食生活アドバイザーは無駄ではない?とってよかったポイントと仕事の活用例まで詳しく調査!

食生活アドバイザーは無駄ではない?とってよかったポイントと仕事の活用例まで詳しく調査!

×
初学者向けサポート充実のおすすめ通信講座!

食生活アドバイザーは、食生活をもとに健康や美容に関する見直しやサポートをする専門知識の証明ができる民間資格です。

暮らしの中の食管理や栄養バランスの見直しなど、食に関する資格の中でも汎用性が高い対応力が身に付きます。

とはいえ、インターネット検索やSNSで食生活アドバイザーは意味ない・無駄と出てきて目指して良いのか分からないと悩んでいませんか。

この記事で分かること
  • 食生活アドバイザーが無駄と評判になる5つの理由
  • 食生活アドバイザーが無駄な評判の対策や解決法
  • 初心者におすすめな食生活アドバイザーの勉強方法

そこで本記事では、食生活アドバイザーが無駄だと評判になる理由や対策・おすすめな勉強方法をマイ資格ナビ編集部が分かりやすく紹介しています。

食生活アドバイザーの勉強をしたいけど、本当に目指して良いのか迷っていたら参考にしてみてください。

本記事内の食生活アドバイザー資格について

本記事内で紹介している食生活アドバイザー資格の情報は、法務省消費者庁国民生活センターが発信する情報を元に、マイ資格ナビ編集部(株式会社マイナビ出版マイナビブックス)がコンテンツ制作ポリシーに則り独自で作成しています。

※本記事内は、食生活アドバイザーは無駄な資格ではないことを紹介する内容です。受験や合格後のギャップを未然に防ぎ、理想のスキルアップをサポートする目的で紹介しています。
※本記事は2024年2月時点の情報を紹介しています。

目次

資格のキャリカレ
【スプリングキャンペーン】
ハガキ申込より最大50%OFF
※2/29(木)まで

2/29(木)まで
キャリカレおすすめキャンペーン

食生活アドバイザーが無駄と評判になる理由5選を推測

食生活アドバイザーが無駄と評判になる理由を紹介します。

  1. 食や栄養の知識がない初心者でも合格を目指せる難易度
  2. 暮らしの中で活かせるスキルで実践できなければ意味がない
  3. 食に関する資格の種類が多くて比較ができない
  4. 民間資格と国家資格の違いを理解できていない
  5. 就職活動が目的で食生活アドバイザーの勉強をした

食に関する資格勉強経験がない場合や食生活アドバイザーを目指すメリットが分からない状況であれば、無駄だと評判になる5つの理由を参考にしてみてください。

無駄な評判の理由①:食や栄養の知識がない初心者でも合格を目指せる難易度

食生活アドバイザーが無駄な評判がでる1つ目の理由は、食や栄養の知識がない初心者でも合格を目指せる難易度のためです。

食生活アドバイザーは2級と3級の2種類に難易度が分かれており、いずれも勉強経験や食関連の学歴がなくても合格を目指せる民間資格になります。

難易度科目出題
2級栄養と健康(栄養・病気予防・ダイエット・運動・休養など)
食文化と食習慣(行事食・旬・マナー・配膳・調理・献立など)
食品学(食材・加工食品・有機食品・食品表示・安全性・環境問題など)
衛生管理(食中毒・衛生管理・予防・食品化学など)
食マーケット(流通・物流・外食・メニューメイキング・食品販売など)
社会生活(消費経済・生活環境・消費者問題・IT社会・関連法規など)
①選択問題
(マークシート形式)
②記述式問題
(筆記形式)
3級選択問題
(マークシート形式)

出題科目は2級と3級で同様ですが、2級は記述式問題(筆記形式)が追加されるため、より実用性の高い理解をすることが合格への近道です。

一方で、学歴や実務経験などの条件がなく、いきなり食生活アドバイザー2級の合格も目指せて誰にでもチャンスがある受験ハードルが低い民間資格になります。

栄養士や管理栄養士調理師などの国家資格は学歴や実務が受験の必須条件になりますが、気軽にチャレンジができる分、他との差別化がはかりにくい点から意味ないと感じる可能性があります。

無駄な評判の理由②:暮らしの中で活かせるスキルで実践できなければ意味がない

食生活アドバイザーが無駄な評判がでる2つ目の理由は、暮らしの中で活かせるスキルで実践できなければ意味がないためです。

2級と3級と難易度が分かれている食生活アドバイザーですが、3級は消費者目線の勉強が中心で、暮らしの中で活かせる正しい食や栄養管理の知識を深めます。

さらに民間資格を取得するだけでは必ず就職活動で成功できるわけではないので、民間資格と国家資格の違いを正しく理解できないと合格した後のギャップから無駄に感じる可能性が高いでしょう。

食生活アドバイザーの目的
  • 暮らしの中の栄養や健康増進を目的とした食事管理
  • 食材ごとに含まれる栄養素の知識やバランスを考慮したレシピ
  • 外面だけでなく内面から美しくなるための対策
  • 偏食や栄養バランスの乱れを改善するための対策

基本的には、食生活アドバイザーは身近な場面で活かせるスキルを目的にする勉強内容になるため、合格するだけで満足したり就職活動を目標にするとイメージの乖離を感じます。

普段の生活で調理や食管理をしない場合は、食生活アドバイザーの勉強を生かす場面が少なく、無駄だと感じる受験生も多いでしょう。

無駄な評判の理由③:食に関する資格の種類が多くて比較ができない

食生活アドバイザーが無駄な評判がでる3つ目の理由は、食に関する資格の種類が多くて比較ができないためです。

マイ資格ナビ編集部が紹介している食に関する資格だけでも24種類あり、いずれも異なる勉強内容になるため、食生活アドバイザーを目指すメリットが分からない受験生も多いと推測できます。

※食に関する資格を目指せるおすすめ通信講座

  • ユーキャン食生活アドバイザー講座
  • ユーキャン食育実践プランナー講座
  • キャリカレ食育アドバイザー講座
  • キャリカレ上級食育アドバイザー講座
  • たのまな食育メニュープランナー®養成講座
  • SARAスクール食育講座
  • キャリカレトータルフードコーディネーター講座
  • ユーキャン薬膳コーディネーター講座
  • キャリカレ薬膳インストラクター講座
  • キャリカレ中国漢方ライフアドバイザー講座
  • キャリカレマクロビオティックセラピスト®講座
  • キャリカレ雑穀マイスター講座
  • ユーキャン野菜スペシャリスト講座
  • キャリカレベジタブル&フルーツアドバイザー講座
  • たのまなベジタブル&フルーツプランナー講座
  • ユーキャン発酵食品ソムリエ講座
  • ユーキャンスポーツ栄養プランナー講座
  • キャリカレスポーツフードアドバイザー®講座
  • ユーキャン離乳食・幼児食コーディネーター講座
  • キャリカレ幼児食インストラクター講座
  • キャリカレアレルギー対応食アドバイザー講座
  • キャリカレ糖質OFFアドバイザー講座
  • キャリカレコーヒー&紅茶カフェマスター講座
  • ユーキャンUCC匠の珈琲講座

食生活アドバイザーは、美肌や身体の内側からポカポカさせる温活にも活かせる知識を学ぶことができ、和食・洋食と幅広い調理にも対応している点が魅力です。

はじめて食に関する資格の勉強をする場合は、食生活アドバイザーを目指すメリットを考えた上でチャレンジしないと意味がありません。

マイ資格ナビ編集部が紹介している食に関する資格栄養士に近い資格で比較して、食生活アドバイザーの勉強が無駄に感じないようにしましょう。

無駄な評判の理由④:民間資格と国家資格の違いを理解できていない

食生活アドバイザーが無駄な評判がでる4つ目の理由は、民間資格と国家資格の違いを理解できていないためです。

民間資格は初心者でも気軽に合格を目指しやすい難易度が多いですが、調理師・管理栄養士などの国家資格は受験条件があるため、誰でも合格を目指せるわけではありません。

種別受験条件目的
民間資格少ない
初心者でも目指しやすい
暮らしの中や仕事で活かすためのスキルアップ
国家資格多い
初心者は目指しにくい
就職活動や仕事で実践するために専門性を高める

口コミでは民間資格は無駄・意味ないなどのネガティブな声も出ていますが、食生活アドバイザーを含む民間資格は、合格した後の活かし方をイメージできないと勉強したメリットを感じにくいです。

例えば、子育て中で子どもの偏食に悩んでいる場合や体調不良で栄養面の見直しをしたい状況であれば食生活アドバイザーの勉強は納得できるスキルを習得できますが、食に関わる仕事の就職活動だけが目的であればイメージ通りの勉強はしにくいでしょう。

  • 民間資格:食生活アドバイザー・食育実践プランナー・食育アドバイザーなど
  • 国家資格:調理師・栄養士・管理栄養士など

資格は合格しても目的や活用方法を明確にした方が形だけの合格証明になるリスクを防止でき、あなたの強みや差別化として活かしやすいです。

民間資格と国家資格の違いを理解して、食生活アドバイザーを勉強する目的を考えた上でチャレンジしてみましょう。

無駄な評判の理由⑤:就職活動が目的で食生活アドバイザーの勉強をした

食生活アドバイザーが無駄な評判がでる5つ目の理由は、就職活動が目的で食生活アドバイザーの勉強をしたためです。

民間資格の1種類である食生活アドバイザーは履歴書に書いて、強みや専門性の高いスキルをアピールすることはできますが、必ず専門職に就職することはできません。

資格の勉強は就職活動だけでなく、スキルアップや身近な場面で正しい実践をすることも含まれるため、勉強する意味を考えてみるとギャップを防止できます。

就職活動だけが目的にしている場合は、食生活アドバイザーにこだわる理由を見直すと勉強するメリットが明確になるでしょう。

≫ユーキャン食生活アドバイザー講座の評判で勉強イメージを確認する

食生活アドバイザーを無駄に感じないための対策は3つ

食生活アドバイザーを無駄に感じないための対策を紹介します。

  1. 食生活アドバイザーを取得した後のイメージを考える
  2. 食や栄養に関する資格と比較してから勉強をはじめる
  3. 就職活動だけでなくスキルアップを意識した勉強をする

食生活アドバイザーに興味はあるけど、無駄・意味ない評判の抵抗やイメージを払拭する方法が知りたい場合は参考にしてみてください。

食生活アドバイザーを取得した後のイメージを考える

1つ目の食生活アドバイザーが無駄な評判の対策は、食生活アドバイザーを取得した後のイメージを考えることです。

食生活アドバイザーの勉強する目的は、仕事現場での実践または暮らしの中で食生活を見直すことが大半になるため、試験で合格するだけでは意味がありません。

食生活アドバイザーの活かし方
  • 暮らしの中で食管理や栄養バランスの見直しができる
  • 子育て中で偏食の子どもの食管理ができる
  • 健康増進を目的とした栄養面の考え方の見直しができる
  • 食に関わる仕事現場で食材や栄養面の提案・調整ができる
  • 食に関するアドバイザー・インストラクターとして活躍

食生活アドバイザーに限らず民間資格は試験で合格した後の活用イメージができていないと、形だけの証明が増える一方で納得できるスキルアップがしにくいデメリットに注意が必要です。

特に仕事で活かす場合は、いきなり食生活アドバイザー2級を目指した方が食を提供する目線の知識を中心に学べるのでおすすめになります。

せっかく食生活アドバイザー資格を取得しても無駄に感じるリスクが怖い場合は、合格した後の活用イメージやあなたの具体的な目標を考えてみると良いでしょう。

食や栄養に関する資格と比較してから勉強をはじめる

2つ目の食生活アドバイザーが無駄な評判の対策は、食や栄養に関する資格と比較してから勉強をはじめることです。

マイ資格ナビ編集部が紹介している食に関する資格は24種類ですが、通信講座で目指せない民間資格や国家資格も含めると50種類以上の食や栄養に関する資格があります。

食生活アドバイザーは通信講座大手のユーキャンで対策ができることやテレビCM(チャレンジユーキャン)・年間10,000人以上が受験している知名度から目指す受験生も多いですが、「食の資格=食生活アドバイザー」の先入観だけで目指すとギャップに感じる可能性があります。

食管理や栄養バランスの見直し・消費者と提供する両方の側面に必要な知識を学べる食生活アドバイザーですが、複数の食や栄養に関する資格と比較した方がイメージ通りのスキルを習得できるでしょう。

カテゴリ目指せる通信講座
食全般ユーキャン食生活アドバイザー講座
ユーキャン食育実践プランナー講座
キャリカレ食育アドバイザー講座
キャリカレ上級食育アドバイザー講座
たのまな食育メニュープランナー®養成講座
SARAスクール食育講座
キャリカレトータルフードコーディネーター講座
野菜や果物キャリカレマクロビオティックセラピスト®講座
キャリカレ雑穀マイスター講座
ユーキャン野菜スペシャリスト講座
キャリカレベジタブル&フルーツアドバイザー講座
たのまなベジタブル&フルーツプランナー講座
薬膳や漢方ユーキャン薬膳コーディネーター講座
キャリカレ薬膳インストラクター講座
キャリカレ中国漢方ライフアドバイザー講座
キャリカレマクロビオティックセラピスト®講座
幼児食や離乳食ユーキャン離乳食・幼児食コーディネーター講座
キャリカレ幼児食インストラクター講座
スポーツ関連ユーキャンスポーツ栄養プランナー講座
キャリカレスポーツフードアドバイザー®講座

就職活動だけでなくスキルアップを意識した勉強をする

3つ目の食生活アドバイザーが無駄な評判の対策は、就職活動だけでなくスキルアップを意識した勉強をすることです。

食生活アドバイザーは食に関する仕事現場で活かせるスキルを習得できますが、2級・3級ともに試験で合格するだけでは特定の専門職に就職はできません。

履歴書に書いて強みをアピールすることはできますが、管理栄養士や調理師などの専門職に就くことはできないため、あなた自身のスキルアップが目的になることを理解した方が無駄に感じるリスクを防げます。

資格を目指す理由は就職活動だけではないので、合格した後の活用イメージや活かし方を想定した方が無駄に感じることのない勉強ができるでしょう。

履歴書の書き方

一般社団法人FLAネットワーク協会認定 食生活アドバイザー 2級または3級取得

※2級または3級の難易度まで履歴書に記入しましょう。

※食生活アドバイザーは専門職に必ずつけるわけではないですが、履歴書に書いて無駄になることはありません。食に関する仕事の就職活動では積極的にアピールするようにしましょう。

食生活アドバイザーの難易度といきなり2級を目指す方法

食生活アドバイザーの難易度といきなり2級を目指す方法を紹介します。

資格を目指したいけど、目標とする難易度が分からない状況であれば参考にしてみてください。

食生活アドバイザーは2級・3級と2種類の難易度を目指せる

食生活アドバイザーは、2級・3級の2種類に分かれており、2級の方が試験難易度が高いです。

いきなり2級を受験もできますが、食に関する勉強経験がない場合は消費者目線が中心になる3級の対策からはじめた方が混乱することなく、スムーズに専門知識を習得しやすいでしょう。

2級3級
合格率40%程度65%程度
受験料8,000円5,500円
合格ライン74点以上/123点60点以上/100点
合格正答率60.2%以上60.0%
試験日程6月・11月6月・11月

一方で、就職活動では2級の方が提供側のスキルをアピールできるメリットがあるため、難易度別に目的を理解した方が納得できる勉強ができます。

初心者だから3級ではなく、いきなり食生活アドバイザー2級の合格も目指せるため、資格を目指す理由を明確にしてみると良いでしょう。

食生活アドバイザー3級は消費者目線の知識が中心になる

食生活アドバイザー3級は、消費者(食材を購入者側)目線の知識が中心で、暮らしの中で活かせるスキルが問われる試験内容です。

科目3級の出題例
栄養と健康栄養・運動・休養からなる健康管理の基礎
食文化と食習慣調理のコツ、食習慣やマナーなどの基本
食品学各種の食品表示を理解する方法や食の安全性について
衛生管理家庭の食卓をテーマに、食中毒予防やごみ処理・環境問題など
食マーケット消費者の視点から、食業界のマーケット事情など
社会生活社会情勢や経済の仕組み、食と日常生活に関わる知恵など
参照:マイナビコメディカル

例えば、普段使用する食材の栄養バランスや調理法・食中毒対策などの身近な場面で活かせるスキルが中心になるため、自分ごととして考えやすい内容がポイントです。

試験は選択問題(マークシート形式)のみになるため、正しい勉強方法で対策をすれば初学者でも1回で合格を目指せる難易度で合格率は65%程度とされています。

まずは消費者目線の知識を基礎から学びたい場合は、食生活アドバイザー3級がおすすめになります。

食生活アドバイザー2級は提供側の知識で仕事につながりやすい

食生活アドバイザー2級は、食の提供側目線の知識が中心で、食に関する仕事現場でも活かせるスキルが問われる試験内容です。

科目2級の出題例
栄養と健康健康に関するトータルアドバイスに役立つ知識
食文化と食習慣食材の旬や季節と結びつく行事食の知識、配膳ルールなど
食品学残留農薬や食品添加物などの安全性に関わる高度な問題
衛生管理食品化学や衛生管理における注意点、安全な食べ方など
食マーケット外食産業を中心に、食業界の実態やメニューメイキングの方法など
社会生活経済と消費の仕組みや、消費者・環境問題など
参照:マイナビコメディカル

日常生活だけでなく、飲食関係の仕事現場や商品企画などの職種でも活かせるスキルを学べるため、就職活動の強みとしてアピールしやすい点が食生活アドバイザー2級のポイントです。

試験は選択問題(マークシート形式)と記述式問題(筆記形式)の2種類で、3級よりも難易度が高く、合格率は40%程度とされています。

国家資格には該当しないので必ず専門職に就けるわけではないですが、マイ資格ナビ編集部が紹介している食に関する資格の中でも食や栄養・健康と汎用性の高い知識を得られます。

いきなり食生活アドバイザー2級の合格も目指せるため、勉強をする目的や活用イメージを考慮した上でチャレンジすると良いでしょう。

いきなり食生活アドバイザー2級の合格を目指せる民間資格

食生活アドバイザー2級は、3級の試験で合格しなくてもいきなり受験や併願受験もできるため、仕事で通用する専門性を高めたい場合は合格を目指す方法もおすすめです。

試験対策ができるユーキャン食生活アドバイザー講座でも2級・3級の両方を同時に対策できるため、初心者でも効率よく仕事で通用する知識まで学ぶことができます。

順を追った受験ではなく、いきなり2級も目指せる点も食生活アドバイザーの特徴の1つになるでしょう。

食生活アドバイザーの勉強方法は独学と通信講座

食生活アドバイザーは、独学と通信講座の2種類で試験対策ができますが、相性の良い教材を選んで対策をすれば優位性はありません。

生活環境や経験・知識状況を考慮しながら、食生活アドバイザー2級・3級の合格を目指す方法を確認してみましょう。

好きな教材を活用して試験対策をするなら独学がおすすめ

食生活アドバイザーの勉強は、好きな教材を活用して、安い費用で試験対策をするなら独学がおすすめです。

独学は相性の良い教材(参考書)を選び、あなた自身で勉強スケジュールを組む必要はありますが、自由度が高い点がメリットになります。

メリット
デメリット
  • 好きな教材でマイペースに試験対策ができる
  • 複数の教材を活用して、相性の良い勉強方法を選びやすい
  • 通信講座よりも安い受講料で合格を目指せる
  • 勉強スケジュールをあなた自身で組む必要がある
  • 質問・課題添削などのサポートが含まれない
  • モチベーション維持が難しい場合は挫折するリスクがある

例えば、資格の勉強経験が豊富な場合や食に関する専門知識に自信があれば独学でも十分ですが、勉強に慣れていない状況であればモチベーション維持が難しい可能性があります。

一方で、複数の勉強方法や教材との相性が悪い場合の変更がしやすく、マイペースに食生活アドバイザーの試験対策ができます。

通信講座よりも費用が安いメリットもあるため、支払い面の負担を減らしたい場合は独学がおすすめです。

はじめて食や栄養の勉強をするなら通信講座がスムーズ

食生活アドバイザーの勉強は、はじめて食や栄養の勉強をする場合や質問・課題添削のサポートを受けながら試験対策をするなら通信講座がおすすめです。

通信講座は独学よりも受講料が高いデメリットはありますが、いきなり食生活アドバイザー2級の対策もしやすく、短期間の合格を目指せます。

メリット
デメリット
  • 決められた勉強スケジュールに沿って試験対策ができる
  • いきなり食生活アドバイザー2級の勉強もしやすい
  • 質問や課題添削で疑問を解消しながら合格を目指せる
  • 独学よりも受講料が高くて支払い面の負担がかかる
  • 受講後は教材・勉強方法の変更ができない

通信講座の中で、ユーキャン食生活アドバイザー講座は2級・3級両方の対策ができ、合格実績も充実している点が魅力です。

1日3問の質問や3回の課題添削で疑問・苦手科目の対策をして、食に関する勉強経験がない初心者でもスムーズに合格を目指せる特徴がユーキャン食生活アドバイザー講座の評判ポイントになります。

独学と通信講座を比較して、スムーズに試験対策ができる勉強環境を見つけて1回で合格を目指せるようにしましょう。

食生活アドバイザーは無駄な資格ではなく活用イメージの想定がポイント

食生活アドバイザーは無駄な資格ではなく、合格した後の活用イメージや目的を明確にすることで納得できる専門スキルを習得できます。

一方で、食生活アドバイザーが無駄と評判になる理由は5つ推測できます。

  1. 食や栄養の知識がない初心者でも合格を目指せる難易度
  2. 暮らしの中で活かせるスキルで実践できなければ意味がない
  3. 食に関する資格の種類が多くて比較ができない
  4. 民間資格と国家資格の違いを理解できていない
  5. 就職活動が目的で食生活アドバイザーの勉強をした

食生活アドバイザーを含む民間資格は合格するだけでは意味がなく、基本的にはスキルアップを目的とした勉強になります。

独学または通信講座のいずれかで食生活アドバイザー2級・3級の試験対策はできますが、合格した後の活かし方を考えてみると、あなたが求めているスキルイメージと比較できます。

イメージできない場合は、ユーキャン食生活アドバイザー講座の公式サイトで合格までの勉強スケジュールと資格の目的を確認すれば合格後のギャップを防止できるでしょう。

※本記事内の料金はすべて税込表記です。
※本記事内では、消費者庁の「アフィリエイト広告等に関する検討会 報告書」及び景品表示法比較広告に関する景品表示法上の考え方」に則り、比較・広告紹介をしています。
※紹介している商品の購入や通信講座の申し込みをすると、売上の一部が運営会社に還元されることがあります。
※各情報などは公式サイト及び上記のサイトを参照しています。

※情報は作成・更新時の内容になるため、プラン改定などによって販売が中止・変更になっている場合があります。最新の情報は、各公式サイトよりご確認ください。
※マイ資格ナビで掲載している文章や画像などにつきましては、いかなる場合でも無断転載(キャプチャ画像をSNSなどに掲載含む)することを禁止します。無断転載をした場合は、予告なく法的措置等の適切な対応をいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次