スタディング基本情報技術者講座の評判は?合格率や口コミ・合格までの勉強イメージまで詳しく調査

スタディング基本情報技術者講座の評判は?合格率や口コミ・合格までの勉強イメージまで詳しく調査

スタディング基本情報技術者講座は、独学だと120時間程度必要とされている勉強をスマホ1台だけで気軽に試験対策ができるメリットが評判です。

マイ資格ナビ編集部が紹介している基本情報技術者おすすめ通信講座の中でも唯一スマホだけで合格を目指せるため、仕事との両立をはかりやすい環境として注目されています。

とはいえ、スタディング基本情報技術者講座の評判や口コミ・合格までのイメージが分からないと悩んでいませんか。

スタディング基本情報技術者講座の評判
この記事を読めば分かるポイント
  • 受講のヒントになるスタディング基本情報技術者講座の評判や口コミ
  • スタディング基本情報技術者講座だけで合格を目指す勉強方法
  • スタディング基本情報技術者講座と比較したいおすすめ通信講座

そこで本記事では、スタディング基本情報技術者講座の評判や口コミ・合格までの勉強スケジュールを詳しく紹介しています。

スキマ時間を有効活用して、無理のないペースで基本情報技術者試験の対策をしたい場合は参考にしてみてください。

会員登録で無料講座を受けられる

≫スタディング基本情報技術者講座を詳しくみる

スタディング基本情報技術者講座に関する口コミ・評判

本記事内で紹介しているスタディング基本情報技術者講座は、法務省消費者庁国民生活センターが発信する情報を元に、マイ資格ナビ編集部(株式会社マイナビ出版マイナビブックス)がコンテンツ制作ポリシーに則り独自で作成しています。

本記事内では無料コンテンツを提供する目的で、プロモーション等に関する手数料の支払いを受けているものもあるため、気になる方はご注意ください。

※本記事内で紹介する口コミは個人の感想であり、誰もが同様の試験で合格・成果が出るわけではありません。
※本記事は2024年2月時点の情報を紹介しています。

目次

資格のキャリカレ
【スプリングキャンペーン】
ハガキ申込より最大50%OFF
※2/29(木)まで

2/29(木)まで
キャリカレおすすめキャンペーン

スタディング基本情報技術者講座の特徴

スタディング基本情報技術者講座の特徴
おすすめポイント
  • スマホ1台だけで合格を目指せてスキマ時間に試験対策ができる
  • 勉強経験がない初学者でも分かりやすいプランで合格を目指せる
  • 仕事をしながらでも気軽に勉強ができて1回の講義が30分以内
通信講座スタディング
プラン①合格コース
②初学者コース
受講料①36,800円
②43,800円
分割払いあり
勉強スタイルWebテキスト
映像講義
合格者数147人
※令和4年度実績
合格率不明
課題添削なし
サポート期間受講期間
サポート体制合格特典

スタディング基本情報技術者講座は、インプットと過去問・スマート問題集を活用したアウトプットのバランスを重視した教材を活用して合格を目指せます。

はじめて基本情報技術者の試験対策をする場合でも、科目A・科目B試験の出題ポイントを中心にまとめられている教材で対策できることがおすすめポイントです。

さらにスタディングITパスポート講座との連動性も魅力で、ITに関する基礎から専門性を高めたい場合でもおすすめな勉強スケジュールが整っています。

科目Aと科目Bを切り分けて効率よく試験対策ができる

科目Aと科目B(アルゴリズムとプログラミング)の対策が必要な基本情報技術者試験の対策は、バランスの取れた勉強を継続する必要があります。

スタディング基本情報技術者講座では、科目Aと科目Bの試験対策が分かれているため、苦手分野の克服や120時間程度の勉強が必要な知識をスムーズに理解することができます。

科目A基本講座
スマート問題集
セレクト過去問題集
科目B基本講座
解法講座
試験対策問題集
科目A・Bの試験対策

科目Bは2023年4月より開始された科目になりますが、日々目まぐるしく変化するアルゴリズムやプログラミングの基礎から正しく理解する必要があるので、独学では苦戦しやすいポイントまで確認しやすいです。

さらにインプットだけでなく、スマート問題集・セレクト過去問題集(科目A)と試験対策問題集(科目B)で、試験本番を意識したアウトプットまで充実している点がおすすめになります。

  • 科目A・科目Bをバランスよく対策ができる
  • インプットだけでなくアウトプットも充実している
  • IT初心者でも理解しやすい教材の難易度

仕事との両立が最大の魅力に感じる口コミが豊富

マイ資格ナビ編集部が紹介している基本情報技術者おすすめ通信講座と比較しても、スマホ1台だけで合格を目指せるスケジュールになっているため、スキマ時間を有効活用できる点が口コミでも評判です。

例えば、残業が多い職場で働きながら基本情報技術者試験の対策をする場合でも、通勤時間や昼休み・寝る前の合間時間などを有効活用して環境調整のストレスを減らした試験対策ができます。

・スタディングの活用方法
→毎朝の15分や、休憩中のちょっとした時間

スタディング基本情報技術者講座合格者の声
スタディング基本情報技術者講座のポイント
  • 仕事をしながらでもスキマ時間を有効活用できる
  • 仕事や子育て・日常生活の中で無理なく取り組める
  • 1回の映像講義にかかる時間が10分以内が多い

仕事をしながら基本情報技術者試験の対策がしやすい通信講座がスタディングで、社会人や主婦・学生と幅広くチャレンジしやすくなっています。

独学では勉強を継続する自信がない場合やモチベーション維持に不安を感じていたら、スタディング基本情報技術者講座がおすすめです。

会員登録で無料講座を受けられる

≫スタディング基本情報技術者講座を詳しくみる

スタディング基本情報技術者講座の悪い口コミや評判

スタディング基本情報技術者講座の悪い口コミや評判を紹介します。

  • 合格までの全体像を確認しながら試験対策をした方が良い
  • 映像講義に慣れていなければ受講前にイメージを確認した方が良い

※スタディング基本情報技術者講座の無料講座を受講した体験談も紹介しています。

合格までの全体像を確認しながら試験対策をした方が良い

スタディング基本情報技術者講座は、IT初心者でも合格を目指せますが、試験本番のスケジュール管理は自分自身で進める必要があります。

独学では120時間程度必要とされている基本情報技術者試験の対策ですが、自己管理ができないと納得のできる勉強を継続することが難しくなる場合があると口コミで評判です。

科目A・科目Bの試験対策をするスケジュール管理や勉強ステップが明確な通信講座が良い場合は、スタディング基本情報技術者講座との相性が悪い可能性があるので注意しましょう。

映像講義に慣れていなければ受講前にイメージを確認した方が良い

スタディングさんで勉強するのは3講座目です。全て1回で合格しています。
何よりインプットとアウトプットの勉強の仕方、空いた時間に勉強できるところが一番です。
諦めずに継続して、勉強すれば必ず合格できます。

マイ資格ナビ編集部無料講座の体験談

スマホやタブレットなどの映像講義のみで合格を目指せるスタディング基本情報技術者講座ですが、紙のテキストで勉強の方がスムーズに理解できる場合は教材との相性が悪い可能性があります。

紙のテキストや映像講義・eラーニングと複数の教材で試験対策をしたいならフォーサイト基本情報技術者講座がおすすめになるため、受講する前に無料の会員登録で実際の講義イメージを確認した方がギャップを防止できます。

無料講座で基本情報技術者講座をチェック!
  • スタディング基本情報技術者講座の実際の講義を体験できる
  • スマホやタブレットの勉強スタイルを確認した上で受講できる
  • 独学や他の通信講座と比較しやすい

無料の会員登録をしてもしつこい電話勧誘や営業はないので、余計なストレスを抱えるわけでなく、支払い面の後悔を防止しやすいです。

少しもでスタディング基本情報技術者講座が気になったら、無料の会員登録をして合格までのイメージを確認してみましょう。

会員登録で無料講座を受けられる

≫スタディング基本情報技術者講座を詳しくみる

スタディング基本情報技術者講座の良い口コミや評判

スタディング基本情報技術者講座の良い口コミや評判を紹介します。

  • インプットとアウトプットがバランスよく調整されている
  • 周回数しやすくて苦手ポイントの確認をしながら勉強できる
  • スキマ時間を活用して合格までのスケジュール調整がしやすい

口コミを参考にすることで、合格までの全体像や勉強スケジュールを確認して納得のできる試験対策をしましょう。

インプットとアウトプットがバランスよく調整されている

スタディングさんで勉強するのは3講座目です。全て1回で合格しています。
何よりインプットとアウトプットの勉強の仕方、空いた時間に勉強できるところが一番です。
諦めずに継続して、勉強すれば必ず合格できます。

スタディング基本情報技術者講座合格者の声

基本情報技術者試験は科目A・科目Bをバランスよく理解する必要がありますが、セレクト問題集や過去問題集などを活用して、試験本番を意識したアウトプットまで充実していることがスタディングの特徴です。

合格者の口コミでも、覚えたつもりで満足することなく、試験本番で実力を発揮するための勉強ができると評判になっています。

特にはじめて基本情報技術者試験にチャレンジする場合やIT初心者なら、正しい理解を確認しながら合格を目指せるメリットが魅力に感じるでしょう。

スタディング基本情報技術者講座は、質問や課題添削などのサポート体制が含まれていないため、基本的には自己解決する必要があります。

一方で、科目A・科目Bともに問題集で理解状況の確認をしながら勉強ができるため、覚えたつもりで満足するリスクを防止しやすいです。

通信講座は受講するだけで合格率が上がるわけではないので、納得できる知識を習得できる環境で基本情報技術者の試験対策をしましょう。

周回数しやすくて苦手ポイントの確認をしながら勉強できる

通勤や昼休みといった隙間時間を利用して、スタディングの動画講義と問題演習に取り組みました。動画講義を一通り受講したあとは、AI問題演習も利用して、問題演習に反復して取り組みました。
使用した教材はスタディングだけですが、内容も充実しており、全く問題ありませんでした。あれこれ手を出さずに、スタディングで繰り返し学習することが合格への近道だと思います。
受験日を先に決めてそこを目標に学習することでモチベーションを保ちました。

スタディング基本情報技術者講座合格者の声

スタディング基本情報技術者講座は、試験に出題されやすいポイントが中心の教材を活用できるので、1回の講義時間が10分以内が大半です。

独学では120時間程度(1日3時間の場合は40日間が目安)必要とされていますが、スタディング基本情報技術者講座では、通常よりも短い時間で合格を目指しやすくなっています。

じっくり時間をかけることに抵抗がなければメリットの魅力は感じにくいですが、長期間の勉強に抵抗がある・メリハリのある環境でスムーズに合格を目指したいと悩んでいたら、スタディング基本情報技術者講座がおすすめです。

スキマ時間を活用して合格までのスケジュール調整がしやすい

スキマ時間を活用して合格までのスケジュール調整がしやすい

始めてからは、まずは通勤中や休憩を利用して一通り動画を見て勉強をすることに注力しました。動画を見る中で、章ごとにやっていた問題は最初は難しかったけどだんだん慣れてきて、他の過去問用のサイトでも問題が解けるようになったことが、実力がついていることを実感できてモチベーションが保てました。
試験前には暗記が必要なところを多めに過去問を解いて勉強をしました。
本番はとても緊張しましたが、過去問をたくさん解いていたおかげで自分の実力はしっかり発揮できたと思います。

スタディング基本情報技術者講座合格者の声

旧通勤講座の名称通り、電車通勤の時間やちょっとしたスキマ時間だけでもチャレンジしやすい環境がスタディング基本情報技術者講座には整えられています。

合格した口コミに出ている通り、1回の勉強時間が短いことでモチベーション維持がしやすく、科目ごとの過去問題集を解きながら最短期間の合格を目指せると口コミで評判です。

こんな状況でも試験対策がしやすい
  • 残業時間が長くて勉強ができる時間が限られている
  • 仕事や子育て・家事をしながら基本情報技術者試験の対策をしたい
  • 長期間の勉強を継続するモチベーション維持に自信がない

スタディング基本情報技術者講座は、他の通信講座と比較して合格までに必要とされる勉強ボリュームがコンパクトになっているため、集中力を保ちやすいです。

実際の講義イメージは無料の会員登録で確認ができるため、受講料の支払いをする前に確認してみると良いでしょう。

会員登録で無料講座を受けられる

≫スタディング基本情報技術者講座を詳しくみる

スタディング基本情報技術者講座の合格率や合格者数・実績

スタディング基本情報技術者講座の合格率の具体的な実績は公表されていないです。

基本情報技術者試験は例年20〜30%程度の合格率(独立行政法人情報処理推進機構)になるので、正しい勉強方法で対策を進めないと不合格のリスクが高まります。

合格者数147人
※令和4年度実績
合格率不明
合格者の声300人以上
スタディング基本情報技術者講座の合格実績

具体的な合格率の公表はないですが、体験談・口コミ数は充実しているので、実際に基本情報技術者試験の対策をした声を確認できます。

合格者数や合格率だけで判断はおすすめしないですが、実績を確認できた方が納得できる勉強ができるのでおすすめです。

不安な場合はスタディング基本情報技術者講座を活用して合格した口コミを参考にしてみると良いでしょう。

会員登録で無料講座を受けられる

≫スタディング基本情報技術者講座を詳しくみる

スタディング基本情報技術者講座と比較したいおすすめ通信講座

スタディング基本情報技術者講座と比較したいおすすめ通信講座を紹介します。

複数の通信講座を比較して合格を目指したい場合は、マイ資格ナビ編集部が紹介している基本情報技術者おすすめ通信講座とスタディングを比べて、納得できる環境を選びましょう。

複数の教材で合格を目指すならフォーサイト基本情報技術者講座がおすすめ

複数の教材を活用して、相性の良い勉強方法を探しながら合格を目指すならフォーサイト基本情報技術者講座がおすすめです。

フォーサイト基本情報技術者講座の特徴は、テキスト・映像講義・eラーニングで合格を目指せる豊富な教材で、生活環境や理解状況によって選べるメリットが特徴になります。

さらにマイ資格ナビ編集部が紹介している基本情報技術者おすすめ通信講座の受講料が安いランキングで1位のプランがあり、支払い面の負担を減らせる点が魅力です。

スタディング基本情報技術者講座のような無料講座はないですが、サンプルの映像講義で合格までのイメージを確認してみると良いでしょう。

じっくり時間をかけた試験対策ならTAC基本情報技術者講座がおすすめ

TAC基本情報技術者講座は、通学制度のプランが充実しているので、受講生の声や実績をもとにつくられている教材で試験対策ができるメリットが特徴です。

公開模試やレジュメを活用した試験本番を意識したアウトプットが中心の勉強内容になるため、インプットだけでは不安に感じる場合におすすめな通信講座になります。

さらにスタディング基本情報技術者講座よりもじっくり時間をかけた試験対策ができるため、落ち着いた環境で勉強を継続したい場合におすすめです。

仕事や子育てをしながら勉強を継続するならスタディング基本情報技術者講座がおすすめ

仕事や子育てをしながら勉強を継続するならスタディング基本情報技術者講座がおすすめ

仕事や子育てをしながら勉強を継続する場合は、スタディング基本情報技術者講座がおすすめです。

スマホやタブレットだけで試験対策ができるので、仕事や子育てをしながらでも気軽に合格を目指せて勉強時間の調整がしやすいメリットが特徴になります。

受講料の安さで比較するならフォーサイトやTACがおすすめですが、勉強のしやすさや落ち着いた時間の確保が難しいと悩んでいたらスタディング基本情報技術者講座で受講すると良いでしょう。

会員登録で無料講座を受けられる

≫スタディング基本情報技術者講座を詳しくみる

スタディング基本情報技術者講座の口コミや評判のまとめ

スタディング基本情報技術者講座の口コミ・評判をまとめると以下の通りです。

悪い口コミ・評判
  • 合格までの全体像を確認しながら試験対策をした方が良い
  • 映像講義に慣れていなければ受講前にイメージを確認した方が良い
良い口コミ・評判
  • インプットとアウトプットがバランスよく調整されている
  • 周回数しやすくて苦手ポイントの確認をしながら勉強できる
  • スキマ時間を活用して合格までのスケジュール調整がしやすい

合格者の口コミにも出ていますが、基本情報技術者試験は周回数ができる勉強方法で本番を意識したアウトプット中心の勉強が重要になります。

スタディング基本情報技術者講座の特徴は、スマホ1台だけでも気軽に合格を目指せることになるため、生活環境の中で無理なく試験対策が実現可能です。

まずは無料の会員登録で実際の講義を体験してみると合格までのイメージがしやすいでしょう。

会員登録で無料講座を受けられる

≫スタディング基本情報技術者講座を詳しくみる

※本記事内の料金はすべて税込表記です。
※本記事内では、消費者庁の「アフィリエイト広告等に関する検討会 報告書」及び景品表示法比較広告に関する景品表示法上の考え方」に則り、比較・広告紹介をしています。
※紹介している商品の購入や通信講座の申し込みをすると、売上の一部が運営会社に還元されることがあります。
※各情報などは公式サイト及び上記のサイトを参照しています。

※情報は作成・更新時の内容になるため、プラン改定などによって販売が中止・変更になっている場合があります。最新の情報は、各公式サイトよりご確認ください。
※マイ資格ナビで掲載している文章や画像などにつきましては、いかなる場合でも無断転載(キャプチャ画像をSNSなどに掲載含む)することを禁止します。無断転載をした場合は、予告なく法的措置等の適切な対応をいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次