子ども発達障がい支援アドバイザー講座の評判・口コミは?ユーキャンと児童発達支援士との違いやグレーゾーンの見極めまで詳しく紹介

子ども発達障がい支援アドバイザー講座の評判・口コミは?ユーキャンと児童発達支援士との違いやグレーゾーンの見極めまで詳しく紹介

子ども発達障がい支援アドバイザーは、ユーキャンで目指せるグレーゾーンの見極めや適切な発達障害支援をするために必要なスキルを習得できる民間資格です。

マイ資格ナビ編集部が紹介している発達障害支援おすすめ通信講座の中でも初心者向けで、子育てや保育士など子どもに関わる仕事現場で活かせる勉強ができると口コミで評判です。

とはいえ、子ども発達障がい支援アドバイザー講座の口コミ評判が分からないと悩んでいませんか。

この記事を読めば分かるポイント
  • ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー講座の評判や口コミ・体験談
  • 子ども発達障がい支援アドバイザーと児童発達支援士の違い
  • グレーゾーンで発達障害の判断で悩んでいる場合の対策
  • 子ども発達障がい支援アドバイザー資格の合格率や合格者数・試験難易度

本記事では、ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー講座の評判や合格率・児童発達支援士との違いまで詳しく紹介しています。

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー講座に興味があるけど、イメージ通りの発達障害支援の勉強ができるか不安と悩んでいたら参考にしてみてください。

初心者でも勉強しやすい教材でスキルアップ

≫ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー講座を詳しくみる

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー講座に関する口コミ・評判

本記事内で紹介しているユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー講座は、法務省消費者庁国民生活センターが発信する情報を元に、マイ資格ナビ編集部(株式会社マイナビ出版マイナビブックス)がコンテンツ制作ポリシーに則り独自で作成しています。

本記事内では無料コンテンツを提供する目的で、プロモーション等に関する手数料の支払いを受けているものもあるため、気になる方はご注意ください。

※本記事内で紹介する口コミは個人の感想であり、誰もが同様の試験で合格・成果が出るわけではありません。
※本記事は2024年2月時点の情報を紹介しています。

目次

資格のキャリカレ
【スプリングキャンペーン】
ハガキ申込より最大50%OFF
※2/29(木)まで

2/29(木)まで
キャリカレおすすめキャンペーン

子ども発達障がい支援アドバイザー講座の特徴や評判・口コミ一覧

https://www.u-can.co.jp/course/data/in_html/1524/
子ども発達障がい支援アドバイザー資格のポイント
  • 子育てに役立つ発達障害支援の基礎スキルからスムーズに学べる
  • 勉強経験がない初心者向けの難易度で気軽にチャレンジできる
  • 児童発達支援士よりも受講料が安いプランで合格を目指せる
通信講座ユーキャン
資格子ども発達障が支援アドバイザー資格
受講料34,000円
分割払いあり
教育訓練給付制度対象外
勉強スタイルテキスト
映像講義
勉強期間3ヶ月間
合格者数不明
合格率不明
課題添削あり
サポート期間最長6ヶ月間
サポート体制1日3回の質問
添削課題

子ども発達障が支援アドバイザーは、ユーキャンの受講が必須条件になる民間資格です。

子育てや発達障害支援の知識がなくても基礎からマイペースに勉強ができるため、初心者向きの資格になります。

例えば、グレーゾーンの判断や年齢ごとの適切な距離感・コミュニケーション力を学べる特徴がポイントで、発達障害支援の知識を深めるための第一歩としてもおすすめな資格です。

子育て経験がなくてもイメージできる初心者向けの教材

子ども発達障がい支援アドバイザーは、子育て経験がなくても発達障害支援法にもとづいた適切な関わり方や子どもの自己肯定感を高めるための引き出し方を理解できます。

例えば、身辺自立やコミュニケーション・対人関係・問題行動に対する考え方や関わり方をテキスト1冊(合計2冊)で学べるため、出産準備が目的の場合でもおすすめです。

  • 発達障がいに関する基礎知識を理解できる
  • 発達障がい児を取り巻く環境を理解できる
  • 子どもの問題行動に対する考え方や改善策

合格することだけが目的ではないユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー講座は、身近な場面で活用できる再現性を意識した勉強ができます。

発達障害支援を意識すると難易度が高い印象が強いですが、ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー講座では子育てや出産準備をするプレママ向けの教材で学べると覚えておきましょう。

グレーゾーンの判断ができるようになる

発達障害の種類を学べるため、グレーゾーンの判断や年齢別の関わり方を考えることができるポイントも口コミで評判です。

3種類の発達障害を理解できる
  • 自閉巣スペクトラム症(ASD)
  • 注意欠如・多動症(ADHD)
  • 学習障害(LD)

問題行動を改善するための対策を考えるだけでなく、子どもの気持ちや状況を正しく理解することで発達障害グレーゾーンの診断結果でも、負担の少ない関わりができます。

グレーゾーンは、発達障害の特性が見られるものの、診断基準には満たない状態

例えば、グレーゾーンで判断の断言ができない状況に必要な経過の観察や理解・保育士や施設への相談タイミングを考えることができるため、子どものストレスを減らせるメリットが特徴です。

保育士やベビーシッター・児童指導員などの仕事だけでなく、子育てに役立つ判断力が身に付くポイントもユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー講座が口コミで評判の理由になります。

絵カードで身近な場面で活かせるハードルの低さ

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー講座の特徴は、絵カードを活用して子どもとの関わり方を学べる勉強内容です。

ワークが中心で専門性の高い発達障害支援スキルを習得できる児童発達支援士と比較して初級編になりますが、子どもとの距離感を近さを意識したい場合におすすめになります。

発達障害支援を意識しつつ、子どもが楽しめる環境づくりができる勉強スタイルがユーキャン子ども発達障がいアドバイザー講座の特徴です。

初心者でも勉強しやすい教材でスキルアップ

≫ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー講座を詳しくみる

子ども発達障がい支援アドバイザー講座の悪い評判・口コミ

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー講座の悪い評判・口コミは2つです。

  1. 発達障害支援に関する基礎中心の勉強内容
  2. 児童発達支援士と比較して実績数は少ない

※マイ資格ナビ編集部が受講した体験談・評判を紹介しています。

発達障害支援に関する基礎中心の勉強内容

ユーキャンで目指せる子ども発達障がい支援アドバイザー講座は、発達障害支援に関する基礎知識が中心で、初級編の勉強内容になります。

保育士や看護師・児童指導員などの仕事で発達障害支援に関する知識に自信がある場合は、難易度が低くて簡単に感じるリスクがあると評判です。

メリット
デメリット
  • 発達障害支援の基礎知識からスムーズに学べる
  • グレーゾーンの適切な関わり方を理解できる
  • 子育てに役立つ発達障害支援スキルが中心の勉強内容
  • 発達障害支援の知識があれば簡単に感じる
  • 国家資格に該当しなくてスキルアップが目的

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー講座の勉強で、独立や開業スキルまで目指している場合は簡単な内容が多いため、ギャップを感じる可能性が高いです。

合格までの勉強イメージが分からない場合は、資料請求をすると具体的な学べる発達障害支援スキルを確認できます。

児童発達支援士と比較して実績数は少ない

おすすめ発達障害支援資格は全部で5種類ですが、実績重視で比較するなら子ども発達障がい支援アドバイザーよりも児童発達支援士が充実しています。

ユーキャンは常に100講座以上開講している評判の高い大手通信講座ですが、1つのジャンルに特化しているわけではないため、民間資格は基礎知識の習得が基本になります。

一方で児童発達支援士は、発達障害支援に特化している一般社団法人人間力認定協会が開講・認定をしているため、子ども発達障がい支援アドバイザーよりも専門性を高めることが可能です。

ユーキャンで取得できる子ども発達障がい支援アドバイザーと児童発達支援士の違いを確認して、イメージ通りの勉強ができる環境を選びましょう。

初心者でも勉強しやすい教材でスキルアップ

≫ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー講座を詳しくみる

子ども発達障がい支援アドバイザー講座の良い評判・口コミ

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー講座の良い評判・口コミは3つです。

  1. 子育てや発達障害支援の経験がなくても分かりやすい
  2. 3歳・5歳と年齢別グレーゾーンの判断がしやすい
  3. 発達障害診断チェックを受けるか曖昧な状況におすすめ

※マイ資格ナビ編集部が受講した体験談・評判を紹介しています。

子育てや発達障害支援の経験がなくても分かりやすい

ユーキャンで学べる発達障害支援の勉強内容は、子育てや保育士などの仕事経験がなくてもスムーズに理解ができる内容です。

メインのテキストは2冊ですが、各項目ごとの解説が丁寧で、重要ポイントが分かりやすい特徴が評判になっています。

2種類のテキストは初心者向けの内容
  • 勉強ボリュームが少ないため挫折するリスクが少ない
  • サポート理論編で知識を身につけ、サポート実践編で支援する実践力を習得できる
  • 今日材料は少ないが、発達障害支援の理解を深めながらスキルアップ

子育てや保育士などの仕事経験がなくても、発達障害支援の知識を基礎から学びたい場合はユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー講座の勉強内容はイメージ通りになるでしょう。

日頃の生活で気を付けるポイントが分かりやすい

インターネットで発達障害支援の勉強をしても、グレーゾーンの対策や子どもとの関わり方が曖昧で判断がしにくいです。

ユーキャンで学べる子ども発達障がいアドバイザー講座(サポート実践編)では、複数のシュチュエーションを想定して、子育てに役立つ支援スキルを習得できると評判になっています。

  • 問題行動が起こる前の5つの事前対処を理解できる
  • 問題行動が起こった後の事後対処を見直せる
  • 子どもと親の心のケアをしてストレスを軽減できる

民間資格の勉強は意味ない評判もありますが、ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー講座では再現性を意識した勉強ができるので、身近な場面で実践できます。

例えば、子どもの自主性が低くて悩んでいる場合やしつけ・円滑なコミュニケーションが取れずに悩んでいる状況でもユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー講座の勉強は役立つでしょう。

発達障害診断チェックを受けるか曖昧な状況におすすめ

発達障害支援の基礎知識から学べるため、グレーゾーンや発達障害診断チェックを受ける判断で悩んでいる状況でもユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー講座の勉強は活かせます。

病院や専門機関で発達障害の診断を受診後であれば対応が明確ですが、グレーゾーンや曖昧な状況であれば対応方法に悩むでしょう。

こんな悩みを抱えていたらおすすめ!
  • 発達障害のグレーゾーンで判断ができない
  • 発達障害診断のチェックに興味があるけど、受診して良いか分からない
  • 他の事例と比較した上で今後の行動やサポートを考えたい

勉強するだけで満足するのではなく、身近な場面で活かせる発達障害支援スキルを習得できることがユーキャンで受講するメリットです。

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー講座では、子どものサポートだけでなく、あなた自身の判断力も学べる勉強内容になると評判になっています。

初心者でも勉強しやすい教材でスキルアップ

≫ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー講座を詳しくみる

子ども発達障がい支援アドバイザー講座の勉強方法・合格までのスケジュール

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー講座は、基本的に3ヶ月間の勉強で合格を目指します。

勉強が苦手でも1日30分以内だけで十分理解ができるため、子育てや家事をしながらでもスキマ時間を活用して合格を目指せます。

メインテキスト2冊で発達障害支援の基礎から理解する

基本的には2冊のメインテキストで合格を目指せるため、勉強ボリュームは少なくて重要ポイントを中心に子ども発達障がい支援アドバイザー資格を目指します。

合格するだけでなく、合格後に発達障害支援の実践スキルを活かすことを目的にしているため、複数の事例をもとにアウトプットを意識した勉強ができます。

さらに一方的なサポートではなく、子どもの心の内側を引き出すための準備から見直せる勉強内容になっており、負担・ストレスを軽減した支援を学べる特徴が口コミで評判です。

2冊のテキストだけで合格を目指せる
  • 発達障害支援の基礎知識から2冊のテキストだけで理解できる
  • 重要ポイント中心の教材内容で覚える知識量はコンパクト
  • 子どもの立場を想定した支援・サポート力を習得できる勉強内容

絵カードと副教材で理解を深める

メインテキストで発達障害支援の基礎知識を学んだ後は、絵カードや実例集などをもとに、身近な場面で活用するイメージを想定した勉強を継続します。

教材勉強内容
支援ワークブックグレーゾーンの判断や実際に通院した場合のアドバイザーとして活用するスキル
絵カードイラストやデザインをもとに発達障害支援に役立つ視覚的なサポートをする
支援ワークブックと絵カードの違い

発達障害支援資格の中で評判の高い児童発達支援士との大きな違いは、絵カードや映像講義などの副教材が充実していることです。

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー講座は初心者向けの勉強内容になるため、サポートのイメージが全くできていない状況でも気軽にチャレンジできるメリットが口コミで評判になっています。

自信がついたタイミングで在宅試験にチャレンジする

基本3ヶ月間の勉強を修了すれば子ども発達障がい支援アドバイザー資格の試験にチャレンジします。

在宅でいつでも受験ができるため、試験日程の調整をする手間が省けるメリットが忙しい社会人や主婦向きです。

合格率や合格者数の公表はない

子ども発達障がい支援アドバイザー資格は、合格率や合格者数の公表がないです。

項目詳細
試験時間なし
合格基準70%以上の正答率
合格率不明
合格者数不明
受験料無料
※受講料に含まれている
子ども発達障がい支援アドバイザーの合格率・試験難易度

試験といっても課題添削で70%以上の正答率で合格ができるため、勉強が苦手でも1回で合格を目指せます。

合格を目指すだけでなく、子育てや子どもに関わる仕事での実践イメージを想定して子ども発達障がい支援アドバイザー資格を目指すと良いでしょう。

在宅受験ができて試験難易度は低い民間資格

在宅試験ができる子ども発達障がい支援アドバイザー資格は、いつでもチャレンジができる民間資格になるため、限られた時間で勉強をする場合でも余計な負担がかからないです。

例えば、試験日程や会場が決まっている場合は子育て・仕事の調整が必要ですが、子ども発達障がい支援アドバイザー資格は日程調整がないメリットも口コミで評判になっています。

余計な心配をすることなく、子ども発達障がい支援アドバイザー資格の合格を目指せるでしょう。

初心者でも勉強しやすい教材でスキルアップ

≫ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー講座を詳しくみる

子ども発達障がい支援アドバイザーと児童発達支援士の違い

子ども発達障がい支援アドバイザーと比較する受講生が多い児童発達支援士を詳しく紹介します。

目標とする発達障害支援スキルを比較して、イメージ通りの勉強ができるようにしましょう。

発達障害支援の難易度は子ども発達障がい支援アドバイザーが簡単

発達障害支援スキルの難易度で比較すると、児童発達支援士よりも子ども発達障がい支援アドバイザーの方が初心者向けで簡単です。

子ども発達障がい支援アドバイザー児童発達支援士
受験方法在宅(課題添削)在宅
合格率不明90%程度
合格者数不明16,500人以上
難易度
ポイント課題添削で合格できれば資格を取得できるその場で回答が出るインターネット受験
試験難易度で比較

勉強が苦手な場合は子ども発達障がい支援アドバイザーの方が試験の心配をすることなくチャレンジができます。

国家資格には含まれないため、あなた自身の実用性を考慮して比較してみると再現性の高い勉強ができるでしょう。

2種類の資格を比較しよう

勉強できる環境・サポート体制で比較ができる

通信講座としての実績が充実しているユーキャン(子ども発達障がい支援アドバイザー)の方が、質問や課題添削などのサポートが充実しています。

子ども発達障がい支援アドバイザー児童発達支援士
サポート体制1日3回の質問
添削課題
メール等で質問
公式LINEで情報発信
おすすめの人発達障害支援に関する質問や課題で確認をしながら勉強をしたい発達障害支援の専門性を高めて仕事・子育てで活かしたい
サポート体制で比較

独学とは異なり通信講座を活用すれば、資格の取得ができるだけでなく、専門家・講師のサポートが含まれることがメリットです。

合格までの勉強イメージを考えて、挫折しにくい環境で発達障害支援スキルを目指しましょう。

受講料の安さなら子ども発達障がい支援アドバイザーが安い

受講料で比較すると、ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー講座の方が安いです。

一方で、児童発達支援士期間限定の割引や療育動画プレゼントなどのキャンペーンを実施しているため、受講する前に比較した方が損をしません。

おすすめ発達障害支援資格の中には積極的なキャンペーンを実施している場合もあるため、事前に確認してみると良いでしょう。

児童発達支援士は専門性の高い発達障害支援資格を目指す場合におすすめ

児童発達支援士は、子ども発達障がい支援アドバイザーよりも専門性の高い発達障害支援の勉強ができます。

児童発達支援士のポイント
  • 身近な場面で活かせる発達障害支援の専門スキルを習得できる
  • 子どもとの関わり方や自己肯定感の高め方を理解できる
  • 合格した後のサポートや療育動画の配布・交流会が充実している

民間資格は、合格した後に学んだスキルを活用するイメージをした上で勉強することが大切です。

ユーキャンで取得できる子ども発達障がい支援アドバイザーと児童発達支援士の違いを理解して、目標とする支援スキルを習得しましょう。

初心者でも勉強しやすい教材でスキルアップ

≫ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー講座を詳しくみる

≫児童発達支援士の評判や合格体験談はこちらで紹介

子ども発達障がい支援アドバイザー講座に関するよくある質問

子ども発達障がい支援アドバイザー講座に関するよくある質問を紹介します。

子ども発達障がい支援アドバイザーはユーキャン以外でも取得できますか?

いいえ、ユーキャン以外では子ども発達障がい支援アドバイザー資格は取得できないです。

指定のプランを受講して、すべての課題添削で合格すれば子ども発達障がい支援アドバイザー資格を取得できます。

国家資格はありますか?

いいえ、子ども発達障がい支援アドバイザーに国家資格はないです。

発達凸凹アカデミーが認定している民間資格になります。

発達障害支援の知識がなくても問題ないですか?

はい、初心者でも分かりやすいテキスト教材を中心に学べるため、発達障害支援の勉強経験がなくても問題ありません。

正しい支援の知識を3ヶ月以内で習得できます。

グレーゾーンとはなんのことですか?

発達障害の特性が見られるものの、診断基準には満たない状態のことです。

ユーキャンにはどのようなサポートがありますか?

1日3問までの質問や課題添削などのサポートが含まれます。

勉強時間の確保ができない状況であれば、最長6ヶ月までは延長できます。

合格率や合格者数はどのくらいですか?

子ども発達障がい支援アドバイザー資格の合格率や合格者数は公表されていないです。

とはいえ、全ての課題添削で合格できれば資格を取得できるので、難易度は低い部類に含まれると予想できます。

通信講座と独学の違いはなんですか?

通信講座は、正しい発達障害支援スキルを習得し、資格の取得・充実したサポートが含まれます。

一方で独学は、安い受講料で好きな教材を活用した勉強ができるメリットが特徴です。

子育てをしながらでも勉強できますか?

はい、1日30分以内の勉強だけでも十分なスケジュールです。

スキマ時間を活用して、効率よく子ども発達障がい支援アドバイザー資格の勉強ができるでしょう。

割引キャンペーンを実施していますか?

子ども発達障がい支援アドバイザー講座は定期的な割引キャンペーンを実施しています。

詳しくはユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー講座の公式サイトを確認しましょう。

初心者でも勉強しやすい教材でスキルアップ

≫ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー講座を詳しくみる

※本記事内の料金はすべて税込表記です。
※本記事内では、消費者庁の「アフィリエイト広告等に関する検討会 報告書」及び景品表示法比較広告に関する景品表示法上の考え方」に則り、比較・広告紹介をしています。
※紹介している商品の購入や通信講座の申し込みをすると、売上の一部が運営会社に還元されることがあります。
※各情報などは公式サイト及び上記のサイトを参照しています。

※情報は作成・更新時の内容になるため、プラン改定などによって販売が中止・変更になっている場合があります。最新の情報は、各公式サイトよりご確認ください。
※マイ資格ナビで掲載している文章や画像などにつきましては、いかなる場合でも無断転載(キャプチャ画像をSNSなどに掲載含む)することを禁止します。無断転載をした場合は、予告なく法的措置等の適切な対応をいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次