土地家屋調査士の勉強時間は1000時間必要?長期間の勉強スケジュールを詳しく紹介!

土地家屋調査士の勉強時間は1000時間必要?長期間の勉強スケジュールを詳しく紹介!

土地家屋調査士勉強時間は初学者だと1000時間程度必要とされていますが、できる限りコンパクトな勉強方法で合格を目指したいですよね。

そこで本記事では、土地家屋調査士の勉強時間とスムーズに合格を目指せるおすすめなスケジュール・勉強方法を詳しく紹介しています。

勉強時間を短縮する方法は、土地家屋調査士おすすめ通信講座の利用や試験本番を意識した逆算のスケジュール調整が重要です。本記事や土地家屋調査士の難易度を参考にして、効率よく合格を目指しましょう!

勉強時間を短縮するなら!

目次

資格のキャリカレ
【スプリングキャンペーン】
ハガキ申込より最大50%OFF
※2/29(木)まで

2/29(木)まで
キャリカレおすすめキャンペーン

土地家屋調査士の勉強時間は1000時間必要?

土地家屋調査士の勉強時間は、初学者だと1000時間必要とされていますが、勉強が苦手な場合や集中できない環境であれば通常よりも時間がかかる場合もあります。

結果として2〜3ヶ月の勉強で合格できた受験生もいますが、仕事経験や勉強環境で異なるため、1つの目安が1000時間になることを覚えておきましょう。

土地家屋調査士の勉強時間

初学者が独学で勉強する場合は、1000時間程度は必要とされています。

国家資格の中でも土地家屋調査士の難易度が高いと評判で、長期勉強時間が必要とされる理由としては、4つ挙げられます。

  • 記述式試験の難易度が高くて通信講座や予備校が必要
  • 作図や計算が求められて数字まわりの問題が多い
  • 限られた時間で解答する必要がある
  • 民法対策を万全にしないと不合格になる可能性が高い

一方で、1000時間の勉強をしても必ず試験で合格できるわけではないので注意しましょう。

自由に土地家屋調査士の勉強時間を調整できる場合は、1000時間よりも短い時間でコンパクトに合格を目指せる受験生もいます。

とはいえ、民法・不動産登記関連法(表示に関する登記)・土地家屋調査士法と3つの科目対策にはなりますが、初学者は試験範囲が広い民法(法律)で挫折する可能性が高く、難易度の高さから土地家屋調査士やめとけといった評判も出ています。

土地家屋調査士の試験対策をする上で1000時間の勉強は1つの参考目安として考え、試験本番から逆算した計画的なスケジュール調整を考えることが大切です。

マイ資格ナビ編集部では、土地家屋調査士の勉強時間を1000時間にする内訳土地家屋調査士の勉強時間を仕事と両立するスケジュールを紹介しています。あなたの生活環境に最適な勉強方法で合格を目指しましょう!

勉強時間を短縮するなら!

土地家屋調査士の勉強時間を1000時間にする内訳

初学者が独学で土地家屋調査士の勉強をする場合は1000時間程度必要とされていますが、試験対策に必要な全体バランスや重点的に取り組んだ方が良いポイントを紹介します。

マイ資格ナビ編集部では、3つのポイントで分けた勉強方法をおすすめしています。

内訳勉強期間
インプット期間2〜3ヶ月
アウトプット期間6〜8ヶ月
試験直前期間1〜2ヶ月
試験本番(10月)

土地家屋調査士は試験本番を意識した問題演習や過去問対策などのアウトプット期間を重点的に費やした方が、納得のできる勉強がしやすいです。

まずは3つの勉強期間を確認して、スムーズに土地家屋調査士の試験対策ができるようにしましょう。

重点的に勉強をするポイントが分からないとダラダラしてしまい、挫折するリスクが高いです。3つのポイントに分けて、効率よく土地家屋調査士試験の合格を目指しましょう!

土地家屋調査士の勉強時間内訳:インプット期間(2〜3ヶ月)

最初は、土地家屋調査士試験のインプット期間として2〜3ヶ月間は必要とされています。

土地家屋調査士試験の中で挫折しやすい科目は民法・不動産登記関連法(表示に関する登記)ですが、専門用語や法律の理解が求められるため、基盤となる知識を身につけなくてはなりません。

中でも不動産登記法に関しては、複数の事例をもとにイメージした後でないと理解が難しい可能性が高く、インプット期間で全体イメージをすることが重要です。

主な勉強方法
  • 民法・不動産登記法・土地家屋調査士法の基礎理解を深めるために、テキストを読んで理解を深める
  • 細かい法律・不動産登記法の暗記よりも全体イメージをすることが目的
  • 参考書や土地家屋調査士おすすめ通信講座の教材確認がメイン

土地家屋調査士の勉強をする上で、インプット期間に時間をかけてしまうと挫折するリスクが高いです。難関資格の場合は、試験本番を意識したアウトプット中心にすることが重要ですよ!

土地家屋調査士の勉強時間内訳:アウトプット期間(6〜8ヶ月)

インプット期間を終えたら、問題を繰り返し解答するアウトプット期間の突入がおすすめです。

アウトプット期間は6〜8ヶ月と最も長い時間の掛け方がおすすめで、択一式と記述式をバランスよく対策することが重要になります。

択一式(20問)民法・不動産登記法・土地家屋調査士法などから5択問題が出題
記述式(2問)土地・建物の記述式問題

土地家屋調査士は択一式問題を重点的に勉強することで合格を目指しやすいと評判ですが、計算や登記申請書・作図方法の理解を深めないと記述式の勉強まで到達できないです。

STEP
択一式の問題演習や過去問を対策する

土地家屋調査士試験対策の中心になる択一式の問題や過去問を繰り返し解き、出題傾向の感覚を掴みます。

勉強時間は440〜450時間程度で、アウトプット期間の7割が目安として、計算問題や作図イメージまで理解を深めます。

STEP
記述式の過去問をもとに試験本番を意識した実践を繰り返す

記述式問題は択一式問題の理解を深めた後に取り組むことで、効率よく対策ができます。

勉強時間は190〜200時間程度になりますが、択一式の理解ができない場合は二度手間になるため、自信がなければ振り返りながら勉強をすると良いでしょう。

目安としては、択一式7割・記述式3割のペース(合計640時間程度)で勉強を継続することで、試験本番を意識したアウトプットがしやすくなります。

土地家屋調査士試験の対策は、択一式と記述式のアウトプットが最も時間をかけて勉強した方が効率よく合格を目指せます。

インプット中心になりがちな土地家屋調査士の試験対策ですが、本番を意識した勉強を中心に考えると良いでしょう。

主な勉強方法
  • 択一式・記述式の過去問や問題演習を繰り返し解くことで傾向をつかめる
  • 土地家屋調査士の試験対策で最も時間をかけて勉強をした方が効率が良い
  • 土地家屋調査士おすすめ通信講座でもアウトプットが多いスケジュールが多い

インプットするだけでなく、試験本番を意識したアウトプットを中心に対策すると効率よく合格を目指せますよ!

土地家屋調査士の勉強時間内訳:試験直前期間(1〜2ヶ月)

試験本番の1〜2ヶ月前(9月・10月)は、過去問や答案・模試を解き、試験本番を意識した勉強が重要になります。

アウトプット期間との違いは、過去問だけでなく、最新の出題傾向を予測している模試を解いてトレンドに合った勉強をすることです。

土地家屋調査士は試験本番が150分で時間がない評判も多く、スピードを意識した対策も合格するための秘訣になります。

合格率は10%前後ですが、土地家屋調査士の難易度が高い理由の1つとして解答時間の少なさも挙げられますが、余裕を持って試験本番を迎えられるようにしましょう。

主な勉強方法
  • 試験本番を意識した過去問・答案・模試を繰り返しチャレンジする
  • 過去問だけでなく、答案や模試を解くことでトレンドを理解できる
  • 対策方法が分からなければ土地家屋調査士通信講座がおすすめ

試験直前期間は、これまでインプットとアウトプットをしてきた内容の確認が中心です。試験本番を意識して、スピード感のある解答ができるように準備しましょう!

勉強時間を短縮するなら!

土地家屋調査士の勉強時間を仕事と両立するスケジュール

1000時間程度の勉強が必要な土地家屋調査士試験ですが、仕事をしながら合格を目指す場合はスケジュールや環境を考慮した上でチャレンジしないと挫折する可能性が高いです。

勉強ができる環境には個人差があるため、無理のないペースで効率よく取り組まないと効率よく合格を目指せないため、2種類の働き方で比較するとわかりやすくなります。

  • 土日中心で勉強時間を確保する場合
  • シフト制で満遍なく勉強時間を確保する場合

1000時間程度必要とされる土地家屋調査士の勉強イメージやスケジュールを考えてみましょう。

土日中心で勉強時間を確保する場合

平日が仕事で土日祝日を中心に土地家屋調査士の試験対策をする場合は、平日1時間・土日10時間ずつのペースだと1ヶ月で100時間の勉強(合計10ヶ月)で合格を目指せます。

土日中心で勉強するケース
  • 平日1時間の勉強(月20時間)
  • 土日10時間ずつの勉強(80時間)

→合計10ヶ月で1000時間の勉強ができるスケジュール

仕事の残業や疲労から平日は1時間だけのコンパクトな勉強方法ですが、土日に集中できる環境が整っている状況であれば10ヶ月で合格を目指せます。

目安としては12月あたりに勉強を開始し、10月の土地家屋調査士の試験本番を迎えるスケジュールになるため、長期間継続するモチベーション維持も重要です。

一方で、平日1時間の勉強内容の選定が重要で、短期集中型でメリハリあるインプット・アウトプットをすることが効率よく合格を目指す秘訣になります。

土日中心の勉強でも土地家屋調査士は合格を目指せます。時間の確保だけでなく、集中した環境と教材選びがポイントですよ!

シフト制で満遍なく勉強時間を確保する場合

シフト制で勉強時間が不規則な場合は、平均的に1日3時間の勉強を継続すれば11ヶ月強で1000時間程度の勉強ができるスケジュールになります。

土地家屋調査士は例年10月の試験日程は変わらないため、前年の11月には勉強を開始した方が万全の準備がしやすいですが、不規則な生活環境であればスケジュール調整がしにくい点に注意が必要です。

不規則な環境で勉強するケース
  • 平均1日3時間の勉強を継続する
  • 不規則な生活環境であればできる時間に集中的に取り組む

→合計11ヶ月強で1000時間の勉強ができるスケジュール

国家資格の中でも難易度が高くて長期間の勉強時間が必要とされる土地家屋調査士は、不規則な生活環境であれば計画的な勉強ができないと不合格になる可能性が高くなります。

独学で勉強を継続する自信がない場合やスケジュール調整に不安を感じていたら、土地家屋調査士おすすめ通信講座ランキングを参考にしてみると良いでしょう。

勉強時間を短縮するなら!

土地家屋調査士は独学での勉強が難しい理由

土地家屋調査士を独学で試験対策する受験生もいますが、初学者の場合は非常に厳しいことを覚えておきましょう。

初学者が独学で土地家屋調査士の勉強をすることが難しい理由は5つです。

独学が難しい理由
  • 1000時間の勉強を一人で継続することはモチベーション維持が難しい
  • 試験本番までのスケジュールを逆算して考えることが現実的ではない
  • 択一式の対策はできても記述式問題の対策が万全ではなくなる
  • 正しい理解状況の確認ができずに間違えた理解のままで本番を迎える可能性
  • 試験本番を意識したスピード解答の練習がしにくい

土地家屋調査士試験は午前と午後(択一式と記述式)に分かれており、バランス良い試験対策ができないと不合格になり可能性が高いです。

中でも記述式問題は、過去問だけでなく、トレンドに適した模試や答案で対策ができないとヤマが外れる可能性があります。

通信講座や予備校は独学よりも受講料が高いデメリットはありますが、効率よく勉強をして短期間で合格を目指したい場合は比較してみると良いでしょう。

独学で合格できた口コミもありますが、土地家屋調査士の試験対策は効率が悪く、現実的ではありません。特に初学者の場合は、通信講座や予備校を検討してみると良いですよ!

勉強時間を短縮するなら!

土地家屋調査士の勉強時間をコンパクトにするなら通信講座がおすすめ!

初学者が独学で土地家屋調査士の試験対策をする場合は1000時間程度が必要とされていますが、効率よく合格を目指すためには通信講座がおすすめです。

1000時間の勉強時間も短縮でき、重要ポイントを中心に短期間で試験対策ができるメリットが特徴になります。

土地家屋調査士
通信講座のメリット
  • 1000時間程度の勉強時間をコンパクトにできる
  • 初学者でも合格に必要なポイントが分かりやすい教材を活用できる
  • 最短3〜5ヶ月の勉強期間でも効率よく合格を目指せる
  • 最新のトレンドに適した答案や模試で試験本番を意識できる
  • 合格者の口コミや体験談から適切な勉強スケジュールで対策できる

土地家屋調査士おすすめ通信講座ランキングの中でも、アガルート土地家屋調査士講座(通信講座)は初学者でも勉強時間をコンパクトにしてスムーズに試験対策ができます。

例年、全国平均より高い合格率を出しており、実績面でもおすすめなアガルート土地家屋調査士講座は1000時間の勉強量がコンパクトに集約された教材で合格を目指せます。

  • 初学者でも最短スケジュールで合格を目指せる通信講座
  • 合格率は全国平均よりも高い実績が豊富で信頼できる教材
  • 合格実績が充実して、受講料が安いランキングで1位のプランがある

アガルート土地家屋調査士講座は、無料の資料請求で実際の勉強イメージや合格者の声を確認できます。土地家屋調査士おすすめ通信講座ランキングと比較して判断しましょう!

勉強時間を短縮するなら!

※本記事内の料金はすべて税込表記です。
※本記事内では、消費者庁の「アフィリエイト広告等に関する検討会 報告書」及び景品表示法比較広告に関する景品表示法上の考え方」に則り、比較・広告紹介をしています。
※紹介している商品の購入や通信講座の申し込みをすると、売上の一部が運営会社に還元されることがあります。
※各情報などは公式サイト及び上記のサイトを参照しています。

※情報は作成・更新時の内容になるため、プラン改定などによって販売が中止・変更になっている場合があります。最新の情報は、各公式サイトよりご確認ください。
※マイ資格ナビで掲載している文章や画像などにつきましては、いかなる場合でも無断転載(キャプチャ画像をSNSなどに掲載含む)することを禁止します。無断転載をした場合は、予告なく法的措置等の適切な対応をいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次