登録販売者資格は意味ないの?メリットや勉強する目的まで詳しく調査!

登録販売者資格は意味ないの?メリットや勉強する目的まで詳しく調査!

×
初学者向けサポート充実のおすすめ通信講座!

「登録販売者資格は意味ない」「登録販売者は資格を取得しても意味ない」

登録販売者資格は、一般用医薬品(かぜ薬や鎮痛剤など)をドラックストラやコンビニエンスストア・スーパーなどで第二類・第三類医薬品を含む販売ができる公的資格です。

しかしインターネット検索で登録販売者資格を調べると、登録販売者資格は意味ない・役に立たない評判が出てきて、本当に目指した方が良いのか不安になりますよね。

この記事で分かること
  • 登録販売者資格は意味ない・役に立たない評判が出る理由
  • 今すぐできる登録販売者資格は意味ない・役に立たない評判の対策
  • マイ資格ナビ編集部が紹介する登録販売者おすすめ通信講座

そこで本記事では、登録販売者資格は意味ない・役に立たないと評判の理由と今すぐできる対策を詳しく紹介しています。

はじめて登録販売者資格の試験対策をする場合は、合格した後のイメージや目的を明確にした上で勉強をした方がギャップを防げるでしょう。

目次

資格のキャリカレ
【スプリングキャンペーン】
ハガキ申込より最大50%OFF
※2/29(木)まで

2/29(木)まで
キャリカレおすすめキャンペーン

登録販売者資格は意味ない評判になる理由

登録販売者資格は意味ない評判になる理由の予測を5つ紹介します。

  • 具体的な身に付くスキルのイメージが分からない
  • 実務従事証明書の取得まで時間がかかる
  • 医薬品販売が中心の仕事内容
  • 医療事務や調剤薬局事務との違いが分からない
  • 求人がないと登録販売者資格を取得しても意味がない

合格を目指したいけど、本当に必要な資格なのか分からないと悩んでいたら、参考にしてみてください。

具体的な身に付くスキルのイメージが分からない

登録販売者資格の勉強をする上で、具体的な身に付くスキルが分からないと意味ない印象は強くなります。

主に登録販売者資格の勉強では、一般用医薬品(第2類・第3類)の販売を目的とした医薬品に関する専門知識や法律に準じた顧客(患者さん)との適切なコミュニケーションを習得します。

一方で、国家資格である薬剤師との違いを正しく理解できていない場合は、公的資格の1つである登録販売者資格を取得してもメリットを感じにくいでしょう。

登録販売者一般用医薬品(第2類・第3類)の販売のみ
薬剤師一般用医薬品(第2類・第3類)のほか、調剤も可能
登録販売者と薬剤師の違い

国家資格の場合は、独占業務ができる専門職に就ける場合が多いですが、公的資格である登録販売者は役割を正しく理解できていないと取得しても意味ないと感じます。

不安に感じたら、登録販売者資格を取得する医薬品販売などの目的やメリットを考えてみましょう。

実務従事証明書の取得まで時間がかかる

登録販売者資格は、試験で合格した後でも直近5年間に2年以上の実務経験がないと研修期間になります。

実務従事証明書を取得する前段階の研修期間中だと、2年以上実務経験のある登録販売者または薬剤師が管理している体制でなければ、一般用医薬品(第2類・第3類)の販売はできないデメリットに注意が必要です。

ア 過去5年間のうち薬局、店舗販売業又は配置販売業において一般従事者として薬剤師又は登録販売者の管理及び指導の下に実務に従事した期間及び登録販売者として業務(店舗管理者又は区域管理者としての業務を含む。)に従事した期間(以下「従事期間」という。)の合計が通算して2年以上の者

イ 過去5年間のうち従事期間の合計が通算して1年以上の者であって、施行規則第15条の11の3第1項、第147条の11の3第1及び第149条の16第1項に定める研修並びに店舗の管理及び法令遵守について厚生労働大臣が必要と認める研修を修了した者

ウ 従事期間が通算して1年以上であり、過去に店舗管理者又は区域管理者として業務に従事した経験のある者    

東京都保険医療局

研修期間中が長いと給与・キャリアアップに時間が必要な場合があり、登録販売者資格を取得してもメリットを感じるまで時間がかかる点から意味ない評判が出ると予測できます。

医薬品販売が中心の仕事内容

一般用医薬品(第2類・第3類)の販売が、主な登録販売者資格を取得して活かせるスキルになりますが、販売業務やレジ打ちが中心の働き方に好みが分かれる点から意味ない評判は出ると予測できます。

例えば、国家資格である看護師の場合は患者さんのケアや看病をする役割を果たすためにイレギュラーな対応が求められますが、登録販売者は正しい知識と一般医薬品提供が目的です。

登録販売者資格を取得した後の働き方や役割を正しく理解できていないと、やり甲斐や将来性のギャップを感じる恐れがあるため、あなたの目的を考えた上でチャレンジしましょう。

医療事務や調剤薬局事務との違いが分からない

登録販売者資格と同様に評判の高い医療関連の資格では、医療事務や調剤薬局事務がありますが、違いが分からないと研修期間がない資格を選ぶ人も一定数いるでしょう。

2009年の薬事法改正によって新設された登録販売者資格は、医療事務や調剤薬局事務と比較して知名度が高いわけではなく、300時間程度必要な勉強をする必要性を感じない人は少なくありません。

一方で、全国で320万人以上が活躍(参照:令和2年国勢調査)しており、登録販売者の将来性は高いことが予測できます。

就業人数3,291,060人
(参照:令和2年国勢調査
賃金(年収)357.7万円
(参照:令和4年賃金構造基本統計調査
職業情報提供サイト

医療事務や調剤薬局事務資格は任意で取得する民間資格ですが、登録販売者は求人によっては合格が必須条件になるので注意が必要です。

登録販売者資格は、医療事務や調剤薬局事務資格とは合格を目指す目的が異なることを覚えておきましょう。

求人がないと登録販売者資格を取得しても意味がない

全国で320万人以上が活躍(参照:令和2年国勢調査)している登録販売者ですが、合格しても働き口がないと取得しても意味がないです。

主な就職先としては、ドラッグストアやコンビニエンスストア・スーパーなどが挙げられますが、通勤しやすい職場を選びたい場合は受験する前にリサーチした方が意味のある勉強ができます。

登録販売者資格は合格するだけでは独立・開業ができないため、求人情報を確認して、働きたい環境を想定した上で受験した方が意味のあるキャリアアップができるでしょう。

登録販売者資格は意味ない評判の対策は3つ

登録販売者資格は意味ない評判の対策は3つあり、受験する前に知っておけばギャップを防止できるメリットがあります。

  • 登録販売者試験で合格した後の活用イメージを考える
  • 求人情報や募集要項をチェックする
  • アドバイザーとしての自覚をもった勉強をする

せっかく試験で合格しても意味ないと思わないために、今すぐできる3つの対策を考えてみましょう。

登録販売者試験で合格した後の活用イメージを考える

1つ目の登録販売者資格は意味ない評判の対策は、合格した後のスキルを活用イメージを考えることです。

登録販売者資格の活かし方は、ドラッグストアやコンビニエンスストア・スーパーなどで一般用医薬品(第2類・第3類)の販売が基本になりますが、あなたが将来的に継続して働けるか考えてみると意味ないギャップを防止できるでしょう。

登録販売者の仕事例
  • ドラックストア:薬や処方箋選びのサポートや商品の品出し・陳列・レジ打ち・一般用医薬品(第2類・第3類)の販売が中心
  • コンビニエンスストア:薬や処方箋選びのサポートやレジ打ち・一般用医薬品(第2類・第3類)の販売が中心
  • スーパー:薬や処方箋選びのサポートやレジ打ち・一般用医薬品(第2類・第3類)の販売が中心
  • 調剤薬局:受付や処方箋の案内・レジ打ち・一般用医薬品(第2類・第3類)の販売が中心

登録販売者資格は、合格した後に就職できる求人は多いですが、単純に勉強ができるだけでは合格した後に現場で活躍が難しいです。

特に第3章医薬品の理解は、名称を覚えるだけでなく、患者さんに提供・販売することを想定した上で勉強を継続しないと本来のスキルが身につかないので意味がありません。

試験で合格することだけでなく、あなたが登録販売者として活躍するイメージを想定しながら勉強を継続すると、意味のあるスキルが習得できるでしょう。

求人情報や募集要項をチェックする

2つ目の登録販売者資格は意味ない評判の対策は、求人情報や募集要項を受験前に確認することです。

登録販売者はシフト制の求人募集が多いため、特に子育てをしている場合は通勤時間や職場環境を考慮しないとせっかく合格しても継続して働くことは難しくなります。

さらに登録販売者試験で合格しても、2年間は研修期間になるので通常よりも給与・待遇面が劣る求人が大半を占めるため、収入面の考慮をしないと意味がありません。

登録販売者資格が意味ないのではなく、あなたの生活環境によっては継続的に働くメリットを感じないリスクがあるので、求人情報や募集要項を事前にチェックした上でチャレンジした方が良いでしょう。

アドバイザーとしての自覚をもった勉強をする

3つ目の登録販売者資格は意味ない評判の対策は、医薬品の販売だけでなく、アドバイザーとして顧客のサポートができるスキルを目指すことです。

登録販売者の働き方は、かぜ薬などを含む一般用医薬品(第2類・第3類)の販売が知られていますが、顧客・患者とのコミュニケーションや薬や処方箋選びのサポートも必要とされています。

つまり、医薬品名の暗記や販売・レジ打ち業務だけでなく、顧客・患者に対して適切なアドバイスやコミュニケーションが取れる練習をした方が即戦力として通用するスキルを習得しやすいです。

登録販売者資格は意味ないのではなく、試験で合格した後のスキルを活かす方法や職場環境を意識して、仕事現場で再現性の高い勉強をすることがメリットに感じます。

試験の合格を目指すだけでなく、職場で活躍するイメージを想定しながら対策を進めたい場合はマイ資格ナビ編集部が紹介している登録販売者おすすめ通信講座を参考にしてみましょう。

登録販売者資格を取得する3つのメリットを確認しよう

登録販売者資格は意味ないわけではないですが、合格した後のイメージやメリットを考えた上で目指した方が納得のできるスキルを習得できます。

マイ資格ナビ編集部がおすすめしている登録販売者資格のメリット3選を詳しく紹介します。

  • 公的資格で履歴書に書いてアピールができる
  • 誰でも毎年都道府県ごとに実施している試験にチャレンジできる
  • アドバイザーとして仕事以外の場面でもスキルを活かせる

登録販売者資格を目指すべきか判断ができない状況であれば、3つのメリットを参考にしてみましょう。

公的資格で履歴書に書いてアピールができる

公的資格に該当する登録販売者資格は、履歴書に書いてアピールがしやすく、他の人にはない強みとして有効活用できます。

公的資格は民間資格よりも専門性が高いスキルが多く、知名度の高さからアピールしやすいメリットが特徴です。

登録販売者資格は、登録販売者の求人にしか使えない印象は強いですが、調剤薬局事務や医療事務などの関連性が高い就職活動でもアピールができる点がメリットです。

履歴書の有資格欄には「医薬品登録販売者試験合格(実務経験ありまたはなし)」と記入すれば良いので、試験で合格した後はアピール材料として活かしやすいでしょう。

登録販売者は、試験で合格した後の実務経験で研修期間の有無が決まります。

直近5年間で2年以上の実務経験がある場合は、医薬品登録販売者試験合格(実務経験あり)と履歴書に記入した方が、採用官へのアピールはしやすいでしょう。

誰でも毎年都道府県ごとに実施している試験にチャレンジできる

登録販売者資格は、学歴などの受験資格がないため、誰でも毎年都道府県ごとの試験にチャレンジができるメリットが特徴です。

例えば、看護師国家試験を受験するためには以下のような条件が必要になります。

  • 文部科学大臣の指定した大学で看護師になるために必要な学科を履修し卒業した者
  • 文部科学大臣の指定した学校で3年間以上看護師になるために必要な学科を履修し卒業した者
  • 都道府県知事の指定した看護師養成所を卒業した者
  • 准看護師免許取得後3年以上業務に従事している者
  • 准看護師免許取得後、指定大学や指定学校または養成所で2年以上修業した者
https://www.jhsu.ac.jp/befriend/column/263/

一方で登録販売者資格は、都道府県ごとに試験日程は異なるものの誰でも合格を目指せるメリットから受験ハードルの低い点が魅力です。

職場復帰や手に職をつける目的で登録販売者資格を目指す受験生も多いため、1つの選択肢として考えやすいメリットが登録販売者資格の特徴になります。

アドバイザーとして仕事以外の場面でもスキルを活かせる

就職活動が目的で登録販売者資格を目指す受験生が大半ですが、医薬品に関する専門知識を習得できるため、アドバイススキルや暮らしの中で適切な判断ができるメリットが特徴です。

登録販売者資格の勉強では医薬品名の暗記や薬事法・安全対策などの専門的な知識のインプットが中心になりますが、仕事現場で通用するアドバイザースキルまで目指すため、コミュニケーションや判断力が身につきます。

試験で合格しても登録販売者だけの判断は危険ですが、医薬品に関するリテラシーから正しい行動・医療機関への早期相談をする判断ができる点も資格を目指すメリットの1つです。

登録販売者資格の目的は、就職活動だけでなく身近な場面でも活かせるメリットがあるため、合格を目指す意味があることを覚えておきましょう。

登録販売者資格を目指せるマイ資格ナビ編集部おすすめの通信講座

登録販売者資格は、独学だけでなく、通信講座でも合格を目指せます。

通信講座は、独学よりも受講料が高いデメリットはありますが、過去の実績から合格に必要な知識を効率よく理解できる教材がつくられていて課題添削・質問などのサポートが含まれています。

勉強方法メリットデメリット
通信講座合格までの勉強スケジュールが明確で、課題添削などのサポートや模試・試験本番を意識したテストが含まれる独学よりも受講料が高くて、途中で勉強方法の変更ができない
独学通信講座よりも受講料が安くて、好きな教材で自由に合格を目指せる質問や課題添削などのサポートが含まれず、合格までの勉強スケジュールは自分で調整が必要
通信講座と独学の違い

マイ資格ナビ編集部が紹介している登録販売者おすすめ通信講座は全部で6種類ですが、いずれも初学者向けの勉強内容になっており、3つのポイントで比較をおすすめしています。

  • 第3章で出題される専門用語をスムーズに理解できる
  • 受講料の負担が少なくて心配事が少ない
  • 疑問を解消しながら合格を目指せる

例えば、独学にはない質問や課題添削・不合格だった場合の全額返金を含むサポートが充実している通信講座が良いならキャリカレ、子育てや家事をしながらの勉強で落ち着いた時間がなければスタディング・たのまな登録販売者講座が良いでしょう。

通信講座は、途中で勉強方法の変更がしにくい点に注意が必要ですが、独学で必要とされる300時間程度の勉強を効率よく理解できるスケジュールが組まれています。

※スクロールで登録販売者通信講座の詳細を比較できます。

スクロールできます
通信講座詳細プラン受講料勉強方法合格者数サポート

キャリカレ
詳細登録販売者合格指導講座48,500円
38,500円
※インターネット受講の場合
テキスト
映像講義
不明無制限の質問
課題添削
不合格なら全額返金
合格なら2講座目無料

スタディング
詳細登録販売者合格コース24,800円Webテキスト
映像講義
不明学習Q&Aサービス(10枚)
※追加は有料
合格お祝い制度

たのまな
詳細①登録販売者合格講座
②登録販売者合格総合講座
①37,700円
②44,800円
テキスト
映像講義
eラーニング(②のみ)
不明無制限の質問
課題添削

ユーキャン
詳細登録販売者講座46,000円テキスト不明1日3問の質問
課題添削

三幸医療カレッジ
詳細①eラーニングコース
②DVDコース
①35,200円
②47,300円
テキスト
映像講義(②のみ)
eラーニング(①のみ)
不明無制限の質問
課題添削

LEC東京リーガルマインド
詳細①合格スタンダードパック
②合格講座
コースで異なるテキスト
映像講義
不明質問サポート
おすすめ登録販売者通信講座

通信講座の良し悪しは生活環境や登録販売者の試験対策状況で異なります。

独学と通信講座で勉強方法を決めていない状況であれば、マイ資格ナビ編集部が紹介している登録販売者おすすめ通信講座から比較して、スムーズに合格を目指せるプランを選びましょう。

登録販売者資格は意味ない評判に関するよくある質問

登録販売者資格は意味ない評判に関するよくある質問を紹介します。

将来性を考えて勉強すべきか判断が難しい状況であれば、疑問を解消した上で合格を目指しましょう。

登録販売者資格は意味ないのですか?

いいえ、登録販売者資格は意味ないのではなく、合格した後の活用イメージや目的を正しく理解できていないことから意味ないと評判になりやすいです。

特にマイ資格ナビ編集では、5つの理由を挙げています。

  • 具体的な身に付くスキルのイメージが分からない
  • 実務従事証明書の取得まで時間がかかる
  • 医薬品販売が中心の仕事内容
  • 医療事務や調剤薬局事務との違いが分からない
  • 求人がないと登録販売者資格を取得しても意味がない

登録販売者資格だけでなく、合格した後の活用方法を理解しないと納得できるスキルの習得や活用場面を想定できないデメリットがあります。

受験する目的や将来性を考えた上で登録販売者資格の合格を目指しましょう。

登録販売者は国家資格ですか?

いいえ、登録販売者は公的資格の1種類になります。

履歴書に書いてアピールはでき、登録販売者資格の取得が必須条件になる求人で活かせる専門資格です。

試験で合格すれば、すぐに登録販売者として働けますか?

はい、登録販売者試験で合格すればすぐにでも仕事現場で活躍できます。

一方で、登録販売者試験で合格しても直近5年間に2年以上の実務経験がないと研修期間になるので、待遇面は通常よりも劣る可能性があります。

合格した後はすぐに仕事に就きたい場合は、求人情報を確認した上でチャレンジしましょう。

登録販売者資格はどんな人に向いていますか?

誰でもチャレンジできる公的資格が登録販売者資格の魅力ですが、ドラッグストアやコンビニエンスストア・スーパーなどの勤務を希望している人におすすめです。

主婦や社会人・学生など、幅広くチャレンジできる公的資格になります。

どのくらいの勉強をすれば合格できますか?

初学者が独学で対策をする場合は、第1章〜第5章までを合計300時間程度の勉強が必要とされています。

中でも第3章の医薬品名に関する知識や暗記は苦戦する受験生は多いので、バランスよく理解することが大切になります。

登録販売者試験のおすすめな勉強方法はありますか?

登録販売者の試験対策は、独学と通信講座の2種類で合格を目指せます。

通信講座は独学よりも受講料が高いデメリットはありますが、正しい勉強方法で短期間の合格を目指せます。

さらに質問や課題添削による苦手克服ができる通信講座が多いため、一人の勉強は自信がないと悩んでいたらおすすめです。

登録販売者資格は意味ない評判が出る理由を理解した上でチャレンジしよう

登録販売者資格は意味ない評判の理由は5つ想定できます。

  • 具体的な身に付くスキルのイメージが分からない
  • 実務従事証明書の取得まで時間がかかる
  • 医薬品販売が中心の仕事内容
  • 医療事務や調剤薬局事務との違いが分からない
  • 求人がないと登録販売者資格を取得しても意味がない

履歴書に書いてアピールはできますが、直近5年間に2年以上の実務経験がないと研修期間になることを考慮しないと、求人の条件に合わない場合や待遇面のギャップを感じる可能性が高いです。

とはいえ、将来的にも需要が高い仕事になるので、登録販売者資格は意味ないわけでなく、活用する幅が広いマイ資格ナビ編集部おすすめな公的資格になります。

まずは、あなたが希望する職場の求人情報を確認して、登録販売者資格の合格を目指しましょう。

≫登録販売者おすすめ通信講座ランキングを見る

※本記事内の料金はすべて税込表記です。
※本記事内では、消費者庁の「アフィリエイト広告等に関する検討会 報告書」及び景品表示法比較広告に関する景品表示法上の考え方」に則り、比較・広告紹介をしています。
※紹介している商品の購入や通信講座の申し込みをすると、売上の一部が運営会社に還元されることがあります。
※各情報などは公式サイト及び上記のサイトを参照しています。

※情報は作成・更新時の内容になるため、プラン改定などによって販売が中止・変更になっている場合があります。最新の情報は、各公式サイトよりご確認ください。
※マイ資格ナビで掲載している文章や画像などにつきましては、いかなる場合でも無断転載(キャプチャ画像をSNSなどに掲載含む)することを禁止します。無断転載をした場合は、予告なく法的措置等の適切な対応をいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次