行政書士はやめとけと評判の理由は?意味ない・悲惨と言われる対策を詳しく紹介!

行政書士はやめとけと評判の理由は?意味ない・悲惨と言われる対策を詳しく紹介!

行政書士は、初学者なら800時間程度の勉強をしないと合格が難しいとされていますが、行政書士はやめとけ・意味ないなどの評判を聞くと不安になりますよね。

そこで本記事では、行政書士はやめとけ・意味ないと言われる理由や対策を詳しく紹介しています。

行政書士は受験資格や条件がない国家資格ですが、合格率は10〜15%程度で難易度の高い試験です。試験勉強をする前に、行政書士はやめとけなどの評判が出る理由と対策を考えてみましょう!

初学者でも合格を目指せる!

行政書士やめとけと言われることを想定して、理由や原因の例を紹介しています。受験や就職活動のミスマッチを防止するための記事内容になっており、行政書士を否定しているわけではないことをご了承ください。

目次

資格のキャリカレ
【スプリングキャンペーン】
ハガキ申込より最大50%OFF
※2/29(木)まで

2/29(木)まで
キャリカレおすすめキャンペーン

行政書士はやめとけと評判の理由は?5種類のポイントを理解しよう!

行政書士はやめとけと評判が出る理由は5種類想定できます。

せっかく難易度の高い行政書士試験で合格できても、仕事との相性が悪くてやめたら意味がありません

マイ資格ナビ編集部が推測する5つの行政書士はやめとけなどの評判が出る理由を参考にして、イメージとの乖離がないか考えてみましょう。

行政書士はやめとけの理由①:受験条件がなくて誰でもチャレンジできる国家資格

1つ目の行政書士はやめとけと言われる理由は、受験条件がなくて誰でもチャレンジできる国家資格のためです。

国家資格は受験条件が多い試験が多いですが、行政書士は学歴や経験関係なく、誰でも合格を目指せます。

実際に、10代と80代の受験者・合格者が出ており、チャレンジのしやすさが行政書士のポイントです。

行政書士試験の結果
※2023年度
  • 試験日:令和5年11月12日(日)
  • 申込者数:59,460人(前年度:60,479人)
  • 受験者数:46,991人(前年度:47,850人)
  • 合格者数:6,571人(前年度:5,802人)
  • 合格率:13.98%(前年度:12.13%)
  • 合格者平均得点:197点(前年度:197点)
  • 最年長合格者:81歳
  • 最年少合格者:13歳

※参照:一般財団法人 行政書士試験研究センター

一方で、社会保険労務士(社労士)税理士のような受験条件があるわけではないので、差別化がしにくいデメリットから行政書士はやめとけなどの評判が出ると予測できます。

とはいえ、初学者が独学で勉強するには800時間程度は必要とされており、合格率10〜15%と難易度の高い試験で行政書士が任される仕事も限られています。

難易度は高い試験ですが、チャレンジのしやすい国家資格になるので、差別化のしにくさから行政書士はやめとけと言われるのでしょう。

誰でもチャレンジできるメリットはありますが、合格を目指す差別化がしにくいためやめとけと言われることも想定できますよ!

行政書士はやめとけの理由②:儲からないから食えない声も出ている

2つ目の行政書士はやめとけと言われる理由は、儲からないから食えない声も出ているためです。

行政書士の年収は579.8万円程度(令和4年賃金構造基本統計調査)とされていますが、働き方が企業勤務型と独立開業型で分かれるため、収入面の差が生じやすい仕事になります。

実際に初任給は26万円(参照:ハローワーク求人統計データ)と出ており、ボーナスを考慮しない場合は年収312万円です。

行政書士の収入イメージ
  • 初任給:26万円程度が目安
  • 1年目の年収:300〜400万円程度
  • 平均年収:579.8万円

行政書士は、企業勤務型と独立開業型で年収が400〜1000万円と大幅に異なるため、儲からないと決めつけてやめとけと言われることも想定できます。

年収1000万円を目指すためには独立開業型の働き方を目指す必要があり、下積み期間が長ければ収入面の物足りなさから、行政書士はやめとけと言われるのでしょう。

士業は企業勤務型と独立開業型で収入が大幅に異なるため、目標の年収や働き方を想定しないとギャップに感じるリスクがあるので注意しましょう!

行政書士はやめとけの理由③:就業者は多くて溢れている

3つ目の行政書士はやめとけと言われる理由は、就業者は多くて溢れているためです。

行政書士は309,100人程度が就業(参照:令和2年国勢調査)しているとされていますが、例年4,000人以上が合格しているため、10年間で40,000人以上が就業できるペースになります。

世代交代や定年退職に伴い、行政書士試験の新規合格者が活躍することも多いですが、働く人数・働いている人数が溢れていることからやめとけと評判になりやすいのでしょう。

さらに日本ではAI(人工知能)による仕事の影響が出てくると予測されており、行政書士は独占業務のみ委託になる可能性も視野に入れなくてはなりません。(参照:総務省

AIによる影響
  • 独占業務:行政書士に仕事を委託
  • 事務作業など:AI(人工知能)による人件費削減

企業勤務型で行政書士の仕事をする場合は、1社あたり1〜3人程度が目安になるため、他の行政書士との差別化やAIでの代替ができない働き方を意識しなければなりません。

現場での実績を積むだけでなく、顧客に寄り添ったサポートやあなたならではの強み・人脈を活かさないと、行政書士として活躍する場は限られてしまうでしょう。

行政書士は例年合格者が増えており、求人募集とのバランスが悪いことも想定できます。受験前に、働き方や求人を確認してみると良いですよ!

行政書士はやめとけの理由④:独占業務できるボリュームが少ない

4つ目の行政書士はやめとけと言われる理由は、独占業務できるボリュームが少ないためです。

行政書士が対応できる独占業務の内容は3つが中心になります。

  • 官公署に提出する書類の作成
  • 権利義務関連書類の作成
  • 事実証明関連書類の作成

行政書士が手がけられる書類は10,000種類以上になりますが、仕事場面が限られていて活躍回数が限られていることからやめとけと評判になります。

一方で、行政書士は独占業務ができる国家資格になるため、将来的な需要も継続的に高いことも言えます。

他の行政書士との比較や差別化ができるようになれば、安定的な収入を得ることができるでしょう。

国家資格の中でも独占業務ができる仕事は限られています。行政書士のみができる仕事を覚えて、顧客のニーズに適した対応力を身につけましょう!

行政書士はやめとけの理由⑤:初学者だと800時間程度の勉強が必要とされる

5つ目の行政書士はやめとけと言われる理由は、初学者だと800時間程度の勉強が必要とされるためです。

例えば、1日2時間の勉強を継続する場合でも400日必要になるため、長期間の勉強に自信がなければ挫折する可能性があります。

行政書士の勉強時間イメージ
  • 1日1時間の勉強:800日(2年2ヶ月)
  • 1日2時間の勉強:400日(1年2ヶ月)
  • 1日3時間の勉強:267日(9ヶ月)

さらに行政書士勉強時間の800時間は1つの目安になりますが、合格率は10〜15%程度で必ず1回で合格できるわけではありません

勉強が苦手な場合は、マイ資格ナビ編集部が紹介している行政書士おすすめ通信講座ランキングを参考にして、相性の良い教材や勉強方法を選ぶと800時間よりもコンパクトな勉強期間で合格を目指せます。

とはいえ、長期間の勉強が苦手な場合や合格までの道のりが長く、インプットボリュームの多さから行政書士やめとけなどの評判が出るのでしょう。

行政書士試験は1年に1回しかないため、万全の対策をしたい上で試験本番に臨まないと余計な時間を過ごすことになります。不安なら行政書士おすすめ通信講座ランキングを参考にしてみましょう!

初学者でも合格を目指せる!

行政書士はやめとけと評判の理由の対策は3つだけ!

行政書士はやめとけと評判が出る理由は5種類想定できますが、3つのポイントで対策をすればギャップを防止できます。

  • 行政書士の働き方をイメージした上で勉強をする
  • 目標とする年収や求人募集を事前に確認する
  • 相性の良い教材を活用して効率よく合格を目指す

はじめて行政書士試験にチャレンジする場合や合格までの全体像・働くイメージができない状況であれば、3つのポイントを参考にしてみてください。

行政書士の働き方をイメージした上で勉強をする

行政書士は、企業勤務型と独立開業型の2パターンで働くことが主流になるため、仕事のイメージを想定した上でチャレンジした方がギャップを防止できます。

行政書士は例年4,000人以上が試験で合格していますが、登録者2,687人に対して抹消者1,881人(参照:行政書士の登録状況(令和3年度))と約7割が異なる仕事に変えていることが分かります。

合格者数5,353人
登録者2,687人
抹消者1,881人
行政書士の合格者・登録者・抹消者(令和3年度)

つまり、行政書士としての働き方を正しく理解した上で試験対策をしないと、独学で800時間程度必要とされる勉強をしても異なる仕事に就く可能性も高いです。

試験で合格することだけを目的にするのではなく、行政書士の仕事内容を知り、働くイメージを想定しながら試験対策をした方が良いでしょう。

行政書士の仕事内容(例)
  • 「官公署に提出する書類」の作成とその代理、相談業務
  • 「権利義務に関する書類」の作成とその代理、相談業務
  • 「事実証明に関する書類」の作成とその代理、相談業務

目標とする年収や求人募集を事前に確認する

企業内で働く企業勤務型と事務所を持ち代表として活動をする独立開業型の2種類で働ける行政書士ですが、事前に仕事環境のイメージを確認した方がやめとけと言われる評判の対策ができます。

企業勤務型企業に勤めて、行政書士の役割を果たす
独立開業型事務所を持ち、自由に行政書士の仕事をする
行政書士の働き方

安定を求める場合は企業勤務型で働く行政書士も多いですが、年収や求人に限度があるため、目標通りの待遇を受けられない可能性も出てきます。

行政書士の働き方はメリット・デメリットを理解した上で、納得できる仕事環境を見つけましょう。

行政書士の企業勤務型に関するメリット・デメリット

行政書士の企業勤務型に関するメリット・デメリットを比較すると以下の通りです。

メリット
デメリット
  • 安定的な仕事が多くて一定の収入を得ることができる
  • 仕事が定期的に入るため営業をする回数が少ない
  • 倒産や廃業のリスクが少ない
  • 収入に限界があり年収アップが難しい
  • 仕事環境が決まっていて自由に働きにくい
  • 職場環境によっては評価されにくい

企業勤務型の働き方は、安定的な収入を得られるメリットがあり、倒産や廃業のリスクが少ないです。

せっかく行政書士試験で合格できても仕事場がない場合や開業をしても廃業したら意味がなく、やめとけと言われてもおかしくありません。

一方で働き方や収入は決まっているケースが大半になるため、行政書士の募集をしている求人情報を確認してから合格を目指すと良いでしょう。

行政書士の独立開業型に関するメリット・デメリット

行政書士の独立開業型に関するメリット・デメリットを比較すると以下の通りです。

メリット
デメリット
  • 自由な仕事ができて1人の行政書士として評価される
  • 企業勤務型よりも高年収を目指しやすい
  • 働き方に縛られることが少ない
  • 個人事務所の場合はモチベーション維持が難しい
  • 収入が安定しない
  • 営業活動を積極的に実施する必要がある

自由に働ける上に高年収も目指せる独立開業型ですが、顧客がいないと仕事が成り立たないため、営業活動も継続する必要があります。

将来的には独立開業を視野に入れることはおすすめですが、行政書士試験で合格した後は企業勤務型で経験を積み、ある程度の実績を持って開業するケースが主流です。

年収1000万円を目指すためには独立開業型を選んだ方が達成しやすくなるため、収入面を意識したい場合は想定した働き方をすると良いでしょう。

相性の良い教材を活用して効率よく合格を目指す

行政書士の試験内容は、法令等科目と一般知識等科目に分類できますが、初学者が独学で勉強するなら800時間程度必要とされています。

1日2時間の勉強を継続しても400日間かかる難易度の国家資格になるため、行政書士として働く前に試験対策で挫折するリスクがあるため、やめとけと言われます。

試験対策の方法は、独学と通信講座・予備校の2種類から選べますが、初学者や勉強が苦手な場合はマイ資格ナビ編集部が紹介している行政書士おすすめ通信講座ランキングから選ぶと良いでしょう。

通信講座・予備校のメリット
  • 独学だと800時間程度必要な勉強内容がコンパクトに集約された教材を活用できる
  • 過去の合格者の体験談や口コミをもとに勉強スケジュールが組まれている
  • 合格率を公表している通信講座や予備校があり信頼できる
  • 質問や課題添削をしてスムーズに苦手科目の対策がしやすい

行政書士試験は例年11月の試験日程が決まっているため、万全の準備をするには相性の良い教材選びが重要です。余計な不安を減らして、集中した試験対策ができるようにしましょう!

初学者でも合格を目指せる!

行政書士はやめとけの評判に関するよくある質問

行政書士はやめとけの評判に関するよくある質問を紹介します。

行政書士試験の対策をしたいけど、やめとけ・意味ないなどの評判が心配に感じる場合は疑問を解消した上で合格を目指しましょう。

行政書士試験は合格しても意味ないのですか?

いいえ、行政書士試験は合格することで一部の独占業務や行政書士しかできない仕事ができるようになります。

企業勤務型と独立開業型の2種類で働くことが基本になるため、働くイメージをしながら試験対策をすると良いでしょう。

行政書士やめとけと言われる理由を知りたいです。

行政書士やめとけと評判になる理由は5つ想定できます。

行政書士の働き方を正しく理解すればギャップに感じることもないため、仕事内容や活躍イメージを想定した上で合格を目指しましょう。

行政書士試験で合格すれば独立できますか?

試験で合格できれば行政書士の独占業務はできますが、実績がないままの独立開業はおすすめしません。

企業勤務型よりも高収入を目指せますが、安定するまで時間がかかることも想定できるため、まずは企業に勤めながら行政書士の仕事を請け負うと良いでしょう。

行政書士試験は初学者でも合格できますか?

初学者が1回で行政書士試験で合格することも少なくありません。

とはいえ、初学者が独学で勉強をする場合は800時間程度は必要とされているため、相性の良い教材を活用して効率よく合格を目指す必要があります。

行政書士試験の勉強が不安で、おすすめな対策はありますか?

はじめて行政書士試験の対策をする場合や勉強が苦手な人は、行政書士おすすめ通信講座ランキングから比較がおすすめです。

初学者向けの教材も多く、あなたの状況に合わせて、試験本番から逆算したスケジュールを調整しながら試験対策ができるでしょう。

初学者でも合格を目指せる!

行政書士はやめとけの評判が不安なら相性の良い教材で合格を目指そう!

行政書士やめとけの評判が出る理由は5つ想定できますが、いずれも仕事内容や働くイメージができていればギャップを防げます。

一方で、行政書士試験は合格率10〜15%になるので、初学者が合格を目指すには独学だとハードルが高く試験対策で挫折するリスクがあります。

行政書士試験の対策では、独学と通信講座・予備校の2種類から選択ができるため、相性の良い教材を活用してスムーズに合格を目指すことが重要です。

行政書士やめとけの評判に関する対策ができたら、まずがマイ資格ナビ編集部が紹介している行政書士おすすめ通信講座ランキングを参考にして、効率よく合格を目指せる環境を見つけましょう。

初学者でも合格を目指せる!

※本記事内の料金はすべて税込表記です。
※本記事内では、消費者庁の「アフィリエイト広告等に関する検討会 報告書」及び景品表示法比較広告に関する景品表示法上の考え方」に則り、比較・広告紹介をしています。
※紹介している商品の購入や通信講座の申し込みをすると、売上の一部が運営会社に還元されることがあります。
※各情報などは公式サイト及び上記のサイトを参照しています。

※情報は作成・更新時の内容になるため、プラン改定などによって販売が中止・変更になっている場合があります。最新の情報は、各公式サイトよりご確認ください。
※マイ資格ナビで掲載している文章や画像などにつきましては、いかなる場合でも無断転載(キャプチャ画像をSNSなどに掲載含む)することを禁止します。無断転載をした場合は、予告なく法的措置等の適切な対応をいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次