行政書士の勉強時間はどのくらい?800時間よりコンパクトにするなら何ヶ月か詳しく紹介!

行政書士の勉強時間はどのくらい?800時間よりコンパクトにするなら何ヶ月か詳しく紹介!

行政書士は、合格率10〜15%程度で難易度が高い国家資格になりますが、受験条件がないことからチャレンジしやすい試験としても注目されています。

とはいえ、行政書士の試験対策に必要な勉強時間や難易度が分からなくて目指せるのか自信がない…と悩んでいませんか。

そこでマイ資格ナビ編集部では、行政書士の勉強時間や合格までのイメージを詳しく紹介しています。はじめて行政書士試験の対策をする場合は参考にしてみてください!

初学者でも合格を目指せる!

目次

資格のキャリカレ
【スプリングキャンペーン】
ハガキ申込より最大50%OFF
※2/29(木)まで

2/29(木)まで
キャリカレおすすめキャンペーン

行政書士の勉強時間は800時間が目安

行政書士は、法令等科目と一般知識等科目の2科目を対策する国家資格ですが、勉強時間は800時間程度必要とされています。

800時間の勉強時間は、マンション管理士土地家屋調査士中小企業診断士と同等程度の対策が必要とされており、難関資格の部類に含まれるため相性の良い教材選びと効率の良い勉強が重要です。

まずは、行政書士の勉強時間で求められることや800時間必要な理由を知りましょう。

行政書士の勉強時間が800時間必要な理由

大きく分けて法令等科目(5科目)と一般知識等科目(3科目)の2科目のみになる行政書士試験ですが、勉強時間は800時間程度必要になる理由は、基礎法学・行政法・民法・商法などの専門的な知識と暗記が求められるためです。

中でも行政法と民法は暗記の量が多く、絶対評価である行政書士試験ではバランスの良い理解を深めなければなりません。(300万満点中180点以上が合格)

出題科目詳細配点
行政書士の業務に関し必要な法令等憲法
行政法
民法
商法
基礎法学
244点(300点満点)
※36問出題
行政書士の業務に関連する一般知識等政治・経済・社会
情報通信・個人情報保護
文章理解
56点(300点満点)
※14問出題
行政書士試験の科目

中でも民法や行政法は行政書士試験では欠かせない軸の知識になるため、多くの勉強時間を費やすことになります。

独学・通信講座問わず教材は、テキスト・六法・過去問・答案や問題集を活用することが多く、相性の良い環境で勉強ができなければインプットでつまづく可能性が高いです。

さらに独学で行政書士試験の対策をする場合は、11月の試験本番までのスケジュールを逆算して考える必要があるため、何ヶ月必要か考慮した上でチャレンジしないと不合格になるリスクがあるでしょう。

行政書士試験を独学で対策する勉強時間は何ヶ月かかるか逆算して考え、万全の状態で本番を迎えられるようにしましょう。

行政書士の難易度や合格率を他の資格と比較

行政書士と近い試験難易度の国家資格と比較すると、土地家屋調査士や宅地建物取引士と同等程度の合格率になり、難易度が高いことがわかります。

合格率が近い難易度ランキング

例えば、土地家屋調査士は1000時間程度の勉強時間・宅地建物取引士は600時間の勉強時間が必要とされているため、行政書士は中間あたりが目安(※勉強状況で個人差あり)です。

国家資格と比較しても合格率が低くて長期間の勉強時間が必要になるため、行政書士やめとけなどの声も出ており、逆算した対策が重要になります。

合格率だけで勉強時間の調整はおすすめしないですが、行政書士は1年に1回しか試験がないため、相性の良い教材を活用して効率よく試験対策ができるようにしましょう。

行政書士は大科目は2つですが、法律に関する暗記が多く、勉強時間を費やして繰り返さないと合格は難しいです。余裕のある勉強時間を確保し、マイペースに合格を目指すようにしましょう!

初学者でも合格を目指せる!

Check行政書士はやめとけの理由:初学者だと800時間程度の勉強が必要とされる

行政書士試験を独学で対策する勉強時間は何ヶ月かかる?

行政書士試験を独学で対策する場合に必要となる勉強時間や勉強期間を紹介します。

合格までのスケジュール調整が難しい場合や全体像をイメージできなければ、2つの勉強時間・勉強期間を参考にしてみてください。

1日2時間の勉強をするスケジュール

1日2時間の勉強で行政書士試験の対策をする場合は、400日間(1年2ヶ月程度)の勉強期間が目安になります。

  • 1日2時間×400日間=800時間
  • 1日2時間の勉強をする場合は1年2ヶ月程度の継続が必要

1日2時間の勉強で行政書士試験の対策をする場合は、受験予定の前年9月には本格的な勉強を開始しなければ間に合いません。

さらに外出や体調不良などのトラブルを考慮すると、受験予定の前年7月頃には行政書士試験の勉強をはじめるスケジュールを組まないと万全の準備ができない可能性があります。

行政書士の受験生は1日5時間〜10時間などの長い勉強をすることが多いですが、仕事や子育てをしながら試験対策をする人向けの勉強スケジュールです。

行政書士試験で1日2時間の勉強時間がおすすめな人

行政書士試験で1日2時間の勉強時間がおすすめな人は、仕事や子育て・学業との両立をしながら対策するまとまった時間の調整が難しい人です。

1日2時間の勉強時間がおすすめな人
  • 仕事や子育て・学業との両立をして勉強をしたい人
  • 長時間の勉強を継続する自信がない人
  • まとまった時間の調整が難しくて不規則な生活の人

例えば、土日祝日で1日10時間以上の集中した勉強をするスケジュールを立てても、休日出勤や子どもの体調不良で予定変更になることも想定しなくてはなりません。

1日2時間の勉強をする場合は、早朝と夜・早朝のみ・夜のみなどの短期間で集中した対策ができるため、メリハリある勉強時間を費やしやすいです。

事前に勉強内容をまとめておかないと集中できないまま時間が過ぎてしまいます。合格するまでのスケジュール調整と計画性が重要ですよ!

行政書士試験で1日2時間の勉強時間がおすすめでない人

行政書士試験で1日2時間の勉強時間がおすすめでない人は、スケジュール調整や計画を立てることが苦手な人です。

1日2時間の勉強時間がおすすめでない人
  • 時間の使い方が苦手で計画を立てられない
  • 合格までの全体像がイメージできなくて悩んでいる
  • 集中力を高めるまでに時間がかかる人

1日2時間の勉強といっても毎日継続する場合は、意識したメリハリある試験対策ができないと、勉強をしているつもりだけになるリスクがあります。

特に初学者が独学で行政書士試験の対策をする場合は、本番までのスケジュールや計画を立てないと正しいインプットができないまま当日を迎えることになるでしょう。

行政書士試験は例年11月の試験になるため、1年2ヶ月程度の期間を逆算したスケジュールを立てて、計画的な勉強ができるようにしましょう。

1年2ヶ月間のスケジュールを立てることは大変ですが、勉強を始める前に計画を立てないと万全の対策は難しいです。独学で行政書士試験の対策を1日2時間のペースで進める場合は、逆算して全体像を考えてみましょう!

1日3時間の勉強をするスケジュール

1日3時間の勉強で行政書士試験の対策をする場合は、267日間(9ヶ月程度)の勉強期間が目安になります。

  • 1日3時間×267日間=800時間程度
  • 1日3時間の勉強をする場合は9ヶ月程度の継続が必要

1日3時間の勉強で行政書士試験の対策をする場合は、受験予定の同年2月には本格的な勉強を開始しなければ間に合いません。

特にシフト制の職場環境や子育て中の場合は、勉強時間の確保が難しい日も出てくることを想定して、前年12月または1月には試験対策をはじめた方が安心して進行できるでしょう。

長期間の勉強はダラダラするリスクがあるため、短期集中型のスタイルで試験対策をしたい人向けになります。

期間が長いと集中力を維持することが大変です。勉強が苦手な人や集中力に課題を感じている人は、1日2時間の勉強がおすすめですよ!

行政書士試験で1日3時間の勉強時間がおすすめな人

行政書士試験で1日3時間の勉強時間がおすすめな人は、時間をかけた勉強の方がマイペースに対策ができると感じる人です。

1日3時間の勉強時間がおすすめな人
  • 短時間の勉強だけでは不安が多くてモヤモヤする
  • 落ち着いて勉強ができる環境が整っている
  • 行政書士試験当日までの期間が短くて限られている

集中力に自信がない人は1日2時間の勉強がおすすめですが、短時間では不安が多くてスムーズに理解ができない人は1日3時間がおすすめになります。

例えば、落ち着いて勉強ができる環境が整っている状況であれば、1日3時間のペースでも効率よくインプット・アウトプットができます。

行政書士試験の合格率は10〜15%程度(参照:一般社団法人行政書士試験研究センター)で難易度の高い国家資格になるため、試験本番は自信をもって望めるように準備を進めましょう。

じっくり勉強ができる環境があれば1日3時間の勉強がおすすめです。余裕のあるスケジュールを立てることが合格への近道ですよ!

行政書士試験で1日3時間の勉強時間がおすすめでない人

行政書士試験で1日3時間の勉強時間がおすすめでない人は、勉強時間の確保が難しい状況の人です。

1日3時間の勉強時間がおすすめでない人
  • 仕事や子育てとの両立をしたいけど勉強時間の確保が難しい
  • 落ち着いて勉強ができる環境が整っていない
  • 勉強が苦手で長時間取り組むとダラダラしてしまう

1日3時間を継続することは難易度が高く、仕事や子育てをしながら行政書士試験の対策をする人は時間調整が難しくなります。

長時間の勉強がおすすめな人は、自由に1日のスケジュールを立てることができて時間の余裕がある人です。

大半の受験生は、仕事や子育て・学業などとの両立をすることが予測されるため、基本的には1日2時間+休日に追加勉強などのメリハリある対策ができるスケジュールを選んだ方が良いでしょう。

勉強時間を費やすだけでは合格率が上がるわけではないです。合格までの全体像を想定して、余裕のあるスケジュールで試験対策をしましょう!

初学者でも合格を目指せる!

行政書士の勉強時間をコンパクトにするなら通信講座や予備校がおすすめ

行政書士は独学と通信講座のいずれかで試験対策ができますが、勉強時間をコンパクトにしたい場合は通信講座の方がスムーズに合格を目指せます。

勉強時間の調整にストレスを感じる人や効率よく行政書士試験の対策をしたい人は、独学と通信講座を比較して相性の良い勉強手段を選びましょう。

通信講座や予備校は独学よりも勉強時間をコンパクトにできる

通信講座で行政書士試験の対策をする場合は、3ヶ月程度の短期間で合格を目指せるスケジュールが組まれていることが多いです。

さらに、スタディング行政書士講座アガルート行政書士講座は映像講義が中心の勉強スタイルになるため、仕事や子育てをしながらでもスキマ時間を有効活用しやすいメリットがあります。

通信講座のメリット
  • 映像講義中心の通信講座ならスキマ時間だけで合格を目指せる
  • 独学の800時間よりもコンパクトな勉強時間で試験対策ができる
  • 合格までの勉強スケジュールが明確で分かりやすい
  • 過去の合格者の体験談や口コミを参考にした教材で信頼できる

行政書士おすすめ通信講座ごとに教材や勉強方法は異なりますが、合格までのスケジュールが明確なプランが大半になるため、挫折する心配がある人でも防止しやすくなります。

独学の勉強を800時間継続する自信がない人は、通信講座を活用してスムーズに合格を目指すと良いでしょう。

通信講座は、合格するまでの勉強スケジュールが決まっているため、教材に沿って勉強すれば万全の対策ができます。800時間の勉強時間を費やす自信がなければ、行政書士おすすめ通信講座ランキングから相性の良い環境を見つけましょう!

初学者でも行政書士試験の一発合格を目指しやすい

行政書士通信講座は、初学者向けのプランも充実しているため、はじめて試験対策をする場合でも一発合格を目指しやすい環境もおすすめです。

例えば、スタディング行政書士講座はミニマム・スタンダード・コンプリートの3種類にプランが分かれており、勉強の進捗状況に合わせて支払いを最小限にできる通信講座になります。

ミニマム基本講座のみのプラン
スタンダード基本講座+過去問+記述式対策問題
コンプリート全ての教材が含まれたプラン

初学者が独学で行政書士試験の対策をする場合は、勉強方法や効率の良いスケジュールが組めずに挫折する受験生もいますが、通信講座を活用すれば過去の合格実績をもとにつくられていて余計な心配をする必要がありません。

さらに、質問や課題添削などのサポートが含まれる行政書士通信講座もあるため、疑問を残さずにスムーズな試験対策ができるメリットが評判です。

通信講座のイメージが分からなければ、スタディング行政書士講座の無料講座やアガルート行政書士講座の資料請求(無料)で試験対策のイメージが明確になります。相性の良い教材を選んで、マイペースに合格を目指しましょう!

独学よりも通信講座や予備校は受講料が高くなるデメリットに注意

通信講座や予備校は初学者でもスムーズに行政書士試験の対策はできますが、独学よりも受講料が高くなるデメリットに注意しなくてはなりません。

通信講座・予備校のデメリット
  • 独学よりも受講料が高くて支払い面の負担がかかる
  • 一度決めた教材から途中変更ができない
  • 相性の良さを事前に確認した上で受講した方が良い

行政書士試験は通信講座や予備校を受講しても必ず合格できるわけではなく、効率よく試験対策をすることが目的になります。

実際、独学でも行政書士試験で合格できた体験談も出ていますが、800時間の勉強時間をかけて対策をする自信がなければ通信講座や予備校がおすすめです。

行政書士の勉強時間をコンパクトにして、効率よく合格を目指したいならマイ資格ナビ編集部が紹介している行政書士おすすめ通信講座ランキングを参考にしてみましょう。

初学者でも合格を目指せる!

行政書士の勉強時間に関するよくある質問

行政書士の勉強時間に関するよくある質問を紹介します。

はじめて行政書士の試験対策をする場合は、勉強時間や勉強環境の疑問を解消した上でチャレンジしましょう。

行政書士試験を独学で勉強しても合格を目指せますか?

独学でも行政書士試験の対策ができます。

一方で、初学者が独学で行政書士試験の対策をする場合は800時間程度の勉強時間が必要とされているため、長期間の対策に自信がなければおすすめしません。

行政書士試験に受験条件はないため、チャレンジしやすい国家資格としても注目されています。

行政書士試験の勉強時間を短くするにはどうすれば良いですか?

行政書士試験は、法令等科目と一般知識等科目の2科目を対策する国家資格ですが、法律関連の暗記ボリュームが多いため効率よく勉強ができないと合格は難しいです。

勉強時間を短くしたい場合は、通信講座や予備校を活用して、合格までのスケジュールが明確な環境で試験対策すると良いでしょう。

通信講座や予備校で行政書士の試験対策をするデメリットはありますか?

行政書士試験の対策を通信講座や予備校で進めるデメリットは3つです。

  • 独学よりも受講料が高くて支払い面の負担がかかる
  • 一度決めた教材から途中変更ができない
  • 相性の良さを事前に確認した上で受講した方が良い

一方で、合格者の口コミや体験談をもとにつくられたスケジュールに沿った試験対策ができるため、効率よく行政書士試験の勉強ができるでしょう。

初学者でも通信講座や予備校を活用できますか?

勉強経験がない初学者でも行政書士の通信講座や予備校を活用した試験対策はできます。

中には初学者向けのプランが充実している通信講座や予備校もあるため、あなたの状況に適した試験対策がしやすいです。

まずは、行政書士おすすめ通信講座ランキングをもとに相性の良い教材や勉強環境・サポート内容を確認してみましょう。

初学者でも合格を目指せる!

行政書士の勉強時間を800時間よりコンパクトにするなら通信講座や予備校を参考にしよう!

行政書士試験の勉強時間は、初学者が独学で対策する場合は800時間程度必要とされています。

受験条件がない国家資格にはなりますが、合格率は10〜15%で難易度が高い部類に含まれ、万全の対策ができないと不合格になる可能性が高いです。

勉強時間をコンパクトにしたい場合は、通信講座や予備校がおすすめですが、独学よりも受講料が高いデメリットに注意しなくてはなりません。

まずは、マイ資格ナビ編集部が紹介している行政書士おすすめ通信講座ランキングを参考にして、イメージ通りの勉強環境を探してみましょう。

初学者でも合格を目指せる!

※本記事内の料金はすべて税込表記です。
※本記事内では、消費者庁の「アフィリエイト広告等に関する検討会 報告書」及び景品表示法比較広告に関する景品表示法上の考え方」に則り、比較・広告紹介をしています。
※紹介している商品の購入や通信講座の申し込みをすると、売上の一部が運営会社に還元されることがあります。
※各情報などは公式サイト及び上記のサイトを参照しています。

※情報は作成・更新時の内容になるため、プラン改定などによって販売が中止・変更になっている場合があります。最新の情報は、各公式サイトよりご確認ください。
※マイ資格ナビで掲載している文章や画像などにつきましては、いかなる場合でも無断転載(キャプチャ画像をSNSなどに掲載含む)することを禁止します。無断転載をした場合は、予告なく法的措置等の適切な対応をいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次