MOS資格は役に立たない?履歴書に書くと恥ずかしいと評判の理由6選と対策を紹介

MOS資格は役に立たない?履歴書に書くと恥ずかしいと評判の理由6選と対策を紹介

×
初学者向けサポート充実のおすすめ通信講座!

「MOS資格は役に立たない」「MOS資格は履歴書に書くと恥ずかしい」とインターネット検索に出てくると不安になりますよね。

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)資格は、パソコンには欠かせなくなったExcel(エクセル)やWord(ワード)などの利用スキルを証明できる資格です。

とはいえ、役に立たない・履歴書に書くと恥ずかしいなどのインターネット検索や評判を見かけると不安になりますよね。

この記事で分かること
  • MOS資格が役に立たないと評判になる理由は6つ推測できる
  • MOS資格を履歴書に正しく書いてアピールする方法
  • MOS資格の恥ずかしい失敗談やメリット・デメリット

そこで本記事では、MOS資格が役に立たないと評判になる理由や履歴書に書くと恥ずかしい失敗例・仕事での活用方法をマイ資格ナビ編集部が詳しく紹介しています。

目次

資格のキャリカレ
【スプリングキャンペーン】
ハガキ申込より最大50%OFF
※2/29(木)まで

2/29(木)まで
キャリカレおすすめキャンペーン

MOS資格は役に立たないと評判の理由

MOS資格は役に立たないと評判の理由は6つあり、いずれも受験する前に知っておきたいポイントです。

勉強するイメージやはじめての試験対策で不安な場合は参考にしてみましょう。

MOS資格のイメージが少ない

役に立たない1つ目の理由は、MOSは資格で身に付くイメージが分からないためです。

パソコンに関連する資格は、MOS資格以外にもITパスポートやCAD・日商PC検定など複数ありますが、違いを正しく理解できていないと他の人との差別化や強みをイメージできません。

資格スキル
MOSエクセルやワードなどのマイクロソフトオフィス製品の利用スキルを証明
ITパスポートITの基本的な知識を身に着けていることを証明
CAD設計図面を作成するためのコンピュータソフトに関する専門スキルを証明
日商PC検定表やグラフの作成・的確なデータ分析や効果的な資料の作成スキルを証明

MOSは、マイクロソフトオフィス社の製品に特化した操作技術を証明する民間資格です。

ITパスポートは国家資格に含まれますが、マイクロソフトオフィス社の製品だけでなく、IT全般のスキルが求められます。

パソコン全般スキルを求めてMOS資格を目指すと試験対象が限定されており、イメージとのギャップから役に立たないと評判になるのでしょう。

民間資格と国家資格の違いを理解していない

民間資格と国家資格の違いを理解していない

役に立たない2つ目の理由は、民間資格と国家資格の違いを理解していないためです。

MOS資格はマイクロソフト社が実施している民間資格になるため、就職活動の履歴書でアピールしやすい国家資格とは異なります。

例えば、IT関係の企業へ就職するためにMOS資格を目指している場合は、専門職への優位性がないため役に立たないと感じます。

あくまで、ExcelやWordを中心としたマイクロソフト社が販売している製品の適切な使い方を理解している証明になるので注意が必要です。

日頃からパソコンを使っていて必要性を感じない

日頃からパソコンを使っていて必要性を感じない

役に立たない3つ目の理由は、日頃からパソコンを活用していて知っている操作方法が多くて簡単に感じるためです。

日常生活や仕事でExcelを活用した表やグラフ・PowerPointで企画書の作成をしていると、MOS資格の試験内容は知っている内容が大半になります。

スクロールできます
試験科目一般レベル上級レベル(エキスパート)
Word
(文書作成ソフト)
文字サイズやフォントの変更、表の作成・編集、作成した文書の印刷など、Wordでの基本的な編集機能を理解している方スタイル機能や目次・索引作成などの長文機能、他のアプリケーションソフトからのデータ取り込みなど、Wordでの高度な機能を理解している方
Excel
(表計算ソフト)
数式や基本的な関数の作成、セルの書式設定、グラフ作成など、Excelでの基本的な操作を理解している方ピボットテーブルなどのデータ分析、条件付き書式や入力規則の設定、マクロの作成・編集など、Excelでの高度な機能を理解している方
試験レベルについて:マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)

最短で1ヶ月以内に合格を目指せる資格として注目されていますが、履歴書に書いてアピールする場面がないと時間をかけて取得する必要がないと感じます。

特に日頃からパソコンを活用していて、ExcelやWord・PowerPointなどのスキルを強みに思わない場合は、MOS資格を取得してもメリットにならないでしょう。

受験料が高くてチャレンジするメリットに疑問

受験料が高くてチャレンジするメリットに疑問

役に立たない4つ目の理由は、受講料が高くてチャレンジするメリットに疑問を感じるためです。

MOS資格の難易度はバージョンやレベルで異なりますが、大きく分けて2種類の試験に分かれています。

試験難易度受講料
一般レベル10,780円
上級レベル12,980円
試験レベルについて:マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)

同じパソコンに関する資格のITパスポート(国家資格)は7,500円になるため、MOSの受験料が高く感じることは通常の反応です。

受験料が安いから資格の質が劣るわけではないため、予算内で無理なく目指せる資格を選んだ方が余計な心配をしません。

MOS資格は活用する方法を考えないと、受験料の高さから目指すメリットを感じないでしょう。

どのくらい需要があるのか読めない

役に立たない5つ目の理由は、MOS資格の需要が分からないためです。

MOSの累計合格者数は490万人を超えています。30歳未満の合格者数が50%を超えており、若い世代を中心に人気の資格になります。

画像出典:マイクロソフトオフィススペシャリスト
年齢一般レベル上級レベル
20歳以下32.3%14.1%
21〜30歳32.5%39.8%
31〜40歳14.0%20.9%
41〜50歳12.6%15.9%
51歳以上8.6%9.3%
MOS資格合格者の年齢の割合

ITパスポートは62万人以上の合格者数(2021年12月時点)になるため、MOS資格を取得している人数は7〜8倍になります。

パソコン関連は国家資格であるITパスポートの方が認知度が高いですが、合格者数で比較するとMOS資格が多いことを知らないと需要がイメージできず、取得するメリットや意味を感じにくいでしょう。

さらに30歳未満が50%以上の割合を占めており、社会人で活躍する上でパソコンのスキルは必要だと感じる受験生が多いと予想できます。

MOS資格を履歴書に書いて良いか判断できない

MOS資格を履歴書に書いて良いか判断できない

役に立たない5つ目の理由は、MOS資格を履歴書に書いて良いか判断ができないためです。

MOSを含めた民間資格は履歴書に書いて良いか分からずにモヤモヤ悩む体験談は少なくありません。

例えば、MOS資格の難易度は低いため、履歴書に書いたら恥ずかしいなどのネガティブな口コミも出ており、判断が難しくなるでしょう。

MOSは履歴書に書いてアピールできる
  • パソコンを活用する職場であれば履歴書に書いた方が良い
  • 履歴書に書いて恥ずかしいことはない
  • ITだけでなく事務職や営業補佐などでも通用
  • ExcelやWord・PowerPointを活用するならおすすめ
  • 役に立たない資格は基本的にはない

パソコンを活用する環境であれば履歴書に書くことは恥ずかしくありません

強みとしてアピールもできるため、パソコン操作に自信がない場合は通信講座を活用して基礎から学び、短期間で合格を目指すと良いでしょう。

↓↓↓

MOS資格のおすすめ通信講座を探している場合は、3つのポイントで比較が良いです。役に立つ方法や履歴書の書き方が分かれば通信講座でスムーズな試験対策をしましょう。

MOS資格を履歴書に書く方法を恥ずかしい間違い付きで紹介

MOS資格を履歴書に書く方法や知らないと恥ずかしい間違い・注意ポイントを紹介します。

パソコン操作に自信がない場合や就職活動でアピールしたい状況であれば、履歴書に書く前に確認してみましょう。

MOS資格は履歴書に書いて問題なし

MOS資格は履歴書に書いて問題なし

MOS資格は、履歴書に書いてアピールしても問題ありません

とはいえ、パソコン(ExcelやWord・PowerPoint)の使用頻度が少ない営業職やサービス業・スポーツジムインストラクターなどは、強みとしてアピールしにくいです。

MOSだけに限らず、身についたスキルや資格を活かせる業界や職種の履歴書では積極的にアピールし、関連性が薄い場合は1つの参考となる強みとして伝えた方が温度感やギャップを防げます。

  • 関連性の高い企業:ExcelやWord・PowerPointを活用できる強みから即戦力として活躍できることをアピールできる
  • 関連性の低い企業:1つの参考スキルとして履歴書に書いてOK。積極的なアピールをしても温度差を感じる可能性あり

つまり、履歴書に書いても恥ずかしいことはないですが、関連性が低いとアピールポイントとしては伝わりにくいデメリットがあります。

MOS資格を取得したから履歴書に書けば良いのではなく、仕事現場で役に立つと感じた場合のみ積極的に強みをアピールすると良いでしょう。

正式名称で書かないと恥ずかしい

履歴書にMOS資格を書く場合は、正式名称で記入しないと恥ずかしいと感じるでしょう。

MOSの正式名称は「Microsoft Office Specialist」で「マイクロソフトオフィススペシャリスト」とカタカナ表記も問題ないとされています。

履歴書の有資格欄には以下の順番で左から記入すると、書類選考で伝わりやすいです。

  • 正式名称(Microsoft Office Specialistまたはマイクロソフトオフィススペシャリスト
  • ソフトの種類・バージョン(Excel 2016やWord 2019など)
  • 合格

恥ずかしい体験談の大半は、正式名称で記入していない(MOSと省略)場合や全く関連性のない仕事の就職活動で積極的なアピールをすることです。

せっかく努力をしてMOS資格を取得しても正しいアピール方法を知らないと意味がありません。役に立たない状況を避けるために3つの対策を意識して、取得後のギャップを防ぎましょう。

MOS資格が役に立たない状況を避ける3つの対策

MOS資格が役に立たない状況を避ける対策は3つです。

  1. MOS資格はスキルアップを目的にする
  2. ExcelやWordを積極的に活用する
  3. パソコン(MOS)を活用する環境で働く

せっかくMOS資格の合格をしても活用しないと意味がないため、合格した後のイメージを想定した上でチャレンジしましょう。

スキルアップを目的にする

スキルアップを目的にする

1つ目の対策は、ExcelやWordをはじめとするパソコン操作のスキルアップを目的にすることです。

MOS資格はITパスポートなどの国家資格とは異なり、専門職の就職には直結しにくい民間資格になります。

つまり、MOS資格を取得して必ず就職活動で成功するのではなく、1つの強み・スキルが身に付くと割り切る必要があります。

MOS資格でアピールできるスキル
  • パソコンの基本操作や抵抗がない姿勢
  • ExcelやWord・PowerPointの基本操作
  • 事務作業や効率よく資料作成ができるスキル

資格の勉強は就職活動で役に立たないと意味がない口コミも出ていますが、国家資格でない限り、あなたのスキルアップが前提で目指します。

正しい知識やスキルを身につけた証明が民間資格になるため、MOSを目指す理由のズレがないようにしましょう。

ExcelやWordを積極的に活用する

ExcelやWordを積極的に活用する

2つ目の対策は、ExcelやWordを積極的に活用することです。

マイクロソフトオフィス社が提供しているExcelやWordは仕事だけでなく、日常生活の中でも活用場面は多く、効率化につながります。

例えば、家計簿の管理や書類まとめでMOS資格のスキルを活かすと、日常生活の生産性が高まるでしょう。

MOS資格は人前でアピールするだけでなく、あなたの生活水準を見直すキッカケとしても活用できます。

パソコンを活用する環境で働く

パソコンを活用する環境で働く

3つ目の対策は、パソコンを活用する環境で働くことです。

MOS資格で学んだ知識やスキルを活用する場合は、パソコン操作が必要な事務職や営業補佐・IT関係などの職場に就職しないと活かす場面が少なくなります。

ExcelやWordを中心としたパソコン操作がほとんど必要ない営業職やスポーツインストラクター・鳶職などを希望している場合は、MOS資格のスキルは積極的に活かせる状況はほとんどないでしょう。

MOS資格を取得しても必ずスキルを活用する必要はないですが、関連性の低い職場では勉強した経験や知識を活かしにくいと覚えておくとギャップを防げます。

関連性が少ない職場でもパソコン操作を覚えておくと、ちょっとした事務作業がスムーズにこなせるようになります。パソコン操作が苦手で悩んでいる場合は、おすすめMOS通信講座で比較して、克服できるようにしましょう。

MOS資格が役に立つ仕事例

MOS資格はパソコンを活用する幅広い職場で役に立ちます。

仕事スキルの活用イメージ
事務職ExcelやWordを活用した資料作成
社内向けの広報やデータまとめ
営業補佐営業職がクライアントに提案をする資料作成
必要な書類を効率よく準備ができる
企画部企画書の作成・プレゼン用の資料作成
オリジナルの制作部やPR用データの作成
IT関連の企業パソコンを活用した幅広い場面で通用
基礎スキルの習得で即戦力として活躍
MOS資格を活かせる仕事例

例えば、ExcelやWordを活用した資料作成だけでなく、企画書・プレゼンの準備やパソコンを活用した作業の請負ができるため、即戦力としてMOS資格のスキルを活かせます。

MOSを含めた民間資格が役に立たない理由は、活用場面や身に付くスキルのイメージができないためです。

こんな状況だと役に立たない可能性

  • 何となくパソコンスキルを習得したい
  • MOS資格は聞いたことがあるからチャレンジしてみる
  • ExcelやWordは使えた方が良いからとりあえず取得する

資格の勉強は目的がないと、形だけのスキルになります。

評判だけで判断せずに、MOS資格の活用シーンを想定した上でチャレンジすると良いでしょう。

MOS資格のメリットやデメリット

MOS資格のメリットやデメリットを紹介します。

合格した後の活用イメージやMOS資格を目指すキッカケとして参考にしてみましょう。

国家資格でないため履歴書に書くと恥ずかしい気持ちになる

国家資格でないため履歴書に書くと恥ずかしい気持ちになる

国家資格に含まれないMOS資格は、履歴書に書くと恥ずかしい口コミが出ています。

MOS資格は履歴書に書いても恥ずかしいわけではないですが、難易度や仕事との関連性の低さから記入するメリットを感じられないケースは少なくありません。

国家資格と民間資格の違いや目的を理解していないと、取得した後の活用イメージがしにくいです。

国家資格
民間資格
  • 国が認定している資格で認知度が高い
  • 履歴書に書いてアピールしやすい
  • 特定の専門職で役に立つ資格
  • 協会や団体・企業が認定して知名度に差がある
  • 履歴書に書いてアピールしにくい
  • スキルアップが目的で活用の幅に個人差がある

国家資格に含まれないと役に立たない口コミは少なくないですが、MOSはパソコンを活用する仕事であれば履歴書に書いてアピールした方が良いです。

決して恥ずかしいことはなく、ExcelやWord操作を基本とした強みとして活かすようにしましょう。

ExcelやWordの正しい操作方法が分かる

ExcelやWordの正しい操作方法が分かる

MOS資格はExcelやWordの正しい操作方法を理解できるため、パソコン操作の自信がなくても苦手克服ができるメリットが特徴です。

試験科目一般レベル上級レベル(エキスパート)
Word
(文書作成ソフト)
文字サイズやフォントの変更、表の作成・編集、作成した文書の印刷など、Wordでの基本的な編集機能を理解している方スタイル機能や目次・索引作成などの長文機能、他のアプリケーションソフトからのデータ取り込みなど、Wordでの高度な機能を理解している方
Excel
(表計算ソフト)
数式や基本的な関数の作成、セルの書式設定、グラフ作成など、Excelでの基本的な操作を理解している方ピボットテーブルなどのデータ分析、条件付き書式や入力規則の設定、マクロの作成・編集など、Excelでの高度な機能を理解している方
試験レベルについて:マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)

Excelの一般レベルは関数を活用したデータ・グラフの作成を習得できるため、資料を作れるだけでなく、効率面が上がるため生産性アップが期待できます。

勉強を通して正しいパソコン操作を理解できるため、無駄な時間の短縮や新しいチャレンジをするキッカケにつながります。

仕事だけでなく、日常生活の効率化にもつながるのはMOS資格です。

業務効率が上がって仕事が捗る

業務効率が上がって仕事が捗る

ExcelやWord・PowerPointの基礎を理解できるため、仕事の業務効率が上がるメリットがあります。

パソコン操作に慣れていてもExcelのマクロ作成・編集やWordのアプリケーションとのデータ連携など、業務スピードが上がる対策やメリハリのある作業ができます。

ダラダラ残業しがちな働き方でもMOS資格で得た知識を活用すれば、業務時間を短縮してワークライフバランスを意識した働き方がしやすくなります。

就職活動だけでなく、働き方の変化やプライベートの時間に余裕を持たせるためにMOS資格を目指すこともおすすめです。

MOS資格は役に立たない・恥ずかしいに関するよくある質問

MOS資格は役に立たない・恥ずかしい評判に関するよくある質問を紹介します。

MOS資格は役に立たないのですか?

いいえ、役に立たないのではなく、MOS資格を活用する方法が分からなくて勉強するメリットが感じられない口コミが多いです。

具体的には6つの役に立たないと評判の理由があり、目指す前に確認した方がギャップを防止できるでしょう。

  • MOS資格のイメージが少ない
  • 民間資格と国家資格の違いを理解していない
  • 日頃からパソコンを使っていて必要性を感じない
  • 受験料が高くてチャレンジするメリットに疑問
  • どのくらい需要があるのか読めない
  • MOS資格を履歴書に書いて良いか判断できない
履歴書に書くと恥ずかしいですか?

いいえ、MOS資格は履歴書の有資格欄に書いてアピールができます。

パソコンを活用する職場であれば積極的に記入すると良いです。

民間資格になりますが、強み・スキルアップとしてMOS資格をアピールしましょう。

MOSの正式名称を知りたいです。

Microsoft Office Specialist(マイクロソフトオフィススペシャリスト)です。

履歴書には正式名称で書きましょう。

MOS資格の合格率・難易度はどのくらいですか?

具体的な合格率や難易度は非公開ですが、難易度は低めと言われています。

目安の合格率は以下の通りです。

  • 一般レベル:80%程度の合格率
  • 上級レベル:60%程度の合格率
民間資格は意味がないと言われていますが本当ですか?

いいえ、民間資格は難易度が低い場合が多いですが、取得して意味がないことはありません

さらにスキルアップが目的になるため、就職活動だけでなく、苦手克服や強みを習得するために目指す受験生も多いです。

MOS資格を取得した後の活用イメージを考えてからチャレンジしましょう。

勉強時間はどのくらい必要ですか?

特に決まりはないですが、最短1ヶ月以内の勉強だけでも合格を目指せます。

一般レベルであれば、パソコンが苦手でもチャレンジしやすいです。

MOS資格は独学で目指せますか?

はい、独学でも合格を目指せます。

受講料を安くして、好きな勉強方法で試験対策をしたい場合におすすめです。

パソコンが苦手で合格できる気がしません。

パソコンが苦手で効率よく合格を目指すなら通信講座がおすすめです。

マイ資格ナビでは3つのポイントで、おすすめMOS資格の通信講座を紹介しています。

独学の試験対策に自信がなければ、通信講座を比較して、スムーズに合格を目指せる環境を見つけましょう。

↓↓↓

MOS資格のおすすめ通信講座を探している場合は、3つのポイントで比較が良いです。役に立つ方法や履歴書の書き方が分かれば通信講座でスムーズな試験対策をしましょう。

※本記事内の料金はすべて税込表記です。
※本記事内では、消費者庁の「アフィリエイト広告等に関する検討会 報告書」及び景品表示法比較広告に関する景品表示法上の考え方」に則り、比較・広告紹介をしています。
※紹介している商品の購入や通信講座の申し込みをすると、売上の一部が運営会社に還元されることがあります。
※各情報などは公式サイト及び上記のサイトを参照しています。

※情報は作成・更新時の内容になるため、プラン改定などによって販売が中止・変更になっている場合があります。最新の情報は、各公式サイトよりご確認ください。
※マイ資格ナビで掲載している文章や画像などにつきましては、いかなる場合でも無断転載(キャプチャ画像をSNSなどに掲載含む)することを禁止します。無断転載をした場合は、予告なく法的措置等の適切な対応をいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次