スタディング販売士講座の評判は?合格率や口コミ・勉強方法まで詳しく解説【2024年版】

スタディング販売士講座の評判は?合格率や口コミ・勉強方法まで詳しく解説

スタディング販売士講座は、2級・3級の両方を対策できて、初学者向けの勉強内容でチャレンジのしやすさがおすすめポイントです。

さらに、マイ資格ナビ編集部が紹介している販売士おすすめ通信講座受講料が安いランキングでも1位のプランがあり、支払い面の負担が少ない点が魅力になります。

とはいえ、スタディング販売士(リテールマーケティング)講座の評判が詳しく分からないと悩んでいませんか。

スタディング販売士講座の評判
この記事を読めば分かるポイント
  • 受講のヒントになるスタディング販売士講座の評判や口コミ
  • スタディング販売士講座の合格率や勉強スケジュール
  • スタディング販売士講座と比較したいおすすめ通信講座

本記事では、スタディング販売士講座の評判や口コミ・合格までの勉強スケジュールを詳しく紹介しています。

合格するまでのイメージや挫折なく勉強を継続できるか、本記事を参考にして受講のヒントにしてみましょう。

会員登録で無料講座を受けられる

≫スタディング販売士講座を詳しくみる

スタディング販売士(リテールマーケティング)講座に関する口コミ・評判

本記事内で紹介しているスタディング販売士(リテールマーケティング)講座は、法務省消費者庁国民生活センターが発信する情報を元に、マイ資格ナビ編集部(株式会社マイナビ出版マイナビブックス)がコンテンツ制作ポリシーに則り独自で作成しています。

本記事内では無料コンテンツを提供する目的で、プロモーション等に関する手数料の支払いを受けているものもあるため、気になる方はご注意ください。

※本記事内で紹介する口コミは個人の感想であり、誰もが同様の試験で合格・成果が出るわけではありません。
※本記事は2024年2月時点の情報を紹介しています。

目次

資格のキャリカレ
【スプリングキャンペーン】
ハガキ申込より最大50%OFF
※2/29(木)まで

2/29(木)まで
キャリカレおすすめキャンペーン

スタディング販売士(リテールマーケティング)講座の特徴

おすすめポイント
  • スマホ1台だけで合格を目指せてスキマ時間に試験対策ができる
  • おすすめ販売士講座の受講料が安いランキングで1位の通信講座
  • 販売士2級と3級の合格を同時に目指せるプランで試験対策
通信講座スタディング
資格販売士2級
販売士3級
プラン①販売士 3級・2級セットコース
②販売士2級合格コース
受講料①21,780円
②19,580円
分割払いあり
勉強スタイルWebテキスト
映像講義
合格者数不明
合格率不明
受講期間個人差あり
課題添削なし
サポート期間受講期間
サポート体制学習Q&Aサービス
合格お祝い制度

スタディング販売士(リテールマーケティング)講座は、2級・3級対策ができるプランになっており、スマホ1台だけでスキマ時間を活用した勉強ができると評判です。

短期間で合格を目指せるスケジュールになるため、勉強が苦手な場合や仕事をしながら勉強を継続する場合でもスムーズな試験対策ができます。

中でも3つのポイントを抑えれば、スタディング販売士(リテールマーケティング)講座の特徴が分かります。

  • 2級・3級の試験対策ができるプラン
  • 37年を超える販売士専門講師の指導を受けられる
  • 受講料が安いランキングで1位の販売士通信講座

2級・3級の試験対策ができるプラン

スタディング販売士(リテールマーケティング)講座は、2級・3級の試験対策ができるため、求める難易度に合わせた試験対策ができるプランで合格を目指せます。

プラン金額
販売士 3級・2級セットコース[2023年+2024年試験対応版]
※Q&Aチケット5枚付
21,780円
販売士2級合格コース[2023年+2024年試験対応版]
※Q&Aチケット3枚付
19,580円
スタディング販売士(リテールマーケティング)講座のプラン

販売士3級は独学で試験対策をする受験生が多いですが、2級は通信講座やスクールを活用する事例が増えます。

2級・3級はいずれも合格率が50%~60%程度ですが、販売関連の知識がない場合や基礎から丁寧に理解して万全の状態で試験本番を迎えたい場合スタディング販売士講座がおすすめです。

37年を超える販売士専門講師の指導を受けられる

勉強は映像講義が中心で合格を目指しますが、37年以上販売士の指導をしている上岡史郎先生が解説しています。

目白大学等で販売士の試験対策を指導しており、過去に90%以上の合格率の実績もある勉強方法で合格を目指せるメリットが特徴です。

短期間でメリハリのある試験対策をするだけでなく、過去の傾向から重要ポイントを効率よく理解したい場合におすすめな通信講座がスタディング販売士講座です。

受講料が安いランキングで1位の販売士通信講座

おすすめ販売士通信講座の受講料が安いランキングで1位のプランがスタディングで開講されている点も魅力の1つです。

販売士2級通信講座の安いランキング
  • 1位:スタディング販売士講座(21,780円)
  • 2位:日本販売士協会販売士講座(23,780円)
  • 3位:日本マンパワー販売士講座(27,500円)
  • 3位:JCI(公開経営指導協会)販売士講座(27,500円)

課題添削などのサポートは含まれないですが、合格実績が充実しているだけでなく、スマホ1台だけでスキマ時間に試験対策ができるメリットも選ばれるポイントになります。

安い受講料で重要ポイントを効率よく理解して、短期間で2級・3級の合格を目指せる通信講座がスタディング販売士講座です。

会員登録で無料講座を受けられる

≫スタディング販売士講座を詳しくみる

スタディング販売士(リテールマーケティング)講座の悪い評判や口コミ

スタディング販売士講座の悪い評判や口コミは2種類です。

  • スマホでの勉強に抵抗があればモチベーション維持が難しい
  • 難易度が高い1級の試験対策は含まれない

※スタディング販売士講座の無料講座を受講した体験談を紹介しています。

スマホでの勉強に抵抗があればモチベーション維持が難しい

基本的にはスマホで販売士2級・3級の合格を目指すスケジュールになるため、紙の勉強スタイルを望む場合はイメージとのギャップを感じる可能性が高いです。

移動時間や昼休などのスキマ時間を活用したい場合は良い口コミが多いですが、Webの試験対策をする場合は受講する前に無料講座でイメージを確認した方が余計な心配を防止できるでしょう。

スマホの勉強スタイルを事前確認!
  • 紙のテキストで勉強するイメージがあればストレスを感じるリスク
  • 仕事や子育て・家事をしながら勉強をするならスタディングは最適
  • スマホでの勉強方法に抵抗を感じるなら無料講座でイメージの確認が良い

スタディング販売士講座の無料講座は、会員登録をするだけで体験できるため、誰でも今すぐイメージの確認ができます。

しつこい電話勧誘はないため、勉強イメージが分からない場合は受講前に無料会員登録をしてみましょう。

難易度が高い1級の試験対策は含まれない

スタディング販売士講座は、1級の対策がプランに含まれないデメリットがあります。

販売士1級は合格率が20%程度で、店長・経営者レベルの管理職・トップ層の知識が求められます。

販売士3級売り場の販売担当レベル小売業の類型
マーチャンダイジング
ストアオペレーション
マーケティング
販売・経営管理
販売士2級店舗・売り場マネージメントレベル
販売士1級店長・経営者レベル
販売士の試験範囲

スタディングで試験対策ができる難易度は2級・3級のみになるため、初学者や販売に関連する経験がなくて正しい知識を学びたい場合におすすめな通信講座です。

会員登録で無料講座を受けられる

≫スタディング販売士講座を詳しくみる

スタディング販売士(リテールマーケティング)講座の良い評判や口コミ

スタディング販売士講座の良い評判や口コミは3種類です。

  • 通勤中やスキマ時間を活用した試験対策ができる
  • 重要ポイントが明確で短期間で合格を目指せる
  • 覚えた勉強内容のアウトプットがしやすい

はじめて販売士の試験対策をする場合は、3種類の評判を参考にしてみるとイメージしやすいでしょう。

通勤中やスキマ時間を活用した試験対策ができる

スタディング販売士講座はスマホ1台だけで試験対策ができるため、通勤中やスキマ時間を活用して取り組めるので、時間を有効活用して合格を目指せると評判です。

いざ始めてみると、講師のポイントを絞った分かりやすい説明や一講座あたり10〜20分ほどとスキマ時間を有効活用出来ることから無理なく学ぶことが出来ました。
朝起きてすぐ、通勤中、会社の昼休憩中が主な勉強時間です。

スタディング公式サイト

中でも残業が多くて勉強時間の確保が難しい場合や子育て・家事をしながら販売士2級・3級を目指す状況であれば、スタディングなら時間調整をするストレスが軽減できます。

20〜100時間程度の勉強が必要な販売士の試験対策を効率よく進められるスタディングは、忙しい社会人や主婦でも気軽にチャレンジできるでしょう。

重要ポイントが明確で短期間で合格を目指せる

重要ポイントが分かりやすく、初学者でも短期間でスムーズに合格を目指せる勉強内容が評判です。

スマホだけでスキマ時間の勉強ができるだけでなく、試験で出題されやすい問題が中心になっており、勉強ボリュームをコンパクトにして合格を目指せるメリットがあります。

コラム等で販売士2級は60時間で合格すると書いてありましたが、スタンディング様の販売士2級講座を受講したお陰様で、総学習時間14時間32分で合格出来ました。

スタディング公式サイト

コンパクトな教材で合格を目指すスケジュールになるため、勉強が苦手でも挫折する心配が少ない通信講座です。

販売士2級・3級の試験対策をしたいけど、自分のイメージに合った勉強方法が分からないと悩んでいたらスタディングが最適でしょう。

覚えた勉強内容のアウトプットがしやすい

スタディング販売士講座は、スマホだけでスムーズな試験対策ができるだけでなく、スマート問題集を活用した知識状況の確認やアウトプットができるメリットも評判です。

販売士の試験対策で最も間違いやすい販売・経営管理分野でも、学んだ内容をその場で確認することで、正しい理解を深めて苦手ポイントの把握がしやすくなります。

アウトプットで苦手ポイントの確認
  • 基本講座で学んだ内容をスマート問題集で確認しながら学べる
  • 間違えた理解や合格までの全体像・スケジュールの確認がしやすい
  • 一方的な勉強を避けて試験本番を意識した対策ができる通信講座

はじめて販売士の勉強をするため、具体的な理解度や知識状況の確認ができないと不安に感じるなら、スタディングの勉強スタイルはイメージ通りの環境になると評判です。

会員登録で無料講座を受けられる

≫スタディング販売士講座を詳しくみる

スタディング販売士(リテールマーケティング)講座で合格するまでの勉強スケジュール

スタディング販売士(リテールマーケティング)講座を活用して試験で合格するステップは3つです。

  • 基本講座で5つの分野を理解する
  • スマート問題集で基本講座で学んだ分野の確認をする
  • 試験対策講義と模擬試験で本番を意識した準備を進める

勉強イメージができない場合は、3つのポイントを抑えれば明確になるでしょう。

基本講座で5つの分野を理解する

Webテキストで合格を目指すスタディング販売士講座は、基本講座で5つの分野の知識を身につけます。

  • 小売業の類型
  • マーチャンダイジング
  • ストアオペレーション
  • マーケティング
  • 販売・経営管理

大半はWebテキストではなく、映像講義中心のインプットを継続するため、重要ポイントや間違えの多い問題を把握しやすいメリットが特徴です。

販売士の合格基準は、5科目の平均点が70点以上かつ1科目ごとの得点が50点以上が必須条件になるため、バランスを考慮した試験対策が大切になります。

スタディング販売士講座は、初学者でも苦手意識を払拭するために、バランスよく合格を目指せる勉強スケジュールも評判の1つです。

スマート問題集で基本講座で学んだ分野の確認をする

基本講座で学んだ販売士試験に必要な知識は、スマート問題で理解度を確認できます。

独学で販売士の勉強をする場合は確認問題を選ぶ必要がありますが、スタディングでは1講座ごとの問題が出題されるため、間違えた知識の早期発見や最短ルートで合格を目指せるスケジュールで対策が可能です。

スマート問題集のメリット
  • 科目(講座)ごとに毎回確認をしながら勉強を進められる
  • 間違えた知識の確認や過去に振り返る手間が減る
  • 5科目の平均点をバランスよく上げる目的で苦手意識を克服できる

スマート問題集を活用することで、販売士2級・3級対策で必要な販売・経営管理をはじめとする5つの科目をバランスよく理解できると覚えておきましょう。

試験対策講義と模擬試験で本番を意識した準備を進める

販売士の試験直前期では、講義および模擬試験で本番を意識した準備を進めることができます。

2級・3級別で各科目の攻略法やテーマごとの出題例を確認できるため、試験本番を意識した対策ができるメリットが特徴です。

さらにCBT試験に近い形式のチャレンジができるため、本番さながらの環境で合格のイメージを想定しながら対策ができる勉強スタイルです。

会員登録で無料講座を受けられる

≫スタディング販売士講座を詳しくみる

スタディング販売士(リテールマーケティング)講座の合格実績や合格率・試験難易度

スタディング販売士(リテールマーケティング)講座の合格率や合格者数・実績を紹介します。

はじめて販売士の試験対策をする場合は、納得できる環境選びのヒントにしてみましょう。

販売士3級の合格率や合格実績

スタディング販売士3級の合格率や合格実績の公表はされていません

販売士3級は例年50%以上の合格率になっており、正しい勉強方法で試験対策ができれば初学者でも1回で合格を目指せる難易度です。

スタディングの3級対策または2級・3級セット講座を受講すれば、短期間で合格を目指せるでしょう。

年月受験者数
(人)
実受験者数
(人)
合格者数
(人)
合格率
(%)
2022.4.1
~2022.12.31
5,6125,1523,01058.4
2021.7.28
~2022.3.31
9,4278,8945,60763.0
87回(2021.2.17)10,2849,6136,86371.4
85回(2020.2.19)8,8608,1254,44154.7
84回(2019.7.13)8,1597,5345,08267.5
83回(2019.2.20)10,0129,2446,37068.9
82回(2018.7.14)9,1208,4185,29362.9
81回(H30.2.21)11,41610,4855,49252.4
80回(H29.7.8)10,0709,3356,09565.3
79回(H29.2.15)11,34410,5405,02547.7
販売士3級の合格率・合格者数

販売士2級の合格率や合格実績

スタディング販売士2級の合格率や合格実績の公表はされていません

販売士2級は例年50%以上の合格率になっており、正しい勉強方法で試験対策ができれば初学者でも1回で合格を目指せる難易度です。

スタディングの2級対策または2級・3級セット講座を受講すれば、短期間で合格を目指せるでしょう。

年月受験者数
(人)
実受験者数
(人)
合格者数
(人)
合格率
(人)
2022.4.1
~2022.12.31
4,4964,1212,35657.2
2021.7.28
~2022.3.31
6,0545,6553,13655.5
87回(2021.2.17)5,6085,1493,77873.4
85回(2020.2.19)5,4724,9162,97960.6
84回(2019.7.13)5,2174,7022,83660.3
83回(2019.2.20)5,8665,1753,55368.7
82回(2018.7.14)5,6935,0712,98158.8
81回(H30.2.21)6,3795,6322,47443.9
80回(H29.7.8)5,8535,2392,74852.5
79回(H29.2.15)6,6155,9172,99950.7
販売士2級の合格率・合格者数

会員登録で無料講座を受けられる

≫スタディング販売士講座を詳しくみる

スタディング販売士(リテールマーケティング)講座と比較したいおすすめ通信講座

スタディング販売士講座と比較したいおすすめ通信講座を紹介します。

はじめて販売士の試験対策をする場合は、複数の通信講座と比較してスムーズに合格を目指せる環境を選びましょう。

課題添削をしたいなら日本販売士協会

日本販売士協会の販売士講座は、課題添削をしながら試験対策ができるため、苦手なポイントを確認しながら合格を目指せる特徴が評判です。

じっくり時間をかけた勉強が良い場合やスタディングのようなスマホの試験対策に抵抗を感じる状況であればおすすめになります。

繰り返し勉強を継続した方が安心できると考えている場合におすすめな販売士講座が日本販売士協会です。

おすすめ販売士(リテールマーケティング)講座を比較して理想のプランを選ぼう

スタディングは受講料が安いランキング1位で、スキマ時間を活用した試験対策ができますが、他の通信講座と比較して判断した方が受講後のギャップを防止できます。

販売士おすすめ通信講座は、スタディングを含めて4種類あるため、目的の試験難易度・勉強方法・受講料・スクーリングで比較して短期間で合格を目指せるプランを選びましょう。

≫販売士おすすめ通信講座ランキングはこちら

スタディング販売士(リテールマーケティング)講座に関するよくある質問

スタディング販売士(リテールマーケティング)講座に関するよくある質問を紹介します。

スタディング販売士講座で対策ができる試験難易度はどこですか?

スタディングで対策ができる販売士の試験難易度は2級・3級です。

セットプランもあるため、目標としている難易度を確認した上で受講しましょう。

合格率や合格者数はどのくらいですか?

スタディング販売士講座では合格率や合格者数の公表はしていないです。

一方で、公式サイトで合格体験記を紹介しているため、受講のヒントにしてみるとイメージがしやすいでしょう。

スタディングの勉強方法はどのようなイメージですか?

基本的にはスマホやタブレットを活用して、Webテキストや映像講義を活用してスキマ時間の試験対策ができます。

勉強環境の調整が必要ないプランになるため、社会人や主婦でも気軽にチャレンジができるでしょう。

どのくらいの勉強期間が必要ですか?

個人差はありますが、1ヶ月以内の勉強だけで合格した体験談や評判も出ています。

短期間で集中した試験対策ができる通信講座がスタディング販売士講座です。

販売士の試験範囲はどこですか?

販売士は5科目から出題されます。すべて70点以上の正解が必要になるため、バランスを考慮した試験対策が必要です。

  • 小売業の類型
  • マーチャンダイジング
  • ストアオペレーション
  • マーケティング
  • 販売・経営管理
安いプランはありますか?

スタディングは販売士おすすめ通信講座の受講料ランキング1位のプランがあります。

負担の少ないプランで合格を目指せるため、独学と悩んでいる場合でもおすすめです。

スタディング販売士講座の勉強イメージをもっと知りたいです。

スタディングは無料会員登録をするだけで、実際の講義イメージを確認できます。

受講後のギャップを防止するために、30秒で無料会員登録をして勉強内容をチェックしてみると良いでしょう。

会員登録で無料講座を受けられる

≫スタディング販売士講座を詳しくみる

※本記事内の料金はすべて税込表記です。
※本記事内では、消費者庁の「アフィリエイト広告等に関する検討会 報告書」及び景品表示法比較広告に関する景品表示法上の考え方」に則り、比較・広告紹介をしています。
※紹介している商品の購入や通信講座の申し込みをすると、売上の一部が運営会社に還元されることがあります。
※各情報などは公式サイト及び上記のサイトを参照しています。

※情報は作成・更新時の内容になるため、プラン改定などによって販売が中止・変更になっている場合があります。最新の情報は、各公式サイトよりご確認ください。
※マイ資格ナビで掲載している文章や画像などにつきましては、いかなる場合でも無断転載(キャプチャ画像をSNSなどに掲載含む)することを禁止します。無断転載をした場合は、予告なく法的措置等の適切な対応をいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次