スタディング社労士講座の評判は?合格率や口コミ・Webテキストの勉強まで詳しく解説【2024年度版】

スタディング社労士講座の評判は?合格率や口コミ・Webテキストの勉強まで詳しく解説

スタディング社労士講座は、スマホ1台だけでも効率よく合格を目指せるため、仕事や子育てをしながらでもスムーズな試験対策ができるプランです。

マイ資格ナビ編集部が紹介している社労士(社会保険労務士)おすすめ通信講座の受講料が安いランキングで1位のプランがあり、負担の少ないプランで合格を目指せます。

とはいえ、スタディング社労士講座の評判や口コミ・合格までのイメージが分からないと悩んでいませんか。

スタディング社労士講座の評判
この記事を読めば分かるポイント
  • 受講のヒントになるスタディング社労士講座の評判や口コミ
  • スタディング社労士講座だけで合格を目指す勉強方法
  • スタディング社労士講座と比較したいおすすめ通信講座

そこで本記事では、スタディング社労士講座の評判や口コミ・合格までの勉強スケジュールを詳しく紹介しています。

独学だと800時間以上の勉強は必要になるため、効率よく社労士試験の合格を目指したい場合は参考にしてみてください。

会員登録で無料講座を受けられる

≫スタディング社労士講座を詳しくみる

スタディング社労士講座に関する口コミ・評判

本記事内で紹介しているスタディング社労士講座は、法務省消費者庁国民生活センターが発信する情報を元に、マイ資格ナビ編集部(株式会社マイナビ出版マイナビブックス)がコンテンツ制作ポリシーに則り独自で作成しています。

本記事内では無料コンテンツを提供する目的で、プロモーション等に関する手数料の支払いを受けているものもあるため、気になる方はご注意ください。

※本記事内で紹介する口コミは個人の感想であり、誰もが同様の試験で合格・成果が出るわけではありません。
※本記事は2024年2月時点の情報を紹介しています。

目次

資格のキャリカレ
【スプリングキャンペーン】
ハガキ申込より最大50%OFF
※2/29(木)まで

2/29(木)まで
キャリカレおすすめキャンペーン

スタディング社労士講座の特徴

スタディング社労士講座の特徴
おすすめポイント
  • スマホ1台だけでも合格を目指せる
  • 受講料が安いランキングで1位のプラン
  • スキマ時間を有効活用した試験対策
通信講座スタディング
プラン①社労士合格コースフル
②社労士合格コースレギュラー
③社労士合格コースミニマム
受講料①74,800円
②59,800円
③46,800円
勉強方法Webテキスト
合格者数74人
※2022年度実績
合格率28.8%
※令和5年度実績
サポート体制学習Q&Aサービス(②③のみ有料)
冊子オプション(有料)
合格お祝い制度

スタディング社労士講座は、スマホ1台だけで合格を目指せるプランで、仕事や子育てと両立しやすい通信講座として注目されています。

3プラン共通で含まれているWebテキストや映像講義は、重要ポイント中心の内容になっており、独学で800時間以上の勉強を継続する自信がなくてもメリハリある対策ができます。

受講する前に、合格までのイメージや勉強内容を詳しく確認してみましょう。

Webテキストは重要ポイントがまとまっている教材内容

スタディング社労士講座のWebテキストはカラーが多い教材になっており、合格に必要な知識を短時間で学べるメリットが特徴です。

Webテキストはスマホの閲覧ができるため、電車移動や昼休みなどの空き時間を有効活用できて落ち着いた環境を整える余裕がなくても効率よく理解できる教材内容になります。

  • スキマ時間を有効活用して重要ポイント中心の勉強ができる
  • 合計8科目をバランスよく理解して苦手意識を減らせる
  • スマート問題集(一問一答)やセレクト過去問で正しい理解を深められる

労働基準法や国民年金法などのつまづきやすい科目の苦手意識を克服し、正しい勉強方法の試験対策ができる点がスタディング社労士講座のメリットです。

スタディングは映像講義が中心の通信講座であるイメージが強いですが、Webテキストを有効活用して、こまめに確認しながら合格を目指せるスケジュールもおすすめポイントになります。

スマホ1台だけで合格を目指せる通信講座の1つ

仕事をしながらでも効率よく合格を目指せる通信講座がスタディング社労士講座の特徴で、中でも映像講義を中心に試験対策をする受講生は多いです。

映像講義は最短1日5分程度の内容もあるため、ちょっとした空き時間や落ち着いた環境の確保ができない状況でも、勉強スケジュール調整やモチベーション維持がしやすい通信講座になります。

テキストに書きながらじっくり合格を目指したい場合はおすすめできないですが、合格に必要な戦力を立てながらスムーズな試験対策をしたいならスタディング社労士講座がイメージに近いでしょう。

受講料の安さが魅力のプランがある

マイ資格ナビ編集部が紹介している社労士おすすめ通信講座の受講料が安いランキングで比較しても、最も負担が少ないプランがあることがスタディング社労士講座の特徴です。

受講料が安いランキング

※2位のキャリカレはインターネット受講をした場合の受講料になります。
※受講料はキャンペーン等でランキング順位に変動も想定できますが、基本となる受講料で比較しているため参考価格としてご確認ください。

安いだけで受講の判断はおすすめしないですが、あらかじめ予算を決めた上で受講の判断をしないと支払い面のストレスやプレッシャからから集中できないリスクがあります。

支払い面の負担を減らすために独学を考えている状況であれば、スタディング社労士講座だと予算に合わせたプランで対策ができるでしょう。

会員登録で無料講座を受けられる

≫スタディング社労士講座を詳しくみる

スタディング社労士講座の悪い口コミや評判

スタディング社労士講座の悪い口コミや評判を紹介します。

  • 予算だけで判断はおすすめしない
  • スマホの勉強に慣れていないとモチベーション維持が難しい

※スタディング社労士講座の無料講座を受講した体験談を紹介しています。

予算だけで判断はおすすめしない

スタディング社労士講座は、マイ資格ナビ編集部がおすすめしている社労士おすすめ通信講座の中でも受講料が安いプランがある点がメリットですが、安さだけの判断はおすすめできないです。

例えば、独学の参考書で試験対策をする場合は数千円単位の支払いで済みますが、通信講座や予備校だと数万円単位の受講料が必要になります。

一方で、支払い面だけを考慮して通信講座の受講を判断してしまうと、教材との相性が悪い点や正しい理解を深めることができないデメリットからマイ資格ナビ編集部では3つの比較ポイントをおすすめしています。

  • 初学者向けのプランがあり難易度が最適な通信講座
  • 独学にはない充実したサポート体制
  • 安い受講料で負担の少ないプランで合格を目指す

独学だと800時間以上の勉強が必要とされるため通信講座を受講するケースは多いですが、支払い面だけでなく、勉強のしやすさやサポート体制も考慮して判断した方が良いでしょう。

スマホの勉強に慣れていないとモチベーション維持が難しい

スマホでの勉強に慣れていない場合は、スタディング社労士講座は集中できないリスクが高く、正しい理解を深めるまで時間がかかるリスクがあります。

スタディング社労士講座はスマホの映像講義以外にもパソコンやWebテキストを利用した試験対策ができますが、基本的にはスマホを有効活用する受講生が多いので、慣れていない場合はモチベーション維持が難しいでしょう。

スタディング社労士講座のデメリット
  • スマホで画面を見ながら勉強をすることに抵抗があれば苦戦する
  • 書きながら理解したい場合はスタディングとの相性は悪い可能性
  • 映像講義でインプットの自信がなければ無料講座の確認がおすすめ

スタディング社労士講座は無料の会員登録をするだけで、実際の映像講義を体験できるため、受講後のギャップを防止できるメリットがおすすめです。

独学よりも短時間で合格を目指せるメリットはありますが、相性が悪いと集中できないリスクがあるため、納得した環境で受講できるようにしましょう。

会員登録で無料講座を受けられる

≫スタディング社労士講座を詳しくみる

スタディング社労士講座の良い口コミや評判

スタディング社労士講座の良い口コミや評判を紹介します。

他の社労士講座と比較したい場合やイマイチ決め手がない状況であれば、良い口コミや評判を参考にしてみてください。

スキマ時間を有効活用して合格を目指せる通信講座

スタディング社労士講座は、1回の勉強時間をコンパクトにできるため、ちょっとした合間を有効活用して合格を目指せる通信講座と口コミで評判です。

例えば、他の通信講座との併用や独学で利用している参考書で勉強しつつスタディングを有効活用する受講生も多く、効率よく社労士で出題される全8科目をバランスよく理解できる勉強内容になります。

科目選択式
計8科目(配点)
択一式
計7科目(配点)
労働基準法及び労働安全衛生法1問(5点)10問(10点)
労働者災害補償保険法1問(5点)10問(10点)
雇用保険法1問(5点)10問(10点)
労務管理その他の労働に関する一般常識1問(5点)10問(10点)
社会保険に関する一般常識1問(5点)10問(10点)
健康保険法1問(5点)10問(10点)
厚生年金保険法1問(5点)10問(10点)
国民年金法1問(5点)10問(10点)
参照:社労士試験の出題範囲(https://www.sharosi-siken.or.jp/about/outline/

通信講座を利用するメリットは、過去の実績から合格に必要な知識を効率よく理解できる点や生活環境に最適な手段で社労士試験の対策ができることが挙げられます。

社労士試験の対策をしたいけど、合格までの全体的なスケジュール調整ができないと悩んでいたら、スタディングならあなたのペースで全体像を可視化しながら勉強ができるでしょう。

AI問題で復習しながら合格を目指せるスケジュール

スタディング社労士講座は3プランから選択して合格を目指せる通信講座ですが、レギュラー・フルプランだとスマート問題集やセレクト過去問・総まとめ講座が含まれるため、正しい理解を確認しながら合格を目指せます。

中でもAIによる学習プランの提案や実力スコアの確認で重点的に対策が必要な科目を理解できるため、万全の準備がしやすい点がおすすめポイントです。

合格までの勉強イメージを明確にして、効率よく合格を目指せる環境がスタディング社労士講座の魅力になります。

会員登録で無料講座を受けられる

≫スタディング社労士講座を詳しくみる

スタディング社労士講座で合格するまでの勉強スケジュール

スタディング社労士講座で合格するまでの勉強スケジュール

スタディング社労士講座で合格するまでの勉強方法は主に2つが中心です。

通信講座は受講後の変更がしにくいデメリットがあるため、合格までの勉強イメージや不安なく対策ができる環境であるかを考えて、ギャップを未然に防ぎましょう。

Webテキストや映像講義のインプットが中心

合格までの教材は基本的にWebテキストと映像講義になりますが、1回あたりの推奨される勉強時間がコンパクトな点がおすすめポイントです。

最短で5分程度の映像講義になるため、独学だと800時間以上必要な勉強を継続する自信がない状況であれば、スタディング社労士講座との相性は良いと予測できます。

スタディング社労士講座のメリット
  • 1回の勉強時間がコンパクトなWebテキストや映像講義を利用できる
  • スキマ時間を有効活用して、メリハリある勉強ができる
  • 独学だと800時間以上必要とされる勉強が集約されている教材
  • 長期間の勉強が苦手な場合でも挫折しにくいスケジュール

スタディング社労士講座と相性が良い受験生は、仕事や子育て・家事などと両立した勉強が必要な状況で、落ち着いて試験対策をする時間の余裕がない人です。

社労士試験で出題される全8科目のインプットをする余裕がない状況であれば、周回数がしやすい勉強スケジュールのもとでメリハリある対策ができるでしょう。

スマート問題集や過去問対策で実力を確かめながら合格を目指せる

ミニマムプランでは含まれないですが、レギュラー・フルプランで対策ができるスマート問題集・過去問対策は正しい理解を確認しながら合格を目指せるため、苦手意識を克服しながら試験対策ができると評判です。

洗濯物を畳む時、味噌汁を煮る時、アイロンをかけるとき、5分でも10分でも動画を視聴していました。銀行の待ち時間などは、スマホで演習問題をどんどん解いていく、というスタイルで無理なく学習時間を積み上げていくことができました。

AI実力スコアで進捗度や合格までの道のりが可視化されるのがモチベーションの維持に役立ってくれました!ともすれば迷子になりがちな長い勉強計画の中で、すごくいい指針になってくれたと思います。

スタディング社労士講座合格者の声

スキマ時間を有効活用して勉強ができるだけでなく、AI実力スコアで試験に必要な知識状況の確認ができるため、迷わず合格までのスケジュール通りの対策ができます。

はじめて社労士試験を受験する初学者でも、納得できる知識を短期間で習得し、本番で実力発揮をするためのアウトプットをしながら合格を目指せるでしょう。

会員登録で無料講座を受けられる

≫スタディング社労士講座を詳しくみる

スタディング社労士講座と比較したいおすすめ通信講座

スタディング社労士講座と比較したいおすすめ通信講座を紹介します。

通信講座で試験対策をした経験がない場合や複数のプランと比較したい状況であれば参考にしてみてください。

合格実績をもとに比較するならアガルート社労士講座がおすすめ

アガルート社労士講座は、合格率は27.37%(令和4年度実績)で全国平均よりも5倍以上高い実績がある通信講座です。

スタディング社労士講座と同様に映像講義が中心のプランになりますが、受講する前にオンライン相談(最低10分)をした上で判断ができるメリットがあります。

さらに紙のテキストも教材に含まれるため、映像講義とセットで理解しつつ、合格実績・合格率の高い通信講座で受講したい場合におすすめです。

サポート重視で比較するならキャリカレ社労士講座と比較しよう

スタディング社労士講座は、学習Q&Aサービス(有料)のサポートがありますが、通信講座独自のサポートが充実しているプランの方が安心するならキャリカレがおすすめです。

  • 無制限の質問
  • 不合格なら全額返金
  • 合格で2講座目無料
  • 試験終了まで延長

万が一試験で不合格だった場合でも、キャリカレなら支払いをした受講料が全額返金されるため、余計な心配をせずに試験対策ができるメリットがあります。

1回で合格が望ましいですが、万が一のことを想定したリスク管理をしたい状況であれば、キャリカレ社労士講座と比較してみると良いでしょう。

スタディング社労士講座の受講に関するよくある質問

スタディング社労士講座の受講に関するよくある質問を紹介します。

受講する前に疑問を解消したい場合は、納得した上で受講ができるようにしましょう。

スタディング社労士講座だけで合格を目指せますか?

はい、スタディングだけで社労士試験の合格をした体験談も出ています。

スマホやタブレットなどのWebテキストや映像講義で合格を目指すため、勉強方法を確認した上で受講した方がスムーズな試験対策ができるでしょう。

スタディング社労士講座に紙のテキストはありますか?

いいえ、スタディング社労士講座はWebテキストと映像講義で合格を目指す通信講座です。

スマホやパソコン・タブレットなどを活用して、スキマ時間の勉強ができるため、紙はないもののスムーズな試験対策ができる点がスタディング社労士講座の魅力になります。

スタディング社労士講座の合格率はどのくらいですか?

スタディングのアンケート調査結果では30.71%(令和4年度実績)と公表されています。

例年5〜7%程度の合格率になるため平均よりは高い実績がありますが、毎年合格率通りの結果が出るわけではないです。

合格率や合格者数は参考として理解すると良いでしょう。

スタディング社労士講座のプランは何種類ですか?

ミニマム・レギュラー・フルの3種類です。

ミニマムは基礎講座のみですが、レギュラー以上はスマート問題集などのアウトプットできる教材が含まれています。

試験本番で実力を発揮できる環境を選びましょう。

おすすめの社労士講座はどれですか?

マイ資格ナビ編集部では、全部で9種類の社労士おすすめ通信講座を紹介しています。

スタディング以外の社労士講座と比較して判断したい場合は、勉強のしやすさやサポート体制・無理なく支払いができる受講料で比較しましょう。

会員登録で無料講座を受けられる

≫スタディング社労士講座を詳しくみる

※本記事内の料金はすべて税込表記です。
※本記事内では、消費者庁の「アフィリエイト広告等に関する検討会 報告書」及び景品表示法比較広告に関する景品表示法上の考え方」に則り、比較・広告紹介をしています。
※紹介している商品の購入や通信講座の申し込みをすると、売上の一部が運営会社に還元されることがあります。
※各情報などは公式サイト及び上記のサイトを参照しています。

※情報は作成・更新時の内容になるため、プラン改定などによって販売が中止・変更になっている場合があります。最新の情報は、各公式サイトよりご確認ください。
※マイ資格ナビで掲載している文章や画像などにつきましては、いかなる場合でも無断転載(キャプチャ画像をSNSなどに掲載含む)することを禁止します。無断転載をした場合は、予告なく法的措置等の適切な対応をいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次