土地家屋調査士の超リアルな現状は?将来性や需要まで詳しく紹介!

土地家屋調査士の超リアルな現状は?将来性や需要まで詳しく紹介!

土地家屋調査士は1000時間程度の勉強が必要とされていますが、年収は400万円〜1000万円が目安になるため、働き方によっては高収入を目指すこともできます。

一方で、土地家屋調査士の超リアルな現状を知らないと本当に目指して良いのか分からないですよね。

そこで本記事では、土地家屋調査士の超リアルな現状や将来性・需要までを詳しく紹介しています。

土地家屋調査士の超リアルな現状を知った方が集中した環境で試験対策もしやすいです。国家資格の中でも難易度が高い試験になるため、将来性を意識しながら勉強した方がモチベーション高く合格を目指せますよ!

目次

資格のキャリカレ
【スプリングキャンペーン】
ハガキ申込より最大50%OFF
※2/29(木)まで

2/29(木)まで
キャリカレおすすめキャンペーン

土地家屋調査士の超リアルな現状は?将来性・需要まで詳しく紹介!

土地家屋調査士は、全国で24,000人以上が就業(参照:令和2年国勢調査)しているとされますが、企業勤務型・独立開業型と2種類の働き方から選択できます。

一部の口コミでは、土地家屋調査士やめとけ・オワコンなどのネガティブな声も出ていますが、年収1000万円も目指せる職業で独占業務ができる点が注目ポイントです。

土地家屋調査士のポイント
  • 土地家屋調査士は全国で24,000人以上が就業している職業
  • 年収は400〜1000万円が目安で企業勤務型と独立開業型で働き方が異なる
  • 屋外での仕事が中心でも責任感のあるやりがいある仕事ができる
  • 土地家屋調査士試験の勉強時間は1000時間程度必要で合格率は10%前後

不動産業界の職業は土地家屋調査士の他にも、宅地建物取引士マンション管理士・建築士などの働き方もありますが、いずれも国家資格の取得が必須条件になります。

主な仕事内容は、不動産表示に関する登記の代理対応で、屋外での仕事も多い職種です。

  • 不動産の表示に関する登記につき必要な土地又は家屋に関する調査及び測量をすること
  • 不動産の表示に関する登記の申請手続について代理すること
  • 不動産の表示に関する登記に関する審査請求の手続について代理すること
  • 筆界特定の手続について代理すること
  • 土地の筆界が明らかでないことを原因とする民事に関する紛争に係る民間紛争解決手続について代理すること

※参照:土地家屋調査士はやめとけ?仕事がない・きつい評判の理由や対策まで詳しく紹介!

個人・法人問わず顧客に合わせた仕事が中心で天候関係なく屋外でのハードワークからオワコンなどの口コミもありますが、独占業務である以上、仕事がなくなることは想定しにくいメリットが特徴になります。

つまり、AIでの代行業務ができない内容になるため、将来的にも失業のリスクを減らせる仕事が土地家屋調査士です。

さらに、土地家屋調査士で働く年齢は40代後半〜50代が中心(参照:令和4年賃金構造基本統計調査)になっており、世代交代や仕事を任されるキッカケも多い仕事になります。

土地家屋調査士は資格取得が必須条件ですが、現場での実績を積むことが信頼につながるため、将来性を見越して若い年齢からチャレンジするメリットは多くあるでしょう。

不動産の表示に関する登記の申請手続代行などは土地家屋調査士しかできませんが、資格を取得した後の実践イメージを考えながら勉強すると良いです。将来的にも需要が高い仕事になると覚えておきましょう!

初学者でも土地家屋調査士対策ができる

土地家屋調査士の超リアルな現状が分かる4つのポイント

土地家屋調査士の超リアルな現状が分かるポイントを4つに分けて紹介します。

  • 独占業務ができて専門性の高い仕事ができる
  • 企業勤務型・独立開業型の2種類から働ける
  • 平均年収が高くて収入アップを目指せる仕事
  • ハードワークや屋外での仕事に抵抗があればおすすめできない

試験対策をする前に、土地家屋調査士の超リアルな現状を知った上でチャレンジしたい場合は4つのポイントを参考にしてみましょう。

独占業務ができて専門性の高い仕事ができる

1つ目の土地家屋調査士の超リアルな現状の知っておきたいポイントは、独占業務ができて専門性の高い仕事ができることです。

土地家屋調査士は国家資格の中でも独占業務ができる資格になるため、仕事がなくなることは想定しにくいメリットが特徴になります。

独占業務ができる不動産業界資格の例

表示に関する登記(不動産登記代行)は土地家屋調査士のみができる仕事で、不動産投資や販売の場で活躍できる資格になっており、ビジネスが成り立つ以上需要がなくなることは想定しにくいです。

さらに、土地家屋調査士は40代後半〜50代が中心(参照:令和4年賃金構造基本統計調査)とされているため、世代交代や求人応募も増える可能性が高くなっています。

国家資格の中でも独占業務ができる仕事は希少価値なので、土地家屋調査士は求人募集の数が限定的でも将来的な需要が高い資格になると覚えておきましょう。

独占業務ができる資格や仕事は、職人気質が高い人が向いています。あなたの代わりがいない仕事になるため、責任感が問われますよ!

企業勤務型・独立開業型の2種類から働ける

2つ目の土地家屋調査士の超リアルな現状の知っておきたいポイントは、企業勤務型・独立開業型の2種類から働けることです。

土地家屋調査士は、企業勤務型と独立開業型の2種類から選んで働くことはできるため、あなたの求める環境を選びやすいメリットが魅力になります。

企業勤務型企業に勤めながら土地家屋調査士の役割を果たすが給料は低い可能性がある
独立開業型独立開業ができて給料が高くなる可能性はあるが安定するまで時間がかかる

例えば、安定した給料がもらえた方が仕事に集中できる場合は企業勤務型・自由な働き方を望んでいて営業にも自信があれば独立開業型がおすすめです。

独占業務ができる土地家屋調査士は、将来的な需要が高いことが分かりますが、働き方の選択肢がある点も評判になる秘訣の1つでしょう。

企業勤務型の超リアルな現状

土地家屋調査士の企業勤務型で働く場合のメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット
デメリット
  • 給料が安定していて仕事がなくなる可能性が低い
  • 仕事が決められていて営業をする機会が少ない
  • 独占業務ができて他の人の代わりがいない
  • 独立開業型と比較すると給料が安い求人が多い
  • 就業規則に適した働き方が決められている

独立開業型と比較して給料が低い傾向になるデメリットはありますが、仕事が安定している点が企業勤務型の魅力になるため、営業力や個人活動のモチベーション維持に不安を感じる人におすすめです。

顧客に合わせた仕事が中心で、決まった勤務形態で仕事ができた方が安心する人は土地家屋調査士は向いていないですが、安定した仕事がある方が安心できる場合は企業勤務型の働き方を選ぶと良いでしょう。

参照:土地家屋調査士が向いている人・向いていない人を詳しく紹介

独立開業型の超リアルな現状

土地家屋調査士の独立開業型で働く場合のメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット
デメリット
  • 企業勤務型と比較して給料の天井がなくなる
  • 自由に仕事ができてストレスが少ない働き方がしやすい
  • 独占業務ができることを活かした営業ができる
  • 仕事が安定しているわけではない
  • 個人事務所の場合はモチベーション維持が難しい

企業勤務型よりも給料が高くなることも多く、自由に働けるメリットはありますが、あなた自身で営業活動や事務所運営をする必要があります。

土地家屋調査士は、表示に関する登記(不動産登記代行)などの独占業務ができることが強みで営業先の選定がしやすいため、人との関わり方や自己アピールをすることが好きな人にも向いている働き方です。

将来的に給料アップを目指したい場合や自由な働き方を求めている現状であれば、独立開業型も視野に入れた土地家屋調査士を考えてみましょう。

平均年収が高くて収入アップを目指せる仕事

3つ目の土地家屋調査士の超リアルな現状の知っておきたいポイントは、平均年収が高くて収入アップを目指せる仕事であることです。

土地家屋調査士の年収は400〜1000万円と幅広く、独立開業型で個人事務所を持ち、継続的な顧客がいる状況であれば想定以上の収入を得ることもできます。

仕事の働き方や目標によって異なりますが、高い年収を目指したい場合は土地家屋調査士なら納得のいく収入に到達できる可能性は高いです。

一方で、土地家屋調査士の勉強時間は1000時間程度必要とされており、国家資格の中でも難関な部類に含まれます。

マイ資格ナビ編集部が紹介している土地家屋調査士おすすめ通信講座ランキングを参考にして、相性の良い教材で合格を目指しましょう。

初学者が独学で勉強をする場合は1000時間程度必要とされていますが、通信講座や予備校を活用すれば短期間で合格を目指せます。独学では合格は難しいとされているため、相性の良い勉強環境や教材を確認してスムーズに合格を目指しましょう!

ハードワークや屋外での仕事に抵抗があればおすすめできない

4つ目の土地家屋調査士の超リアルな現状の知っておきたいポイントは、ハードワークや屋外での仕事に抵抗があればおすすめできないことです。

土地家屋調査士の仕事内容は、現場に足を運んで調査することが中心になるため、天候に関係なく屋外で働くことも想定しなくてはなりません。

さらに個人・法人関係なく、顧客のニーズに合わせた土地に訪問する必要があるため、長時間の移動も考えられます。

土地家屋調査士は、難易度の高い試験を合格して独占業務ができる希少な存在ですが、ハードワークが多いことも理解した上でチャレンジすると良いでしょう。

ハードワークに抵抗があれば土地家屋調査士やめとけと言われますが、独占業務ができるやりがいのある仕事です。屋外での仕事に抵抗がなければおすすめですよ!

初学者でも土地家屋調査士対策ができる

土地家屋調査士の超リアルな現状が分かる年収イメージ

土地家屋調査士は、企業勤務型と独立開業型で働き方や年収が異なりますが、400〜1000万円が目安になります。

400〜1000万円の年収は、全国の平均年収が458万円程度(令和4年分民間給与実態統計調査)になるため、平均よりも高い収入を目指せます。

とはいえ、企業勤務型を選ぶ場合は年収の天井が決まっているケースが多く、さらに求人募集も限られていることが多いです。

年収の超リアルな現状から土地家屋調査士を目指す場合は、働き方によって収入が大幅に異なることを覚えておきましょう。

土地家屋調査士試験で合格をすることが目的ではなく、土地家屋調査士として働くイメージができていなければ仕事が続かない可能性が高いです。働き方と収入面を意識した勉強をしましょう!

初学者でも土地家屋調査士対策ができる

土地家屋調査士の超リアルな現状から向いている人・向いていない人

土地家屋調査士の超リアルな現状から向いている人・向いていない人を紹介します。

知識があるから土地家屋調査士試験にチャレンジするのではなく、向き不向きを意識した上で合格を目指した方が事前にギャップを防止できます。

土地家屋調査士
向いている人
  • 状況に応じた仕事への対応力に自信がある
  • 屋外での仕事に抵抗を感じない
  • 職人気質で責任感・コミュニケーション力がある
  • 土地家屋調査士として独立開業も考えている
  • 難易度の高い試験対策でもモチベーションを保てる
土地家屋調査士
向いている人
  • 決まった勤務形態で仕事ができた方が安心
  • 体力に自信がなくて室内で仕事をしたい人
  • 難易度の低い試験の方が安心できる

不動産業界の中でも職人気質な人がおすすめな土地家屋調査士は、屋外での仕事も多いため、体力に自信がある人向けの仕事になります。

土地家屋調査士の勉強時間は初学者だと1000時間程度必要とされている難易度の高い試験になりますが、モチベーション高く対策ができる人におすすめな試験です。

一方で、体力に自信がない場合や難易度の高い試験対策を継続する自信がなければ、合否関わらず挫折する可能性があるので注意しましょう。

土地家屋調査士が向いている人は、仕事内容や現場でのイメージができている人です。せっかく試験で合格しても仕事が続かなければ意味がないので、働き方を想定した上でチャレンジしましょう!

初学者でも土地家屋調査士対策ができる

土地家屋調査士の超リアルな現状を確認したら相性の良い教材を見つけよう!

土地家屋調査士の超リアルな現状として、4つのポイントを理解すると働くイメージとのギャップを防ぎやすいです。

土地家屋調査士
超リアルな現状4選
  • 独占業務ができて専門性の高い仕事ができる
  • 企業勤務型・独立開業型の2種類から働ける
  • 平均年収が高くて収入アップを目指せる仕事
  • ハードワークや屋外での仕事に抵抗があればおすすめできない

働き方は、企業勤務型と独立開業型が主流ですが、仕事のスタイルによって年収が大幅に異なることを理解した上でチャレンジした方がギャップを防げます。

勉強方法は独学と通信講座・予備校の2種類があり、初学者が土地家屋調査士の勉強をする場合は、独学だと1000時間程度必要とされていますが、マイ資格ナビ編集部がおすすめしている通信講座や予備校を活用すれば短期間でスムーズに合格を目指せます。

土地家屋調査士の超リアルな現状からあなたのイメージ通りであれば、土地家屋調査士おすすめ通信講座ランキングを参考にして、相性の良い教材を探してみましょう。

通信講座や予備校は独学よりも受講料は高くなりますが、重要ポイント中心の勉強でスムーズに合格を目指せます。まずは、土地家屋調査士おすすめ通信講座ランキングから効率よく理解ができる勉強環境を見つけましょう!

初学者でも土地家屋調査士対策ができる

※本記事内の料金はすべて税込表記です。
※本記事内では、消費者庁の「アフィリエイト広告等に関する検討会 報告書」及び景品表示法比較広告に関する景品表示法上の考え方」に則り、比較・広告紹介をしています。
※紹介している商品の購入や通信講座の申し込みをすると、売上の一部が運営会社に還元されることがあります。
※各情報などは公式サイト及び上記のサイトを参照しています。

※情報は作成・更新時の内容になるため、プラン改定などによって販売が中止・変更になっている場合があります。最新の情報は、各公式サイトよりご確認ください。
※マイ資格ナビで掲載している文章や画像などにつきましては、いかなる場合でも無断転載(キャプチャ画像をSNSなどに掲載含む)することを禁止します。無断転載をした場合は、予告なく法的措置等の適切な対応をいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次