土地家屋調査士はやめとけ?オワコン・仕事がない・きつい評判の理由や対策まで詳しく紹介!

土地家屋調査士はやめとけ?仕事がない・きつい評判の理由や対策まで詳しく紹介!

×
初学者向け合格実績が豊富な通信講座!

土地家屋調査士は合格率10%前後と難易度が高い国家資格で、初学者が独学で勉強する場合は1000時間程度必要とされていますが、「土地家屋調査士はやめとけ」「土地家屋調査士は仕事がない」と聞いたら不安になりますよね。

そこで本記事では、土地家屋調査士はやめとけ・オワコン・仕事がないと言われる理由や対策を詳しく紹介しています。

土地家屋調査士の試験対策をする前に知っておきたいポイントを詳しく紹介しています。やめとけ・オワコン・仕事がないなどの評判が気になる場合は参考にしてみてください!

初学者でも合格を目指せる!

土地家屋調査士やめとけ・オワコンと言われることを想定して、理由や原因の例を紹介しています。受験や就職活動のミスマッチを防止するための記事内容になっており、土地家屋調査士を否定しているわけではないことをご了承ください。

目次

資格のキャリカレ
【スプリングキャンペーン】
ハガキ申込より最大50%OFF
※2/29(木)まで

2/29(木)まで
キャリカレおすすめキャンペーン

土地家屋調査士はやめとけ・オワコンと言われる理由5選

土地家屋調査士はやめとけ・オワコンと言われる理由は5つ想定できます。

合格率10%前後は国家資格の中でも難易度が高い部類に含まれますが、独占業務に関する知識や専門性の高いスキルが問われるため、土地家屋調査士の正しい理解をしないと挫折する可能性が高いです。

「土地家屋調査士はやめとけ・オワコン」と聞いて悩んでいたら、5つの理由を確認して、勉強後のギャップを防止できるようにしましょう。

天候に関係なくハードな仕事が多い

1つ目の土地家屋調査士はやめとけ・オワコンと言われる理由は、天候に関係なくハードな仕事が多いためです。

新しい場所や土地に出向いて不動産登記に必要な情報を現地で確認したり、草木の伐採や調整をする仕事が多いため、雨風関係なく、屋外で働くことも少なくありません。

地家屋調査士の仕事は、基本的には顧客のスケジュールに合わせる必要があるため、天候によって変更がしにくいデメリットに注意が必要です。

顧客に寄り添った仕事ができることはやり甲斐につながりますが、ハードワークな仕事内容から体力勝負になるため、土地家屋調査士はやめとけ・オワコンという評判が出るのでしょう。

独占業務はできるが専属になる可能性が高い

2つ目の土地家屋調査士はやめとけ・オワコンと言われる理由は、独占業務はできるが専属になる可能性が高いためです。

不動産登記事項証明書への登記をすることは不動産登記法によって義務付けられていますが、土地家屋調査士は表題部の登記を代行を独占業務できます。

つまり、他の人にはできない仕事を請け負えるため差別化や安定の部分では魅力になりますが、仕事との相性が悪い場合でも幅を広げにくいデメリットからやめとけ・オワコンと評判になる可能性が高いです。

せっかく1000時間以上の勉強をして土地家屋調査士試験で合格できても仕事との相性が悪いと意味がないため、働くイメージを想定した上で目指した方が良いでしょう。

シフト勤務で休日が安定しない職場もある

3つ目の土地家屋調査士はやめとけ・オワコンと言われる理由は、シフト勤務で休日が安定しない職場もあるためです。

顧客は法人・個人の両方が想定できるため、土日祝日関係なく仕事が入る可能性があります。

例えば、家庭を持つ場合なら土日祝日に外出するスケジュールを立てにくいデメリットがあるため、土地家屋調査士はやめとけ・オワコンと言われても自然な流れでしょう。

一方で、勤務スタイルやシフト体制の働き方に抵抗がなければ土地家屋調査士の仕事内容をストレスに感じる可能性は低く、余計な心配をすることなく集中できるでしょう。

土地家屋調査士の年収は400万円〜1000万円と幅広い

4つ目の土地家屋調査士はやめとけ・オワコンと言われる理由は、土地家屋調査士の年収は400万円〜1000万円と幅広いためです。

土地家屋調査士の仕事は企業勤務型や独立開業型の2種類が基本になりますが、年収の目安が幅広いため、求人によって納得のできる収入が得られるか判断しにくいことに注意しなくてはなりません。

企業勤務型企業に勤めながら土地家屋調査士の役割を果たすが給料は低い可能性がある
独立開業型独立開業ができて給料が高くなる可能性はあるが安定するまで時間がかかる

とはいえ、全国の平均年収は458万円程度(令和4年分民間給与実態統計調査)になるため、平均年収よりは高い収入が見込めます。

独立開業型を選択すると収入が安定しない可能性は想定できますが、目標の年収以上になる可能性もあるため、譲れない条件や求人情報を理解した上でチャレンジすると良いでしょう。

合格率が低くて難易度が高い

5つ目の土地家屋調査士はやめとけ・オワコンと言われる理由は、合格率が低くて難易度が高いためです。

合格率は例年10%前後が目安になりますが、初学者の場合は1000時間程度の勉強が必要とされているため、土地家屋調査士試験の難易度が高くて挫折するリスクがあります。

1000時間の勉強をするためには、1日2時間を継続しても500日(2年弱)かかるため、モチベーションを保ちにくいデメリットに注意しなくてはなりません。

1日1時間の勉強ペース1000日間(3年程度)の継続
1日2時間の勉強ペース500日間(2年弱)の継続
1日3時間の勉強ペース335日(1年弱)の継続
土地家屋調査士の勉強時間

土地家屋調査士の試験対策は、独学と通信講座のいずれかで選択できますが、初学者で不安なら通信講座がおすすめです。マイ資格ナビ編集部が紹介している土地家屋調査士おすすめ通信講座ランキングを参考にしてみてください!

初学者でも合格を目指せる!

土地家屋調査士はやめとけ・オワコンと言われる理由の対策

土地家屋調査士はやめとけ・オワコンと言われる理由の対策は4つです。

「土地家屋調査士はやめとけ・オワコン」「土地家屋調査士は仕事がない」などのネガティブな評判が心配に感じていたら、4つのポイントをおさえて納得した上で合格を目指しましょう。

土地家屋調査士の仕事内容を正しく理解する

1つ目の土地家屋調査士はやめとけ・オワコンと言われる理由の対策は、土地家屋調査士の仕事内容を正しく理解することです。

土地家屋調査士は独占業務ができる国家資格として全国で24,000人以上(参照:令和2年国勢調査の結果)が働いていますが、顧客に合わせた体力勝負になる仕事内容であることを理解すると良いでしょう。

土地家屋調査士の仕事内容
  • 不動産の表示に関する登記につき必要な土地又は家屋に関する調査及び測量をすること
  • 不動産の表示に関する登記の申請手続について代理すること
  • 不動産の表示に関する登記に関する審査請求の手続について代理すること
  • 筆界特定の手続について代理すること
  • 土地の筆界が明らかでないことを原因とする民事に関する紛争に係る民間紛争解決手続について代理すること

※参照:日本土地家屋調査士会連合会

不動産の登記関連が主な仕事になる土地家屋調査士は、屋外で現場に足を運ぶことも多いですが、事務処理も担当になることが多いです。

不動産業界の中では、宅地建物取引士賃貸経営不動産管理士マンション管理士など複数の国家資格が必要とされる独占業務はありますが、土地家屋調査士は登記に関する仕事が中心になります。

不動産の現場に足を運ぶことはありますが、営業職とは異なる仕事内容になることを覚えておきましょう。

土地家屋調査士の求人情報を事前に確認する

2つ目の土地家屋調査士はやめとけ・オワコンと言われる理由の対策は、土地家屋調査士の求人情報を事前に確認することです。

土地家屋調査士の求人情報は転職サイト(参照:マイナビ転職)などで確認できますが、働き方や給料面などの条件は決まっているため、事前にイメージした上で試験対策した方が納得できる仕事ができます。

中でも勤務地や勤務制度・収入面は確認しないとイメージとの乖離が生じてしまうため、働き方を考えてみると、やめとけ・オワコンと言われる評判の対策ができるでしょう。

目標とする年収イメージを考える

3つ目の土地家屋調査士はやめとけ・オワコンと言われる理由の対策は、目標とする年収イメージを考えることです。

土地家屋調査士の年収は400万円〜1000万円と企業勤務型や独立企業型と働き方で異なるため、目標の年収に到達するイメージや仕事内容を考慮した上で合格を目指すとやめとけ・オワコンなどのネガティブな評判対策になります。

独占業務ができる土地家屋調査士ですが、試験で合格するだけでは意味がないため、目標の年収や仕事のイメージまで想定した上でチャレンジすると良いでしょう。

効率よく土地家屋調査士の試験対策をする環境を見つける

4つ目の土地家屋調査士はやめとけ・オワコンと言われる理由の対策は、効率よく土地家屋調査士の試験対策をする環境を見つけることです。

土地家屋調査士の試験対策は、初学者だと1000時間程度必要とされており、独学と通信講座のいずれかから選択して勉強することが基本になります。

独学通信講座よりも安い費用で、好きな教材を活用してマイペースに合格を目指せる。
通信講座独学よりも受講料は高いが、合格者の体験談をもとに効率よく試験対策ができる。質問や課題添削などのサポートが含まれて、重要ポイント中心の対策ができる。
独学と通信講座の比較

通信講座で土地家屋調査士の試験対策をする場合は、独学に必要な1000時間よりもコンパクトな勉強だけで合格を目指せるメリットが特徴です。マイ資格ナビ編集部が紹介している土地家屋調査士おすすめ通信講座ランキングを参考にしてみてください!

初学者でも合格を目指せる!

土地家屋調査士は仕事がないの?きつい仕事と感じる前に知りたいこと

土地家屋調査士はやめとけ・オワコンと評判になる理由は5つと予測できますが、「仕事がない」「仕事がきつい」などのネガティブな評判を聞くと心配になりますよね。

独占業務ができる土地家屋調査士ですが、具体的な仕事イメージが分からない場合はきついと評判になる仕事や理由を詳しく確認してみましょう。

土地家屋調査士は独占業務ができて仕事がないわけではない

土地家屋調査士は仕事がない評判も出ていますが、実際には不動産の表示に関する登記の申請手続について代理するなどの独占業務ができるため、仕事がないは間違った解釈になります。

例えば、宅地建物取引士や賃貸不動産経営管理士などの独占業務ができる国家資格と比較すると求人が少ないデメリットはありますが、仕事が全くないわけではありません。

仕事(国家資格)求人募集
土地家屋調査士44件
宅地建物取引士568件
賃貸不動産経営管理士104件
参照:マイナビ転職の求人募集(2024年1月28日時点)

せっかく1000時間程度の勉強をしても仕事がなければ意味がないですが、土地家屋調査士は企業勤務型意外にも独立開業型で働く方法も選択肢として選べます。

土地家屋調査士の仕事はないわけではなく、求人募集が限定的なため、希少価値があるとも言えます。独占業務ができる数少ない国家資格になるため、土地家屋調査士の合格を目指す前にイメージを確認しましょう!

職場によっては休日希望との相性が悪い可能性がある

土地家屋調査士は顧客によって勤務スタイルや出勤頻度が異なることも多いため、求めている休日を取得できない可能性があります。

例えば、家族と旅行に行く計画や趣味に没頭する時間の調整がしにくくなることもあり、シフト制の働き方に抵抗があれば土地家屋調査士はおすすめしないです。

土地家屋調査士の働き方
  • シフト制の求人募集が多くて、顧客に合わせた働き方が多い
  • 決まった休日制度の求人の方が少ない
  • 企業向けや個人向けかで働き方が変わる可能性がある仕事

個人の顧客が中心だと土日祝日の仕事が多くなる可能性がありますが、人が少ない平日を利用した外出ができます。固定の休みが取れないときついと感じる場合はおすすめしませんが、シフト制のメリット・デメリットを考えた上で試験対策すると良いですよ!

土地家屋調査士は独立開業も視野に入れることができる

企業勤務型が基本になる土地家屋調査士ですが、独立開業型の働き方も選べるため、仕事や収入の幅が広いことも魅力です。

年収は400万円〜1000万円と幅が広く、独立開業をして継続的な依頼を受けられる顧客との関係を築けば、収入面の大幅アップが期待できます。

土地家屋調査士は仕事がないと評判も出ていますが、新しい仕事を自ら探すこともできるため、働き方を工夫すれば幅が広がります。

企業勤務型の求人が少ない場合でも仕事がないと判断するのではなく、土地家屋調査士として独立開業も検討してみると仕事の幅が広がるでしょう。

初学者でも合格を目指せる!

土地家屋調査士はやめとけ・仕事がないと感じる前に知りたいよくある質問

土地家屋調査士はやめとけ・仕事がないと感じる前に知りたいよくある質問を紹介します。

土地家屋調査士はやめとけ・仕事がないと言われる理由はなんですか?

土地家屋調査士はやめとけ・仕事がないと言われる理由は5種類想定できます。

やめとけ・オワコンと言われる大半の理由は、土地家屋調査士の仕事内容を正しく理解できていないことが原因になるため、働き方や挫折をしない教材選びが重要です。

せっかく土地家屋調査士の試験で合格できても仕事との相性が悪ければ意味がないため、合格後のイメージも考えた上でチャレンジしましょう。

土地家屋調査士の仕事がない理由はなんですか?

土地家屋調査士の仕事はないわけではなく、働き方や目標とする年収で条件が異なるためです。

基本的には企業勤務型で働くことが多い土地家屋調査士ですが、収入アップや自由な働き方を目指す場合には、独立開業型がおすすめになります。

土地家屋調査士が向いている人を知りたいです。

土地家屋調査士が向いている人は以下の3種類です。

  • 状況に応じた仕事への対応力に自信がある人
  • 屋外での仕事に抵抗を感じない人
  • 土地家屋調査士として独立開業も考えている人

働き方の幅が広く、独占業務ができる仕事内容になるため、土地家屋調査士のメリットを考慮した上で試験対策をすると良いでしょう。

土地家屋調査士の勉強はどのくらい必要ですか?

土地家屋調査士をはじめて目指す場合は、1000時間程度の勉強が必要とされています。

独学の場合になるため、実際には1000時間よりも短い場合もあります。

土地家屋調査士の試験対策をする方法は何がありますか?

土地家屋調査士の試験対策は、参考書を活用した独学と通信講座の2種類から選択できます。

独学は好きな教材を活用して安く試験対策ができますが、通信講座は合格者の体験談をもとに効率よく合格を目指せます。

2種類の勉強方法を比較して、相性の良い教材で試験対策をしましょう。

土地家屋調査士の試験対策ができるおすすめ通信講座はどれですか?

マイ資格ナビ編集部では、土地家屋調査士おすすめ通信講座ランキングで複数のプランを紹介しています。

はじめて通信講座を活用する場合でも分かりやすいため、選び方で悩んでいたら参考にしてみてください。

初学者でも合格を目指せる!

※本記事内の料金はすべて税込表記です。
※本記事内では、消費者庁の「アフィリエイト広告等に関する検討会 報告書」及び景品表示法比較広告に関する景品表示法上の考え方」に則り、比較・広告紹介をしています。
※紹介している商品の購入や通信講座の申し込みをすると、売上の一部が運営会社に還元されることがあります。
※各情報などは公式サイト及び上記のサイトを参照しています。

※情報は作成・更新時の内容になるため、プラン改定などによって販売が中止・変更になっている場合があります。最新の情報は、各公式サイトよりご確認ください。
※マイ資格ナビで掲載している文章や画像などにつきましては、いかなる場合でも無断転載(キャプチャ画像をSNSなどに掲載含む)することを禁止します。無断転載をした場合は、予告なく法的措置等の適切な対応をいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次