行政書士の年収は低い?現実的な雇われの給料と年収アップの対策を勉強前にチェック!

行政書士の年収は低い?現実的な雇われの給料と年収アップの対策を勉強前にチェック!

行政書士は独学で合格を目指すと800時間程度必要とされていますが、雇われの給料や年収イメージが分からないと本当に目指して良いか分からないですよね。

そこで本記事では、行政書士の年収イメージや現実的な雇われで働く場合の想定給料を詳しく紹介しています。

行政書士を目指す前に年収イメージを確認した方が納得できる働き方ができます。現実的な給料を想定した上で合格を目指しましょう!

働きながらでも対策できる!

目次

資格のキャリカレ
【春の挑戦サポート割】
ハガキ申込より最大50%OFF

※4/15(月)まで

4/15(月)で締切!
キャリカレおすすめキャンペーン

行政書士の年収は雇われと独立開業の2種類で異なる

行政書士の働き方は、企業勤務型の雇われと独立開業の2種類で異なり、年収にも違いがあることを覚えておきましょう。

行政書士の働き方
  • 企業勤務型で企業に雇われの働き方
  • 独立開業型で事務所を設立しての働き方

行政書士試験の勉強時間は800時間程度必要とされており、国家資格の中でも難易度が高い部類に含まれています。

せっかく長期間の勉強をしてもイメージとの乖離があれば意味がなく、行政書士やめとけなどのネガティブな評判も出ています。

まずは、行政書士の働き方と年収イメージを詳しく確認してみましょう。

雇われの行政書士は年収が安定しても低い場合もある

行政書士試験で合格すると、まずは企業勤務型の雇われとして働くケースが大半です。

雇われの場合は年収が安定しているメリットがあり、営業活動や自己アピールをする機会が少ないので行政書士の活動に集中できます。

雇われの収入イメージ

独立開業型と比較して仕事が明確に決まっていますが、年収の限界があることがデメリットになります。

行政書士試験で合格した後は、大半が経験する雇われの働き方になるため、年収や仕事イメージを想定した上でチャレンジすると良いでしょう。

雇われの行政書士がおすすめな人

雇われの行政書士がおすすめな人
  • 安定的な仕事が多くて一定の収入を得ることを求めている
  • 仕事が定期的に入るため営業をする回数が少ない方が良い
  • 廃業や倒産のリスクを考えた上で仕事に就きたい

行政書士で雇われの働き方がおすすめな人は、安定的な給料や年収を求める人で、行政書士試験で合格した後の最も多い働き方になります。

行政書士試験は例年4,000人以上が合格(参照:行政書士試験研究センター)していますが、全員が就業・行政書士登録をしているわけではありません。

中には合格後すぐに独立開業をする人もいますが、現場での実績を積むためには雇われでの企業勤務型がおすすめです。

一方で、独立開業型と比較して年収は低くなることが多いため、年収1000万円以上を目指すには雇われだと限界があるので注意しましょう。

独立開業型なら雇われ以上の年収も目指せるが安定はしにくい

事務所を持ち、代表として活動する独立開業型は、雇われの年収以上を目指しやすいです。

行政書士は年収1000万円以上の収入も目指せますが、雇われの場合は職場によって限界があり、青天井を目指すなら独立開業型になります。

行政書士の年収は579.8万円程度(令和4年賃金構造基本統計調査)とされておりますが、雇われの求人を考慮すると独立開業型が全体的な年収の底上げをしていると予測できます。

独立開業型の行政書士がおすすめな人

独立開業型の行政書士がおすすめな人
  • 雇われの働き方よりも年収アップを目指している
  • 縛られた働き方が苦手で自由な働き方で活躍したい
  • 営業活動や自己アピールも積極的に実施していきたい

年収が青天井である独立開業型の行政書士は、あなた自身が営業活動をして取引先を探さなければならないですが、縛られた働き方ではなくなるので自由な勤務スタイルが良ければストレスフリーになります。

将来的には年収1000万円以上も目指せる働き方で、雇われよりも収入面の幅が広がるメリットが特徴です。

一方で、年間で4,000人以上が合格している行政書士試験になるため、合格後すぐの独立開業は差別化がしにくく現実的に難しいでしょう。

働きながらでも対策できる!

行政書士の年収は低い評判が出る理由

行政書士の年収は低い評判が出る理由は4つ想定できます。

  • 現実的な年収が分からなくて曖昧
  • 難関資格で合格率の割に合わないと感じる
  • 公務員が行政書士試験の免除には17年以上の勤務が必要
  • 年収アップには独立開業やダブルライセンスが効率良い
  • 女性が活躍できる仕事でも体力勝負になりやすい

はじめて行政書士試験の対策をする場合は、将来的な働き方や年収を意識した上でチャレンジしましょう。

行政書士の年収が低い評判の理由①:現実的な年収が分からなくて曖昧

1つ目の行政書士の年収が低い評判の理由は、現実的な年収が分からなくて曖昧なためです。

行政書士は雇われと独立開業のいずれかで働くことが基本になりますが、年収が400〜1000万円と幅広くなります。

中でも行政書士試験で合格したばかりだと職場の求人募集によって年収が大幅に異なるため、現実的な立ち位置や収入面がイメージできないことから低いと予測している人が多いです。

行政書士試験の対策をする前に、まずは気になる職場の求人情報や目標の収入イメージを考えてみましょう。

行政書士の年収が低い評判の理由②:難関資格で合格率の割に合わないと感じる

2つ目の行政書士の年収が低い評判の理由は、難関資格で合格率の割に合わないと感じるためです。

行政書士試験の合格率は例年10〜15%程度になるため、国家資格の中でも難関資格の部類に含まれます。

さらに行政書士の勉強時間も初学者が独学で対策をするなら800時間程度必要とされており、1年以上の準備が必要になることも多いです。

行政書士試験の勉強時間や対策期間を考慮すると、年収が見合わないと感じる人もいるため、年収が低いと評判になるのでしょう。

行政書士の年収が低い評判の理由③:公務員が行政書士試験の免除には17年以上の勤務が必要

3つ目の行政書士の年収が低い評判の理由は、公務員が行政書士試験の免除には17年以上の勤務が必要なためです。

公務員は行政書士試験の転職を考えても、17年以上(中卒は20年以上)勤務して特認制度を利用する場合は、20歳から公務員勤務をしても37歳以上にならないと適用されません。

(資格)

第二条 次の各号のいずれかに該当する者は、行政書士となる資格を有する。

 行政書士試験に合格した者

 弁護士となる資格を有する者

 弁理士となる資格を有する者

 公認会計士となる資格を有する者

 税理士となる資格を有する者

 国又は地方公共団体の公務員として行政事務を担当した期間及び行政執行法人(独立行政法人通則法(平成十一年法律第百三号)第二条第四項に規定する行政執行法人をいう。以下同じ。)又は特定地方独立行政法人(地方独立行政法人法(平成十五年法律第百十八号)第二条第二項に規定する特定地方独立行政法人をいう。以下同じ。)の役員又は職員として行政事務に相当する事務を担当した期間が通算して二十年以上(学校教育法(昭和二十二年法律第二十六号)による高等学校を卒業した者その他同法第九十条に規定する者にあつては十七年以上)になる者

行政書士法

公務員試験で合格して行政関連の仕事をしていく中で行政書士として活躍したくても、キャリアを積むまでに長期間の時間が必要になることから割に合わないと感じるのでしょう。

17年以上(中卒は20年以上)の仕事経験を積まない場合は、通常の行政書士試験で合格する必要があるため、仕事との両立も視野に入れる必要があります。

行政書士の年収が低い評判の理由④:年収アップには独立開業やダブルライセンスが効率良い

4つ目の行政書士の年収が低い評判の理由は、年収アップには独立開業やダブルライセンスが効率良いためです。

行政書士は難関資格になりますが、309,100人程度が就業(参照:令和2年国勢調査)しているとされています。

つまり、他の行政書士との差別化やあなたならではの強みがないと仕事依頼のチャンスが少なくなり、税理士などのダブルライセンス(士業)や独立開業も視野に入れる必要があります。

年収アップを目指すには、行政書士以外の難関資格を合格してダブルライセンスの取得または独立開業型がおすすめになるため、年収が低い印象があるのでしょう。

行政書士の年収が低い評判の理由⑤:女性が活躍できる仕事でも体力勝負になりやすい

5つ目の行政書士の年収が低い評判の理由は、女性が活躍できる仕事でも体力勝負になりやすいためです。

行政書士の仕事内容は書類作成や事務処理だけでなく、書類提出や営業活動など体力が必要とされるため、技術面以外のスキルアップも目指さなければなりません。

実際、女性行政書士の登録は年々増加しておりますが、体力勝負の仕事内容を考慮すると現実的には厳しく割に合わないと感じる人もいるのでしょう。

女性の受験者数女性の合格者数女性の合格率
令和5年15,351人1,935 人29.4%
令和4年15,223人1,506 人26.0%
令和3年14,737人1,453人27.1%
令和2年12,115人1,182人26.4%
令和元年11,349人1,066人23.3%
行政書士試験研究センター

行政書士は女性が活躍できる士業としてもおすすめです。体力勝負になる仕事内容も多いですが、納得できる働き方ができれば年収が低いとは感じませんよ!

働きながらでも対策できる!

行政書士の年収は低い考え方は間違い!資格を目指す前に知っておきたい3つの対策

行政書士の年収は低い評判の対策は3つです。

  • 平均年収は目安として考える
  • ダブルライセンスや他の行政書士との差別化を意識する
  • 独立開業を意識して効率よく試験対策をする

はじめて行政書士試験の対策をする場合は、3つの対策を考えた上でチャレンジしましょう。

行政書士の年収が低い評判の対策①:平均年収は目安として考える

行政書士の年収は400〜1000万円と幅広く、平均年収の579.8万円程度(令和4年賃金構造基本統計調査)は雇われと独立開業型で大幅に異なるため、1つの参考値として考えると良いです。

せっかく行政書士試験で合格しても思うような年収にならないと焦る人も多いですが、1つの目安になり、将来的にダブルライセンスや独立開業をして年収アップを目指す方法がおすすめになります。

行政書士試験で合格した後は企業勤務型で働くことが多いですが、現実的な年収イメージは各企業の求人情報を確認した方がよく、ギャップがないようにすると良いでしょう。

行政書士の求人は数万件以上出ていることが多いです。(参照:マイナビ転職)行政書士の試験対策をする前に、年収や仕事内容を確認しましょう!

行政書士の年収が低い評判の対策②:ダブルライセンスや他の行政書士との差別化を意識する

行政書士は士業とのダブルライセンスを取得した方が仕事の幅が広がり、年収アップを目指しやすいです。

例年4,000人以上が行政書士試験で合格しているため、他の行政書士との差別化やあなたならではの強みがないと年収アップを目指しにくいデメリットがあります。

行政書士との相性が良い士業は、税理士社会保険労務士司法書士などが該当しますが、行政書士で学ぶ民法などの知識を試験対策に活かしやすいです。

行政書士は全員がダブルライセンスを取得しているわけではないですが、将来的な年収アップを目指したい人は士業の勉強もチャレンジしてみると良いでしょう。

行政書士は試験で合格した後の活動が重要です。実績を積み、あなたにしかできない行政書士の仕事をするようにしましょう!

行政書士の年収が低い評判の対策③:独立開業を意識して効率よく試験対策をする

企業勤務型の雇われと事務所をもつ独立開業型で働くことが主流の行政書士ですが、独立開業型の方が年収が青天井で大幅アップも目指しやすいです。

独立開業するためには、行政書士試験で合格するだけでなく、あなたの強みや実績を積んで顧客からの信頼を得る必要があります。

独立開業をするイメージ
  • 行政書士試験で合格する
  • 企業勤務型で行政書士として活躍する(雇われ)
  • 顧客からの信頼と実績を積み上げる
  • 独立開業をして個人事務所を立ち上げる

つまり、行政書士試験で合格するだけで満足するのではなく、将来的な独立開業に向けた準備をしながら働くことが重要です。

試験対策が不安な場合は、マイ資格ナビ編集部が紹介している行政書士おすすめ通信講座ランキングを参考にして、相性の良い教材で効率よく合格を目指した方がスムーズに仕事で活躍するイメージもしやすくなります。

行政書士試験の対策だけで手一杯になるのではなく、仕事で活躍するイメージも想定しながらチャレンジした方が納得できる働き方ができるでしょう。

せっかく行政書士試験で合格しても仕事で通用しなければ意味がないです。座学だけでなく、仕事現場で通用する技術の習得を目指しましょう!

働きながらでも対策できる!

行政書士の年収を意識して効率よく試験対策をしよう!

行政書士の年収は400〜1000万円と幅が広い点が特徴ですが、企業勤務型(雇われ)と独立開業型では大幅に収入が異なることに注意しなくてはなりません。

中でも行政書士の年収が低いと評判になる理由は5つ想定できます。

年収が低い評判の理由
  • 現実的な年収が分からなくて曖昧
  • 難関資格で合格率の割に合わないと感じる
  • 公務員が行政書士試験の免除には17年以上の勤務が必要
  • 年収アップには独立開業やダブルライセンスが効率良い
  • 女性が活躍できる仕事でも体力勝負になりやすい

いずれも行政書士の現実的な仕事内容や収入イメージができないことが原因でギャップに感じる人が出ていると予測でき、働き方や他の人との差別化を意識すれば年収アップも見込めます。

まずは、マイ資格ナビ編集部が紹介している行政書士おすすめ通信講座ランキングを参考にして効率よく試験対策をして、スムーズに合格できるようにしましょう。

独学で行政書士試験の対策をすると800時間程度必要とされています。通信講座や予備校を活用して、効率よく合格を目指しましょう!

働きながらでも対策できる!

※本記事内の料金はすべて税込表記です。
※本記事内では、消費者庁の「アフィリエイト広告等に関する検討会 報告書」及び景品表示法比較広告に関する景品表示法上の考え方」に則り、比較・広告紹介をしています。
※紹介している商品の購入や通信講座の申し込みをすると、売上の一部が運営会社に還元されることがあります。
※各情報などは公式サイト及び上記のサイトを参照しています。

※情報は作成・更新時の内容になるため、プラン改定などによって販売が中止・変更になっている場合があります。最新の情報は、各公式サイトよりご確認ください。
※マイ資格ナビで掲載している文章や画像などにつきましては、いかなる場合でも無断転載(キャプチャ画像をSNSなどに掲載含む)することを禁止します。無断転載をした場合は、予告なく法的措置等の適切な対応をいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次