スタディング弁理士講座の評判は?合格率や口コミ・勉強方法・合格体験記まで詳しく解説【2024年・2025年対策版】

スタディング弁理士講座の評判は?合格率や口コミ・勉強方法・合格体験記まで詳しく解説

スタディング弁理士講座は、3000時間程度必要な勉強をコンパクトに進めることができ、スキマ時間を有効活用できるメリットが評判です。

マイ資格ナビ編集部が紹介している弁理士おすすめ通信講座の中でも受講料が安いランキングで1位のプランがあり、支払い面の負担が少ないことがおすすめになります。

一方で、スタディング弁理士講座の評判や口コミ・合格までのイメージが分からないと悩んでいませんか。

スタディング弁理士講座の評判
この記事を読めば分かるポイント
  • 受講のヒントになるスタディング弁理士講座の評判や口コミ
  • スタディング弁理士講座だけで合格を目指す勉強方法
  • スタディング弁理士講座と比較したいおすすめ通信講座

本記事では、スタディング弁理士講座の評判や口コミ・合格までの勉強スケジュールを詳しく紹介しています。

合格するまでのイメージや挫折なく勉強を継続できるか、本記事を参考にして受講のヒントにしてみましょう。

会員登録で無料講座を受けられる

≫スタディング弁理士講座を詳しくみる

スタディング弁理士講座に関する口コミ・評判

本記事内で紹介しているスタディング弁理士講座は、法務省消費者庁国民生活センターが発信する情報を元に、マイ資格ナビ編集部(株式会社マイナビ出版マイナビブックス)がコンテンツ制作ポリシーに則り独自で作成しています。

本記事内では無料コンテンツを提供する目的で、プロモーション等に関する手数料の支払いを受けているものもあるため、気になる方はご注意ください。

※本記事内で紹介する口コミは個人の感想であり、誰もが同様の試験で合格・成果が出るわけではありません。
※本記事は2024年2月時点の情報を紹介しています。

目次

資格のキャリカレ
【スプリングキャンペーン】
ハガキ申込より最大50%OFF
※2/29(木)まで

2/29(木)まで
キャリカレおすすめキャンペーン

スタディング弁理士講座の特徴

スタディング弁理士講座は受講料が安くてスキマ時間にサクサク合格を目指せる
おすすめポイント
  • スマホを活用してスムーズに合格を目指せる
  • AIを活用した試験対策で最新の出題傾向が分かる
  • 受講料の安い通信講座で効率よく合格を目指せる
通信講座
予備校
スタディング
プラン①基礎・短答 合格コース
②基礎・短答・論文 総合コース
③基礎・短答・論文 総合コース+学習Q&Aチケット10枚付き
受講料①59,400円
②88,000円
③99,000円
分割払いあり
教育訓練給付制度対象外
勉強スタイルWebテキスト
映像講義
合格者数11人
※2022年度実績
合格率不明
課題添削なし
サポート期間受講期間
サポート体制学習Q&Aサービス(①②のみ有料)
合格お祝い制度

スタディング弁理士講座は、短答から論文までをスマホなどのオンライン上だけで試験対策ができるため、限られた勉強時間でスムーズに合格を目指したい場合におすすめです。

弁理士試験は2000時間以上の勉強が必要とされており、1日5時間を継続しても1年半程度の対策期間になります。

弁理士の試験対策に必要とされる時間
  • 弁理士試験には2000時間以上の勉強が必要とされている
  • 1日5時間を継続する場合でも400日間は最低限必要になる
  • 独学での対策もできるが勉強できる環境選びがポイント

中でも仕事や子育て・家事をしながら弁理士の試験対策をするなら、スタディングだとスムーズに勉強を進めることができます。

  • テキストは初学者でもスムーズに理解ができる
  • スマホだけでも合格を目指せる通信講座
  • 受講料が安い弁理士通信講座ランキング1位のプラン

スタディング弁理士講座の評判が高い3つのポイントを確認して、ストレスなく合格を目指せる環境であるか確認してみましょう。

テキストは初学者でもスムーズに理解ができる

スタディング弁理士講座は、Webテキストや映像講義で試験対策をする勉強スタイルですが、大手予備校出身の講師の初学者でも分かりやすい解説でスムーズにインプットができると評判です。

初めは右も左もわからない状態でしたが、論文試験の出題パターンとそれに応じた答案構成のやり方、書き方を「論文対策講座」の動画視聴と練習問題によって習得していきました。

スタディング公式サイト

短答・論文の両方に対応しているスタディング弁理士講座は、合格に必要な知識や頻出傾向をもとに分析された独自の教材を活用できるため、トレンドに合わせた試験対策ができる点が注目ポイントです。

例えば、法律の知識がなくても条文を細かく区切りながら修飾関係を理解できる教材になっており、ポイントの理解がしやすい特徴がスタディングのメリットになります。

初学者でもスムーズに理解できる
  • 規範定立、あてはめ、結論の法的三段論法を丁寧に書くべしの方針に沿った試験対策
  • 短答は法律の用語や単語の基礎をスムーズに理解できるスケジュール
  • 論文はトレンドに合った15種類の頻出パターンをもとに型を理解できる勉強内容

合格までの全体像を可視化することができるため、弁理士試験をする中で挫折のリスクを減らせます。

初学者の受講生も多いスタディング弁理士講座ですが、過去の体験談を参考にして例年教材・映像講義がリニューアルされている点も信用できる通信講座と評判です。

スマホだけでも合格を目指せる通信講座

最大のスタディング弁理士講座の特徴は、スマホだけでも合格を目指せる勉強スケジュールです。

例えば、仕事や子育て・家事をしながら弁理士試験の対策をする状況であれば、デスクでじっくり勉強をする時間は限られてしまいます。

スタディングならスマホやタブレットなどのWeb閲覧ができる端末があれば取り組めるため、通勤やスキマ時間を有効活用して、1回の勉強時間をコンパクト死にた試験対策が可能です。

  • 弁理士の試験対策をしたいけど、勉強時間の確保ができなくて悩んでいる
  • 集中して勉強ができる環境がほとんどないため、2000時間の勉強は難しい
  • 紙のテキストでは覚えたつもりになるため、アウトプットができない

弁理士試験で合格した体験談の中には、電車の往復時間や昼休みを活用した口コミも出ており、スキマ時間を有効活用して合格を目指せます。

通勤時間片道1.5時間で平日は毎日往復3時間と昼休みに1時間の勉強をおこなっておりました。

土日には5時間反復して学習しておりました。

直前期間には問題演習を中心に自宅で追加でおこなっておりました。

スタディング公式サイト

スタディングは旧通勤講座の名称通り、電車通勤時間を活用した試験対策で合格を目指せる教材が他社の通信講座との比較ポイントです。

勉強できる環境が決まっていない状況で悩んでいても、スタディングならスキマ時間を有効活用してスムーズに弁理士の試験対策ができるでしょう。

受講料が安い弁理士通信講座ランキング1位のプラン

スタディング弁理士講座は、受講料が安い弁理士通信講座ランキング1位のプランで合格を目指せます。

受講料が安いランキング
  • 1位 スタディング弁理士講座:59,400円〜
  • 2位 代々木塾弁理士講座:99,000円〜
  • 3位 アガルート弁理士試験講座:162,800円〜
  • 4位 資格スクエア弁理士講座:297,000円
  • 5位 TAC弁理士講座:374,000円+入学金10,000円
  • 6位 LEC東京リーガルマインド弁理士講座:495,000円〜

通信講座は独学よりも受講料が高いデメリットがあるため、支払い面のストレスを抱えるリスクに注意しなくてはならないです。

受講料の高いプランを受講すれば弁理士試験で合格するわけではないため、予算をかけられない場合はスタディングを活用すると負担の少ない環境でチャレンジできるでしょう。

会員登録で無料講座を受けられる

≫スタディング弁理士講座を詳しくみる

スタディング弁理士講座の悪い評判や口コミ

スタディング弁理士講座の悪い評判や口コミは2種類です。

  • 合格率の公表がないことの不安
  • スマホでの勉強に慣れていないと取り組みにくい

※スタディング弁理士講座の無料講座を受講した体験談を紹介しています。

合格率の公表がないことの不安

スタディング弁理士講座は、合格率の公表がないため、他社の通信講座と比較しにくい点が不安になると口コミで評判です。

マイ資格ナビ編集部が紹介している弁理士おすすめ通信講座の中では、アガルートの合格率・合格実績が充実しており、勉強方法選びで参考にしたい場合はスタディングと比較してみると良いでしょう。

おすすめ弁理士通信講座合格実績
アガルート合格率:34.4%
※過去の実績累計
スタディング不明
※公式サイトにて合格者の体験談を紹介
全国平均の目安6%前後
※参照:特許庁
おすすめ弁理士通信講座の合格実績

合格率の高い通信講座が良いわけではないですが、1つの比較ポイントとして考えたい場合はスタディング弁理士講座では合格率のデータを公表していないため注意が必要です。

一方で合格者の体験談は公式サイトで紹介されているため、勉強を継続するイメージや試験対策の自信がない状況であれば参考にしてみると良いでしょう。

スマホでの勉強に慣れていないと取り組みにくい

スマホでの試験対策が基本になるスタディングは、勉強方法に抵抗があると集中できないため、受講する前に無料講義を確認してみると良いでしょう。

例えば、テキストを活用してじっくり時間をかけた環境で弁理士の合格を目指したいならアガルートや資格タイムズなどの通信講座がおすすめです。

スタディング弁理士講座は、限られた時間を有効活用して、スキマ時間にスムーズな試験対策をすることが特徴になります。

じっくり時間をかけるアガルート資格スクエア
スキマ時間を有効活用スタディング
弁理士通信講座の勉強方法

2000時間以上必要とされている弁理士の試験対策は、生活環境に最適な勉強方法で、多くの時間を費やせることで合否が分かれます。

スタディングのWebテキストや映像講義のイメージが分からなければ、30秒の無料会員登録で確認ができるため、受講料の支払いをする前に確認してみると良いでしょう。

会員登録で無料講座を受けられる

≫スタディング弁理士講座を詳しくみる

スタディング弁理士講座の良い評判や口コミ

スタディング弁理士講座の良い評判や口コミは3種類です。

  • スタディングだけで弁理士試験の対策ができる
  • スキマ時間を有効活用した試験対策で合格を目指せる
  • 論文の対策方法と相性が良くてスムーズに試験対策ができる

3つの評判を参考にして、弁理士の試験対策をする環境を比較しましょう。

スタディングだけで弁理士試験の対策ができる

弁理士の試験対策は、複数の参考書や通信講座・予備校の受講をする受験生は多いですが、初学者でもスタディングだけで合格できた体験談は少なくないです。

スマホやタブレットを活用したWebテキスト・映像講義でスムーズに合格を目指せるため、合格までのスケジュール調整がしやすい環境が迷わずに済むと評判になっています。

独学での勉強と比較している場合は、試験の出題範囲が広い弁理士でも重要ポイントを中心に最短ルートで合格を目指せる勉強スタイルがスタディングです。

スキマ時間を有効活用した試験対策で合格を目指せる

スタディング弁理士講座は、勉強時間の調整がしやすいため、スキマ時間を有効活用して効率よく合格を目指せると口コミで評判です。

体験談の中でも、通勤時間を活用した試験対策で合格できた声も出ており、日常生活との両立がしやすい通信講座になります。

毎日の通勤時間が長いので、スタディングの講座はとても合っていたと思います。テキストやスライドがとても見やすく、勉強しやすかったです。とにかく、スタディングの講座を何周もして、基礎を叩き込みました。講座の全体像(単元)を書き起こして、スケジュールを組みました。

スタディング公式サイト

他にも、講師による映像講義の解説が初学者向けになっており、短答式の中で出題問題が多い特許・実用新案に関する法令も過去の傾向をもとに合格点を目指す勉強内容になっています。

1回目の試験で合格できる割合は低いとされている弁理士試験ですが、過去の頻出傾向や体験談をもとに対策ができるため、少しでも合格率を高めることができるでしょう。

論文の対策方法と相性が良くてスムーズに試験対策ができる

短答式だけでなく、論文対策も充実しており、15種類の頻出パターンを軸とした独自のメソッドでスムーズに合格を目指せると口コミで評判です。

論文は添削が必要という意見もありますが、「論文対策講座」「論文問題演習」のメソッドを身につけて問題を解けば合格点は取れると思います。

スタディング公式サイト

通信講座や予備校を受講すると途中で勉強方法の変更はできないですが、スタディング弁理士講座なら一貫して合格までのスケジュールが立てやすいメリットが特徴になります。

弁理士の試験対策をしたいけど、相性の良い勉強方法が分からないと悩んでいる場合は、無料の会員登録をすると受講後のイメージが明確になるでしょう。

会員登録で無料講座を受けられる

≫スタディング弁理士講座を詳しくみる

スタディング弁理士講座の合格実績や合格率

スタディング弁理士講座は、公式サイトで合格者の体験談を紹介していますが、合格率・人数の公表はされていないです。

通信講座合格率合格者数
スタディング不明11人
※2022年度実績
アガルート34.4%
※過去の累計
不明
資格スクエア不明不明
LEC東京リーガルマインド不明不明
TAC不明不明
代々木塾不明不明
弁理士通信講座の合格率・合格者数

マイ資格ナビ編集部が紹介している弁理士おすすめ通信講座の中で合格率や合格者数を公表しているのはスタディング・アガルートのみで比較は難しいですが、独学だと2000時間程度かかる勉強を短期間で効率よく進行ができます。

合格実績は1つの参考として考えて、勉強のしやすさや試験本番を迎えるまでのスケジュールで比較した方が納得のできる対策ができるでしょう。

※通信講座や予備校を受講しても必ず合格するわけではないので、合格率や合格者数は参考数値として考えましょう。

スタディング弁理士講座と比較したいおすすめ通信講座

スタディング弁理士講座と比較したいおすすめ通信講座を紹介します。

弁理士の試験対策をする環境選びで迷っている場合は、複数の通信講座と比較してスムーズに合格を目指せる環境を選びましょう。

アガルートは全国平均と比較して4.5倍以上の合格率を誇る通信講座

アガルート弁理士通信講座は、3種類のプランから選択し短期間でスムーズに合格を目指せるカリキュラムです。

1回30分以内の映像講義を中心に勉強ができるため、勉強時間の確保が難しい状況でも無理なく試験対策ができます。合格するまでのスケジュールが明確になっているため、メリハリのある試験対策をしたい場合におすすめです。

スタディングと比較して勉強方法を選択できるメリットがあるほか、合格率の公表をしているため、比較する参考数値がわかる通信講座になります。

おすすめ弁理士講座を比較して理想のプランを選ぼう

スタディングは受講料が安いランキング1位で、スキマ時間を活用した試験対策ができますが、他の通信講座と比較して判断した方が受講後のギャップを防止できます。

マイ資格ナビ編集部が紹介している弁理士おすすめ通信講座はスタディングを含めて6種類あるため、初学者向けの勉強内容・受講料・サポート体制で比較して短期間で合格を目指せるプランを選びましょう。

≫弁理士おすすめ通信講座ランキングはこちら

スタディング弁理士講座に関するよくある質問

スタディング弁理士講座に関するよくある質問を紹介します。

はじめて弁理士の試験対策をする場合や通信講座選びで悩んでいたら参考にしてみてください。

スタディング弁理士講座の受講条件はありますか?

いいえ、誰でも受講ができる通信講座になるため、初学者でも気軽にチャレンジができます。

スタディング弁理士講座では合格者の体験談を紹介しているため、具体的な勉強イメージは分かりやすいでしょう。

勉強を継続する自信がなくて悩んでいます。

スタディング弁理士講座は、時間が限られてもスマホだけで合格を目指せる勉強スケジュールです。

例えば、電車通勤中や昼休み・スキマ時間を有効活用できるため、仕事や子育てをしながらでも合格を目指せるでしょう。

スタディング弁理士講座のメリットはありますか?

他社の通信講座と比較して受講料が安いため、気軽に受講ができることです。

さらにスマホでの勉強ができるため、スキマ時間を有効活用して弁理士の試験対策ができるでしょう。

スタディング弁理士講座のデメリットがあれば教えてください。

基本的にはWebテキストと映像講義で合格を目指すスケジュールになるため、紙のテキストは通常プランでは活用しないです。

質問や課題添削などのサポートも通常プランには含まれていないため、自己完結する必要があることにも注意しましょう。

合格率の公表はありますか?

いいえ、スタディング弁理士講座の合格率は公表していないです。

公式サイトで合格者の体験談を紹介していますが、一部に限定されます。

合格するまでの勉強イメージやスケジュールの全体像を確認して、受講した後のギャップを防止しましょう。

スタディング弁理士講座の勉強イメージが分からないです。

スタディングは無料の会員登録をするだけで、実際の弁理士講座を体験できます。

会員登録をしても営業電話がくるわけではないので、受講料を支払う前に確認してみると良いでしょう。

会員登録で無料講座を受けられる

≫スタディング弁理士講座を詳しくみる

※本記事内の料金はすべて税込表記です。
※本記事内では、消費者庁の「アフィリエイト広告等に関する検討会 報告書」及び景品表示法比較広告に関する景品表示法上の考え方」に則り、比較・広告紹介をしています。
※紹介している商品の購入や通信講座の申し込みをすると、売上の一部が運営会社に還元されることがあります。
※各情報などは公式サイト及び上記のサイトを参照しています。

※情報は作成・更新時の内容になるため、プラン改定などによって販売が中止・変更になっている場合があります。最新の情報は、各公式サイトよりご確認ください。
※マイ資格ナビで掲載している文章や画像などにつきましては、いかなる場合でも無断転載(キャプチャ画像をSNSなどに掲載含む)することを禁止します。無断転載をした場合は、予告なく法的措置等の適切な対応をいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次