スタディング宅建士講座の口コミ評判はどう?落ちた体験談や合格率まで詳しく紹介!

スタディング宅建士講座の口コミ評判はどう?落ちた体験談や合格率まで詳しく紹介!

スタディング宅建士講座は、仕事や子育て・家事をしながらでもスキマ時間を有効活用して、スマホ1台だけで合格を目指せる通信講座と評判です。

おすすめ宅建通信講座ランキング(マイ資格ナビ編集部)では、最も受講料が安いプランがあり、支払い面の負担が少ないメリットも選ばれるポイントになります。

とはいえ、スタディング宅建士講座の評判や口コミ・合格までのイメージが分からないと悩んでいませんか。

スタディング宅建士講座
この記事を読めば分かるポイント
  • 初学者が知っておきたいスタディング宅建士講座の評判や口コミ
  • スタディング宅建士講座で合格するまでの勉強イメージや落ちた体験談
  • スタディング宅建士講座のメリットや安いプラン
  • スタディング宅建士講座と比較したいおすすめな通信講座

本記事では、スタディング宅建士講座の評判や口コミ・合格までの勉強スケジュールを詳しく紹介しています。

はじめて宅建士の試験対策をする場合や落ちる心配をして、なかなか勉強方法が決められないと悩んでいたら、本記事の口コミ評判を参考にしてみてください。

会員登録で無料講座を受けられる

≫スタディング宅建士講座を詳しくみる

スタディング宅建士講座に関する口コミ・評判

本記事内で紹介しているスタディング宅建士講座は、法務省消費者庁国民生活センターが発信する情報を元に、マイ資格ナビ編集部(株式会社マイナビ出版マイナビブックス)がコンテンツ制作ポリシーに則り独自で作成しています。

本記事内では無料コンテンツを提供する目的で、プロモーション等に関する手数料の支払いを受けているものもあるため、気になる方はご注意ください。

※本記事内で紹介する口コミは個人の感想であり、誰もが同様の試験で合格・成果が出るわけではありません。
※本記事は2024年2月時点の情報を紹介しています。

目次

資格のキャリカレ
【スプリングキャンペーン】
ハガキ申込より最大50%OFF
※2/29(木)まで

2/29(木)まで
キャリカレおすすめキャンペーン

スタディング宅建士講座の口コミ評判やおすすめポイントのまとめ

スタディング宅建士講座の口コミ評判やおすすめポイントのまとめ
おすすめポイント
  • スキマ時間を活用した試験対策ができる
  • 受講料が安くて気軽にチャレンジできる
  • 過去13年分の傾向をもとに分析されている
通信講座スタディング
プラン①宅建士合格コースミニマム
②宅建士合格コーススタンダード
③宅建士合格コースコンプリート
受講料①14,960円
②19,800円
③23,430円
分割払いあり
勉強スタイルWebテキスト
映像講義
合格者数854人
※令和4年度実績
合格率不明
課題添削なし
サポート期間受講期間
サポート体制学習Q&Aサービス(①②のみ有料)
合格お祝い制度

スタディング宅建士講座は、マイ資格ナビ編集部が紹介している宅建士おすすめ通信講座受講料が安いランキングで1位のプランがあり、支払い面の負担が少ない通信講座です。

ミニマム・スタンダード・コンプリートの3種類から選択でき、あなたのの試験対策状況に応じたプランで合格を目指せるので、余分な教材を減らした勉強ができます。

  • ミニマム宅建士講座:試験対策に必要なインプットのみ
  • スタンダード宅建士講座:インプットとスマート問題集・セレクト問題集・過去13年分の問題・模擬試験
  • コンプリート宅建士講座:上記に加えて、直前期の対策講座

例えば、不動産業で働いている場合は最も安いミニマムプランでも十分な場合がありますが、初学者で万全の対策をするならコンプリートプランがおすすめです。

コンプリートプランでも宅建士おすすめ通信講座の中では安い部類に含まれるため、支払い面の負担を減らしたい場合ならスタディング宅建士講座は最適でしょう。

受講料が安いランキング

※3位のキャリカレはインターネット受講をした場合の受講料になります。

安さだけで通信講座選びの判断はおすすめしないですが、予算に応じたプラン選びの方が勉強に集中できるメリットがあります。

通信講座を受講すれば必ず宅建士試験で合格できるわけではないですが、必要な基礎知識と複数の問題集や過去問が充実しているプランがスタディングになると覚えておきましょう。

会員登録で無料講座を受けられる

≫スタディング宅建士講座を詳しくみる

スタディング宅建士講座の悪い口コミや評判

スタディング宅建士講座の悪い口コミや評判を紹介します。

通信講座ごとにメリットや相性・特徴が異なるため、スムーズに試験対策ができそうか口コミを確認してみましょう。

文字数が多くてモチベーション維持が難しい

スタディング宅建士講座は、Webテキストや映像講義が中心の勉強内容ですが、初学者向けのインプットも含まれるのでボリュームの多さからモチベーション維持が難しいと口コミで評判です。

初学者の場合は200時間以上の勉強は必要とされていますが、宅建業法を中心に重要ポイントが凝縮されている教材になるので、インプットの量が多い点からメンタル面のケアが重要になります。

スタディング宅建士講座のポイント
  • スマホで気軽に勉強できても知識量が劣るわけではない
  • スキマ時間を有効活用して、1回5分〜の映像講義をコツコツ継続する
  • スタディングで勉強をすることで勉強ボリュームが減るわけではない
  • 映像講義でも計画的な試験対策を継続することがポイント

スマホでの勉強方法に慣れていなければ、スタディング宅建士講座の無料講座実際のイメージを確認した方が支払いをした後のギャップを防止できます。

せっかくスタディング宅建士講座を受講しても集中できなければ意味がないため、合格までの勉強方法を理解した上でチャレンジしましょう。

合格までのスケジュールを想定した方が挫折しない

全プラン共通で基礎講義でインプットをしますが、スマート問題集・過去問・直前期の対策と計画的なスケジュールを想定しないと教材内容をこなすだけになるリスクがあります。

スマホ1台だけで合格を目指せるスタディング宅建士講座になるため、いつでも試験対策ができる点に油断を感じるのではなく、集中してインプット・本番を意識したアウトプットができる環境を想定した上で受講した方が納得できる勉強ができるでしょう。

中でも、仕事や子育て・家事をしながら宅建士の試験対策をする状況であれば、1日の中でスタディングの映像講義やWebテキストの確認ができる場面を考えてかた受講すると挫折を防ぎやすいです。

スキマ時間を有効活用できる特徴を最大限に活かすことが、スタディング宅建士講座を活用して短期間で合格できる秘訣になるでしょう。

会員登録で無料講座を受けられる

≫スタディング宅建士講座を詳しくみる

スタディング宅建士講座の良い口コミや評判

スタディング宅建士講座の良い口コミや評判を紹介します。

通信講座選びでどれがいいか分からないと悩んでいる場合は、スタディング宅建士講座を受講した体験談や良い口コミを参考にしてみましょう。

確認問題の周回数がしやすい勉強スケジュール

スタディング宅建士講座は、基礎講義で宅建業法を含む基礎知識を学んだあとはスマート問題集やセレクト過去問などを活用して、理解力を確認しながら合格を目指せます。

通信講座の中にはインプットの時間が多くて正しい知識の確認ができないまま勉強を進めるため、間違えた理解に気づかない場合があります。

スマホで気軽に合格を目指せる勉強スケジュールになっているため、インプットとアウトプットのしやすさが口コミで評判です。

通信講座勉強方法
スタディングWebテキスト
映像講義
アガルートテキスト
映像講義
フォーサイトテキスト
映像講義
eラーニング
クレアールテキスト
映像講義
キャリカレテキスト
映像講義
ユーキャンテキスト
資格スクエアテキスト
映像講義
TACテキスト
映像講義
L・Aテキスト
映像講義
日建学院テキスト
映像講義
宅建士おすすめ通信講座の勉強方法

通信講座は受講後の勉強方法は変更しにくいため、相性の良い教材や無理なく継続できるスケジュールを理解した上で選ばないと、納得のできる試験対策ができないデメリットがあります。

スタディング宅建士講座は、Webテキストや映像講義を活用して合格を目指せるスケジュールになるため、スキマ時間を有効活用できる通信講座です。

仕事や子育て・家事をしながら宅建士の試験対策をする場合なら、スタディング宅建士講座は生活環境に合わせて、無理のないペースで合格を目指せるでしょう。

直前期の対策が充実している通信講座

3つのプランで宅建士試験の合格を目指せるスタディングですが、コンプリートプランなら直前期の対策を万全にできるため、本番で落ち着いて臨めるメリットが魅力と口コミで評判です。

過去問対策や知識の確認問題・課題添削が含まれているプランは多いですが、出題予想問題の対策が充実している通信講座はスタディングと資格スクエアになります。

試験直前の対策が充実している
  • 試験本番を意識した予想出題問題が充実している(コンプリートプラン)
  • インプットだけでなく、試験本番で実力を発揮するための構成
  • スマホ1台で受講できるため、スキマ時間・空き時間に確認しやすい
  • 合格までの勉強スケジュールが明確で初学者でも合格を目指せる

スマホでの勉強スタイルと相性が悪ければおすすめできないですが、限られた時間だけで宅建士試験の対策を進めるなら、スタディングだと挫折するリスクが少ないです。

受講料が安いだけでなく、口コミ評判で出ている通り、直前期の対策が充実してスムーズな勉強ができる点がスタディングの魅力になります。

会員登録で無料講座を受けられる

≫スタディング宅建士講座を詳しくみる

スタディング宅建士講座で落ちた体験談や合格率・実績を詳しく紹介

スタディング宅建士講座の合格率は公表されていないですが、2022年度は854人が合格(※スタディング調べ:合格者調査に協力いただけた合格報告者の人数(2023年1月時点))した実績があり、例年一定数の合格者を輩出しています。

一方で、スタディング宅建士講座を受講して落ちた体験談をSNS上でリサーチしても口コミ数はほとんどなく、実際に不合格だった人数までは把握できないことが現状です。

そこでマイ資格ナビ編集部では、スタディング宅建士講座で落ちる可能性がある状況を予測したため、はじめて通信講座を利用する場合や受講の不安が大きい場合は参考にしてみてください。

スマホでの勉強に抵抗があれば落ちる可能性が高い

スマホ1台だけで合格を目指せる特徴がスタディング宅建士講座の特徴ですが、映像講義やWebテキストに抵抗があれば、思うようなインプットができない可能性が高いです。

例えば、落ち着いた環境で書きながら理解を深めたい場合は、映像講義を見ているだけになり知識の深掘りができないリスクに注意しなければなりません。

2020年の民法改正に伴い理解が必要な知識が変わりましたが、民法等・宅建業法を中心に、負担なくインプットができる勉強環境を確認した上でチャレンジした方がスムーズな試験対策ができます。

スタディングスマホで映像講義やWebテキストを利用して効率よく合格を目指すが、書きながら理解したい場合は不向き
通常の通信講座テキストや映像講義を活用して、重要ポイント中心の教材で合格を目指せるが、スキマ時間の活用はしにくい場合がある
独学好きな参考書を活用して、じっくり時間をかけマイペースに試験対策はできるが、適切な知識の確認がしにくい
スタディングの勉強方法と比較

スタディング宅建士講座は、電車通勤や昼休みを有効活用したい社会人や子育てで限られた時間しかない主婦・学業の合間に勉強を進めたい学生向けの教材になっており、基礎からじっくり時間をかけた勉強を希望する場合はイメージとの乖離が予想できます。

スタディング宅建士講座の教材がおすすめな人
  • まとまった勉強時間の確保が難しく、スキマ時間を有効活用したい
  • 宅建士の試験本番まで時間が限られていて、短期間で合格を目指したい
  • 宅建士の合格を目指したいけど、子育てや仕事で時間がなくて悩んでいる
  • 集中力に課題を感じていて、メリハリある勉強ができる環境が良い

適切なプランを選ばないと不合格のリスクが上がる

スタディング宅建士講座は、ミニマム・スタンダード・コンプリートの3種類から選択できますが、直前期のギリギリまで万全の準備をしたい場合はコンプリートプランがおすすめです。

一方で、受講料の安さから初学者がミニマムプランを選ぶと、インプットだけはできても試験本番で実力を発揮できずに落ちる可能性あります。

  • ミニマム宅建士講座:試験対策に必要なインプットのみ
  • スタンダード宅建士講座:インプットとスマート問題集・セレクト問題集・過去13年分の問題・模擬試験
  • コンプリート宅建士講座:上記に加えて、直前期の対策講座

とはいえ、スタディング宅建士講座のコンプリートプランを選んでもマイ資格ナビ編集部が紹介している宅建士おすすめ通信講座の受講料が安いランキングで2位(1位はフォーサイト宅建士講座)になるため、他の通信講座と比較して支払い面の負担が少ない点に変わりないです。

スタディング宅建士講座内だけで安さを比較するのではなく、他の通信講座と比較することで予算内のプランを選べるだけでなく、納得できる対策ができる環境選びができるでしょう。

通信講座を受講するだけで合格率は上がるわけではない

通信講座を受講するだけで合格率は上がるわけではない

受講生の中には、スタディング宅建士講座を受講すれば必ず合格する・合格率が高まると勘違いするケースは少なくありません。

残念ながら、スタディング宅建士講座は受講するだけで合格できるわけではなく、過去の実績をもとに効率よく万全の試験対策ができるスケジュールが組まれています。

とはいえ、スタディング宅建士講座公式サイト内でも初学者が2ヶ月程度の勉強で合格した口コミを公表されており、短期間でメリハリある試験対策ができる点が魅力です。

スタディングは、スマホ一つで講座が完結するので以前から興味を持っていました。

通勤時間、昼休み、ランニング中に聴き流しながら講座受講、問題演習を繰り返しました。

2ヶ月程度の受講でしたが3回転ほど回したところで本試験となり、幸いにも合格できました。

スタディング公式サイト

具体的な落ちた口コミや体験談の紹介はありませんが、通常は200時間以上の勉強が必要とされる宅建士の試験対策を効率よく勉強できる環境がスタディング宅建士講座と覚えておきましょう。

会員登録で無料講座を受けられる

≫スタディング宅建士講座を詳しくみる

スタディング宅建士講座なら仕事や家事をしながらでも気軽に合格を目指しやすい

スタディング宅建士講座は、仕事や子育て中・家事との両立をしたい場合でも気軽にチャレンジできる環境がおすすめポイントです。

中でも「まとまった時間がなくて悩んでいる」「正しい知識を理解できているか不安」と悩んでいたら、スマホ1台だけでスムーズに合格を目指せるスタディング宅建士講座がおすすめになります。

スタディング宅建士講座がおすすめな人
  • まとまった時間の確保ができなくてスキマ時間に合格を目指したい
  • 宅建業法や民法の基礎から学びたいけど、長時間の勉強は苦手で自信がない
  • 予算をできる限り安くして、無理のない範囲で宅建士の試験対策をしたい
  • 合格実績が豊富な通信講座で、直前期の対策まで万全にできるプランが良い

他の通信講座と比較して、1回の勉強時間が最短5分で短く、メリハリのある試験対策ができるスケジュールもおすすめポイントです。

例えば、合格実績重視で通信講座を選ぶならアガルートやフォーサイト、独学にはないサポート重視で比較するならキャリカレがおすすめです。

  • 合格者や合格率の実績:アガルート・フォーサイト
  • サポート体制の充実:キャリカレ
  • 受講料の安さや効率の良さ:スタディング

複数の勉強方法を比較したい場合は、マイ資格ナビ編集部が紹介している宅建士おすすめ通信講座から選ぶとイメージ通りの環境が見つかりやすいです。

受講後のギャップを防止するために、納得できる通信講座を見つけて、短期間で効率よく宅建士の試験対策を進めましょう。

会員登録で無料講座を受けられる

≫スタディング宅建士講座を詳しくみる

スタディング宅建士講座でスキマ時間を有効活用して合格を目指そう

スタディング宅建士講座は、限られた時間内で重要ポイント中心で学べるだけでなく、直前期の対策まで万全な準備ができるプランが評判です。

初学者は独学だと200時間以上必要とされる宅建士の試験対策ですが、スタディング宅建士講座を利用することで、宅建業法や民法を中心に出題されやすいポイントを効率よく理解することができます。

マイ資格ナビ編集部が紹介している宅建士おすすめ通信講座の中で勉強のしやすさや受講料の安いランキングで1位に該当しており、支払面の負担が少ない点も評判です。

合格までのイメージが分からないと悩んでいたら、無料の会員登録をして体験講座を受講すると分かりやすいでしょう。

会員登録で無料講座を受けられる

≫スタディング宅建士講座を詳しくみる

※本記事内の料金はすべて税込表記です。
※本記事内では、消費者庁の「アフィリエイト広告等に関する検討会 報告書」及び景品表示法比較広告に関する景品表示法上の考え方」に則り、比較・広告紹介をしています。
※紹介している商品の購入や通信講座の申し込みをすると、売上の一部が運営会社に還元されることがあります。
※各情報などは公式サイト及び上記のサイトを参照しています。

※情報は作成・更新時の内容になるため、プラン改定などによって販売が中止・変更になっている場合があります。最新の情報は、各公式サイトよりご確認ください。
※マイ資格ナビで掲載している文章や画像などにつきましては、いかなる場合でも無断転載(キャプチャ画像をSNSなどに掲載含む)することを禁止します。無断転載をした場合は、予告なく法的措置等の適切な対応をいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次