャリ(通信講座)で合格を目指せます。

ラーキャリは、受講料に無制限の質問(LINE)が含まれており、勉強に自信がない場合でも疑問を解消しながら合格を目指せます。

家電アドバイザーに興味はあるけど、勉強が苦手で自信がなければラーキャリを参考にしてみると良いでしょう。

LINEで相談しながら合格を目指せる!

※本記事内の料金はすべて税込表記です。
※本記事内では、消費者庁の「アフィリエイト広告等に関する検討会 報告書」及び景品表示法比較広告に関する景品表示法上の考え方」に則り、比較・広告紹介をしています。
※紹介している商品の購入や通信講座の申し込みをすると、売上の一部が運営会社に還元されることがあります。
※各情報などは公式サイト及び上記のサイトを参照しています。

※情報は作成・更新時の内容になるため、プラン改定などによって販売が中止・変更になっている場合があります。最新の情報は、各公式サイトよりご確認ください。
※マイ資格ナビで掲載している文章や画像などにつきましては、いかなる場合でも無断転載(キャプチャ画像をSNSなどに掲載含む)することを禁止します。無断転載をした場合は、予告なく法的措置等の適切な対応をいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次