ShikakuPassの口コミ評判は?資格の種類と合格率・合格者数まで詳しく調査!

ShikakuPassの口コミ評判は?資格の種類と合格率・合格者数まで詳しく調査!

ShikakuPass(シカクパス)は、スマホを活用した1回5分の勉強だけで資格を目指せる通信講座で、ムダなく重要ポイントを中心に対策ができることが魅力です。

とはいえ、ShikakuPass(シカクパス)の口コミ評判が分からないと信頼して良いのか分からないですよね。

そこで本記事では、ShikakuPassの口コミ評判や通信講座との比較を詳しく紹介しています。はじめてShikakuPassで資格の勉強をする場合は参考にしてみてください。

1回5分の勉強だけでOK!

本記事内の参照

本記事内で紹介しているShikakuPass(シカクパス)の評判・口コミは、法務省消費者庁国民生活センターが発信する情報を元に、マイ資格ナビ編集部(株式会社マイナビ出版マイナビブックス)がコンテンツ制作ポリシーに則り独自で作成しています。

本記事は皆様に無料コンテンツを提供する目的で、プロモーション等に関する手数料の支払いを受けているものもあるため、気になる方はご注意ください。

※本記事内で紹介する口コミは個人の感想であり、誰もが同様の試験で合格・成果が出るわけではありません。
※本記事は2024年2月時点の情報を紹介しています。

目次

資格のキャリカレ
【スプリングキャンペーン】
ハガキ申込より最大50%OFF
※2/29(木)まで

2/29(木)まで
キャリカレおすすめキャンペーン

ShikakuPass(シカクパス)とは?

ShikakuPass(シカクパス)とは?

ShikakuPass(シカクパス)は2023年6月にサービスが開始された通信講座で、プロ講師による重要ポイント中心の対策ができる勉強スケジュールが評判です。

マイナビブックス株式会社マイナビ出版)で出版している『イメージで攻略 わかる! 受かる!! FP』シリーズの執筆や監修も担当している小田博隆先生(おーちゃん先生)もFP講座の講師を担当していることも特徴になります。

目指せる資格の種類は限られているデメリットはありますが、スマホだけでも合格を目指せるShikakuPass(シカクパス)は時間がない社会人や主婦向きの通信講座です。

まずは、ShikakuPass(シカクパス)のポイントを理解して、口コミ評判を確認しましょう。

株式会社Gakken LEAPが運営している通信講座

ShikakuPass(シカクパス)は、株式会社Gakken LEAPが運営している通信講座で、2023年6月にサービスがリリースされました。

会社名株式会社Gakken LEAP
所在地東京都品川区西五反田二丁目11番8号
事業内容Ed-Tech事業の開発、構築及びコンサルティング業務
学研グループ各社およびグループ外企業のIT事業・サービスに関する企画、設計、開発、導入支援及び運用並びにそれらに関するコンサルティング
ベンチャー企業・ベンチャーキャピタルに対する投資と養成
株式会社Gakken LEAPの会社概要

学研グループの実績や蓄積されたノウハウを活かして、目指す自分への“最適PASS”をコンセプトにShikakuPass(シカクパス)がつくられました。

他の通信講座との差別化ポイントとして、学研グループの実績面もShikakuPass(シカクパス)の強みになるでしょう。

ShikakuPass(シカクパス)は1回5分の勉強かつスマホで合格を目指せる

ShikakuPass(シカクパス)は1回5分の勉強かつスマホで合格を目指せる

ShikakuPass(シカクパス)は、1回5分の短時間で集中した試験対策ができるメリットが特徴で、時間がない社会人や主婦でもサクサク勉強ができる通信講座です。

勉強方法ポイント
独学(参考書)好きな教材を活用できるが自己判断でスケジュール調整
一般的な通信講座通信講座ごとの教材を活用できるが1日60分以内が多い
ShikakuPass1回5分の教材でメリハリある勉強ができる
ShikakuPassと他通信講座の比較

1回5分の勉強ができれば、電車通勤の時間や寝る前のちょっとした空き時間などを有効活用できるため、資格の勉強と仕事・日常生活を両立しやすくなります。

スマホを活用した勉強ではスタディングの知名度が高いですが、1回5分に集約された教材はShikakuPass(シカクパス)ならではの魅力です。

勉強方法スマホ1回の時間
ShikakuPass5分
スタディング10分〜
アガルート10分〜
ShikakuPassと他通信講座の比較

落ち着いた環境で勉強を継続する自信がない場合や時間調整が難しくて悩んでいたら、ShikakuPass(シカクパス)の教材との相性が良いです。

ShikakuPass(シカクパス)と同様にスマホで勉強ができるスタディングの悪い評判や口コミと比較して、スムーズに合格を目指せる通信講座を見つけましょう。

プロ講師のレクチャーが初学者向けで分かりやすい

ShikakuPass(シカクパス)は3種類の資格を目指せますが、いずれも活動量が多く、知名度の高いプロ講師が担当しています。

ファイナンシャルプランナー講座小田博隆(おだ・ひろたか)先生(@ochan1classfp
基本情報技術者講座丸山紀代(まるやま・のりよ)先生
ITパスポート講座丸山紀代(まるやま・のりよ)先生
ShikakuPass(シカクパス)の講師

通信講座の受講をする場合は講師の解説がスムーズに理解できる環境を選ばないと、ストレスを抱えながら試験対策をすることになります。

ShikakuPass(シカクパス)の講師は、公式サイトでイメージ動画を公開しているため、合格までのイメージや納得できる勉強がしやすいメリットが特徴です。

初学者向けの教材や解説になっているため、勉強が苦手で挫折が心配な場合でもスムーズに合格を目指せる通信講座がShikakuPass(シカクパス)になります。

1回5分の勉強だけでOK!

ShikakuPass(シカクパス)で目指せる資格の種類と口コミ・評判

ShikakuPass(シカクパス)で目指せる資格の種類は2024年2月時点では3種類です。

ShikakuPassでは、仕事に役立つ国家資格を目指せます。独学や他の通信講座と比較して、合格までのイメージを考えてみましょう!

ShikakuPass(シカクパス)のファイナンシャルプランナー講座の口コミや評判

ShikakuPass(シカクパス)のファイナンシャルプランナー講座の口コミや評判

ShikakuPass(シカクパス)のファイナンシャルプランナー講座は、2級・3級対策ができる勉強スケジュールで初学者でも効率よく合格を目指せます。

資格FP
講師小田博隆(おだ・ひろたか)先生
受講料3級:19,800円
2級:47,520円
3級・2級パック:59,400円
サポート体制学習進捗管理機能
受講期限2025年3月31日(月)
※2024年12月31日までに受講の場合

ファイナンシャルプランナー講座の講師である小田博隆(おだ・ひろたか)先生は、YouTubeでの活動やマイナビ出版から書籍の販売もしていて、自身でもFP1級を取得しています。

初学者向けの分かりやすい解説が口コミで評判になっており、FPの勉強経験がなくても気軽にチャレンジしやすい教材がおすすめポイントです。

スマホでFPの試験対策ができる通信講座はスタディングFP講座がありますが、1回5分に集約されているShikakuPass(シカクパス)の方が短時間でメリハリのある勉強がしやすいでしょう。

いきなりFP2級の試験対策もしやすく、初学者向けの通信講座です。効率よくFP2級・3級の勉強ができるため、仕事や子育てとの両立がしやすいですよ!

1回5分の勉強だけでOK!

ShikakuPass(シカクパス)の基本情報技術者講座の口コミや評判

ShikakuPass(シカクパス)の基本情報技術者講座の口コミや評判

ShikakuPass(シカクパス)の基本情報技術者講座は、LINEでともだち登録をすると実際の講義を体験できて、受講後のギャップを防止できると評判です。

資格基本情報技術者
講師丸山紀代(まるやま・のりよ)先生
受講料60,720円
サポート体制学習進捗管理機能
LINE登録で無料体験
受講期限2025年3月31日(月)
※2024年12月31日までに受講の場合

基本情報技術者は合格率が20〜30%程度とされており、ITパスポートよりも難易度が高いIT技術のスキルが問われる国家資格です。

独学だと200時間程度の勉強が必要になりますが、1回5分の映像講義で対策ができるShikakuPass(シカクパス)は挫折するリスクを減らして合格を目指せると口コミで評判です。

さらに、LINEのともだち登録をするだけで基本情報技術者講座の体験受講ができるため、支払いをした後のギャップを防げる点も魅力になります。

基本情報技術者はIT技術の中級クラスのスキルを証明できる国家資格です。初学者に必要な200時間よりも短い時間で合格を目指せると評判ですよ!

1回5分の勉強だけでOK!

ShikakuPass(シカクパス)のITパスポート講座の口コミや評判

ShikakuPass(シカクパス)のITパスポート講座の口コミや評判

ShikakuPass(シカクパス)のITパスポート講座は、はじめて試験対策をする場合でも分かりやすい教材を活用できて、挫折しにくい解説が良いと評判です。

資格ITパスポート
講師丸山紀代(まるやま・のりよ)先生
受講料23,760円
サポート体制学習進捗管理機能
受講期限2025年3月31日(月)
※2024年12月31日までに受講の場合

ITパスポート基本情報技術者よりも難易度が低く、IT関連に自信がない初心者でも合格を目指しやすい国家資格として注目されています。

アニメーションを導入した分かりやすい映像講義の構成になっているため、スキマ時間の活用だけでも効率よく理解ができると口コミで評判です。

スマホで勉強ができて安い受講料ならスタディングITパスポート講座がおすすめですが、勉強時間をコンパクトにしたい場合はShikakuPass(シカクパス)の方が効率よく合格を目指せるでしょう。

ITパスポートはIT関連の知識がない初心者向けの国家資格と言われていますが、ShikakuPass(シカクパス)なら勉強時間をコンパクトにできるメリットが評判です。スキマ時間を有効活用して、スムーズに合格を目指しましょう!

1回5分の勉強だけでOK!

ShikakuPass(シカクパス)と比較したいおすすめ通信講座

ShikakuPass(シカクパス)と比較したいおすすめ通信講座を紹介します。

スマホだけでも合格を目指せるShikakuPass(シカクパス)ですが、あなたの生活環境や勉強状況に最適な通信講座で試験対策をすると良いでしょう。

スマホの試験対策ならスタディングと比較がおすすめ

スマホで試験対策ができることがShikakuPass(シカクパス)の特徴ですが、似ている勉強スタイルのおすすめ通信講座スタディングです。

ShikakuPass(シカクパス)はスタディングより合格を目指せる資格の数は限られていますが、1回5分の勉強時間はコンパクトで効率よく試験対策ができます。

ShikakuPassスタディング
講座数3講座33講座
勉強時間1回5分1回10分〜
FP講座の受講料3級:19,800円
2級:47,520円
3級・2級パック:59,400円
3級:4,950円
2級:29,700円
3級・2級パック:31,900円
基本情報技術者講座の受講料60,720円①36,800円
②43,800円
ITパスポート講座の受講料23,760円7,920円
合格者数不明講座ごとに公表
勉強方法スマホの映像講義スマホの映像講義

一方でスタディングの方が受講料が安いプランが多いため、支払い面の負担を減らしたい場合はShikakuPassよりもスタディングがおすすめです。

さらにスタディングは合格者の実績が他の通信講座と比較しても充実しているため、体験談や口コミを参考にした上で受講の判断ができるメリットがあります。

ShikakuPass(シカクパス)の方がコンパクトな勉強時間で試験対策はできますが、口コミや実績数はスタディングが充実しています。外せない条件や口コミを参考にして、相性の良い通信講座を見つけましょう!

スキマ時間を活用した試験対策ならアガルートと比較がおすすめ

ShikakuPass(シカクパス)は映像講義の試験対策が評判ですが、紙のテキストと映像講義の2種類で対策ができるアガルートと比較すると相性の良い通信講座が分かるでしょう。

スマホだけでも試験対策ができるShikakuPass(シカクパス)ですが、テキストとセットで勉強をしたい場合はアガルートがおすすめです。

ShikakuPassアガルート
講座数3講座40講座以上
勉強時間1回5分1回15分〜
FP講座の受講料3級:19,800円
2級:47,520円
3級・2級パック:59,400円
3級・2級パック:65,780円
基本情報技術者講座の受講料60,720円なし
ITパスポート講座の受講料23,760円なし
合格者数不明講座ごとに公表
勉強方法スマホの映像講義紙のテキスト
映像講義

アガルートは難関資格の合格率が高く、出題カバー率が高いことが評判ですが、ShikakuPass(シカクパス)で目指せる基本情報技術者やITパスポートの試験対策ができないデメリットがあります。

合格者数や口コミで比較も良いですが、目標にしている資格の勉強ができないと意味がないため、通信講座を選ぶ場合は開講状況の確認をしましょう。

アガルートは紙のテキストに沿って映像講義の解説がされています。重要ポイントが分かりやすいため、挫折する心配が少ない通信講座ですよ!

1回5分の勉強だけでOK!

ShikakuPass(シカクパス)のメリットやデメリット

ShikakuPass(シカクパス)のメリットやデメリットを紹介します。

はじめて通信講座を活用して資格の勉強をする場合は、受講後のギャップを防ぐためにポイントを理解しましょう。

ShikakuPass(シカクパス)のメリットは3つ

ShikakuPass(シカクパス)のメリットは3つありますが、初心者でも気軽に資格の勉強ができる通信講座として注目されています。

中でもマイ資格ナビ編集部は3つのメリットに注目しています。

他の通信講座と比較してどれがいいか分からないと悩んでいたら、3つのメリットを参考にしてみてください!

スキマ時間で勉強ができて挫折しにくい

スキマ時間で勉強ができて挫折しにくい

1つ目のShikakuPass(シカクパス)で受講するメリットは、スキマ時間を有効活用できて挫折するリスクを減らせることです。

合計の勉強時間は資格ごとに異なりますが、1回の映像講義が5分構成などの短い時間になっているため、集中力を保ちながら試験対策ができます。

資格講義時間問題数
FP3級:6時間程度
2級:7時間程度
過去問演習・演習解説文・演習解説動画
基本情報技術者要確認科目A:192問
科目B:20問
ITパスポート4.8時間程度170問

例えば、仕事や子育てをしながらでも試験対策がしやすく、落ち着いた環境で勉強ができなくてもスムーズに合格を目指せます。

1回あたりの勉強時間がコンパクトになっているため、試験本番を迎えるためのスケジュール調整がしやすい通信講座がShikakuPass(シカクパス)です。

スキマ時間だけで合格を目指せる
  • スマホだけで効率よく合格を目指せる通信講座
  • デスクでじっくり勉強ができない場合でもスムーズに取り組める
  • 1回5分程度にまとまっている構成でメリハリある対策ができる

独学と比較して、重要ポイントが集約して分かりやすいため、ダラダラ勉強をするリスクを減らせます。効率よく合格を目指したい人向けの通信講座ですよ!

プロ講師のレクチャーが分かりやすい

2つ目のShikakuPass(シカクパス)で受講するメリットは、プロ講師のレクチャーが分かりやすいことです。

ShikakuPass(シカクパス)では2人のプロ講師が指導する講座が開講されていますが、書籍の出版やYouTubeなどのSNSで活躍されており、初学者でもスムーズに理解しやすい解説が評判になっています。

通信講座は受講するだけでは試験で合格できるわけではないため、講師との相性の良さを確認した上で受講しないと効率よく理解できないデメリットがあります。

FPは、マイナビ出版(マイナビブックス)でも出版している小田博隆先生(おーちゃん先生)が担当しており、スキマ時間だけでもスムーズに理解できる解説がShikakuPass(シカクパス)のポイントです。

手頃な受講料で合格を目指せるプラン

3つ目のShikakuPass(シカクパス)で受講するメリットは、手頃な受講料で合格を目指せるプランなことです。

通信講座は独学よりも受講料が高いデメリットはありますが、ShikakuPassは他の通信講座と比較して支払い面の負担が少ない部類に含まれます。

受講料が安いおすすめ通信講座

資格の勉強は高い受講料の支払いをしても合格率が上がるわけではなく、無理のない受講料で余計なストレスを抱えることなく試験対策ができるプラン選びが重要です。

無理なく支払いができる予算を決めて、試験対策の勉強に集中できるようにしましょう。

1回5分の勉強だけでOK!

ShikakuPass(シカクパス)のデメリットは2つ

ShikakuPass(シカクパス)のデメリットは2つあり、受講する前に確認しないとギャップを感じるリスクがあります。

試験日程が決まっている資格もあるため、ShikakuPass(シカクパス)の勉強イメージとあなたの求めている通信講座を比較して、納得した上で受講しましょう。

目指せる資格は3種類のみ

ShikakuPass(シカクパス)で目指せる資格は、2024年2月時点だとFP2級3級・基本情報技術者・ITパスポートの3種類のみです。

例えば、簿記検定やMOSなどの関連性がある資格の対策は対応していないため、目標にしている資格を目指せるのか事前に確認しないと受講できません。

スマホで試験対策ができるスタディングやテキスト・映像講義のセットで勉強ができるアガルートと比較して、合格を目指せる資格が少ないことを覚えておきましょう。

目指せる資格は少ないですが、プロ講師の分かりやすい解説になっているため、初学者でも1回で合格を目指しやすいです。目標にしている資格講座の開講状況を確認した上で受講しましょう!

スマホの勉強に慣れないと手こずる可能性がある

スマホの映像講義で資格の勉強ができるShikakuPass(シカクパス)ですが、スマホの勉強に慣れていないと理解するまでに時間がかかると評判です。

仕事や子育てをしながらでもスマホならスキマ時間を活かしたサクサク合格を目指せますが、紙のテキストを活用して落ち着いた環境で試験対策を希望するならおすすめしません

通信講座は受講後の勉強方法が決まっているため、スマホでの勉強に抵抗があれば、他の通信講座を選ぶかLINEのともだち登録をして基本情報技術者を体験受講してみると良いでしょう。

スマホで気軽に勉強ができる分、理解力が追いついかないリスクもあります。勉強方法との相性を確認した上で受講すると良いですよ!

1回5分の勉強だけでOK!

ShikakuPass(シカクパス)に関するよくある質問

ShikakuPass(シカクパス)に関するよくある質問を紹介します。

疑問を解消して、効率よく目的としている資格の合格を目指しましょう。

ShikakuPass(シカクパス)はどんな通信講座ですか?

ShikakuPass(シカクパス)は、スマホを活用して試験対策ができ、1回5分程度に集約された映像講義で勉強ができます。

初学者でもスムーズに理解がしやすいプロ講師の解説が評判で、仕事や子育てをしながらでも効率よく合格を目指せます。

スキマ時間を活かして資格の勉強をしたい人におすすめです。

ShikakuPass(シカクパス)はどんな資格を目指せますか?

ShikakuPass(シカクパス)では、2024年2月時点、FP・基本情報技術者・ITパスポートの試験対策ができます。

勉強経験がない初学者向けの解説になっているため、挫折するリスクが少ないことがおすすめです。

ShikakuPass(シカクパス)の勉強イメージを確認したいです。

ShikakuPass(シカクパス)の勉強イメージを確認するには、基本情報技術者講座でLINEのともだち登録をして、体験受講することがおすすめです。

FPは講師が異なりますが、ShikakuPass(シカクパス)の勉強イメージを確認できるため、受講した後のギャップを防止できるでしょう。

ShikakuPass(シカクパス)と比較した方が良い通信講座はありますか?

スマホで試験対策ができる通信講座は、ShikakuPass(シカクパス)以外だとスタディングがおすすめです。

ShikakuPass(シカクパス)と同様にスキマ時間を活用して効率よく合格を目指せる通信講座になるため、目標にしている資格や予算・講師との相性を確認した上で受講すると良いでしょう。

ShikakuPass(シカクパス)を安く受講するにはどうすれば良いですか?

ShikakuPass(シカクパス)を最安値で受講するには、公式サイトから申し込みをする方法がおすすめです。

定期的な期間限定のキャンペーンを実施しているため、無理なく支払いができる予算内で合格を目指しましょう。

1回5分の勉強だけでOK!

※本記事内の料金はすべて税込表記です。
※本記事内では、消費者庁の「アフィリエイト広告等に関する検討会 報告書」及び景品表示法比較広告に関する景品表示法上の考え方」に則り、比較・広告紹介をしています。
※紹介している商品の購入や通信講座の申し込みをすると、売上の一部が運営会社に還元されることがあります。
※各情報などは公式サイト及び上記のサイトを参照しています。

※情報は作成・更新時の内容になるため、プラン改定などによって販売が中止・変更になっている場合があります。最新の情報は、各公式サイトよりご確認ください。
※マイ資格ナビで掲載している文章や画像などにつきましては、いかなる場合でも無断転載(キャプチャ画像をSNSなどに掲載含む)することを禁止します。無断転載をした場合は、予告なく法的措置等の適切な対応をいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次