土地家屋調査士が向いている人・向いていない人を詳しく紹介【2024年版】

土地家屋調査士が向いている人・向いていない人を詳しく紹介

土地家屋調査士は不動産登記をする上で必要な役割になりますが、当然向き不向きがあるため、試験対策をする前にあなたの適性を確認した方がギャップを防止できます。

そこで本記事では、土地家屋調査士が向いている人5選と向いていない人3選を詳しく紹介しています。

試験対策をしたいけど、あなたが向いているか土地家屋調査士やめとけの声を受け入れるか判断できない状況であれば参考にしてみてください!

初学者でも1回で合格を目指せる!

目次

資格のキャリカレ
【スプリングキャンペーン】
ハガキ申込より最大50%OFF
※2/29(木)まで

2/29(木)まで
キャリカレおすすめキャンペーン

土地家屋調査士が向いている人5選

土地家屋調査士が向いている人の中でも、マイ資格ナビ編集部がおすすめする5つの特徴を紹介します。

土地家屋調査士
向いている人
  • 状況に応じた仕事への対応力に自信がある
  • 屋外での仕事に抵抗を感じない
  • 職人気質で責任感・コミュニケーション力がある
  • 土地家屋調査士として独立開業も考えている
  • 難易度の高い試験対策でもモチベーションを保てる

あなたが土地家屋調査士に向いているか判断が難しい場合は、5つの特徴を参考にしてみてください!

土地家屋調査士が向いている人①:状況に応じた仕事への対応力に自信がある

1つ目の土地家屋調査士が向いている人は、状況に応じた仕事への対応力に自信がある人です。

土地家屋調査士の仕事は不動産の表示に関する登記代行(参照:不動産登記申請手続き:法務局)などが中心になりますが、顧客ごとに求めるニーズや土地・不動産は異なるため、柔軟性の高い提案力やサポート力が問われます。

土地家屋調査士顧客ごとに応じた不動産登記などの対応
事務職事務処理や決められた作業をミスなく対応

座学だけができても顧客との関係性を築けなければ仕事は成り立たないため、変化に強い人は土地家屋調査士に向いています。

さらに土地の調査や計算周りも任されることが多く、適応力が問わせる仕事です。

一方で、事務作業が中心の仕事を求めている場合は、状況の変化から土地家屋調査士は向いていない可能性があるでしょう。

土地家屋調査士は事務的な仕事だけではなく、顧客に合わせた提案や調査した土地にの登記代行・土地の理解まで対応します。仕事の幅広さから対応力が求められますよ!

土地家屋調査士が向いている人②:屋外での仕事に抵抗を感じない

2つ目の土地家屋調査士が向いている人は、屋外での仕事に抵抗を感じない人です。

天候や状況に関わらず、土地家屋調査士は顧客のスケジュールに合わせた仕事が基本になり、不動産登記の現場に足を運ぶ場合は屋外の仕事も多くなります。

  • 土地の調査をするために現場に足を運ぶ
  • 土地の実態を知るために新しいエリアを訪問する
  • 天候関係なく、土地調査の訪問をする
  • 顧客ニーズに合わせるため天候や気温は選びにくい

営業職は企業や不動産物件へ訪問が多いですが、屋外での仕事は土地家屋調査士ならではの仕事内容になるでしょう。

室内での仕事が苦手な場合や外に出てリフレッシュしながら働きたい場合は、土地家屋調査士の仕事が向いているでしょう。

屋外の仕事は体力勝負になります。夏場や寒い冬でも関係なく仕事はあるため、体力に自信がない場合は向いていない可能性もあるので注意しましょう!

土地家屋調査士が向いている人③:職人気質で責任感・コミュニケーション力がある

3つ目の土地家屋調査士が向いている人は、職人気質で責任感・コミュニケーション力がある人です。

人との関わりが多い土地家屋調査士は、円滑なコミュニケーションや顧客との関係構築ができないと仕事を任される機会は少なくなります。

さらに、地積測量図建物図面などの図面も作成する必要があるため、数字まわりが強く職人気質の人は土地家屋調査士が向いています。

土地の調査をするだけでなく、顧客への提案や図面作成・計算周りに自信がある人は土地家屋調査士のチャレンジを考えてみましょう。

こだわりを持つのではなく、正確なデータや調査結果に基づいた計算・図面作成ができる人が向いています。細かい作業や提案力に自信があれば、土地家屋調査士を考えてみましょう!

土地家屋調査士が向いている人④:土地家屋調査士として独立開業も考えている

4つ目の土地家屋調査士が向いている人は、土地家屋調査士として独立開業も考えている人です。

独立開業も選択肢として考えられる土地家屋調査士は、年収の幅が広いこともおすすめなポイントになります。

全国で24,000人以上(参照:令和2年国勢調査の結果)が土地家屋調査士として働いていますが、企業勤務型と独立開業型の両方が含まれており、好みの働き方や目標とする年収で選択すると良いです。

将来的に事務所を持ち、独立開業を視野に入れたい場合は土地家屋調査士が向いているでしょう。

Check土地家屋調査士の年収は400万円〜1000万円と幅広い

土地家屋調査士が向いている人⑤:難易度の高い試験対策でもモチベーションを保てる

5つ目の土地家屋調査士が向いている人は、難易度の高い試験対策でもモチベーションを保てる人です。

土地家屋調査士の勉強時間1000時間程度必要とされていますが、効率よく土地家屋調査士の試験対策をする環境を見つけることができれば初学者でも1回合格を目指せます。

マイ資格ナビ編集部が紹介している土地家屋調査士通信講座おすすめランキングの中でもアガルート土地家屋調査士講座は全国平均の合格率よりも高い実績があり、初学者でも効率よく試験対策ができるメリットが魅力です。

通信講座を活用すれば独学の1000時間よりも短い時間でスムーズに合格を目指せますが、長期間継続することに抵抗があれば土地家屋調査士試験の勉強が難しくなります。

一方で、不動産登記法・民法などの専門科目の自信がある場合や長期間の勉強に抵抗を感じない人は、土地家屋調査士は向いているでしょう。

土地家屋調査士は独占業務ができる国家資格の取得をしないと仕事として働くことができません。国家資格の勉強に自信がなければ、通信講座の対策を検討してみましょう!

初学者でも1回で合格を目指せる!

土地家屋調査士が向いていない人3選

土地家屋調査士の仕事は、全員が向いているわけではありません

せっかく1000時間の土地家屋調査士試験の勉強時間を費やしても仕事を継続できなければ土地家屋調査士はやめとけと言われてしまうため、あなたの向き不向きを判断する必要があります。

次に土地家屋調査士が向いていない人3選を紹介するため、少しでも不安がある場合は参考にしてみてください。

土地家屋調査士
向いていない人
  • 決まった勤務形態で仕事ができた方が安心
  • 体力に自信がなくて室内で仕事をしたい人
  • 難易度の低い試験の方が安心できる

仕事の向き不向きには個人差があります。あなたが働くイメージを想定して、納得できる仕事を選びましょう!

土地家屋調査士が向いていない人①:決まった勤務形態で仕事ができた方が安心

1つ目の土地家屋調査士が向いていない人は、決まった勤務形態で仕事ができた方が安心できる人です。

土地家屋調査士は、個人や法人と顧客ごとに対応力が問われる仕事になるため、土地や不動産・顧客が求めていることに対して柔軟な対応力が求められます。

そのため、ルーティーン業務を求めていたり、変化が苦手な場合は土地家屋調査士の仕事内容はストレスに感じる可能性があります。

土地家屋調査士の仕事例
登記申請手続不動産登記の代理対応
筆界特定・ADR筆界特定の申請の代理やADR(裁判外紛争解決手続)制度の対応
嘱託に係る表示登記公共事業や官公署等の嘱託に係る表示に関する登記の対応
地籍整備事業土地の境界や面積・所有者など土地の基礎的情報(地籍)を明確にすること

さらに、独立開業も視野に入れた上で仕事をした方が年収アップを目指せる仕事になるため、決まった勤務形態を望んでいる場合はイメージとの乖離が出てしまうでしょう。

個人・法人問わずに顧客ごとのサポートや代理対応が必要な仕事です。柔軟性のある仕事が問われますよ!

土地家屋調査士が向いていない人②:体力に自信がなくて室内で仕事をしたい人

2つ目の土地家屋調査士が向いていない人は、体力に自信がなくて室内で仕事をしたい人です。

屋外での仕事に抵抗を感じない人は土地家屋調査士が向いていますが、体力に自信がなければ仕事を継続することが難しく、限られた業務のみを請け負うことになります。

職人気質の高い専門家として注目されている土地家屋調査士ですが、屋外での仕事の負担や体力的な自信がなければ、余計なストレスを抱える可能性が高いです。

不動産業界では土地家屋調査士の他にも、宅地建物取引士測量士マンション管理士などの働き方もあるため、比較した上で判断した方が良いでしょう。

土地家屋調査士が向いていない人③:難易度の低い試験の方が安心できる

3つ目の土地家屋調査士が向いていない人は、難易度の低い試験の方が安心できる人です。

土地家屋調査士試験の勉強時間は、1000時間程度が必要とされており、合格率も10%前後になります。

国家資格の中でも土地家屋調査士は難易度が高い部類に含まれるため、勉強が苦手な場合は仕事で働く以前に、試験対策で挫折するリスクがあります。

独占業務ができる不動産関連の仕事には宅地建物取引士(合格率15〜20%)があるため、勉強が苦手な場合は仕事内容を比較した上で判断した方が良い(※)です。

独学だと1000時間程度必要とされる国家資格は限定的です。土地家屋調査士は難易度の高い部類に含まれるため、試験対策を継続する自信がなければ注意しましょう!

初学者でも1回で合格を目指せる!

宅地建物取引士も国家資格の中でも難易度は高いですが、土地家屋調査士よりも合格率が高いためここでは挙げています。

土地家屋調査士の仕事内容を確認しよう

土地家屋調査士の仕事は多岐に渡りますが、不動産登記に関連する役割が中心になり、独占業務の仕事ができることが特徴です。

例えば、不動産を購入する前の調査や測定も土地家屋調査士の役割で、登記などの代理対応も請け負います。

土地家屋調査士の仕事例
登記申請手続不動産登記の代理対応
筆界特定・ADR筆界特定の申請の代理やADR(裁判外紛争解決手続)制度の対応
嘱託に係る表示登記公共事業や官公署等の嘱託に係る表示に関する登記の対応
地籍整備事業土地の境界や面積・所有者など土地の基礎的情報(地籍)を明確にすること

働き方は、企業に勤める企業勤務型と独立して事務所をもつ独立開業型で分かれますが、400万〜1000万円が土地家屋調査士の年収の目安とされています。

屋外での仕事も多いことから土地家屋調査士やめとけと評判になることもありますが、国家資格を保有しないとできない独占業務ができるため、やり甲斐を感じる口コミも出ています。

マイ資格ナビ編集部では土地家屋調査士が向いている人・向いていない人を紹介しましたが、長期的に働ける仕事内容やイメージとの乖離がないか考えてみると良いでしょう。

初学者は独学よりも通信講座や予備校を活用した方がスムーズに合格を目指せます。試験対策で挫折しないように注意しましょう!

初学者でも1回で合格を目指せる!

土地家屋調査士が向いている人に当てはまれば試験対策のチャレンジをしよう

マイ資格ナビ編集部では、土地家屋調査士が向いている人5選を紹介しましたが、あなたが当てはまるか改めて確認してみましょう。

土地家屋調査士
向いている人
  • 状況に応じた仕事への対応力に自信がある
  • 屋外での仕事に抵抗を感じない
  • 職人気質で責任感・コミュニケーション力がある
  • 土地家屋調査士として独立開業も考えている
  • 難易度の高い試験対策でもモチベーションを保てる

土地家屋調査士は1000時間程度の勉強が必要とされていますが、独占業務ができることから不動産業界の中でも評判が高い国家資格の1つです。

試験対策は独学と通信講座・予備校の2種類から選べますが、初学者や仕事・子育てとの両立をするならアガルート土地家屋調査士講座(通信講座)がおすすめになります。

  • 初学者でも最短スケジュールで合格を目指せる通信講座
  • 合格率は全国平均よりも高い実績が豊富で信頼できる教材
  • 合格実績が充実して、受講料が安いランキングで1位のプランがある

アガルート土地家屋調査士講座は、無料の資料請求で実際の勉強イメージや合格者の声を確認できます。土地家屋調査士おすすめ通信講座ランキングと比較して判断しましょう!

初学者でも1回で合格を目指せる!

※本記事内の料金はすべて税込表記です。
※本記事内では、消費者庁の「アフィリエイト広告等に関する検討会 報告書」及び景品表示法比較広告に関する景品表示法上の考え方」に則り、比較・広告紹介をしています。
※紹介している商品の購入や通信講座の申し込みをすると、売上の一部が運営会社に還元されることがあります。
※各情報などは公式サイト及び上記のサイトを参照しています。

※情報は作成・更新時の内容になるため、プラン改定などによって販売が中止・変更になっている場合があります。最新の情報は、各公式サイトよりご確認ください。
※マイ資格ナビで掲載している文章や画像などにつきましては、いかなる場合でも無断転載(キャプチャ画像をSNSなどに掲載含む)することを禁止します。無断転載をした場合は、予告なく法的措置等の適切な対応をいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次